>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

| ボディサイズもCクラスとそんなに変わらない | メルセデス・ベンツ日本が「Aクラス・セダン」を発表。Aクラスは「FF」をベースとしたプラットフォームを使用していますが、メルセデス・ベンツがAクラスにセダンを投入するのは今回が「初(CLAは”クーペ”風セダンという扱い)。なお、「Aクラス」と聞くとけっこう小さいように思えるものの、実際のボディサイズは全長4549ミリ、全幅1796ミリ、全幅1451ミリ、となかなかに立派。ちなみに現行Cクラスのボディサイズは4696/1810/1445ミリ、先代Cクラスは ...

ReadMore

>アウディ(Audi)

世界最速の「防弾車両」、アウディRS7”改”登場。防弾装備に加え煙幕発生、ソニックキャノン、催涙ガスなど「反撃可能」な装備を持ち、0-100km/h加速2.9秒、最高速度325km/hで逃げることも可能

| さすがに「ボンドカー」なみの装備を持った防弾仕様車は見たことがない | APRがアウディRS7スポーツバックを「アーマード・ビークル」へとカスタム。APRはいわゆる「本気の走り系」チューナーですが、こういった「防弾仕様」へのカスタムは非常に珍しいと思います。それでも今回のような改装を行うということは、それだけ世の中が「物騒」になっている、ということなのでしょうね。なお、北米、南米では銃器を使用した凶悪犯罪が急増しており、「防弾防爆仕様」の需要が非常に高くなっているとも報じられています。これを受けてかメ ...

ReadMore

>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA)

クルマの中で温泉に入れる?「ホンダ・オンセン・コンセプト」はこういったクルマだ

| さすがにこのコンセプトカーは「未来に行き過ぎた」かもしれない | 韓国のCGデザイナー、Hanbeom Lee氏が考えた「ホンダ・温泉コンセプト(Honda Onsen Concept)」。完全自動運転をイメージしており、なんとクルマの中で温泉に浸かるという斬新なコンセプトカーです。構造としては、車内にお湯を満たしたカプセルを設置し、その中に乗員が入るというもの。よくアメリカで「車体後部にプールを設置したリムジン」が観光用に走っていたりしますが、これだと「お湯がこぼれるので」密閉式カプセルを採用したよ ...

ReadMore

■近況について ■ニュース

今週末は神戸に集おうぞ。「ウブロ・デイ(HUBLOT DAY)」が三宮にて開催、ウブロティスタは要注目

| ウブロの新作腕時計を一気に見ることができるチャンス | さて、毎年恒例の「ウブロ・デイ(HUBLOT DAY)」ですが、今年は規模を拡大して三宮のカフェ「THE PLACE」にて開催されることに。正直これまでは参加したことがなかったものの、今年は都合がつきそうなので参加を検討しているところ。なお、同日は大阪でオーデマピゲのイベントもあり、かなり忙しい一日となりそうです。 こちらもオススメ、関連投稿いい腕時計の見分け方を紹介する(2)。「プッシュボタン/リューズ」「針の仕上げ」「文字盤のインデックス」ウ ...

ReadMore

■自動車・バイクの購入検討/比較など ■近況について ■ニュース

「ポルシェ911不買の誓い」を破ってしまいそうだ!新型ポルシェ911の見積もりを取得した(乗り出し2143万円)

| ポルシェ911カレラSもついに2000万円を超えるようになったか | さて、先日試乗した新型ポルシェ911(992)。ぼくは「もう911は買うまい」という911不買の誓いを立てていますが、それは「ぼくの腕が未熟であり、リアエンジンレイアウトの911をうまく走らせることができず、怖い思いをしたため」。よって911(997)を売却した後は同じポルシェでも981ボクスター、718ケイマンというミドシップ、そしてランボルギーニ・ガヤルド/ウラカンという、ミドシップ+4WDといった安定志向のスポーツカーを選んで ...

