>ポルシェ911関連 ■TEST DRIVE(色々な車の試乗記) ■近況について ■ニュース

【試乗:ポルシェ911(992)】 ポルシェはいつも、ボクらの期待の「ずっと上」を行く。これだけバランスの取れたスポーツカーは他にない

| ポルシェはもともと「小型で効率性の高いスポーツカー」を標榜していた。その精神は今も新型911に受け継がれる | さて、待望の新型ポルシェ911(992)カレラSに試乗。ぼくは「もう911を購入することはないだろう」と考えていましたが、それはRRならではの不安定な挙動のため。ただ、ぼくがそう判断したのは997世代の911に乗っていた頃で、それ以降の919、991.2を運転してみると徐々にそういった(不安定な)印象が薄れてきていることにも気付かされます。 最新の992世代ではその傾向がさらに強くなっている ...

ReadMore

>アストンマーティン(Astonmartin)

アストンマーティンがロンドンにて「ラピードE」「ラゴンダ」を展示。両方ともアストンマーティンの未来を示すクルマだが、先行きは不透明

| とくにラピードEはポルシェ・タイカンの影に隠れてしまいそうだ | アストンマーティンが、ロンドンにあるフラッグシップショールームにて「ラピードE」そして「ラゴンダ・ヴィジョン・コンセプト」を展示。いずれも「ピュアエレクトリックモデル」となりアストンマーティンの未来を表すクルマでもありますね。ラピードEのほうはすでに販売が開始されており、限定155台とアナウンスされるも「まだ売れ残っている」と報じられています。 アストンマーティンが「ニュルを一周走るのが限界」なピュアEV、ラピードEを発表!限定155台 ...

ReadMore

>マクラーレン(McLaren) >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連 ■ニュース

【動画】ランボルギーニ・アヴェンタドールSロードスターとマクラーレン720Sスパイダーの加速対決!フラッグシップオープンモデル同士の対決の行方は?

| 想像していたよりもアヴェンタドールSロードスターはずっと速かった | CARWOWが「マクラーレン720Sスパイダー」そして「ランボルギーニ・アヴェンタドールSロードスター」、つまりオープンスーパースポーツ同士の加速対決動画を公開。両者とも、それぞれのブランドにおいて「カタログモデル(限定ではない)では最強最速のオープンモデル」ということになりますね。 こちらもオススメ、関連投稿ランボルギーニ大阪/神戸新サービス工場へ。限定ムルシエラゴ、アヴェンタドールを画像にて【動画】キー上で車両の情報確認や機能の ...

ReadMore

>ランボルギーニ・アヴェンタドール関連 ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

【動画】米大学教授が3Dプリンタを駆使してランボルギーニ・アヴェンタドールのレプリカを作成!その驚きのクオリティを見よ

| 作成動画も公開中。クルマに関する知識や技術も相当なものだ | コロラド州立大学の教授、スターリング・バックス氏がランボルギーニ・アヴェンタドール・ロードスターのレプリカを作成中。今回のレプリカについては「3Dプリンタ」を使用していることが特徴で、これによって作業が容易かつ効率的となり、かつ正確なモデリングが可能となっているようですね。なお、単なるアヴェンタドールではなくリアウイングつき(マンソリーかDMCあたりを思わせる)。リアバンパー内にはエンジン放熱用のファンまでが組み込まれています。 こちらもオ ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

まさかの未登録!「ベンツがベンツらしかった」時代の名車、190Eの新車が発掘される。なお日本ではバブル期に「小ベンツ」と言われたあのクルマ

| 33年間も空調のきいたガレージにて保管されていた新車 | 「メルセデス・ベンツは過剰なほどの品質を持っている」かつてそう言われた時代があったわけですね。そして今回、そういった時代に生産されたW201世代のメルセデス・ベンツ190が中古市場に登場。なお、190シリーズは全世界で180万台以上が販売されたので「中古車」としては珍しくなく、しかし今回これが話題になるのは「このメルセデス・ベンツ190の走行距離が新車同然、わずか499キロ、そして未登録だから」。 こちらもオススメ、関連投稿BMW、メルセデス・ ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

