>アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >その他イタリア車 >その他イギリス車 >ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他)

25台のみ生産された「ランチア・ハイエナ」、2台しか存在しない「ランボルギーニ3500GTZ」ほか希少なザガートによるクルマを見てみよう

投稿日:

ランボルギーニ3500GTZはこの機会以外では目にすることはないだろう

さて、何回かにわたってお届けしたコンコルソ・デレガンツァ京都2019ですが、今回は「最終回」。

ザガートというとランチアやアルファロメオ、そしてフィアットも有名ではあるものの、今回はそれらに加えて「MG」「ランボルギーニ」といった珍しいクルマを紹介したいと思います。

Rover TCZ Zagato(1967)

こちらはかなり珍しいと思われる、ローバー✕ザガート。
これはローバーTC2000をベースに作られた車両で、初出は1967年のトリノ・モーターショー(アールズコート・モーターショーという説もある)。

画像に含まれている可能性があるもの:車

出展された当時は「コンセプトカー」ではあったものの、実際に量産を検討していたと言われます。
ただ、残念なことに量産には至らず、「受注生産」形式が取られたとされますが、生産台数等は不明のまま。※この1台のみしか作られていない、という話もある

画像に含まれている可能性があるもの:1人、車

Lamborghini 3500 GT Zagato(1965)

ウワサには聞いていたものの、初めて見たランボルギーニ3500GTザガート。
今回の「ベスト・オブ・ショー」に輝いた車両ですが、たしかに会場でも高い人気を集めており、クルマに詳しくない人であっても引き寄せられるオーラがあったようです。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、車

1965年のロンドンモーターショーに出展され、製造されたのはシャシーナンバー0310と0322の二台のみ。

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外

ベースとなるのはもちろんランボルギーニ350GT(ランボルギーニ最初の市販モデル)で、ただしこの3500GTZはシャシーを10ミリ短縮し、かつボディのほぼ全てが刷新されています。

画像に含まれている可能性があるもの:屋外

フロントはザガートらしい「流線型を持ち、先端の尖った」デザイン、そしてリアもザガートらしく「スパっと切り落とした」形状を持つことが特徴。

画像に含まれている可能性があるもの:車

FIAT Abarth OT1300 (1965)。

フィアット・アバルトOT1300は「アバルト・シムカ1300」後継として登場したモデルであり、「OT」はOmologato Turismo、つまりツーリングカーレース参戦用ホモロゲーション取得のためのモデルだということを示しています。

画像に含まれている可能性があるもの:車

前後カウルはFRP製、ルーフにはシュノーケル。
足回りはフィアット850からの流用ですが、エンジンはアバルトによる新開発の1300cc。
なお、エンジン搭載位置は「リア」。

画像に含まれている可能性があるもの:車

全長は3830ミリ、全幅1620ミリ、全高は1080ミリ。
相当に高い戦闘力を発揮したクルマだとされ、ニュルブルクリンク1000km/500kmでは優勝を飾るなどの輝かしい記録が残っています。

画像に含まれている可能性があるもの:車

Alfa Romeo ES30 (SZ) Zagato(1989)。

ぼくの大好きなアルファロメオSZ。
ベースはアルファロメオ75ですが画期的なメカニズムが採用され、自動車史的にも重要な一台だと考えています。

画像に含まれている可能性があるもの:車

ザガートのイメージからほど遠い、異様とも言えるスタイルから「イル・モストロ(怪物)とも呼ばれるクルマでもありますね。

ボディサイズは全長4060、全幅1730ミリ、全高1300ミリ。
エンジンは3リッターV6/210馬力、駆動方式はFR。

画像に含まれている可能性があるもの:1人、車、屋外

一生に一度は所有したいクルマの一台ですが、どうやらそのチャンスはやってきそうにありません。

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外

Lancia Hyena Zagato(1993)。

わずか25台の製造にとどまった希少車、ランチア・ハイエナ。
ベースはランチア・デルタ・インテグラーレで、これをアルミボディとカーボン内装によって150キロも軽量化(車体重量1148キロ)。

さらに2リッター直4エンジンは250馬力にまで出力が向上しており、現代の基準で考えてもかなり高いパフォーマンスを誇りそうですね。

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外

そのスタイルは独特で、全長3986ミリ、全幅1740ミリ、全高1240ミリとコンパクト。

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外

ツルリトとしたフラッシュサーフェスを持ち、ダブルバブルルーフを備える「ザガートらしい」一台ですね。

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外

他の画像はFacebookのアルバム「Concorso d'Eleganza Alfaromeo / Lamborghini」に保存中。

こちらもオススメ、関連投稿10選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH), >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど, >その他イタリア車, >その他イギリス車, >ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他)
-, , , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.