ReadMore

>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

ホンダは2025年までにスポーツカー含む複数のEV発売とのウワサ。初代シビック、S800モチーフのクルマが発売されるならS2000のEV版も登場する?

| ホンダがトヨタに対抗するにはS2000復活しかない | honda sport EV ホンダは市販モデル初のEV「ホンダe」を発表したところですが、その後すぐ、スポーツカーと思われるボディ形状を持ったEVらしきクルマのパテントが出願されたことも明らかに。このスポーツカーらしきEVの詳細は不明ではあるものの、おそらくはホンダeとプラットフォームを共有するものと思われます。 ホンダがミドシップスポーツカーっぽい新型車のパテントを申請。エレクトリックスーパースポーツか?

ReadMore

>ミニ(MINI)

アルピナは過去に「高級なミニ」を作ろうとしていた!ちなみにミニは自身で「ロールスロイス仕様」を限定販売したことも

| ロールスロイス仕様のミニは当時570万円で販売されていた | 先日、アルピナが「i8ベースのハイパフォーマンスハイブリッドカーを発売しようとしていた」という記事をお届けしましたが、今回は「アルピナが、ミニの高級バージョンを作ろうとしていた」というもの。アルピナはBMWに認められて公式にBMW2シリーズからボディやパーツの供給を受け、これに自社開発のパーツを組み込んで完成車を製造する「自動車メーカー」。BMWとは緊密な関係にあり、これまでにも「BMWが生産を終了する”M1”の生産を引き取り、アルピナにて ...

ReadMore

>ポルシェ911関連 ■TEST DRIVE(色々な車の試乗記) ■近況について ■ニュース

【試乗:ポルシェ911(992)】 ポルシェはいつも、ボクらの期待の「ずっと上」を行く。これだけバランスの取れたスポーツカーは他にない

| ポルシェはもともと「小型で効率性の高いスポーツカー」を標榜していた。その精神は今も新型911に受け継がれる | さて、待望の新型ポルシェ911(992)カレラSに試乗。ぼくは「もう911を購入することはないだろう」と考えていましたが、それはRRならではの不安定な挙動のため。ただ、ぼくがそう判断したのは997世代の911に乗っていた頃で、それ以降の919、991.2を運転してみると徐々にそういった(不安定な)印象が薄れてきていることにも気付かされます。 最新の992世代ではその傾向がさらに強くなっている ...

ReadMore

>アストンマーティン(Astonmartin)

アストンマーティンがロンドンにて「ラピードE」「ラゴンダ」を展示。両方ともアストンマーティンの未来を示すクルマだが、先行きは不透明

| とくにラピードEはポルシェ・タイカンの影に隠れてしまいそうだ | アストンマーティンが、ロンドンにあるフラッグシップショールームにて「ラピードE」そして「ラゴンダ・ヴィジョン・コンセプト」を展示。いずれも「ピュアエレクトリックモデル」となりアストンマーティンの未来を表すクルマでもありますね。ラピードEのほうはすでに販売が開始されており、限定155台とアナウンスされるも「まだ売れ残っている」と報じられています。 アストンマーティンが「ニュルを一周走るのが限界」なピュアEV、ラピードEを発表!限定155台 ...

ReadMore

>マクラーレン(McLaren) >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連 ■ニュース

【動画】ランボルギーニ・アヴェンタドールSロードスターとマクラーレン720Sスパイダーの加速対決!フラッグシップオープンモデル同士の対決の行方は?

| 想像していたよりもアヴェンタドールSロードスターはずっと速かった | CARWOWが「マクラーレン720Sスパイダー」そして「ランボルギーニ・アヴェンタドールSロードスター」、つまりオープンスーパースポーツ同士の加速対決動画を公開。両者とも、それぞれのブランドにおいて「カタログモデル(限定ではない)では最強最速のオープンモデル」ということになりますね。 こちらもオススメ、関連投稿ランボルギーニ大阪/神戸新サービス工場へ。限定ムルシエラゴ、アヴェンタドールを画像にて【動画】キー上で車両の情報確認や機能の ...