【動画】イギリスより、新型スープラ用社外マフラー第一号(ミルテック)が登場!その本気サウンドを聞いてみよう

| ミルテックはハイパフォーマンスカーに特化した本気のエキゾースト専門メーカー | 現時点ではおそらく「最初」となる新型トヨタ・スープラの社外品エキゾーストシステムのサウンドを収めた動画が公開に。トヨタ・スープラは「チューニング推奨」の姿勢を大きく押し出しているため、今後多くのチューナーがそのカスタムパーツをリリースすることになると思われますが、今回先陣を切ってマフラーをリリースしたのはミルテック・スポーツ(Milltek Sport)。 こちらもオススメ、関連投稿意外と出てくるのが遅かったな。「スープラ ...

ReadMore

>ポルシェ911関連

米新興チューナーがまたやった。あの「ポルシェ908」をモチーフにした”サーキットウェポン”カスタム911を公開

| 今回はとことん軽量、そして運動性能にこだわった | これまでも「964の足回りを移植した356」「4WD化した356」など想像を遥かに超えたポルシェのカスタムを見せてくれたエモリー・モータースポーツ(Emory Motorsports)ですが、今回もまた独自カスタムをふんだんに乗り込んだポルシェ911を公開。 なお、エモリー・モータースポーツはこれまで356のカスタムを専門としており、実は911のカスタムは「はじめて」だそう。 こちらもオススメ、関連投稿こんなポルシェ見たことない!356に964の足回 ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >ロータス(Lotus)

エヴァイヤ発表のロータス。2021年に新型スポーツカー発表、今後の価格レンジは680-1400万円となること、フェラーリと同じ生産規模を目指すことを公表

| 現在の生産台数は1,700台。1万台を目指すというのはかなり野心的だ | ロータスは数日前に「英国初のエレクトリックハイパーカー」、EVJIA(エヴァイヤ)を発表していますが、その会場は画像の通り「限定されたVIPしか入れない限定空間」。ロータスのVIP顧客や各メディを招いてのイベントであったそうですが、そこでプレゼンテーションを行ったロータスCEO、フィル・ポプハム氏に飛んだのが「エリーゼ、エキシージ、エヴォーラの後継はいつ出るのか」という質問。

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari)

左右シートは色違い!内外装ともにカスタム満載のフェラーリF12tdfが1億円で販売中

| フェラーリF12tdfの価格はなかなか下がらない | ドイツのエキゾチックカーディーラー、Hollman InternationalにてフェラーリF12 tdfが販売中。フェラーリF12 tdfは799台のみの限定、5230万円で2105年に発売されたクルマ。F12をベースとしており、「究極のロードカー」として生を受けています。なお、「tdf」は「ツール・ド・フランス」の略で、これは自転車レースではなく1950年代〜1960年代に開催された自動車レースの名称。フェラーリはこのレースに250GTOにて参 ...

ReadMore

>アウディ(Audi) >三菱(MITSUBISHI)

三菱がアウディTT/A7のデザイナー獲得!三菱の欧州拠点にて未来のデザインを変革してゆく予定

| 今後の三菱には期待が持てる | このところデザイナーの退任や移籍が相次ぐ自動車業界。ちょっと前にはヒュンダイがランボルギーニやブガッティのデザイナーを大量に獲得していますが、最近だとロールスロイスのジャイルズ・テイラー氏が中国の紅旗へと移籍したり、ジャガーのイアン・カラム氏が退任したり、といった「事件」が起きています。そして今回は三菱がセアト、アウディにてデザイン経験を持つヨルグ・ディエス氏を獲得した、と発表。 こちらもオススメ、関連投稿香港は知られざるスーパーカー天国。多くのスーパーカーやカスタムカ ...

