>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

トヨタ「新型GRスープラにはMT、ハードコアモデル、オープンを投入する可能性がある。毎年改良を行う予定だ」

投稿日:2019/03/19 更新日:

改良の都度、トヨタの部品を増加させる可能性

トヨタは発表したばかりのスープラにつき、大きな拡大計画を持っている模様。
今回トヨタのスポーツ車両統括責任部長、多田哲哉氏が英国トップギアのインタビューに応えていますが、「スープラは毎年進化する」と語っています。

これは日産R35 GT-R発売時の公約にも似ていますが、欧州車やアメリカ車では比較的一般的なもので、スープラは日本の慣習よりは「世界標準に(GT-R同様)合わせる」ということになりますね。※多くを共有するBMWが毎年改良を行うので、スープラもそれに従うことになるとは思われる

欧米にもスープラの4気筒モデルを投入する可能性

加えて、多田氏は欧米にも(日本に導入されている)4気筒版のスープラをエントリーモデルとして投入する可能性があること、

なお、多田氏は4気筒版スープラ(日本だとSZ)は6気筒版に比べると110キロ軽いと語っていて、これはおそらく初めて語られた数字。
そして以前には「6気筒はパワーやサウンドに優れ、ドライバーが乗った状態で前後重量配分が50:50」、「4気筒は空車状態で前後重量配分50:50、かつ鼻先が軽いのでワインディングの下りなどでは楽しめる」と語っていますが、4気筒と6気筒ではサスペンションやブレーキシステムが同一だとも述べており、これは非常にありがたい部分(通常、エントリーモデルはサスペンションやブレーキが安価なものとなっているが)。

新型スープラにはハードコアモデル登場の可能性も

そして多田氏は「より軽く、よりパワフルで、より固めたサスペンション」を持つハイパフォーマンスバージョンを投入する可能性についても示唆していて、ちょうど「86GRMN」のようなイメージなのかもしれません。

なお、86GRMNはカーボン製エンジンフード、樹脂製ウインドウ、巨大なリアウイングなどを持ち、45キロの軽量化を果たしていますが、新型GRスープラの場合はレーシングカーとして「スープラGT4」をリリースしており、そこからのノウハウが流入してくる可能性も。

さらに多田氏はマニュアル・トランスミッション設定の可能性が残されていること、オープンモデルの投入についても言及。

なおオープンモデルに関していうと、コンバーチブルよりも タルガトップ(エアロトップ)のほうが可能性が高いようですが、それでも「(外したトップを収納して)荷室を犠牲にするのを嫌がる」オーナーも多いということを挙げており、実現度合いについては「ナントモ」。

最後に「インテリア」のアップデートも今後行うと発言していますが、これについては改良というよりも、現在「多くのパーツをBMW製」でまかなっている状態をなんとかしたく、トヨタのパーツに置き換えてゆく、というイメージのようです。

こちらもオススメ、関連投稿10選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.