ReadMore



■TEST DRIVE(色々な車の試乗記) >その他アメリカ車

とりあえずみんな試乗してみて。普通に使えて夢が広がるジープ・ラングラーに乗ってきた

投稿日:2017/05/07 更新日:

日本で唯一好調なアメ車、ジープ。
今回はその中でも「最もジープらしい」ラングラーに試乗。
5ドアの「アンリミテッド」、グレードは「サハラ」、4,276,800円となっています。
全長4705ミリ、全幅1880、全高1845ミリ、と実際の数字は見た目よりもコンパクト。








エンジンはV6/3600ccペンタスターで284馬力、トランスミッションは5AT、駆動方式はもちろん4WD、サスペンションは前後共コイルリジッドを採用するクラシカルなモデルで、特筆すべきはラダーフレームの上にボディが乗る「ボディオンフレーム」構造を持つ、ということ。
ルーツは1941年の軍用ジープとなりますが、その思想を現代にまで色濃く受け継ぐモデルでもあり、今となってはメルセデス・ベンツGクラス以外には例を見ないバックボーンを持っている、と言えます(Gクラスも元は軍用)。

そのためボディは応力を受けず、よってルーフと車体後半を(3ピース分割式の”フリーダムトップ”)取り外すことができる構造を持ち、これらを外するとルーフと後ろ半分が「オープンになる」というワイルドさも魅力ですが、なんとドアも簡単に取り外せるという特殊な構造も。
この辺り「修理するよりも交換」という軍用車ならではの考え方が反映されている部分ですね。

反面室内は現代的で、サブウーファー搭載アルパイン製オーディオシステムを搭載したり、と意外や快適志向。
シートも柔らかく快適で、インテリアは外観とのギャップに驚かされるところ。

内装だとウインドウにちょっとした「お遊び」があり、ルームミラーの付け根あたり、そして運転席下には「ジープ」をアイコン化したグラフィックが(外装だとホイールにもある)。
この辺り「実用一点張りではなく」ジープのある生活を楽しもう、という意図が伝わって来ますね。
実際のところ非常に実用的な車ではありますが、その実用性だけじゃなく、所有する楽しみや、なにより「ジープのある生活」が他の車にはない価値ですよ、ということだと思います。

サスペンションは昔ながらのコイルリジッド。
裏面を見るといかにも頑丈そうで、かつシンプルな作り。

各パネルはリベットで留めてあったりして、このあたりの直接的なつくりもまず他の車だと見られない部分ですね。

さて、早速試乗に移りましょう。
運転席は「ちょっと」高め。
しかし外観から想像するほどシート位置は高くはなく、レンジローバーと同じくらいのように感じます(メルセデス・ベンツGクラスよりは低く、レンジローバー・イヴォークよりは高い)。

ミラー類の見切りはまずまずで、四角いボディに起因して車両感覚も掴みやすいと思います。
フロントウインドウは「平面」となっており、これも現在だとメルセデス・ベンツGクラスくらいしか思い当たらない形状。
ウインドウがかなり近く、ダッシュボードが短いのもGクラス同様ですが、このあたり同じような構造を持っていることを考えると、軍用として何らかの理由(ウインドウが平面で、乗員に近いことに対する)があるのかもしれません。

ちょっと気になるのは足の置き場で、左足(右ハンドル)は前に投げ出すのが難しく、これはトランスミッションもしくは副変速機の位置に起因するものでしょうね。

ペダルを踏む右足ですが、これは「アクセルペダルとブレーキペダルとの落差がかなり大きく」ちょっと戸惑う部分。
ただしこれは「意図的」とのことで、軍用のゴツいブーツを履いて足先の感覚が掴みづらいときでも「ペダルを踏み間違わないように」あえて段差を設けている(アクセルがかなり深い)、とのこと。
ぼくはウンチク好きなので「なるほど」「さすが軍用ベース」と感心したのですが、これに馴染めない人もいるようで、この「ペダル高さ」を普通の車同様に合わせるキットもあるそうです。