ReadMore



■バイク(自転車/自動二輪) ■近況について ■ニュース

骨の髄までスパルタン!ホンダのスーパースポーツバイク、CBR250RRが納車された

投稿日:

| ある意味、我が家でもっともスパルタンな乗り物に |

さて、先日注文したバイク、ホンダCBR250RR<ABS>(MC51)が納車に。
ぼくは突然バイクやクルマを購入することがありますが、今回もやはり突然。

CBR250RRについて、以前から「欲しい」とは考えていたものの、ホンダドリームを訪れ、その場で「これちょうだい」という形での契約となっています(ただしそれまでも試乗したり、購入しようと考えたことはあった)。

用途としては日常の足。
ただ、「足」といえども、どうもぼくはレスポンスのいい乗り物以外にはあまり馴染めず、現在所有しているクルマもランボルギーニ・ウラカン、そしてポルシェ718ケイマンというスポーツカー(両方ともミドシップ2シーター)。

ホンダCBR250RRの作りは完全にクラスを超えている

そこへ今回スーパースポーツ(SS)バイクのホンダCBR250RRが「足」として加わるということになるわけですが、後にシングルシート仕様に変更しようと考えているので、とにかく我が家には人もモノも乗らない乗り物ばかりが揃うことに。

ハタから見るとちょっとあの人何を考えているのかしらね、という感じだとは思うものの、これが自分の人生なのでどうしようもない、とも考えています。

ホンダCBR250RRはこんなバイク

ホンダCBR250RRのルーツは2015年の東京モーターショーにて展示された「ライトウェイトスーパースポーツコンセプト」。

L1120299


翌2016年にインドネシアにて生産が始まり東南アジアで販売が開始されていますが、日本仕様はホンダの熊本製作所にて作られる「日本製」。

おなじスポーツバイクだと、ヤマハYZF-R25(599,400円)、スズキGSX250R(538,920円)、カワサキNinja250(629,640円) あたりと比較してかなり高価な価格設定(ABSモデルで806,760円)を持っています。

ただ、後に説明するように、ホンダが「こだわり抜いて」作ったバイクでもあり、クラスを超えた装備も多数。
そういったところが高く評価され、日本での発売直後はバックオーダーを抱えるほどの人気モデルとなっています。

なぜホンダCBR250RRなのか

ぼくは国産メーカーだと、ほかにもヤマハ(マジェスティ、TW225)、スズキ(カタナ250、スカイウェイブ)などに乗ったことも。
ですがその信頼性、フィーリング等からして「ホンダが好き」。※乗ってきたクルマでもホンダはけっこう多い

なお、以前にホンダPCX(ベトナム生産)、KTM 390 DUKE(インド)に乗っていたことがありますが、どうも海外生産バイクのイメージが良くなく、次は高くても日本製を選ぼう、と考えたこともCBR250RRを選択した理由のひとつ。

ただ、そういった理由を抜きにして、単純に「カッコイイ」と思えるのがホンダCBR250RRの魅力でもありますね。
どこがどうカッコイイのか説明することは難しいのですが、強いて言えば「尖っている」ところ(ヤマハYZF-R25は尖ってない)。

ホンダCBR250RRの実車を見てみよう

そこで納車されたホンダCBR250RRを見てみましょう。
まずはフロントですが、ホンダCBR250RRには「デュアルヘッドライト」が採用されています。

上側は「ライトガイド構造による」デイタイムランニングランプ的役割をするもので、下はの2つがハイビームとロービームとを切り替えることができるメインのライト。

ハンドルバーはいわゆる「セパハン」。
トップブリッジのアルマイトパーツが高級感を出していますね。

L1120342

これはETC車載器のアンテナ。
CBR250RRはスクリーン内側にアンテナを仕込むスペースが小さく、無理やり押し込むか、もしくはこんな形で外に出すことになります(スクリーンの内側に入れると、スクリーン内側の掃除がしにくくなるため、この位置のほうがいいのではという判断)。

