>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他) ■近況について ■映画や音楽、本について ■ニュース

【コンコルソ・デレガンツァ】映画「ロッキー」にも登場したランボルギーニ・ジャルパ、そしてウルスの祖先である「LM002」を見てみよう

いずれもランボルギーニの歴史を語る上で外せない さて、コンコルソ・デレガンツァにて展示されていたランボルギーニ・シリーズ、今回は「ジャルパとLM002」。ジャルパは1981年に登場し、1989年(モデルイヤーは1990)まで410台が生産されています。※419台説もあるウラッコとそのタルガトップである「シルエット」の後継として位置づけられるクルマで、3.5リッターV8エンジン(250-255馬力)をミッドマウントしています。ただしウラッコは2+2でクローズボディ、シルエット/ジャルパは2シーターでタルガボ ...

ReadMore

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >マセラティ(Maserati) >ランボルギーニ・ガヤルド関連 ■近況について ■ニュース

まさか実車を見る機会が来ようとは。世界に数台、ランボルギーニ✕ザガート「5-95」「マセラティ・モストロ」はこんなクルマだ

おそらく今回を除けば一生目にすることはないだろう さて、コンコルソ・デレガンツァ京都2019に展示されていた車両のうち、比較的最近のクルマを2台、紹介したいと思います。ひとつはランボルギーニ・ガヤルドベースの「Lamborghini Gallardo 595 Balboni Edition Zagato」、もうひとつはMaserati Mostro Zagato Coupe。 Lamborghini Gallardo 595 Balboni Edition Zagato(2016) まずはランボルギーニ・ ...

ReadMore

>ジャガー(Jaguar) >フェラーリ(Ferrari) ■映画や音楽、本について ■ニュース

【動画】LAの地下には秘密のガレージがあった!世界で最初に作られたフェラーリ、映画の登場したクルマ、世界に一台しかないクルマを保管し一般人は立ち入り不可能

この場所にカメラが入るのは今回がおそらく最初 世界中で(ときには日本でも)様々なスーパーカー/ハイパーカー、レアカーを紹介してくれるユーチューバー、スーパーカーブロンディさん。今回はロサンゼルスにあるピーターソン・ミュージアムの中でも、一般には入れない「地下施設」の中を紹介しています。そしてこの地下施設には、「フェラーリの名で最初に生産されたクルマである”125S”」や、スティーブ・マックィーンが所有していたジャガーXKSSほか、非常に希少なクルマ、そして世界に一台しか存在しないクルマも。ここでその内容を ...

ReadMore

■このサイトについて >アストンマーティン(Astonmartin)

史上もっともオシャレなアストンマーティン「DBS59エディション」登場!ル・マン優勝車へのオマージュ、そして英国文化を地でゆく限定車

ここまで細部にこだわった「英国らしい」アストンマーティンは今までになかった アストンマーティンの新たな限定モデル、「アストンマーティDBS 59エディション」の第一号車が公開に。これは半年ほど前に生産が予告されていた車両となり、1959年のル・マン24時間レースにて1−2フィニッシュを飾ったDBR1へのオマージュ。限定台数は24台で、それぞれの一台がル・マン24時間の「1時間」をあらわしている、とのこと(今回公開された車両が「何時間目」なのかはわからない。フロントフェンダーにその番号が入るものの、文字が判 ...

ReadMore

>ブガッティ(BUGATTI) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

ブガッティが「ディーヴォ」のテスト風景を公開。発表は2018年8月なのにまだテスト中なのはなぜ?

摂氏40度を超える中、時速250キロで走行を行う ブガッティが「40台のみ」の限定、そして価格6.2億円と言われるディーヴォのテスト風景を公開。ディーヴォの発表は2018年8月、そして納車は2019年末からだとされ、それに向けてテストを行っているということになりますね。 ブガッティの頂点「ディーヴォ」参上。1500馬力、0-100km/h加速2.4秒、6.2億円のハイパーカー

ReadMore

>アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) ■近況について ■ニュース

【コンコルソ・デレガンツァ】1950年代のフィアット/アバルト×ザガートはこんなクルマたち。「レコードモンツァ」の起源となったクルマも

このまま復刻したらかなり人気が出そうだ 京都は二条城にて開催された「コンコルソ・デレガンツァ2019京都」。今回は1950年代のフィアットたちを画像と動画にて紹介したいと思いますが、正直この時代のクルマそしてザガートはぼくにとって未知の領域。ただ、こうやってザガートのクルマを見ていると「ダブルバブル」のほか、「流線型」「丸型ランプ」「広いグラスエリア」といったザガート特有の共通項を見つけることができ、様々な発見があったと思います。 こちらもオススメ、関連投稿【コンコルソ・デレガンツァ】ランボルギーニの方向 ...

