ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

BMWのボス「光るグリル?ええ、これからはもっとほかモデルにも採用されますよ。そしてハイエンドモデルではもっとキドニーグリルが大きくなるでしょう」

投稿日:

BMWのボス「光るグリル?ええ、これからはもっとほかモデルにも採用されますよ。そしてハイエンドモデルではもっとキドニーグリルが大きくなるでしょう」

| 正直なところ、BMWは戦略的に「非常に」うまくやっていると思う |

さらには「キドニーグリル」という他社にはない資産を有効に活用している

さて、BMWは史上最大のキドニーグリルを持つ「コンセプトXM」を公開しましたが、これはおそらく多くの批判にもかかわらず「コンセプトモデルに近いデザインで登場する」ものと思われます。

ちなみにBMWは昔から批判を恐れない会社でもあり、1990年代にBMW Z3クーペを発売した際にも「愛するか、立ち去るか(Love it. or leave it)」という挑戦的なコピーを用いたり、Twitter上でも「変化を受け入れることができない」人々を揶揄したことも。

BMW Z4(レッド)
BMWがTwitter上で批判する人々に喧嘩を売る!「なあ年寄りさん達よ、変わるべきでない理由って何よ?」

| いいかげんBMWは批判に耐えかねたようだ |この記事のもくじ| いいかげんBMWは批判に耐えかねたようだ |直近だとやはり巨大「キドニーグリル」そして4シリーズでは批判をモノともせずにグリルが巨大 ...

続きを見る

実際のところ非難轟々であろうとキドニーグリルは巨大化しており、さらには大きくなるだけではなく、2シリーズ・クーペではフレームに(カラー変更が可能と思われる)インサートを挿入したり、コンセプトXMでは「発光」するまでに強調されているわけですね。

キドニーグリルはBMW史上最大!43年ぶりの「M専用」モデル、BMW XMが発表に。なにもかもが特別誂えのフラッグシップ
キドニーグリルはBMW史上最大!43年ぶりの「M専用」モデル、BMW XMが発表に。なにもかもが特別誂えのフラッグシップ

| クリス・バングルによる7シリーズが発表されたとき以上に衝撃的なデザインでBMW XMが登場 |この記事のもくじ| クリス・バングルによる7シリーズが発表されたとき以上に衝撃的なデザインでBMW X ...

続きを見る

「光るグリルはもっと登場する」

そしてこの「光るグリル」についてですが、BMWグループの責任者であるフランク・ファン・ミール氏によれば「イルミネーショングリルやダイヤモンドヘッドライトは今後のBMWのクルマにも採用される予定である」。

つまり今後はコンセプトXMのような顔つきをもったクルマが登場すると考えてよく、コンセプトXMはその方向性を示唆している(デザイン的にはスタンドアローンではない)ということに。

なお、BMWはすでに「キドニーグリルの内側を光らせる」オプションを複数車種に対して用意しているので、キドニーグリルのフレームを光らせたとしても、とくに不思議はないかもしれませんね。

bmw-concept-xm (3)

ついに3シリーズにも!BMWが「光るグリル」を装着した限定モデルをインドに投入。オプションパーツとして設定されれば日本でもけっこう売れそうだ
ついに3シリーズにも!BMWが「光るグリル」を装着した限定モデルをインドに投入。オプションパーツとして設定されれば日本でもけっこう売れそうだ

| なんだかんだ言って世界中のどこでも「光りモノ」が好まれるようだ |この記事のもくじ| なんだかんだ言って世界中のどこでも「光りモノ」が好まれるようだ |サードパーティーからも光るキドニーグリルが発 ...

続きを見る

BMWはなぜそこまでキドニーグリルにこだわるのか

そこで気になるのが「なぜBMWはここまでの批判を浴びているのにキドニーグリルを目立たせるのか」。

これには機能性など様々な理由付けがなされているものの、結局は「ブランディング」に尽きるものと思われます。

視覚的な差別化、他ブランドのクルマと並んだときの目立ち度、人々の記憶への刷り込み等様々な要素を意識しているものと思われ、「話題性」を狙っているのも間違いなさそう。

加えて、これだけ議論がなされるということは「関心を持たれている」ということにもほかならず、これはマザー・テレサが言った「愛の反対は憎しみではなく無関心」という言葉に表されるとおり、あたりさわりのないデザインを与え、嫌われないかわりに無関心でいられるよりはずっといい、とBMWは考えているのかもしれません。

