ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>テスラ(TESLA)

テスラ車が中国の一定地域で2ヶ月間「通行禁止」?正式発表はなされない状態なるも現地警察は「国事」によるものとコメントし、テスラのカメラを警戒しているもよう

投稿日:2022/06/23 更新日:

テスラ

| テスラ車に備わるカメラの性能は非常に高く、スパイ行為を疑われたケースも |

これ以上騒ぎが大きくならないことを願うばかり

さて、中国の北戴河地区にて、7月1日から2ヶ月間、テスラ車の乗り入れが禁止される、との報道。

これについては「またか・・・」という感じでもあり、乗り入れ禁止の理由としては、おそらく「テスラ車に装着されているカメラがセキュリティ上の懸念となりうるため」。

そして”おそらく”というのは今回その理由が公表されていたいために推測するしかないからですが、該当地区と機関において中国政府指導部の会議が開催されること、そして過去には中国政府が軍事施設へのテスラ車の乗り入れを禁じた例があることから”当たらずとも遠からず”だと思います。

すでに中国ソーシャルメディアではウワサでもちきり

なお、今のところ規制についてはなんら正式発表があったわけではなく、しかし今回この話が出てきたのは、現地ソーシャルメディアにて、特定地域を警察によって迂回させられるテスラ車の動画が拡散したため。※警察は報道機関に対し、「国事に関係している」とだけ語ったもよう

そう考えるともう規制の一部が開始れていると考えて良さそうですが、これが7月1日から本格化する、ということなのでしょうね。

参考までに、6月初旬には習近平国家主席が成都を公式訪問しており、この際にもテスラ車が特定道路を走行できなくなっており、まだまだテスラ車に対する警戒は解かれていないように思います。

テスラCEO、イーロン・マスク氏は(以前、軍事施設への乗り入れが制限された際に)テスラのカメラが捉えた映像はスパイ行為に使用されることはなく、中国内のサーバーに保管されるために海外には流出しないと語っているものの、こういった中国の措置は、アメリカにてレノボのPCや中国製スマートフォンの使用が一部規制されていることに対する「報復」だとも考えられそうですね。

現時点でこういった規制は大きな問題とはなっていないようで、しかし現在中国はテスラにとって非常に大きな市場でもあり、かつ上海ギガファクトリーはテスラで最も多くの車両を生産する工場でもあるので、あまりにこういった例が続いたり、「中国政府がテスラを警戒している」という印象が強くなってしまうと、今後の販売計画に対しても支障が出るんじゃやないかと考えています。

テスラ

テスラはなにかと訴訟の対象に

そしてテスラは株主や従業員からよく訴訟を起こされることでも知られますが、今回もまた株主による訴訟が発生。

これはテスラの株主、ソロモン・チャウ氏なる人物がテキサス州オースティンにて起こしたもので、テスラ社、そしてイーロン・マスクCEO、さらには11人の取締役がその相手となっています。

内容としては「テスラが差別とハラスメントの職場文化を醸成することで、テスラの業績に損害を与えた」というもの。

訴状では「この有害な職場環境は何年も前から社内で形成され、最近になってテスラの文化に関する真実が明らかになり、政府の規制当局や民間からの法的措置につながった。テスラの有害な職場文化は、経済的な損害と会社の評判に取り返しのつかない損害を与えている」と述べています。

この訴訟は、カリフォルニア州公正雇用住宅局が今年2月に発表した「テスラのフリーモント工場において、黒人労働者が人種的中傷や差別を受けている証拠を発見した」というコメントに関連するものと思われますが、テスラに対抗することで名を挙げようとする人々、他の人々からの注目・支持を集めようとする人々(対象は異なるがシーシェパードのような)、はたまた便乗によっていくらかお金をむしり取ろうとする人々、そういった人々を焚きつける弁護士などいろいろな人達がいて、実際に「何が真実なのか」はちょっと不透明。

ちなみにイーロン・マスクCEOは、今回の訴訟につき「見当違い」と一蹴しているものの、従業員から職場差別の疑惑を何度もかけられているのもまた事実であり、複数の女性従業員がフリーモント工場にてセクハラが横行しているとカミングアウトしているのもまた真実(それらが信用に値するかどうかは別として)。

さらにソロモン・チャウ氏はイーロン・マスクCEOが「これほど実質的な規模と期間にわたる違法行為を知っていたか、もしくは知らなかったとしても、重大な過失にちがいはなく、テスラの職場環境の問題を解決することを目的とした株主提案が取締役会で否決されたことにも失望しており、こういった差別やハラスメントにより、質の高い従業員を失うことになったと」とも述べ、真っ向からテスラと争う姿勢を見せているようですね。

合わせて読みたい、テスラ関連投稿

【動画】テスラ・モデルYを見てきた!最近の新型車でここまで人を呼んだ例はあまりない。実車を見ても改めてテスラの強さを思い知らされる
【動画】テスラ・モデルYを見てきた!最近の新型車でここまで人を呼んだ例はあまりない。実車を見ても改めてテスラの強さを思い知らされる

| テスラとアップルとは多くの点で共通している |この記事のもくじ| テスラとアップルとは多くの点で共通している |もはやテスラはクルマの粋を超えてブランド品に近いポジションを獲得している新型テスラ・ ...

続きを見る

テスラ・モデルY
テスラ関連ニュース3連発!「北米で大幅値上げ」「モデルSがゼロヨン記録更新」「データ上、テスラの安全運転は他社より事故率が高かった」

| とにかくテスラの話題には事欠かない |この記事のもくじ| とにかくテスラの話題には事欠かない |テスラほどその評価が2つに分かれる自動車メーカーもそうそうないだろうテスラの各ラインアップはどれくら ...

続きを見る

テスラ・モデルY
2025年までのEV販売勢力予想が公開!テスラは2024年にVWに追い越され、トヨタは中国メーカー3社に抜かれてなんとか10位、BMW、ホンダ、日産は蚊帳の外へ

| ただしこの予想はあくまでも「現在の数字をベースにしたもの」で不確定要素は含んでいない |この記事のもくじ| ただしこの予想はあくまでも「現在の数字をベースにしたもの」で不確定要素は含んでいない | ...

続きを見る

参照:Reuters, Fortune

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

JUN

人生において戻せないもの、それは4つ。「失われた機会、過ぎ去った時間、放たれた矢、口から出た言葉」。とにかくチャレンジ、しかし紳士的にありたいと思います。

->テスラ(TESLA)
-, , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5