ReadMore

>ポルシェ911関連 ■新型車情報/スパイフォト/噂など

新型ポルシェ911タルガのプロトタイプがニュルにて捕捉。そもそも「タルガ」って何?

もともとボディ形状に「タルガ」と名付けたのはポルシェが最初 ポルシェは992世代のポルシェ911カレラS/カレラSカブリオレを発表したところですが、まだまだ「タルガ」「GT3」「ターボ」等のモデルが控えています。今回はその中でも「911タルガ」のプロトタイプがニュルブルクリンクを走行する様子が目撃に。ボディカラーは明るいグリーンを採用し、これはおそらく992世代の911に新設定された「リザードグリーン」。なお、ポルシェが採用するグリーンの名称は爬虫類の名を冠したものも多く、「マンバ(蛇の一種)グリーン」や ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >中国/香港/台湾の自動車メーカー >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen)

エレクトリック、自動運転、コピー、ニッチなど。上海モーターショーにはこんなクルマが出展されている

中国の自動車市場は独自の方向性に向けて動き出しているようだ 現在中国では「上海モーターショー」が開幕していますが、そこでは他の国とは異なる様相が見られる模様。中国はEVの製造、消費者にとってはEV登録時に優遇措置が受けられるということもあり、現在「EVバブル」。よって多数のEVが上海モーターショーに登場しているようですが、ここで上海モーターショーに出展されるクルマを(EVに限らず)紹介してみたいと思います。

ReadMore

>アウディ(Audi) >アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) >フェラーリ(Ferrari) >スズキ(SUZUKI)

スズキが200万台規模のリコールを届け出。そのほかフェラーリ、アウディ、アルファロメオも相次いでリコールを発表

フェラーリはエアバッグ、アルファロメオはブレーキ、アウディは燃料関係 先般より報道のあったスズキの大量リコール。スズキが4/19付けにて200万台を超えるリコールを国土交通省へと届け出ていますが、そのほかにも(別の内容で)アウディやフォルクスワーゲン、フェラーリ、ホンダもリコール届け出。新年度から相当にリコールの多い年となっていますが、ここでその内容(一部)を見てみましょう。 こちらもオススメ、関連投稿香港は知られざるスーパーカー天国。多くのスーパーカーやカスタムカーが走っている意外と出てくるのが遅かった ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

メルセデス・ベンツの最上級SUV、「GLS」発表!シートは3列目までもが「電動調整式」、SUVにおける”Sクラス”

走る道を選ばず、最高の乗り心地を実現。いずれはマイバッハも投入か メルセデス・ベンツが新型GLSを正式発表。「S」と名のつく通り、SUVシリーズの「Sクラス」に相当するモデルで、BMW X7と真っ向からぶつかるクルマ。初代GLS(X166)は2015年に登場していて、それを考えると現段階でのフルモデルチェンジはちょっと早いような気もしますが、現行GLSはダッジ・デュランゴのプラットフォームを使用しており、メルセデス・ベンツとしてはこれを自社設計へと切り替えたいという意図があるのかもしれません。 そのため新 ...

ReadMore



■TEST DRIVE(色々な車の試乗記) >その他アメリカ車

とりあえずみんな試乗してみて。普通に使えて夢が広がるジープ・ラングラーに乗ってきた

投稿日:2017/05/07 更新日:

日本で唯一好調なアメ車、ジープ。
今回はその中でも「最もジープらしい」ラングラーに試乗。
5ドアの「アンリミテッド」、グレードは「サハラ」、4,276,800円となっています。
全長4705ミリ、全幅1880、全高1845ミリ、と実際の数字は見た目よりもコンパクト。








エンジンはV6/3600ccペンタスターで284馬力、トランスミッションは5AT、駆動方式はもちろん4WD、サスペンションは前後共コイルリジッドを採用するクラシカルなモデルで、特筆すべきはラダーフレームの上にボディが乗る「ボディオンフレーム」構造を持つ、ということ。
ルーツは1941年の軍用ジープとなりますが、その思想を現代にまで色濃く受け継ぐモデルでもあり、今となってはメルセデス・ベンツGクラス以外には例を見ないバックボーンを持っている、と言えます(Gクラスも元は軍用)。

