■新型車情報/スパイフォト/噂など >中国/香港/台湾の自動車メーカー >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen)

エレクトリック、自動運転、コピー、ニッチなど。上海モーターショーにはこんなクルマが出展されている

中国の自動車市場は独自の方向性に向けて動き出しているようだ 現在中国では「上海モーターショー」が開幕していますが、そこでは他の国とは異なる様相が見られる模様。中国はEVの製造、消費者にとってはEV登録時に優遇措置が受けられるということもあり、現在「EVバブル」。よって多数のEVが上海モーターショーに登場しているようですが、ここで上海モーターショーに出展されるクルマを(EVに限らず)紹介してみたいと思います。

ReadMore

>アウディ(Audi) >アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) >フェラーリ(Ferrari) >スズキ(SUZUKI)

スズキが200万台規模のリコールを届け出。そのほかフェラーリ、アウディ、アルファロメオも相次いでリコールを発表

フェラーリはエアバッグ、アルファロメオはブレーキ、アウディは燃料関係 先般より報道のあったスズキの大量リコール。スズキが4/19付けにて200万台を超えるリコールを国土交通省へと届け出ていますが、そのほかにも(別の内容で)アウディやフォルクスワーゲン、フェラーリ、ホンダもリコール届け出。新年度から相当にリコールの多い年となっていますが、ここでその内容(一部)を見てみましょう。 こちらもオススメ、関連投稿香港は知られざるスーパーカー天国。多くのスーパーカーやカスタムカーが走っている意外と出てくるのが遅かった ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

メルセデス・ベンツの最上級SUV、「GLS」発表!シートは3列目までもが「電動調整式」、SUVにおける”Sクラス”

走る道を選ばず、最高の乗り心地を実現。いずれはマイバッハも投入か メルセデス・ベンツが新型GLSを正式発表。「S」と名のつく通り、SUVシリーズの「Sクラス」に相当するモデルで、BMW X7と真っ向からぶつかるクルマ。初代GLS(X166)は2015年に登場していて、それを考えると現段階でのフルモデルチェンジはちょっと早いような気もしますが、現行GLSはダッジ・デュランゴのプラットフォームを使用しており、メルセデス・ベンツとしてはこれを自社設計へと切り替えたいという意図があるのかもしれません。 そのため新 ...

ReadMore

>スバル(SUBARU)

スバルがまた売れそうなクルマを発表!新型「アウトバック」はクロスオーバーSUVのフラッグシップ

北米市場では喝采をもって迎え入れられそうだ スバルがニューヨーク・モーターショーにてフルモデルチェンジ版となる「アウトバック」を公開。スバルによれば、アウトバックは「フラッグシップクロスオーバーSUV」という位置づけとなり、今回のモデルチェンジで目指したのは「知的好奇心を刺激し、新たな発見を促すクロスオーバー」。外観上だと樹脂製の大きなクラディングが目に入り、いかにもワイルドそしてアクティブといった印象を受けますね。なお、スバルのデザインフィロソフィーは全車共通して「ダイナミック×ソリッド」ですが、今回の ...

ReadMore

>日産/インフィニティ(Infinity) ■ニュース

日産GT-R 2020年モデル発表!FUJITSUBO製チタンマフラー、細部のブラッシュアップにて各グレードとも40万円前後の価格アップ

内容を見ると、値上げの範囲は十分に納得できるどころか「お買い得」 日産がGT-Rの2020年モデルを発表。同時に「GT-R NISMO 2020年モデル」「GT-R 50thアニバーサリー」を発表しており、50周年を迎えるにあたって大きな盛り上がりを見せています。※2020年のGT-R諸元表はこちらなお、現行R35 GT-Rは2007年に登場していますが、12年目に突入した今でも、その輝きがまったく色あせていないと思います。 こちらもオススメ、関連投稿海の向こうでは大人気!RX-7、GT-Rはじめマツダ、 ...

