>BMW(ビー・エム・ダブリュー) ■そのほか車関連のネタなど

【動画】同じミシュラン・パイロットスポーツ4Sでも「一般向けタイヤ」と「BMW認証タイヤ」はこう違う!ハンドリング、サーキットでのラップタイムにも差があった

投稿日:2021/06/16 更新日:

同じミシュラン・パイロットスポーツ4Sでも「一般向けタイヤ」と「BMW認証タイヤ」はこう違う

| やっぱり「専用」と銘打たれているからには、専用タイヤを装着すべき |

加えてタイヤは常に進化し、そして製造されたタイヤは劣化してゆく

さて、スーパーカーはじめハイパフォーマンスカーでよく聞くのが「タイヤメーカーとの共同開発による専用タイヤ装着」。

ただ、銘柄は「ピレリPゼロ」であったり「ミシュラン・パイロットスポーツ4S」など市販のものと変わりはなく、ぼくはこれまで「一体どこが違うのか」と考えていたものの、その相違について解説するありがたい動画が公開に。

知ってる?ポルシェには認証タイヤ制度が存在。一体普通のタイヤと一体何が違うの?

| ポルシェの性能を存分に発揮させたいのであれば、認証タイヤを装着すべき | ポルシェがそのオーナー向けの機関紙、クリストフォーラスにおいて、「認証タイヤ」について、そしてその重要性を特集。 意外と知 ...

続きを見る

同じ銘柄でも認定タイヤとそうでないタイヤには明確な違いがあった

そこで今回、ユーチューバー「タイヤレビュワーズ」が公開した動画では、その差異について解説を行うことになりますが、まず彼が出向いたのはフランスのミシュラン。

同社の施設にて「純正装着される、認証タイヤのパイロットスポーツ4Sと、認証タイヤではない一般のパイロットスポーツ4S(フロント275/35 R19、リア285/30 R20)」とを比較しているわけですね。

021-06-06 10.56.09

そして同氏によると、同じ名称を持つこの2つのタイヤの相違とは「コンパウンド」の差。

一般向けのミシュラン・パイロットスポーツ4Sを構成するコンパウンドとBMW M3用の認証タイヤではこういった差があるようですが、よくよく見ると、溝やトレッドについても若干の差異があり、これはタイヤに掛かる重量やトルク、キャンバー角・キャスター角などを考慮したものだと思われます(BMW M3用は、ショルダー部のグリップを強めているのかもしれない)。

なお、BMWとミシュランはこの専用タイヤの開発において、ニュルブルクリンクを含む5つのサーキットで30種類の試作品をテストし、その結果選んだのが現在のコンパウンドやトレッドを持つ仕様なのだそう。

2021-06-06 10.56.23

ただしノーマルのパイロットスポーツ4Sとてけして性能が劣るわけではなく(むしろ高性能タイヤとして有名)走行に問題はないものの、追い込んでゆくと若干のアンダーステアが顔を覗かせることがあるようですね。

しかしBMWスペックだとアンダーステアが解消され、しかもステアリングのレスポンスがシャープに、そしてコントロール性が向上することになり、実際にサーキットを走るとラップタイムに相違が出る、とも述べています(テストコースだと、70秒と72秒という差がでている)。

ちなみにBMWスペックは「ドライ性能」を重視しているということもこの「差」となって現れているそうですが、もちろんノーマルのパイロット4Sが「オールラウンダー」として設計されていることは言うまでもありません。

タイヤは常に進化している

なお、ここで重要なのは「タイヤは常に進化している」ということ。

ミシュランがBMWとの共同作業によって得たノウハウは今後のタイヤ開発に活かされる可能性があり、ノーマル版のパイロットスポーツ4Sの改良時には、その一部が反映される可能性も。

そして製造されたタイヤは「(絶対的にゴムが)どんどん劣化してゆく」ことになるので、いかに「より高性能な」その車種専用版タイヤと言えども、その後に製造されたフレッシュなノーマルタイヤに対して優位性を発揮できない可能性もあり、よってタイヤは「認証タイヤ」を選ぶことはもちろん、「常に最新」のタイヤを選ぶ必要もありそうです。

ノーマルタイヤと認証タイヤとの差異を比較する動画はこちら

合わせて読みたい、タイヤ関連投稿

今さら聞けないタイヤの豆知識!タイヤ側面の記号や数字は何を意味しているの?

| 製造年週は見ておいたほうが良さそうだ | さて、タイヤのサイドウォールにはたくさんの文字や記号がありますが、今回はその意味について。ここ最近タイヤのトラブルが続いていて、いろいろタイヤについて調べ ...

続きを見る

ランボルギーニ・ウラカンのタイヤがそろそろ限界?タイヤ交換が必要になりそうだ・・・

ランボルギーニ・ウラカンのタイヤにクラックが拡大 ランボルギーニ・ウラカンのタイヤにクラックが発生。正確にいうならば、ちょっと前から発生しているクラックが「拡大」してきた、ということになります。なお、 ...

続きを見る

参照:Tyre Reviews

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->BMW(ビー・エム・ダブリュー), ■そのほか車関連のネタなど
-, , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5