そのためボディは応力を受けず、よってルーフと車体後半を(3ピース分割式の”フリーダムトップ”)取り外すことができる構造を持ち、これらを外するとルーフと後ろ半分が「オープンになる」というワイルドさも魅力ですが、なんとドアも簡単に取り外せるという特殊な構造も。
この辺り「修理するよりも交換」という軍用車ならではの考え方が反映されている部分ですね。

反面室内は現代的で、サブウーファー搭載アルパイン製オーディオシステムを搭載したり、と意外や快適志向。
シートも柔らかく快適で、インテリアは外観とのギャップに驚かされるところ。

内装だとウインドウにちょっとした「お遊び」があり、ルームミラーの付け根あたり、そして運転席下には「ジープ」をアイコン化したグラフィックが(外装だとホイールにもある)。
この辺り「実用一点張りではなく」ジープのある生活を楽しもう、という意図が伝わって来ますね。
実際のところ非常に実用的な車ではありますが、その実用性だけじゃなく、所有する楽しみや、なにより「ジープのある生活」が他の車にはない価値ですよ、ということだと思います。

サスペンションは昔ながらのコイルリジッド。
裏面を見るといかにも頑丈そうで、かつシンプルな作り。

各パネルはリベットで留めてあったりして、このあたりの直接的なつくりもまず他の車だと見られない部分ですね。

さて、早速試乗に移りましょう。
運転席は「ちょっと」高め。
しかし外観から想像するほどシート位置は高くはなく、レンジローバーと同じくらいのように感じます(メルセデス・ベンツGクラスよりは低く、レンジローバー・イヴォークよりは高い)。

ミラー類の見切りはまずまずで、四角いボディに起因して車両感覚も掴みやすいと思います。
フロントウインドウは「平面」となっており、これも現在だとメルセデス・ベンツGクラスくらいしか思い当たらない形状。
ウインドウがかなり近く、ダッシュボードが短いのもGクラス同様ですが、このあたり同じような構造を持っていることを考えると、軍用として何らかの理由(ウインドウが平面で、乗員に近いことに対する)があるのかもしれません。

ちょっと気になるのは足の置き場で、左足(右ハンドル)は前に投げ出すのが難しく、これはトランスミッションもしくは副変速機の位置に起因するものでしょうね。

ペダルを踏む右足ですが、これは「アクセルペダルとブレーキペダルとの落差がかなり大きく」ちょっと戸惑う部分。
ただしこれは「意図的」とのことで、軍用のゴツいブーツを履いて足先の感覚が掴みづらいときでも「ペダルを踏み間違わないように」あえて段差を設けている(アクセルがかなり深い)、とのこと。
ぼくはウンチク好きなので「なるほど」「さすが軍用ベース」と感心したのですが、これに馴染めない人もいるようで、この「ペダル高さ」を普通の車同様に合わせるキットもあるそうです。

エンジン始動はコンベンショナルな「キーを捻る」もので、ブレーキを踏みながらキーを回してエンジンスタート。
シフトレバーもちょっと前までよく見た「ゲート式」。これをDレンジに入れて車をスタートさせます(パーキングブレーキはもちろん手動)。
重量2トンというところから想像するより遥かに軽い感覚で車が動き出し、ノイズやバイブレーションもかなり小さいのにはちょっと驚き。
外観に似合わず、このあたりは「現代風」の水準を満たしていると言ってよく、トヨタFJクルーザーより静かで快適だと思います。

運転しはじめて気になったのが「最小回転半径」。
ロングボディで7メートル超、ショートボディでも6メートル超という最小回転半径の大きさを持っており(普通の車は5~5.5メートル)、カーブを曲がる時にインを突くようなスポーツカー的曲がり方をすると確実に(日本の車線の幅だと)曲がりきれず、イメージとしては一旦外側に車体を振り、そこから曲がってゆくような感じですね。

これももしかすると軍用由来で「急ハンドルで転倒しないよう」な配慮かもしれませんが、詳細は不明。
ただ、「そういった車だ」と慣れてしまうと問題はなく、試乗を終えた後の車庫入れ(けっこう狭い)も一発で入れることができたので、慣れで解決する部分だと思います。

ステアリングホイールについても意外と径が小さく、車庫入れ時でもそんなに「ぐるぐる回す」という印象はなく、かつ軽快に操作が可能。
おそらくはステアリングホイールの角度が乗用車に近く、トラックのように「寝て」いないのが扱いやすさを感じさせるのでしょうね。

