>アストンマーティン(Astonmartin) >トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >フェラーリ(Ferrari) >その他アメリカ車 >ランボルギーニ・ウラカン関連 ■外国ネタ・旅行など

ドバイで見かけた車たち。意外とアストン/レクサスは少なめ、フェラーリ多し

投稿日:2017/02/27 更新日:

ドバイで見かけた車たち。
例によって見かけた順にダラダラと紹介してゆきます。
これはタクシーで、主にトヨタ。
車体はクリーム色で統一されており、ルーフの色はイエロー、グリーン、ブルー、ブラウンなど様々ですが、その塗り分け方法は決められているようです。
タクシーの仕様が統一されている国は、優れた国である確率が(経験上)高い、と考えています。

こちらはレクサスディーラー。
思ったよりもレクサスは少ない模様。
VWゴルフが写り込んでいますが、VWもかなり少ないと思います(小さすぎるのかもしれない)。

ダッジ・チャージャー。
チャレンジャーは相当数走っていますが、チャージャーも多い模様(感覚的にチャレンジャー4:チャージャー1くらい)

ジープもかなりの数がいますが、これは「砂遊び」をする人が多いためと後で判明(別に記事をUPします)。

これはドバイっぽい、マット仕上げのパールホワイトにブラックとゴールドのアクセントが与えられたBMW 7シリーズ。

ロールスロイス・ディーラー。
こちらは古いほうです(新しいほうは巨大)。

ミニも意外と走ってます。
なおドバイの駐車方法はこんな感じで「斜め」に前方から入れるのが普通。
そのためこのミニのようにフロントバンパーを歩道に乗り上げている車も多いですね。
基本的に小さな車は好まれないようですが、ミニだけは別格で、こういったところが「車格を超えた」ミニの魅力なのでしょうね。

アストンマーティン。
ドバイは英国とつながりが深く、もうちょっとアストンマーティンが多いと予想していたのですが、意外と少ない模様。

フェラーリ・カリフォルニアとフェラーリ458イタリア。
フェラーリの数は相当に多く、この二車に加えてF12も見られます。
反面、FFはまだ見ていません。

ウラカン発見!
ランボルギーニも相当数走っていますが、アヴェンタドールのほうがウラカンの10倍くらい走っている、という印象です。

こちらもオススメ、関連投稿10選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->アストンマーティン(Astonmartin), >トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS), >フェラーリ(Ferrari), >その他アメリカ車, >ランボルギーニ・ウラカン関連, ■外国ネタ・旅行など
-, , , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.