■そのほか車関連のネタなど

【動画】ドバイに放置されるスーパーカーや高級車は数千台!路上や砂漠にクルマが、ときにはF1マシンまでもが捨てられるのにはこういった理由があった

投稿日:

ドバイの路上に捨てられた高級車やスーパーカー

| そこにはドバイならではの特殊要因があった |

さて、ときどき報じられるのが「路上などに捨てられた、もしくは放置されているスーパーカーたち」。

こういった現象が見られるのは中東(主にドバイ)に多く、中には「F1マシンが放置されている」例もあるようですね。

フェラーリ・エンツォ、ブガッティ・ヴェイロン、ジャガーXJ220、ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ、ポルシェ918スパイダーといった希少な車から、日産GT-Rといった人気のクルマ、さらにはトヨタF1マシンまでが「放置車両」として報じられており、今回その謎に迫る動画をドーナツメディアが公開しています。

【動画】もうわけがわからない。ドバイにはこれだけ廃車や捨てられたスーパーカー、高級車が眠っている

| 大半はオークションに出品されるそうだが、売れずに残っているクルマも多いようだ | さて、世界各地で外出制限が徐々に解除されつつあり、それと同時にユーチューバーたちも活動開始。今回はドバイ在住の女流 ...

続きを見る

スーパーカーや高級車が放置されるのはドバイという都市の構造にあった

ドバイというと「お金が溢れている」という印象ですが、実はドバイそのものからは石油が殆ど出ず、ドバイの収益は「貿易」「金融」「商業」に頼っています。

ただ、その周辺にはアブダビのようにガスや石油が豊富に出る国があり、そういった国の投資を得てドバイは活動している、ということに。

22

そして投資を得るからにはリターンを返す必要があり、そのためにドバイは各種税金を低く設定したり、各種関税を撤廃することで外資系企業や富裕層を招致したり、ブルジュ・ハリファ、屋内人工スキー場のような「規格外の」施設を作ることで観光客をも呼び寄せているわけですね。

そうなるとドバイに人とお金が集まることになり、観光客が落としたお金、ドバイでの経済活動によって生み出されたお金によってドバイは潤い、投資者に対して「リターン」を返すことが可能となります。

11

なお、ドバイの人口のうち、「ドバイ以外から来た人」の割合は97%とずば抜けて高く、人種の坩堝といわれるニューヨークの37%とは比較にならない数字。

つまり、ドバイはそれだけ「お金のある人」「お金を求めている人」にとって魅力的ということになりますが、ドバイは消費活動を促進させてお金を回すという考え方を持っているので、家や高級品、クルマを購入するための「ローン」がかなり借りやすいのだそう。

そしてドバイに集まった人々はもともとそういったモノが好きな人が多いと考えられ、「ガンガン借りてガンガン買う」ということに。

ドバイのスーパーカーディーラーをYoutuberが紹介
【動画】やはりドバイは凄かった!人気ユーチューバーが現地スーパーカー/ハイパーカーディーラー、コレクターのガレージを紹介する

| いったいドバイには限定スーパーカー/ハイパーカーのうち、どれくらいの比率が集まっているのか | さて、コロナウイルスが猛威をふるう中ではありますが、人気ユーチューバー、Shmee150氏がドバイへ ...

続きを見る

問題はここからだ

そしてここまでだと何も問題はないのですが、問題となるのは「何かあった時」。

たとえばかつてのリーマンショックや今回のコロナウイルスのパンデミックのように、世界経済が減速した時に大きく影響を受けるのがドバイの経済構造。

つまり「貿易」「金融」「商業」いずれも大きなダメージを受け、ここは「農業」「工業」はたまた「石油」といった、物理的ななにかを生み出している国とは大きく異るところです。

2

そしてドバイの経済がそれら外的な不況にあおられると、ドバイの(外部から来た97%の人々)は仕事を失ってしまい、そうなれば「借りまくっていた」お金を返せなくなることに。

他の国だと、お金を返せなくなれば担保を差し出して支払いをチャラにしたり、なんらかの減免措置を取ることができる場合もあるものの、ドバイだと「支払いが遅れる=(購入したものを)売り主から盗んだ」のと同じ扱いになり、なんと即刑務所送りとなるのだそう。

これは厳しいイスラムの戒律(シャリア法」によって定められる鉄則であり、何人たりとも逃れることは不可。

そしてこの法に縛られるのは、ドバイにいる限りは外国人であっても同じことで、これは何人たりとも「公の場所で飲酒してはならない」「公の場所で異性と親しくしてはならない」のと同じだと考えられます。

