>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

トヨタGRスープラのオープンモデル?しかもカラーリングは「ワイルド・スピードでブライアンが乗った80スープラ」なカスタムカー製作中

投稿日:

| 作っているのはおなじみ日本自動車大学校 |

「マツダRXヴィジョン・コンセプト」風に仕上げたマツダRX-8を第46回東京モーターショー屋外スペースに展示した日本自動車大学校(NIHON AUTOMOBILE COLLEGE=NATS)ですが、現在東京オートサロンに向けて「トヨタGRスープラのオープンモデル」を製作中。
ただし実際にGRスープラのルーフをカットするのではなく、画像を見る限りおそらくは別の”ベース車”にスープラ風の架装を行うのでは、と思われます。※ヒューズボックスやタンクの位置などが根本的にスープラと異なる

なお、フロントバンパーは「トヨタ純正」のようにも見え、そこへワイドフェンダーキットを装着しているようですが、エンジンも載せ替えると見え、かなり大きな工事になりそうです。

日本自動車大学校はこれまでにも様々なカスタムカーをリリース

そしてこれまで報じてきたとおり、日本自動車大学校は様々なカスタムカーを製作しており、主にはオートサロンにて展示を行うことが多い模様。
これまでも「トヨタ86ベースのランボルギーニ・ウルスっぽいクルマ」「メルセデス・ベンツの6輪Gクラスっぽいクルマ」などをリリースしていますが、NATSのトップページを見るに、2020年の東京オートサロンでは「GRスープラ風のオープンカー」「トヨタ2000GT風のオープンカー」「マツダベースのオフローダー」を出展するようですね。

s

しかも、「スープラのオープンモデル風」のクルマはTRD風ボンネットが装着されていたり、ボディカラーやサイドのグラフィックが「ワイルド・スピード」に登場したブライアンの乗る80スープラ風だったりしていて、これは国内外で大きな話題を呼ぶことになりそう。

a8

現在のところ、GRスープラのオープンモデルを作った猛者はいない

現在北米ではワイドボディキット装着、エンジンスワップ、1000馬力化、トランスミッションのMT化など、さまざまなカスタムが進行中ではあるものの、「オープン化」は今のところ見られず、(おそらくGRスープラベースではないと思われますが)NATSがその第一号となるのかもしれません。

なお、本家トヨタは「GRスープラのオープン化は可能」とコメントしていて、すでに兄弟車としてオープンモデルの「BMW Z4」が存在するだけに、技術的には難しくない、ということなのでしょうね。

VIA:NATS(1)(2)

こちらもオススメ、関連投稿10選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS), ■ニュース
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.