ReadMore

>日産/インフィニティ(Infinity) ■ニュース

日産が「GT-R50周年記念」モデル”GT-R 50thアニバーサリー”発表。1年間の期間限定受注、価格は1319~1351万円

ベースはGT-Rプレミアム・エディション、ベースモデル比でプラス100万円 日産がGT-Rの2020年モデル発表とともに、GT-R生誕50週年記念モデル「NISSAN GT-R 50th Anniversary」を発表。日産はGT-Rの50周年を迎えるにあたり、すでにイタルデザインとのコラボレーションにて「GT-R50 by Italdesign」を発表していますが、こちらは限定50台、その価格も1億3000万円という高嶺の花となっています。今回発表されたNISSAN GT-R 50th Annivers ...

ReadMore

>日産/インフィニティ(Infinity) ■ニュース

日産GT-R NISMO 2020年モデル発表!カーボンパーツ、セラミックブレーキ投入などで-40.5kg、タービンも変更されレスポンスも向上

ルックスはさらにアグレッシブに。視覚的な満足感も向上したGT-R NISMO 2020年モデル 日産がGT-R NISMOの2020年モデルを発表。内容を見ると「軽量化」「ドライバーと車両との一体化」「制動力強化」がその大きな内容となっているようですね。※すでに日産は2020年モデルのGT-R NISMOのコンテンツを公開済みなお現時点では価格の公表はなく、5月中旬から先行予約を開始する、とアナウンスされていますが、ここでその内容をざっと見てみましょう。 こちらもオススメ、関連投稿海の向こうでは大人気!R ...

ReadMore

>ポルシェ911関連

ポルシェ911「スピードスター」正式発売!限定1,948台、GT3スペックを持つコレクターズアイテム

コンセプトモデルにかなり近い姿で登場。しかしタルボットミラーはやはり採用見送り ポルシェがニューヨーク・モーターショーにて「911スピードスター」を発表。これは2018年6月9日に創立70周年を迎えたポルシェが「70周年記念」として発表した911スピードスター・コンセプトの市販モデルとなります。ベースとなるのは992ではなく991.2世代の911で、エンジンは4リッター・フラットシックス、出力は502馬力。このエンジンそのものは911GT3(500馬力)/911GT3 RS(520馬力)と基本的に同じです ...

ReadMore

>中国/香港/台湾の自動車メーカー >ロータス(Lotus)

なんと中国国旗を身にまとう”ロータス・エヴォーラGT4”コンセプトが発表に。ロータスは中国でドライバー育成を行うなど一気に中国シフト

まさかここまで急速に中国化が進むとは ロータスが「エヴォーラGT4コンセプト」を上海モーターショーにて発表。これは文字通り「GT4クラス」に参戦することを想定したクルマで、2020年に実際に戦うことになるレーシングカーのプレビューとなります。ただ、驚くべきは前半分が英国国旗(ユニオンジャック)風、そして車体の後ろ半分が中国国旗風なところ。 こちらもオススメ、関連投稿ロータス「スポーツカーの生産は継続して英国で。だがSUVはそれ以外になる」→SUV発売がほぼ確実に【動画】キー上で車両の情報確認や機能の操作を ...

ReadMore

>ロールスロイス(Rolls-Royce)

ロールスロイスにとって最重要市場となった中国。上海モーターショーには「ショー専用」ワンオフモデルを投入してアピールへ

キックプレートには「上海モーターショー」の文字が入る ロールスロイスが上海モーターショーに「フルラインアップ」で臨み、ショー専用のワンオフモデル(カリナン、ファントム、レイス、ゴースト)を公開。なお、ロールスロイスは2018年において記録的な売上を計上していますが、その大きな要因は中国の伸びであったとされ、その後にロールスロイスは中国の「ブタ年」にちなんだカリナンを発表するなどし、中国に対して友好姿勢を示しています。 ロールスロイスが全力で中国に媚びる!中国の「ブタ年」にあわせて特別仕様のカリナンを投入し ...

ReadMore



■TEST DRIVE(色々な車の試乗記) >スバル(SUBARU)

スバルにXV試乗。これだけの完成度、楽しさがあれば高いお金を出して輸入車を購入する意味はない?

