ad-728



>中国車

中国テックルールズがジウジアーロデザインの3座スーパーカー発表。限定96台

2017/05/27

Pocket
LINEで送る

中国のベンチャー、テックルールズがスーパーカー「レン」を発表。
EVとなりますが充電方法はディーゼルエンジンを回して行うTREV(特許取得済み)。
今回発表されたのは3モデルで、それらの相違はモーターの数が2/4/6というものとなっています。

6モーターモデルについては最高出力が1305馬力となり0-100キロ加速は2.5秒。
最高時速は320キロ、とアナウンスされています。

なお4モーターバージョンは870馬力、2モーターでも435馬力という数字を誇っており、実際に発売されると面白いことにはなりそうですね。
バッテリーパックも14kWh/25kWh/32kWh(10万回以上の充電が可能)が用意されるとのことで、かなり現実的な販売計画を持っていると考えられます。

80リッターの燃料を使用して発電した場合、走行可能距離は2000キロに達するとのことで、走行性能としてはかなり「実用的」。
一旦充電してしまうと200キロは充電無し、つまり発電用エンジンを回さなくても走ることができる、とのこと。

なお車両のデザインはファブリッツォ、ジョルジエットの「ジウジアーロ親子」。
3座レイアウトを採用し、戦闘機風のキャノピーを用いたコクピットは斬新そのもの(この部分はモジュール式となっていて必要に応じて形状変更可能)。

生産は年間10台ですべて手作りとなり、最大で96台の限定生産となるそうです。
価格は不明ですが「億」は確実と思われ、しかしこの台数では採算が取れないと思われるので、テックルールズはこれを広告等として「より実用的な」普及価格帯のEVを投入してくるものと思われます(初期に発表されたデザインと今回発表されたモデルとではかなり相違があるので、以前のものは別に登場するのかもしれない)。

->中国車
-, , , , ,