L1120325

メーターは「デジタル」。
なお、CBR250RRは、250CCでははじめて「スロットルバイワイヤー」を採用したバイクであり、そのためアクセル操作に対するエンジンレスポンスの調整が可能となり、「ドライブモード」を装備しています(コンフォート、スポーツ、スポーツ+の3種類)。

L1120346

もちろんフロントサスペンションは倒立式。

L1120332

ホイールのスポークには肉抜き加工。
事故を起こすと、おそらく簡単に「折れる」ことになりそうです。
ホンダは「ジャイロ効果」を狙い、ホイールのセンター部を盛り上げるデザインを採用したこともありますが(ホーネットなど)、CBR250RRではとにかく「重量を削る」ことを考えたようですね(ジャイロ効果は、反面”慣性”が働くのでスーパースポーツには向いていないということもある)。

ブレーキはNISSIN製のウェーブローターです。

L1120333

エンジンは新設計の「2気筒(先代のCBR250RRは4気筒だった)」。
アルミ製のシリンダースリーブ、ピストンにはモリブデンコーティングが施され、圧縮比は11:5。
ちなみにレッドゾーンは14,000回転からで、最高出力は38馬力(12,500回転にて発生)。
トランスミッションは6速リターン、0-100キロ加速は5.7秒くらい。

ホンダCBR250RRのフレームもエンジン同様新設計。
メインフレームは鋼管トラス構造、スイングアームはアルミ製の「ガルアーム」。

L1120313

リアサスペンションは5段階プリロード調整機構つき。

L1120339

リアもLEDテールランプを採用していて、非常にコンパクトなつくりですね。
ウインカー、ライセンスプレート灯もLEDとなり、つまり灯火類は「フルLED」。

L1120345

なお、ぼくがCBR250RRの中で気に入っているパーツの一つがこのテール部分(ナンバープレートステー)。
意味があるのか無いのかわからない、無駄に高いデザイン性を持つところがイイ、と考えています。

L1120336

ホンダCBR250RRの全長は2,065ミリ、全幅725ミリ、全高は1,095ミリ。
シート高は790ミリとけっこう低く、足つき性は良好です。
なお重量は167キロ(一般的な250CCスポーツバイクの範囲で、特別軽いわけではない)。

タイヤはフロントが110/70R17M/C、リアは140/70R17M/C。
もうちょっとリアが太ければな、という感じですね。

今回はこんな感じで「ざっと見た印象」「特徴」を紹介してみましたが、追って「実際に乗ってみた印象」「カスタム」についても紹介したいと思います。
他の画像はFacebookのアルバム「ホンダCBR 250 RR」に保存中。

L1120348

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう




  • この記事を書いた人
  • 最新記事

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。 現在は複数カーメディアにて記事を連載中。

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

| レクサスLFAの相場はちょっと下降気味? | ちょっと前までは非常に高いプライスタグを提げていた、レクサスLFAの中古相場がやや下がり気味。6000万円くらいを記録していた時期もありますが、それが ...

4

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

5

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

6

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

7

一定以上から増えた年収は「余剰金」のようなものだ 収入について、ふと思うことが。 例えば、年収400万円から倍の年収800万円になったとして、使えるお金が倍ではなく「それ以上」になる、ということ。 一 ...

8

フェラーリ売却価格が高く、はある意味「もっとも割安な」車なのかもしれない 世の中には残価設定ローンというものがあり、ぼくはこれが大好きです。たとえば1000万円の車を購入する際、3年ローンで残価が50 ...

9

高額な腕時計(どれくらいから”高額”なのかは人によって意見が分かれるのでここではあえて触れない)をしていると周囲の反応が変わる、ということはよく聞きますよね。 レストランやホテルでの待遇が良くなったと ...

10

| フェラーリ=速い、という印象があるが | 「速い」と思われたものの、実際はそんなに速くなかった車ベスト(ワースト)8が公開に。その順位は下記の通りですが、フェラーリが8車種のうち2つ、ポルシェが1 ...

-■バイク(自転車/自動二輪), ■近況について, ■ニュース
-, , , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.