投稿日:2017/06/15 更新日:

さて、スバルXVに試乗。
グレードは2.0i-S EyeSight、2,648,700円のフラッグシップモデルとなります。
エンジンは2L直噴で出力は154馬力、トランスミッションはリニアトロニック(AT)、駆動方式はAWD。
標準装備としては18インチアルミホイール、LEDヘッドライト(ステアリング連動)、運転席&助手席パワーシート、アイサイトVer.3、X-MODE、アクティブ・トルクベクタリングを装備。








XVはインプレッサの車高を上げ、クラディング等を付加することでオフロード風味に仕立てたモデルになりますが、インプレッサのバリエーションとしてではなく、一つの独立したモデルとして存在しています。
実際に両車を並べると「別の車」とも思えるほど印象が異なり、XVの方がクラディング(オーバーフェンダー)が装備されるぶんちょっとだけ幅広で、かつリフトアップによって全高も増えることに。

新型XVはかなりワイルドな雰囲気を持っていて、各パーツの造形が非常に立体的でアクティブなイメージがあり、インプレッサ譲りのウェッジシェイプによってさらに躍動感が増しているようにも感じますね。

なお全体的には「キープコンセプト」で、先代の雰囲気をうまく引き継いだモデルチェンジ。
それでいて先代よりもスタイリッシュで若々しく見えるのは元となるインプレッサの「若返り」のおかげかもしれません。

なおXVは細部が「オフロード風味になっただけ」のインプレッサではなく、最低地上高を200ミリとし、タイヤ外径も大きめの700ミリとしたために「四輪で踏ん張っている」印象があり、視覚的な安定感も感じさせます。
下はインプレッサとの比較ですが、タイヤサイズやクラディング、車高が変わることで随分雰囲気が変わると思います。

さて試乗。
ドアを開けて車に乗り込み、ドアを閉めた時の音からして既に質感の高さを感じさせるもので、嫌が応にも期待が高まるところ。
この辺りはインプレッサと同様ではありますが、とにかく「グローバルプラットフォーム」の影響が大きそう。

インテリアはインプレッサと基本的に同じはあるものの、XVではアクティブさを演出するためか内装のあちこちにオレンジのステッチが入ります。
ステアリングホイールにもオレンジの太いステッチが入り、常に目に入るところだけに購入後の満足感も大きい、と思われるところですね。

ペダルについても「S」グレードではアルミ製のものが標準装備され、ダッシュボード上のグラフィカルなディスプレイ表示、メーターパネル内の表示も直感的に読み取りやすく、これまでのモデルに比べてずいぶん進化したところ。

こういったインターフェースについてスバルは相当に研究を重ねたとしていますが、実際のところ直感的に操作がしやすく、かつあるべきところにあるべきスイッチがある、という感じ。
XVは先代より海外での人気が高く、今回のモデルもインプレッサ共々「グローバルモデル」の位置付けではあるものの、スイッチのレイアウトは平均的な日本人の体格でも操作しやすいようにできており、このあたりBMWやメルセデス・ベンツ、アウディなど輸入車とは異なる部分ですね(反面、欧米人にはXVのスイッチ類が自分に近すぎるのかも)。



全般的に目に入る部分のデザイン性や質感が高く、特にステアリングホイールとパドルのデザインは秀逸。
スポーク部とパドルとのデザインにおける整合性が高く、高級感とスポーティーさとを併せ持っており、これは輸入車を含めて考えてもトップクラスの出来栄えかもしれない、と思います。

エンジンスタート時の振動も少なく、電気式パーキングブレーキの動作もほぼ無音。
スバルはこういった操作感やノイズ、振動についてもそれらを抑えることにかなり注力したと聞いていますが、同じようにこの部分を重視するフォルクスワーゲンやアウディに比べても劣るものではなさそうです。

デイーラーから乗り出す時の段差越えについても、タイヤの大径化によって衝撃が吸収されるようになり、段差だからと言って身構える必要がなく、安心して走れるように(走行中に不意の段差に遭遇しても大丈夫)。
さらには車高が上がったことによって見切りが良くなっており、これも安心感を覚える理由の一つと言えそう。

