ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>その他イタリア車

コーナリング時のGはハイパーカーの約2倍!車重890kgなのにダウンフォースは1250kgという規格外のクルマ「ダラーラEXP」が登場

投稿日:2021/07/04 更新日:

ダラーラEXP

| 2017年の発売以来、バリエーションを増加させるということは「販売は成功している」と考えて良さそうだ |

一体どれくらい乗り味がハードなのか想像もつかない

さて、ダラーラが2017年に発売したロードゴーイングカー、「ダラーラ・ストラダーレ」。

今回はそのサーキット走行専用モデル「ダラーラEXP」が発表されることとなっていますが、ダラーラによれば「すでにダラーラ・ストラダーレを所有している人は、このダラーラEXPのパーツを購入し、必要に応じて公道、サーキットと使い分けることが可能」。

これはもともとのダラーラ・ストラダーレそのものが「ほぼレーシングカーのような」クルマであることに起因するからだと思われ、他に例のない、なかなかに面白い手法でもありますね。

その出力は493馬力

そしてこのダラーラEXPに搭載されるエンジンはダラーラ・ストラダーレに搭載される2.3リッター4気筒エコブーストではあるものの、出力は(ストラダーレの)395馬力から493馬力へと一気にパワーアップしています。

加えてトランスミッションは6速シーケンシャル、リミテッド・スリップ・ディファレンシャルはクワイフエンジニアリング製(さすがにこのへんは容易にストラダーレバージョンに組み込むことは難しいと思う)。

Dallara-EXP-2

車体構造はストラダーレと変わらずカーボンファイバー製モノコック、しかしフロントには新しいカナードやスプリッターが装着され、車体後部には巨大なリアウイングを装備(時速290キロ時点で1250kgのダウンフォースを発生)。※車体重量は890kgなので、ダウンフォースは異常なレベル

ストラダーレでは選択が可能なフロントウインドウとルーフは(EXPでは)選ぶことができず、コクピットは「オープン」のままとなります。

このダラーラEXPのタイヤは標準にて「スリック」となりますが、この強大なダウンフォースとあわせてコーナリング時には最大で2.7Gを記録するといい、これはスーパーカーやハイパーカーの約二倍。

参考までに、公道走行が可能な車だと「最も高いG」を記録するドンカーブートD8 GTOが「2G」だとされるので、2.7Gはもう異次元だと考えて良さそうですね。

標準でSタイヤ装着!公道走行可能なクルマで史上初の「コーナリング2G」を達成したドンカーブートD8 GTO JR70がついに発売

| こんなエクストリームなクルマはほかに見たことがない |この記事のもくじ| こんなエクストリームなクルマはほかに見たことがない |ドンカーブートのコンセプトは「妥協なし」こんな記事も読まれています ...

続きを見る

ダラーラとはなんぞや?

ダラーラ創設者、ジャンパオロ・ダラーラ氏はマセラティ、フェラーリ、デ・トマソでも設計を担当し、ランボルギーニに在籍した1963-1969年の間に「ミウラ」を世に送り出したことで知られます。

ランボルギーニを離れたのちは自身の会社「ダラーラ・アウトモビリ」を興してレーシングカーの設計を行い、現在では多くのレーシングカーがダラーラの設計によるものと言えるほどモータースポーツに浸透し、業界ではその名を知らない人はいないほど(ダラーラは、ル・マン24時間レースのハイパーカークラスを走ることができるLMDhクラスのシャシーを供給する4つのコンストラクターのうちのひとつでもある)。

2021-07-02 12.07.34

ダラーラEXPのプロモーション動画はこちら

合わせて読みたい、ダラーラ関連投稿

ダラーラ・ストラダーレ
レーシングカーメーカーの「ダラーラ」が個人向け市販車「ストラダーレ」発表。855kg、400馬力

レーシングカービルダーの第一人者、ダラーラがロードカーを発表 世のレーシングカーの多くを手がけてきたダラーラが自社ブランドの新型車「ストラダーレ」を発表。 これは以前よりウワサされていたものではありま ...

続きを見る

ダラーラ・ストラダーレ
標準だとウインドウやルーフもない超スパルタンな「ダラーラ・ストラダーレ」!イタリアのアクロバット飛行チーム60周年を祝いオシャレに変身

| まさかカスタムベースにこのダラーラ・ストラダーレが選ばれるとは |この記事のもくじ| まさかカスタムベースにこのダラーラ・ストラダーレが選ばれるとは |今回のターゲットはダラーラ・ストラダーレ本来 ...

続きを見る

ミウラ設計者、ダラーラ氏が購入してレストアしたミウラが公開。珍しい軽量ボディ版

| まさかアルミボディのランボルギーニ・ミウラが存在したとは |この記事のもくじ| まさかアルミボディのランボルギーニ・ミウラが存在したとは |所有していたのはほかならぬミウラ設計者、ジャンパオロ・ダ ...

続きを見る

参照:DallaraGroup

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->その他イタリア車
-, , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5