中東では「盗みは重罪」

ちなみにドバイ(というか中東)では”盗み”に対して非常に厳しく、他人のモノを絶対に盗ってはならないという意識が根付いています。

ぼくが以前にアブダビのモスク(シェイク・ザイード・モスク)を訪れた際、中に入るのに靴を脱ぐ必要があったのですが、とくにカギや蓋のついたロッカーがあるわけではなく、簡単な棚に入れるか、そこに入らなければ地面に放置する必要があったわけですね。

アブダビのシェイク・ザイード・グランド・モスク。世界有数の美しさを持つ建造物を見てきた!

  | 中東を訪れたならばここは抑えておきたい | アブダビを訪れたからには外せない、シェイク・ザイード・グランド・モスク。 ぼくはフェラーリ・ワールド・アブダビの後にここを訪れていますが、フェラーリ ...

続きを見る

そこでぼくは「え?ボクの靴グッチよ?盗られたらちょっと困るな・・・」と考えたのですが、その様子を見た警備の人が「ここでは誰も人のものを盗む人はいない」と言ってくれたので、そのまま靴を放置してモスクに入り(靴を脱いだとしても、持って入ることはできない)、結果としてやはり盗まれずにそのまま置かれていた、ということも。

同様に、何かを持ち込むことができず、公共スペースに自分の荷物を放置しなければならないことも何度かあったものの、いずれも荷物は無事であり、どうやら本当に「ドバイでは盗みがない」ようですね。※それだけ罰則が厳しいので、盗みは割に合わない

3

そういった中東ならではの事情もあって、「ローンの支払いが遅れる=買ったモノを盗んだ」ということになって即刻刑務所送りになり、ここで登場するのが「国外逃亡」という選択肢。

スーパーカーや高級車を捨てて国外に逃げ、二度と戻ってこなければ刑務所送りを免れることができ、そのために「新車状態の高級車」や「カギがついたままのスーパーカー」が放置されることになるようですね。

これもまさに「外国からの居住者が97%を占める」ドバイならではの背景による現象だと言えそうです。

そして放置された車両は警察が回収することになるものの、法律によって「すぐに」移動させることができず(これも他人の財産を尊重するという考え方なのかも)、ときには数ヶ月放置することになり、これが「砂ぼこりを被ったスーパーカーが路上や砂漠に放置されている」理由なのだそう。

6

ドバイに放置されているスーパーカーは購入することができるのか?

そこで気になるのが、ドバイに放置されている、こういったスーパーカーを買うことができるのか。

答えはイエスですが、「難しい」という但し書きがつくようです。

というのも、これら放置車両は「支払いに困って」持ち主が捨てたものであり、よってまだ残債が残っているわけですね。

そして残債を払い切るまで所有権は銀行や信販会社にあり、よってこれをクリーンにしない限りは所有権を移転できず、名義変更も輸出もできないということに。

なお、一部は(他の国でも見られるように)警察用車両に転用されることになるそうですが、これが「ドバイのパトカーにはスーパーカーや高級車が多い」理由でもあるようです。

80

「なぜドバイにはスーパーカーや高級車が放置されているのか」を解説する動画はこちら

合わせて読みたい、関連投稿

【まとめ】ランボルギーニ、ブガッティ、ポルシェなどスーパーカーを擁するドバイ警察情報

ドバイ警察にレクサスRC Fが仲間入り。アヴェンタドール等とともに公務執行 ドバイ警察が新たにパトカーとしてレクサスRC Fを導入。 すでにマクラーレン12C、、日産GT-R、ブガッティ・ヴェイロン、 ...

続きを見る

ドバイモール
世界最大のショッピングモール「ドバイモール」へ。この一角に世界第二位の巨大水槽、世界最高層建築物のブルジュ・ハリファも。ドバイはなんでも規格外れ

| やっぱりドバイは凄かった | さて、世界最大のショッピングモール、ドバイモールを訪問。とにかく巨大でどこに何があるかわかりにくいのですが、何ヶ所かドームのようなものが天井にあり、それを目印にすると ...

続きを見る

【動画】続・ドバイの「スーパーカーの墓場」!信じられないほど安い価格で売られるフェラーリやランボルギーニもあるようだ

| ただしハードなクラッシュを喫した個体も多い | さて、先日はドバイにて保管されている事故車や廃車について紹介しましたが、今回もまた同じくドバイから。先の動画と同じ場所のようですが、複数のユーチュー ...

続きを見る

参照:Donut Media

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

-■そのほか車関連のネタなど
-, , , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5