>アウディ(Audi)

アウディは20年前にもTTのSUV化を考えていた!「アウディ・ステッペンウルフ・コンセプト(2000)」

投稿日:2019/06/10 更新日:

アウディはTT発売直後からTTのサブブランド化を狙っていた?

アウディが2000年にパリ・モーターショーにて発表したコンセプトカー、「ステッペンウルフ(Steppenwolf)」。
ステッペンウルフというとカナダのロックバンド(”ボーン・トゥ・ビー・ワイルド”で有名)を思い出しますが、こんなクルマもあったんだな、とはじめて知りました。

パっと見ると「TTのワゴン」のように見えますが、実際は珍しい3ドアレイアウト。
そして「2000年」というとTTが発表された2年後であり、かなり早い段階からアウディはTTのクロスオーバー化を考えていたということがわかります。

TTのクロスオーバー化は20年経っても実現していない

そのアウディTTのほうは現在3世代目の「8S」へと移行していて、しかしこのままだと次世代TTはないだろう、という話。

TTが生き残るとすればクロスオーバー化するしかないとは言われているものの、まさか2000年の時点でこんなクルマが存在したとは思わず、アウディは「根っからクロスオーバーが好きなんだな」とも思います。

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外

ただ、近年公開された「TTオフロードコンセプト(後述)」とは異なり、このステッペンウルフは3ドアという構成を持ち、よりTT色を強く残しているのも一つの特徴。

クルマだけ見るとけっこう大きく見えますが、人との対比だとこういった感じでむしろ小さく見え、ボディサイズはTTと同じくらいなのかもしれません。

画像に含まれている可能性があるもの:1人、車、屋外

ルーフはデタッチャブル式で、カーボンファイバーもしくはファブリックが用意される、とのこと。

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外

エンジンは3.2リッターV6(225馬力)、駆動方式はもちろんクワトロ(4WD)、車高調整可能な4レベルエアサスペンションを備え、高い悪路走破性能を持っていることが予想されます。

写真の説明はありません。

この「後ろから引き出しが出てくる」のもこの年代のコンセプトカーの特徴。
1997年に日産が発表した「トレイルランナーコンセプト」も同様の仕組みを持っていますね(奇しくも、このトレイルランナーコンセプトも3ドアクロスオーバー)。

1997-nissan-trail-runner-concept (4)

ちょっと登場が早すぎた?1997年に「スポーツ×SUV」を提案した日産トレイルランナー

アウディ・ステッペンウルフのインテリアは今見ても十分に魅力的で、メーターをバーチャルコクピットに、そしてダッシュボードの液晶パネルを大きなものへと変更すれば現代でも十分に通用しそうですね。

写真の説明はありません。

アウディは2014年にもTTのオフロードコンセプトを発表している

そしてこちらが2014年に発表した「TTオフロードコンセプト」。
3ドアではなく5ドアにコンバートされていることがわかります。

画像に含まれている可能性があるもの:車

ちなみにこのTTオフロードコンセプトについては、「市販寸前」まで行きながらも、当時発覚したディーゼル不正事件の影響にてその計画が凍結されたと聞いています。

画像に含まれている可能性があるもの:車

そしてその後何度か計画が解凍されるという話があるものの、今に至るまで発売に至っていないのもまた事実。

画像に含まれている可能性があるもの:車

そしてその後、アウディは「TTスポーツバックコンセプト」を発表していますが、こちらはオフロード版ではないTTの5ドア。

こうやって見るとアウディはTT発売直後からTTのバリエーション、主にはクロスオーバーモデルを検討していたということがわかり、TTをサブブランドとして活用する意向を持っていたこと、そしてクロスオーバーに早くから着目していたということも理解できますね。

VIA:Motor1

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->アウディ(Audi)
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.