しばらく走行してみても「かなり乗用車ライク」なのには驚かされ、見かけのようにハードではなく、むしろ「ソフト」。
ラダーフレームなので車体は頑強で、揺さぶられる感じもなく、車内もデタッチャブルハードトップだというのに非常に静か(ロードノイズもあまり入ってこない)。
ぼくは基本的にオフローダーが好きなので何度かこの手の車に試乗していますが、多くのオフローダーの乗り味は「ほとんどトラック」。
ただ、オフローダーで快適に走ろうというのがそもそもの間違いなのでトラック的乗り心地を責めるのはお門違いというものではあり、しかしこのジープ・ラングラーはかなり乗用車に近い印象です。

衝撃吸収についてはリジッドコイルならではの癖はありますが、普段トーションビームのミニバンに乗っている人であればたぶん気にはならないと思われ、これもすぐに慣れる部分。

ブレーキについては比較的効きがよく、そして低ミュー路でのコントロール性が重要となるオフローダーだからか「タッチによって細かい制御ができる」味付け。
よって「カックン」にはならず、停車時でもゆっくりと、狙ったところに止めることができます(ブレーキは秀逸と言っていい)。

一言で言うと「見た目はハード、乗り心地はマイルド」。
見た目も乗り心地もハードでロックな車がありますが、ジープ・ラングラーは国産のミニバンから乗り換えても使い勝手や運転、乗り心地に文句はなく、そして同乗者からも苦情が出ることはまず無いだろう、と考えています。

前述のように日本で唯一好調なのが「ジープ」ブランドだそうですが、それも納得の完成度の高さ、という印象ですね。
それでいて上で例に挙げたペダルのように「ジープ(ラングラー)ならでは」の部分があり、他の車と違うことについては「ちゃんと理由があって」、それに納得できたり、さらに好きになることができるようなところが盛りだくさん。
所有すると愛着がどんどん湧く車であることは間違いなく、車を「単なるモノや移動手段」だと考えない人、かつカスタムしてみたいと考えたりクリエイティブな人には「うってつけ」の一台と言えるでしょう(カスタム意欲が異常に湧いてくる)。

走破性が高いのでまず雪道でも問題はありませんし、内張りが室内スペースを圧迫していないので(簡素なので)けっこうモノも乗り、しかもレギュラーガソリン対応という経済性の高さも特徴(燃費は実際のところリッターあたり6~7キロなので良くはないが、ランクルやFJクルーザーよりはちょっといいかもしれない)。

さらには「リセール」の高さも利点として挙げられ、「人とモノが載る車で面白いものはないか」と考えている人は是非試乗をお勧めしたい一台。

見た目がハードなので乗り心地もそうだったら嫌だなあ(普段乗りとして検討しているので)、と試乗前には心配していたものの、実際に試乗してみると「全く普通に、普段乗りとして使える」ことがわかり、今回はいい意味で期待を裏切られた試乗と言えるでしょう。

なお「最大の問題」は「ラングラーの魅力」と表裏一体ではありますが、カスタムにお金がかかるであろうこと。
購入するのであればショートボディになりますが、ルーフをハーフマットのブラックにペイントし、グリルもブラック、ヘッドライトはユニットごとLEDに入れ替え、ルーフにはLEDバーを装着し、バンパー類はルビコン仕様に、テールランプにはガードを装着し、ホイールもちょっといかついブラックへと変更し、タイヤもゴツめのものへ。
そのほか各部に手を入れることになると思いますが、ちょっと試乗しただけでここまでカスタム計画が出てくるくらいなので、実際に所有するとこれは大変だろう、と考えたり。

そのため現在どんなパーツがあるのか、カスタムにはどれくらい費用がかかるのかを算出中ですが、世界中に愛好者やカスタムショップがあるので、パーツの調査に時間がかかっている最中。
ラングラーであれば「ツルシ」で乗ることはなく、購入の際には「カスタム含めた総額」で考えなくてはなりません。

なお今回試乗をお願いしたのは大阪・箕面の「クライスラー/ジープ箕面」さん。
何度か訪問したことがありますがスタッフの方々すべて対応が非常にフレンドリーで、かつ車への情熱が感じられるもの。
その上購入後はかなり幅広いカスタムに対応していただけるとのことで、心強いディーラーさんではありますね(たぶん日本で一番台数を売っている)。

改めてここでお礼申し上げたいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



  • この記事を書いた人

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。 現在は複数カーメディアにて記事を連載中。

-■TEST DRIVE(色々な車の試乗記), >その他アメリカ車
-, , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.