ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>アウディ(Audi) >フェラーリ

アウディ幹部「R8の次期モデルは考えてない」→ウラカン後継はアウディではなくポルシェと共同開発?

投稿日:2018/03/22 更新日:

| アウディR8の将来は不透明 |

アウディ技術開発部門のボスがCar And Driver誌のインタビューに語ったところによると、「次期アウディR8については考えていない」とのこと。
これは必ずしも「継続しない」ということではなく、「まだ次期モデルを考えるタイミングではない」という意味合いがあるようで、R8については「モデルライフをかなり長く」取っているとも言えそうです。

やっぱりR8は消滅?

さらにアウディR8の「将来的な消滅」について、その可能性は否定できないとしながらも、「アウディにとってハイパフォーマンスカーは必要」とも述べています。
たしかにR8の発売によってアウディのスポーツイメージは大きく向上したと言え、(時代はエレクトリック化へ向かうとしても)ある種の広告塔としてはスポーツカーが必要なのかもしれません。

なおアウディR8は2017年に置いて北米では772台、欧州では1,366台を販売したとのことですが、これは一昨年の1,145台/2,935台に比較して「大きく落とした」数字。
兄弟モデルのランボルギーニ・ウラカンが年々販売を伸ばしているのとは対照的ですが、このままだと「消え去っても仕方がない」と言えそう。

Interior

R8が消えると困るのはランボルギーニ

なおアウディR8が消滅すると困るのは次期ランボルギーニV10(もうV10ではないかもしれませんが)モデルで、これ(ランボルギーニのV10モデル)はガヤルド、ウラカンともにアウディとの共有化を進めたからこそこの価格で実現できたクルマだと言えます。
よって、「R8が消滅」するとランボルギーニにとってはコストを平準化すべきパートナーが無くなってしまうということを意味し、ウラカンの「次期モデル」に暗雲が立ち込める可能性も。

その場合はもしかするとポルシェが共同開発パートナーとして選ばれる可能性もあって、以前に噂されたように「ポルシェのミドシップスーパースポーツ」と「ベイビーランボルギーニ」とが兄弟車になる日が来るのかもしれませんね。

そこへR8の姿がないことは残念だとは思いますが、来るべきエレクトリック時代には、R8はまた「R8 e-tron」のように性格を変えて登場するのだろう、とも思います。

あわせて読みたいアウディR8関連投稿

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

JUN

人生において戻せないもの、それは4つ。「失われた機会、過ぎ去った時間、放たれた矢、口から出た言葉」。とにかくチャレンジ、しかし紳士的にありたいと思います。

->アウディ(Audi), >フェラーリ
-, , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5