ざっと色々な環境で走ってみますが、印象としては「動き含めて全てが軽い」というもの。
加速、減速、旋回において車の軽さを感じさせる身のこなしを見せ、これが運転を非常に楽しいものとしているように思います。

「軽さ」を感じさせる一番の要因はエンジンだと思われますが、これは自然吸気ながらも十分なトルクを発揮し、アクセルに対する反応が良く、必要な時に必要なトルクを得ることができる素晴らしいエンジン。
走行中や加速に移った時のノイズ、振動共に低いレベルに抑えられており、これもまたドライバーに「軽い」印象を与えるのかもしれません(加速時に騒音や振動が大きくなると”車が無理してるっぽい”印象を受ける)。

ロードノイズ、路面から受ける微細な振動などが室内に入ってこないように抑えられているのも軽快感を感じさせる要因と思われ、これによって車が外界から切り離されて「滑るように」、そして流れるように動いているという感じもありますね。

加えてステアリングホイール操作感が軽く、かつそれに対する反応が良いために「思った通りに曲がる」という印象があり、それもやはり軽快感を感じさせる別の要因といえそうです。

なお車高が高くなることで失われるかもと懸念していた安定性ですが、これについては全くの杞憂に終わったようで、不安を感じる場面は一切なし。
よくよく考えるとスバルはラリーでの経験が豊富であり、こういった車高の高い車(SUVではなく乗用車タイプ)を作り慣れているので当然といえば当然で、そもそも心配する必要がな買った部分ではありますね。

そのほか運転していて感じるのは静粛性が高さ。
これは外部の騒音や、車の発する振動や音をほとんど感じさせないレベルであり、これは裏返すと「どんな操作をしてもちゃんと車が反応するから大丈夫」というスバルの自信の表れかもしれません。

かつて欧州車はエンジンのノイズやロードインフォーメーションが希薄だとドライバーがそれら情報を受け取れないため、次の動作に移るのが遅れるという意味において「危険」と判断し、意図的に振動や音をドライバーに伝えるという考え方を持っていたと聞きますが、スバルは「そういった情報がなくとも車は操作に対してちゃんと反応するし、そういった情報がなくても良いのであれば、ない方が快適かつ安心して車を運転できる」と考えているようにも感じます。

どんな路面状況においても、どんな環境においても、どのようなレベルのスキルのドライバーが運転しても速く快適かつ安全に、確実に走行できるのがスバルの車だと改めて感じさせられるのがXVですが、それはスバルが長年追求してきた、そして培ってきた技術(VDCやAWD)の集大成なのかもしれません。

その意味ではスバルが考える「自動車」とは、扱えないような高性能を持つ車ではなく、はたまた電気自動車のような「現在とは別の可能性」でもなく、「誰もが、環境や路面状態を気にせずに楽しめる安全な車」なのではないか、という気もします。

スバルはもともと「初めて乗用車に4WDを採用した」メーカーであり、それをレース活動や、そこで得た技術を市販車にフィードバックすることで技術を蓄積し続けてきた会社で、その成果が「最新モデル」ということになり、そして現在のところは「XV」ということに。

さらにスバルは車の反応をどうすれば「ドライバーがどう感じるのか」を良く理解した会社だと思われ、地味ながらもスバルはすごい会社だ、と感じた次第。

とにかく運転していて楽しく、どこまでも(どんな環境でも)走ってゆけそうな車であり、試乗が短く感じられた(もっと乗っていたいと感じさせる)車でもありますね。

インプレッサ本来の持つアクセルやステアリング操作に対する反応の良さ、それに加えて車高を上げたことによる見切りの良さ、タイヤ大径化による乗り心地の良さを持っているのがXV。
その価格を考えるとかなり濃い内容を持っていると考えられ、この価格でこの車が購入できるのであれば「高いお金を出して輸入車を買う意味はない」とまで思わせる車であり、いっちょ「初スバル」として購入してみるか、と考えています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



  • この記事を書いた人

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。 現在は複数カーメディアにて記事を連載中。

-■TEST DRIVE(色々な車の試乗記), >スバル(SUBARU)
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.