>日産/インフィニティ(Infinity) ■ニュース

日産が5月28日に新経営戦略を発表との報道。「北米、中国、日本に集中」し、ルノーは欧州、三菱は東南アジアへ

投稿日:2020/05/10 更新日:

| これまで日産は無駄が多く、安売りに頼りすぎた |

3K4A2223

ここ最近、アグレッシブにニューモデルを発表するかのように見えた日産ですが、ロイター通信によると、「カルロス・ゴーンの残した問題を整理するため、様々な戦略をリセットする」とのこと。

さらには「北米」「中国」「日本」という3つのマーケットに集中するということも公表した、と報じられています。

日産はずいぶん大きな賭けに出る

そして日産は新しいロードマップを5月28日に発表するとしていますが、ロイターがそのプランの「中身」について少しだけ知ることができたとし、それによるとおおかまにかには以下の通り。

・ルノー、三菱とのアライアンス(同盟)関係は継続
・ルノー、三菱との競合は避ける
・ルノーは欧州に集中、三菱は中国と日本を除くアジアマーケットに集中
・日産は北米、中国と日本に集中

さらに日産は開発コストを引き下げたいとしていて、その引き下げた分は「新型車開発コスト」へと回し、より各市場でのプレゼンスを高めたいようですね。

そして現在の「安売り」「安価なモデル」への依存を終わらせることによって、”より儲かる”車種へと移行し、さらに日本では購入者の平均年齢を2.5歳、北米では3.5歳(この5年で)引き下げたいという計画も持っている模様。

そのほか、世界中での生産台数を700万台規模から550万台規模にまでいったん縮小することも考えていて、これによって工場を(グローバルで)14拠点閉鎖するとも言われます。

nissan4

考えてみれば当たり前の戦略ではあるが

そして今回の新しい日産の戦略について考えると、「ルノー、三菱との競合を避ける」というのはよくよく考えると当たり前のことで、たとえばトヨタはちょっと前から自社内ですら「競業の禁止」を掲げ、異なる部署で同じことを研究や開発することを禁じ、それらの部署を統合することに。

さらには近年の報道に見られるとおり、自身はエレクトリック化に集中する一方でガソリンエンジンやガソリン車用プラットフォームはマツダなど他社に開発を委ねることでコストを削減しています。

トヨタとスバルとがEV開発に合意!両社から共同開発した電動SUVを発売し、さらにC~DセグメントのセダンやSUVも発売予定

| トヨタはなぜここまで「EV化」を先送りしてきたのか | トヨタとスバルがピュアエレクトリックSUVを共同開発することで合意した、と発表。トヨタ、スバルより本日付でプレスリリースが公開されていますが ...

続きを見る

加えてトヨタ自身の「エレクトリック化」について、これは非常にコストがかかるため、他社へと技術を供与することで開発費用を吸収しようとする動きも。

マーケットについても他社と共同戦線を張ることで拡大する意向を持っており、たとえばインド市場については、すでに強みを発揮しているスズキに「乗っかる」形で、しかしスズキとの協業にて、「タッグを組んでインド攻略」を進めるということもすでにアナウンスされていますね。

トヨタ/スズキが提携内容を発表。「やらまいか」精神でインド、アフリカへ共同開発車投入

| トヨタとスズキがインド及びアフリカでの事業展開を共同にて | 昨年にトヨタとスズキは「社会課題の解決」および「自動車社会の健全で持続的な発展」についての提携を発表していますが、これは詳細まで明らか ...

続きを見る

つまり日産がこれからやろうとしていることは「トヨタと同じ」とも考えられますが、これは真似というよりは「現代では当たり前」のことでもあり、しかし日産やホンダができなかったことだとも考えられます。

日産はなぜ「窮状」に陥ったのか!米メディアがその「7つの理由」と「3つの復活の方法」を述べる。なお意図的な「日産タイマー」が本当に仕込まれていた

この記事のもくじ1 | 一定の消耗品は6万キロを境に交換が必要になり、日産に利益を落とす仕組みだった |1.1 1.あまりにコストをカットしすぎた1.2 2.CVT1.3 3.品質低下1.4 4.日産 ...

続きを見る

これから日産がどう動くのか、その詳細はわからないものの、ようやく正しい方向へと動き始めたという印象もあり、今後に期待したいところでもありますね。

三菱は東南アジアで強みを発揮

なお、三菱は4輪駆動車に強いということもあって、現在でも東南アジアにおいて高い存在感を示しており、こちらも「無理に新規セグメントに進出してコスト投じることなく」効率的に利益を獲得してゆくのだと思われます。

なぜ日本で売らないッ!?三菱が人気モデル「エクスパンダー」にアウトドア風味をプラスしたエクスパンダークロス発表!現地価格208万円ナリ

この記事のもくじ1 | どう考えても日本で売れそうな要件を満たしているように思えるが |1.1 三菱エクスパンダー・クロスはこんなクルマ1.2 三菱エクスパンダーはこんなクルマ1.3 この記事を読んだ ...

続きを見る

VIA: Reuters

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->日産/インフィニティ(Infinity), ■ニュース
-, , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5