ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

BMWがKITHとのコラボモデル第二弾を発表!BMW初の電気自動車、1972年の1602をとともにi4 M50を専用の内外装に。i4は7台のみが限定販売

BMWがKITHとのコラボモデル第二弾を発表!BMW初の電気自動車、1972年の1602をとともにi4 M50を専用の内外装に。i4は7台のみが限定販売

| BMWはじめ、メルセデス・ベンツ、ポルシェなどファッションブランドとのコラボが増加中 | さらにはスニーカーとのコラボ企画も多いようだ さて、BMWとKITH(キス)とがコラボレーション第二弾を発 ...

BMWがさっそくXMにハイパフォーマンス版「レーベル・レッド」を設定。またグレードがややこしくなるのか・・・

BMWがさっそくXMにハイパフォーマンス版「レーベル・レッド」を設定。またグレードがややこしくなるのか・・・

| もちろんレーベル・レッドのインテリアにもレッドが使用されるようだ | ここまで思い切った色使いをするハイパーフォーマンスカーも珍しい さて、BMWはつい数日前に久しぶりのM専売ハイブリッドモデル「 ...

いいなこのパープル!BMWがZ4のフェイスリフト版(LCI)を発表、装備充実に新ボディカラーを追加。なおMTの継続は今のところ無いもよう

いいなこのパープル!BMWがZ4のフェイスリフト版(LCI)を発表、装備充実に新ボディカラーを追加。なおMTの継続は今のところ無いもよう

| 個人的にBMW Z4はなかなかカッコいいと思うが、商業的な成功には結びつきにくいようだ | あたらしく設定された「パープル」は魅力的 さて、BMWがフェイスリフト(マイナーチェンジ/LCI)版とな ...

「フロントの1/3くらいがキドニーグリル」な新型BMW XMが正式発表!BMW史上最もパワフル、1970年代以来のM専売モデル

「フロントの1/3くらいがキドニーグリル」な新型BMW XMが正式発表!BMW史上最もパワフル、1970年代以来のM専売モデル

2022/9/29    , ,

| なんだかんだいいながら、やはりBMW XMのインパクトは凄まじいモノがある | 相当に高額だが、他社のSUVとは差別化ができているように思う BMWが史上2台目、1970年代のM1以降となる「M専 ...

BMW M2

新型BMW M2の内部書類がリーク!おそらく展開は「コンペティション」から、出力は460馬力で先代M2 コンペティションの+50馬力、M2 CSよりも強力に

2022/9/28    , , , ,

| その出力は歴代最高、おそらく強烈なパフォーマンスを持つことは間違いない | そしてそのルックスにも驚かされることになりそうだ さて、新型M2の発表(10月11日の予定)まではあと数週間といったとこ ...

新型BMW M2の画像がリーク!想像していたよりも表面ツルツル、BMWにとってはかなり異色のデザインを持っている?

新型BMW M2の画像がリーク!想像していたよりも表面ツルツル、BMWにとってはかなり異色のデザインを持っている?

| 近年のBMW M2はモデルによって大きくデザインを分ける傾向にある | 中でも2シリーズ、新型M2はかなり「特殊」な部類に属するようだ さて、G87世代のフルモデルチェンジ版、新型M3の画像がリー ...

BMWがi4、iXにつき「勝手に燃える」としてリコール!製造元はサムスン、製造時に電極を破損させ異物が混入したことでショートを起こすようだ

BMW「我々のEVの航続距離は、1,000kmに到達することはあっても、それを超えることはないだろう」。過剰な航続距離競争に参加せず、実用性を目指すもよう

| 殆どの顧客は、不必要な走行距離のために高額な車両代金を支払うことを拒否するだろう | バッテリー価格がダイレクトに車両価格に反映される現在の状況では、むやみに航続距離を伸ばすのは得策ではない さて ...

BMW

BMWが2025年に採用する「ノイエクラッセ」プラットフォームは最大で4モーター、1,341馬力まで対応可能。ついにBMWエンジニアの夢であるスーパーカーが実現か

| BMWのエンジニアはずっとスーパーカーを作りたいと願いつつ、いつも役員会に却下されてきた | 今度こそは様々な条件が「揃い」実現するかも さて、実現しそうで実現しないBMWのスーパーカー。BMWは ...

BMW

BMW「電動化一本に絞るのは危険。自動車メーカーは水素など電動化以外の道も模索するべき」。電動化に社会が追いつかないことが明白になりつつある状況に警鐘を鳴らす

| 最近は面と向かって電動化に懸念を表明するCEOが増えてきた | ただしBMWは他社と同じくらい「電動化」に熱心でもある さて、BMWのCEO、オリバー・ツィプセ氏が「自動車メーカーは、水素を燃料と ...

BMWはメルセデス・ベンツ、アウディとは逆に「コンパクトクラスにも注力」?2027年にi1とiX1、2028年にi2を投入するもよう

BMWはメルセデス・ベンツ、アウディとは逆に「コンパクトクラスにも注力」?2027年にi1とiX1、2028年にi2を投入するもよう

| ライバルのメルセデス・ベンツ、アウディは「コンパクトクラスからはほぼ撤退」の姿勢だが | BMWは「鬼のいぬ間に」プレミアムコンパクト市場をモノにできるか さて、現在自動車の製造コストは大きく上昇 ...

