>マクラーレン(McLaren)

マクラーレン”ELVA”発表!マクラーレン史上もっとも軽く、もっともパワフル、もっとも「ドライバーと近い関係」にあるスピードスター

投稿日:

| 思っていたよりも過激なルックスで出てきたな |

マクラーレンが、先日よりウワサされていた新型ハイパーカー、「ELVA(エルバ/エルヴァ)」を公開。
マクラーレンによると、ELVAは「ピュアなドライビングエクスペリエンスのためだけに作られた」。
そして「ピュアさ」実現のために妥協なく楽しさ、パワフルさ、軽量さを追求し、”これまででもっともドライバーと親密な関係を構築できる”マクラーレンだとしています。

なお、ボディ形状はフロントスクリーンを持たない「スピードスター」。
これはマクラーレン創業者、ブルース・マクラーレンが1960年代にその輝かしい歴史を築くきっかけとなったレーシングカー、M1A、M1B、M1Cへのオマージュです。

McLaren-Elva-Banner-1920x1050

ちなみにネーミングの「ELVA」について意味するところは不明。
マクラーレンは過去のM1シリーズについて”ELVA”と呼んでいるので、文字通りM1の後継ということを示しているのかもしれません。
マクラーレンはちょっと前に、これから発表するモデルは、アルファベットや数字ではなく「名前」を持つことになると語っていましたが、今回のELVAはまさにそのとおりになった、ということですね。

マクラーレン「今後のモデルには”セナ”のように名前をつける。数字とアルファベットは用いない」

「ELVA」はマクラーレンの頂点、アルティメットシリーズ

マクラーレンは現在、その頂点として「アルティメットシリーズ(セナ、スピードテール)」、「スーパーシリーズ(720S)」、「スポーツシリーズ(600LT、570系、540C)」を持ち、今回のELVAはアルティメットシリーズからの登場。
つまりはセナ、スピードテールと並ぶ新たなフラッグシップということになります。

a8

ELVAはこれまでにないほど「機能は形態に従う」を実現したクルマだと表現され、クリーンで流れるようなラインを持ち、”アクティブ・エア・マネージメント・システム(AAMS)”を持つことが外観及び機能上の特徴。※フロントフードから風が出てきて、ドライバーへの走行風直撃を避けてくれそうに見える
これによって、スピードスターながらも、高速走行時に「快適で静かな環境」を実現するとしています。

Elva-Banner-Interior-1920x1050

ELVAに採用されるエンジンはおなじみ4リッターV8ですが、「セナ」を超える815馬力にチューンされており、専用のエキゾーストシステム、専用にチューンされたサスペンション、ステアリングシステム、カーボンセラミック製ブレーキが与えられています。
エキゾーストパイプについては「クワッド」と資料にあり、しかし見えるのは二本。
「セナ」同様、テールエンドには上方排気を行いそうな「穴」が確認でき、ここからも排気されるのかもしれません。

テールランプはスピートテールやGT風の「横長」、そしてかなり大きなリアディフューザーが装着されています。

a7

マクラーレンELVAの基本骨格はセナ同様に「カーボンモノセルII」にて構成され、ボディパネルもフルカーボン。
マクラーレンのロードカーでは「もっとも軽い」クルマに仕上がっているようですね。
なお、万一の転倒に備えてロールオーバープロテクションシステム(ROPS)も装着済み、とのこと。

Elva-Banner-Side-1920x1050

全体的なプロポーションはたしかに「M1」そっくり。
そして他のマクラーレンと異なるのは、ボディに抑揚はあっても、細かいダクトなどが見られないこと。
これはおそらくM1を意識し、クラシカルな側面を演出しようとしたためなのかもしれません。
なお、ドアはかなり天地に短く、つまりサイドシルが以上に高いことを示していますが、開閉方式はいつもどおり「ディヘドラルドア(バタフライドア)」。

Elva-Banner-3-1920x1050

今のところELVAの価格については公開されておらず、限定台数も非公開。
ただし「まだ完売していない」ようで、マクラーレンのホームページ経由からリクエストを送ることも可能となっています(実際にはもう完売済みなのかも)。

このマクラーレンELVAは、フェラーリ「モンツァSP1/SP2」の対向になると思われ、モンツァSP1/SP2同様にブランドのヘリテージを反映したクルマだと言えそう。

これはマクラーレンとしてはかなり異例とも考えらえるものの(マクラーレンは基本的に過去ではなく未来を見ている)、あとからどんどん出てくるライバルに対抗するには「ヘリテージの活用」がブランディング上もっとも有効なのかもしれません(クルマの性能自体は拮抗している。むしろマイナーメーカーのほうが過激なので、性能面での競争の意味はない)。

今回のELVA登場にて、マクラーレンのアルティメットシリーズは「サーキット走行のセナ」「ツーリング、そして最高速のスピードテール」「純粋にドライビングプレジャーを追求したELVA」という構成となり、それぞれに性格が競合しないため、「3台揃える」コレクターも多数登場しそうですね。

VIA:McLaren

こちらもオススメ、関連投稿10選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->マクラーレン(McLaren)
-, , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.