ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>フェラーリ

「非常に珍しい」カラーカーボン仕様のフェラーリ・モンツァSP2が公開!ストライプはゴースト仕様、インテリアカラーもボディ同系色

投稿日:2022/05/23 更新日:

「非常に珍しい」カラーカーボン仕様のフェラーリ・モンツァSP2が公開!ストライプはゴースト仕様、インテリアカラーもボディ同系色

| マクラーレンやランボルギーニでは珍しくないが、フェラーリでの「フルカラーカーボンボディ」は見た記憶がない |

さらにはゴースト仕様のストライプも珍しい

さて、フェラーリが自社のパーソナリゼーションプログラム、「テーラーメイド」にてカスタムを施したモンツァSP2を公開。

このモンツァSP2にはたくさんの見所がありますが、最大のポイントは「ボディパネルがフルカーボン」であること。

つまりこのブルーに見えるボディカラーは、カーボンファイバーの上にペイントされた「クリアブルー」ということになりますが、その上に”ブルー・ポッツィ”にて横方向のゴースト・ストライプが入ります。

この「コントラストではなく、コントラストの低い同系色を使用した」ゴーストストライプについて、シンガー・ヴィークル・デザインが多用することで知られ、しかしもともとスポーツカーに入れられるストライプ(縦であっても横であっても)は、「複数の同型車が走るレースにおいて、チームメンバーが自分たちのチームのクルマを容易に識別できるよう」にするもので、そのため「目立つ」べくコントラストカラーを用いることが当時の基本です。

ただし現代ではそういった必要性もなくなってしまい、よって「逆説的に」目立たないストライプを入れるというのも面白い手法であり、実際のところ(このモンツァSP2を見るに)非常に効果的だということもわかりますね。

外装だけではなくインテリアも同系色

ちなみにこのモンツァSP2のフェンダー上のフェラーリエンブレムは「ペイント」仕様。

モンツァSP2はかつてのフェラーリのレーシングカーをイメージしているので、こういった「レトロな」意匠がよく似合うと思います。

なお、この「ペイント」仕上げのスクーデリア・フェラーリのエンブレムは「七宝焼」エンブレムよりもサイズが大きく、そして120万円くらいのオプションなのだそう。

283147685_10159702406561970_1910100353169135281_n

そしてステアリングホイールのグリップ上下、スポーク部分もクリアブルー仕上げのカーボンファイバー(カラーカーボンはかなり珍しい)。

レザー部分はグレーのように見え、ダッシュボードのアンダーや内装の一部にはグレーのアルカンターラが使用されているようですね。

283022181_10159702404601970_6651172088676381028_n

シートはこれまた珍しい薄いブルーのレザーが用いられ、全体的に見て「ブルー」の同系色でまとめられた非常に珍しいカラーコンビネーションを持っています。

なお一般的に、カスタムの(カラーにおける)方向性としては「コントラストを強める」、逆に「コントラストを弱める」というものがありますが(ほかにも色を多数展開にて使用する、もしくは極限まで使用する色の数を絞る等の方向性も)、コントラストを弱める場合、ともすると「ぼんやり」してしまうこともあり、しかしこのモンツァSP2の場合は、お互いの色がお互いを引き立てているようにも見える素晴らしい例だと言えそうです。

合わせて読みたい、フェラーリ・モンツァSP2関連投稿

フェラーリ・モンツァSP2の珍しい「ブラックとゴールド」のカスタムが公開!さらにストライプの入らないシンプルな仕様
フェラーリ・モンツァSP2の珍しい「ブラックとゴールド」のカスタムが公開!さらにストライプの入らないシンプルな仕様

| ブラックにゴールドを組み合わせるフェラーリはそれほど多くない |この記事のもくじ| ブラックにゴールドを組み合わせるフェラーリはそれほど多くない |ここまでシンプルなフェラーリ・モンツァSP2は初 ...

続きを見る

ボディカラー後半は「ビアンコ・サナエ」!美しくもクラシカルなカスタムが施されたフェラーリ・モンツァSP1が公開
ボディカラー後半は「ビアンコ・サナエ」!美しくもクラシカルなカスタムが施されたフェラーリ・モンツァSP1が公開

| 文字通り、フェラーリ・モンツァには「同じ仕様の」個体が存在しないようだ |この記事のもくじ| 文字通り、フェラーリ・モンツァには「同じ仕様の」個体が存在しないようだ |さらにフェラーリ・モンツァは ...

続きを見る

珍しい「ホワイトとブルー」、さらには「三角形モチーフ」のモンツァSP2が公開!オーナー「時速30キロで走るともうメガネが飛んでゆく」
珍しい「ホワイトとブルー」、さらには「三角形モチーフ」のモンツァSP2が公開!オーナー「時速30キロで走るともうメガネが飛んでゆく」

| ここまで大胆なカラーリングを持つフェラーリ・モンツァSP2はそうそうない |この記事のもくじ| ここまで大胆なカラーリングを持つフェラーリ・モンツァSP2はそうそうない |やはりモンツァのオーナー ...

続きを見る

参照:Ferrari(Facebook)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

JUN

人生において戻せないもの、それは4つ。「失われた機会、過ぎ去った時間、放たれた矢、口から出た言葉」。とにかくチャレンジ、しかし紳士的にありたいと思います。

->フェラーリ
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5