エンジン始動はコンベンショナルな「キーを捻る」もので、ブレーキを踏みながらキーを回してエンジンスタート。
シフトレバーもちょっと前までよく見た「ゲート式」。これをDレンジに入れて車をスタートさせます(パーキングブレーキはもちろん手動)。
重量2トンというところから想像するより遥かに軽い感覚で車が動き出し、ノイズやバイブレーションもかなり小さいのにはちょっと驚き。
外観に似合わず、このあたりは「現代風」の水準を満たしていると言ってよく、トヨタFJクルーザーより静かで快適だと思います。

運転しはじめて気になったのが「最小回転半径」。
ロングボディで7メートル超、ショートボディでも6メートル超という最小回転半径の大きさを持っており(普通の車は5~5.5メートル)、カーブを曲がる時にインを突くようなスポーツカー的曲がり方をすると確実に(日本の車線の幅だと)曲がりきれず、イメージとしては一旦外側に車体を振り、そこから曲がってゆくような感じですね。

これももしかすると軍用由来で「急ハンドルで転倒しないよう」な配慮かもしれませんが、詳細は不明。
ただ、「そういった車だ」と慣れてしまうと問題はなく、試乗を終えた後の車庫入れ(けっこう狭い)も一発で入れることができたので、慣れで解決する部分だと思います。

ステアリングホイールについても意外と径が小さく、車庫入れ時でもそんなに「ぐるぐる回す」という印象はなく、かつ軽快に操作が可能。
おそらくはステアリングホイールの角度が乗用車に近く、トラックのように「寝て」いないのが扱いやすさを感じさせるのでしょうね。

しばらく走行してみても「かなり乗用車ライク」なのには驚かされ、見かけのようにハードではなく、むしろ「ソフト」。
ラダーフレームなので車体は頑強で、揺さぶられる感じもなく、車内もデタッチャブルハードトップだというのに非常に静か(ロードノイズもあまり入ってこない)。
ぼくは基本的にオフローダーが好きなので何度かこの手の車に試乗していますが、多くのオフローダーの乗り味は「ほとんどトラック」。
ただ、オフローダーで快適に走ろうというのがそもそもの間違いなのでトラック的乗り心地を責めるのはお門違いというものではあり、しかしこのジープ・ラングラーはかなり乗用車に近い印象です。

衝撃吸収についてはリジッドコイルならではの癖はありますが、普段トーションビームのミニバンに乗っている人であればたぶん気にはならないと思われ、これもすぐに慣れる部分。

ブレーキについては比較的効きがよく、そして低ミュー路でのコントロール性が重要となるオフローダーだからか「タッチによって細かい制御ができる」味付け。
よって「カックン」にはならず、停車時でもゆっくりと、狙ったところに止めることができます(ブレーキは秀逸と言っていい)。

一言で言うと「見た目はハード、乗り心地はマイルド」。
見た目も乗り心地もハードでロックな車がありますが、ジープ・ラングラーは国産のミニバンから乗り換えても使い勝手や運転、乗り心地に文句はなく、そして同乗者からも苦情が出ることはまず無いだろう、と考えています。

前述のように日本で唯一好調なのが「ジープ」ブランドだそうですが、それも納得の完成度の高さ、という印象ですね。
それでいて上で例に挙げたペダルのように「ジープ(ラングラー)ならでは」の部分があり、他の車と違うことについては「ちゃんと理由があって」、それに納得できたり、さらに好きになることができるようなところが盛りだくさん。
所有すると愛着がどんどん湧く車であることは間違いなく、車を「単なるモノや移動手段」だと考えない人、かつカスタムしてみたいと考えたりクリエイティブな人には「うってつけ」の一台と言えるでしょう(カスタム意欲が異常に湧いてくる)。