アルピナがBMW X7のハイパフォーマンスバージョン「XB7」2023年モデルを発表、621馬力から630馬力へ。BMW本家にかわって競合他社のハイパフォーマンスSUVへと挑む

アルピナがBMW X7のハイパフォーマンスバージョン「XB7」2023年モデルを発表、621馬力から630馬力へ。BMW本家にかわって競合他社のハイパフォーマンスSUVへと挑む

2022/9/21    , , , ,

| これだけ高くてもそれなりにアルピナが売れているということは、そのぶん価格納得性が高いのだと思われる | とうてい手が出る価格ではないが、いちどアルピナXB7を運転してみたいものだ さて、ぼくが欲し ...

BMWがさらにエコを加速!海洋ゴミから再生した素材を車体の内外装に使用するという、自動車業界では他に例を見ない技術を開発

BMWがさらにエコを加速!海洋ゴミから再生した素材を車体の内外装に使用するという、自動車業界では他に例を見ない技術を開発

2022/9/18    , ,

| BMWは以前よりリサイクル、サステイナブル、環境に対して非常に高い意識を持つ企業でもある | こうやって自動車のコストがどんどん増加することになるが、それもまたやむを得ない さて、BMWは2025 ...

新型BMW M5が登場したらこうなる?ただしM3同様、M5は巨大キドニーグリルが与えられるのではとボクは考えている。なお新型M5ではワゴンが復活というウワサ

新型BMW M5が登場したらこうなる?ただしM3同様、M5は巨大キドニーグリルが与えられるのではとボクは考えている。なお新型M5ではワゴンが復活というウワサ

2022/9/18    , , , ,

| パワートレインはおそらくハイブリッド、XMと同じセットアップにて650馬力を発生か | 最後のノンハイブリッドMモデルであるM2発表後に「ハイブリッド」Mモデルとして登場するものと思われる さて、 ...

BMWが2025年から「50%安く、30%長距離を走行でき、30%早く充電できる」新型バッテリーを2025年から採用すると発表。やっぱりEVは買い時が難しいな・・・

BMWが2025年から「50%安く、30%長距離を走行でき、30%早く充電できる」新型バッテリーを2025年から採用すると発表。やっぱりEVは買い時が難しいな・・・

| 高額な費用を支払い購入した電気自動車の性能がどんどん劣化してゆくのはちょっと悲しい | しかも「劣化」は絶対的な性能の劣化、そして新製品に対する相対的な劣化も さて、BMWが次世代バッテリー技術の ...

とにかく速い!豪快!怪物のようなナゾのエレクトリックオフローダーとBMW各車とがバトルを繰り広げるBMWの公式動画「デューン・タクシー」が公開

とにかく速い!豪快!怪物のようなナゾのエレクトリックオフローダーとBMW各車とがバトルを繰り広げるBMWの公式動画「デューン・タクシー」が公開

| 久々に面白い動画を見たような気がする | BMWはもしかしたらエレクトリックオフローダーでダカールやエクストリームEへの参戦を考えているのかも さて、比較的よくショートムービーを作成し公開すること ...

BMW最強、627馬力のM5 CSを888馬力にまで引き上げたチューナー現る!最近はまったく弄らないか、あるいは思いっきり弄るかという「カスタム二極化」傾向があるもよう

BMW最強、627馬力のM5 CSを888馬力にまで引き上げたチューナー現る!最近はまったく弄らないか、あるいは思いっきり弄るかという「カスタム二極化」傾向があるもよう

| いかにもチューンドカーという見た目のクルマは最近あまり見かけなくなったな | それでも確実にこういった需要はあると思う さて、最近のクルマはどんどんチューンが難しくなっていて、その理由は制御が複雑 ...

BMWが「自社の考えるベストエンジンとその搭載車」12例を紹介!航空機やバイク、F1マシンも登場し、さすがは「バイエルンエンジン製造会社」

BMWが「自社の考えるベストエンジンとその搭載車」12例を紹介!航空機やバイク、F1マシンも登場し、さすがは「バイエルンエンジン製造会社」

| こうやって見るとBMWは昔からけっこう優秀なエンジンを作ってきたことがわかる | そしてこれからは「エレクトリックモーター一直線」に さて、BMWの社名はそもそも「BMWとはドイツ語で“バイエルン ...

ミニとBMWがサステイナブルを意識し「レザーを使用しない、しかしレザーのように見える」素材を来年から導入。そこまでしてレザーに似せないといけないのか・・・

ミニとBMWがサステイナブルを意識し「レザーを使用しない、しかしレザーのように見える」素材を来年から導入。そこまでしてレザーに似せないといけないのか・・・

| ボクはこの不自然な方向性にどうも納得ができない | どうせならレザーとは全く異なる、新しい価値観を追求すべきだと思う さて、現在自動車業界では「サステイナブル」を掲げないと社会的に許さない状況であ ...

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5