キドニーグリルはBMW史上最大!43年ぶりの「M専用」モデル、BMW XMが発表に。なにもかもが特別誂えのフラッグシップ

実際のところ、BMWは「20%の人々に好きだと言ってもらえればそれでいい」とも語っていて、話題にならないよりも、たとえ炎上であっても話題を大きく拡散し、そして今までBMWに興味がなかった人にもその存在を知ってもらい、結果的に20%の「熱烈な」ファンを獲得できればそれで勝ち、ということなのでしょうね(炎上商法に通じるところがあるが、現代の社会構造を利用したウマいやり方でもある)。

BMW 4シリーズのキドニーグリル
BMWのデザイナーが新型4シリーズのキドニーグリルについて語る!「批判があるのは承知の上だ。そもそも4シリーズは万人に向けてではなく、20%の人に対してだけデザインされたものだ」

| ボクはどうやらその20%に入っているらしい |この記事のもくじ| ボクはどうやらその20%に入っているらしい |なぜに20%?ただし現代では「アクの強い車」が万人受けすることにあわせて読みたい、関 ...

続きを見る

ただしBMWはモデルと性格によってキドニーグリルを使い分ける

ただ、BMWはキドニーグリルを巨大化しているといえど、その方法は「一律」ではなく、かねてより「モデルによって異なる手法を採用する」とも。

つまり、8シリーズやZ4のように「横長」のものもあれば、M3/M4のように縦長のデザインもあり、はたまたコンセプトXMのように「全体的に大きい」形状も存在します。

そして次世代7シリーズ、X7のフェイスリフト(マイナーチェンジ)モデル、コンセプトXMのプロダクションモデルについては、「これまでにない、そして下位モデルにはない新しいフロントのデザイン」が取り入れられるといい、つまりラグジュアリーモデル(ハイエンドモデル)には専用の顔つきが与えられるもよう。

BMWのデザイン責任者語る「ええ。これからもキドニーグリルは大きくなりますよ。縦型のものや、横に大きなものも出てくるでしょう」
BMWのデザイン責任者語る「ええ。これからもキドニーグリルは大きくなりますよ。縦型のものや、横に大きなものも出てくるでしょう」

| どうやらBMWは数々の批判に屈せず、むしろそれを糧としているようだ |この記事のもくじ| どうやらBMWは数々の批判に屈せず、むしろそれを糧としているようだ |たしかに話題になるということは「注目 ...

続きを見る

具体的には、フルモデルチェンジ版の新型7シリーズ、フェイスリフト版X7には「初」となるスプリットヘッドライト(ヘッドライトとデイタイムランニングランプにユニットが分離されている)、そして全般的に巨大化したキドニーグリルが採用されることになるとされ、これはBMWが以前から提唱している「高級車には立派なグリルを与える必要がある」「ヘッドライトなど、ランプ類が小さければ小さいほど高級に見える」ということを現実的に推し進めるものだと考えて良さそうです。

実際のところ、BMW傘下にあるロールスロイスはこれを「地で」行っており(コンセプトカーやワンオフモデルでは特にその傾向が強い)、BMWのハイエンドモデルもこれに倣うことになりそうですね。

ロールスロイス「ワンオフモデルの製作を拡大し、真のラグジュアリーハウスへと移行する」

合わせて読みたい、BMWのデザイン関連投稿

BMW ヴィジョンMネクスト・コンセプト
BMWはレトロ路線デザインに興味なし!「復刻も、オマージュシリーズの発売もない。レトロ路線は我々の未来を閉ざすことになる」

| BMWはアイコニックなモデルを数多く持つだけにもったいない |この記事のもくじ| BMWはアイコニックなモデルを数多く持つだけにもったいない |BMWにとって「レトロ路線は無い」ただしBMWはいく ...

続きを見る

BMWのデザイナーが「電動化とデザイン」について語る。「これからのデザインは大胆で意味のあるものでなくてはならない。デザインによって持続可能性を表現してゆく」
BMWのデザイナーが「電動化とデザイン」について語る。「これからのデザインは大胆で意味のあるものでなくてはならない。デザインによって持続可能性を表現してゆく」

| たしかにBMWは以前からデザイン、そしてデザインによる排他性の演出にこだわってきた |この記事のもくじ| たしかにBMWは以前からデザイン、そしてデザインによる排他性の演出にこだわってきた |つい ...

続きを見る

衝撃!1982年のBMW 3シリーズと2019年のX7とではフロントグリルのサイズがここまで違う

| しかしながら実際のところはユーザーに受け入れられているようだ | とにかく大きくなってゆくことで知られるBMWのキドニーグリル。これは常々(あまり良くない方向で)話題とされるもののBMWはそんなこ ...

続きを見る

参照:Driving, BMW Blog

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

JUN

人生において戻せないもの、それは4つ。「失われた機会、過ぎ去った時間、放たれた矢、口から出た言葉」。とにかくチャレンジ、しかし紳士的にありたいと思います。

->BMW(ビー・エム・ダブリュー)
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5