走破性が高いのでまず雪道でも問題はありませんし、内張りが室内スペースを圧迫していないので(簡素なので)けっこうモノも乗り、しかもレギュラーガソリン対応という経済性の高さも特徴(燃費は実際のところリッターあたり6~7キロなので良くはないが、ランクルやFJクルーザーよりはちょっといいかもしれない)。

さらには「リセール」の高さも利点として挙げられ、「人とモノが載る車で面白いものはないか」と考えている人は是非試乗をお勧めしたい一台。

見た目がハードなので乗り心地もそうだったら嫌だなあ(普段乗りとして検討しているので)、と試乗前には心配していたものの、実際に試乗してみると「全く普通に、普段乗りとして使える」ことがわかり、今回はいい意味で期待を裏切られた試乗と言えるでしょう。

なお「最大の問題」は「ラングラーの魅力」と表裏一体ではありますが、カスタムにお金がかかるであろうこと。
購入するのであればショートボディになりますが、ルーフをハーフマットのブラックにペイントし、グリルもブラック、ヘッドライトはユニットごとLEDに入れ替え、ルーフにはLEDバーを装着し、バンパー類はルビコン仕様に、テールランプにはガードを装着し、ホイールもちょっといかついブラックへと変更し、タイヤもゴツめのものへ。
そのほか各部に手を入れることになると思いますが、ちょっと試乗しただけでここまでカスタム計画が出てくるくらいなので、実際に所有するとこれは大変だろう、と考えたり。

そのため現在どんなパーツがあるのか、カスタムにはどれくらい費用がかかるのかを算出中ですが、世界中に愛好者やカスタムショップがあるので、パーツの調査に時間がかかっている最中。
ラングラーであれば「ツルシ」で乗ることはなく、購入の際には「カスタム含めた総額」で考えなくてはなりません。

なお今回試乗をお願いしたのは大阪・箕面の「クライスラー/ジープ箕面」さん。
何度か訪問したことがありますがスタッフの方々すべて対応が非常にフレンドリーで、かつ車への情熱が感じられるもの。
その上購入後はかなり幅広いカスタムに対応していただけるとのことで、心強いディーラーさんではありますね(たぶん日本で一番台数を売っている)。

改めてここでお礼申し上げたいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう




  • この記事を書いた人
  • 最新記事

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。 現在は複数カーメディアにて記事を連載中。

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

| レクサスLFAの相場はちょっと下降気味? | ちょっと前までは非常に高いプライスタグを提げていた、レクサスLFAの中古相場がやや下がり気味。6000万円くらいを記録していた時期もありますが、それが ...

4

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

5

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

6

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

7

一定以上から増えた年収は「余剰金」のようなものだ 収入について、ふと思うことが。 例えば、年収400万円から倍の年収800万円になったとして、使えるお金が倍ではなく「それ以上」になる、ということ。 一 ...

8

フェラーリ売却価格が高く、はある意味「もっとも割安な」車なのかもしれない 世の中には残価設定ローンというものがあり、ぼくはこれが大好きです。たとえば1000万円の車を購入する際、3年ローンで残価が50 ...

9

高額な腕時計(どれくらいから”高額”なのかは人によって意見が分かれるのでここではあえて触れない)をしていると周囲の反応が変わる、ということはよく聞きますよね。 レストランやホテルでの待遇が良くなったと ...

10

| フェラーリ=速い、という印象があるが | 「速い」と思われたものの、実際はそんなに速くなかった車ベスト(ワースト)8が公開に。その順位は下記の通りですが、フェラーリが8車種のうち2つ、ポルシェが1 ...

-■TEST DRIVE(色々な車の試乗記), >その他アメリカ車
-, , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.