ad-728





■その他自動車関連ニュース・ネタなど

「軽自動車に白ナンバー」受付開始→大人気に。やはり黄色ナンバーにはコンプレックス?


2019年ラグビー・ワールドカップ日本開催を記念し、特別仕様の”応援”ナンバープレートの受付が開始されていますが、これは普通乗用車、軽自動車の両方に取り付けが可能。
ただしデザインは「一種類」、正確に言うと「白ナンバー」しかなく、よって軽自動車がこのラグビーワールドカップ仕様のナンバープレートを選択すると「軽でも白ナンバー」ということに。

これが話題となってか時事通信によると、4月末までの申込みは34,134件で、うち78%が軽自動車である、とのこと。
4/3から受付がスタートしていて、概要はこちらのとおり(国土交通省の発表のPDF)ですが、交付料金は都道府県によって異なります。

図柄は一番上の画像の通り「二種類」で、右のナンバープレートはナンバー右上に大会ロゴマークが入り、左のナンバープレートは左端にラグビーボールの図柄入り(1000円以上寄付をするとラグビーボールが入る)。

申し込み一ヶ月で34,134件の申し込みが多いのか少ないのかは不明ですが、国土交通省によると「予想以上」。
なお2017年4月の軽自動車(貨物用除く)の販売は101,412台。
上記申込みの31,134台のうち78%が軽自動車とのことなので、26,624台が「軽の申し込み」ということになりますが、単純計算だと「一ヶ月の軽自動車の販売数の26%に相当する台数(オーナー)が白ナンバーへの交換を希望」しているということになりますね。

これを見るとやっぱり「黄色ナンバーはイヤ」という人がかなりいたんだなあ、と思いますが、逆に「お金を払えば白ナンバーになる」ということを知る人からすると「白ナンバーを付けている軽自動車」というのはまた色々な見方がされるのだろうと考えられ、ちょっと複雑な気持ちです。

-■その他自動車関連ニュース・ネタなど
-, , ,