ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>フォード(FORD)

こんなこともあるんだな・・・。意図せぬミスによって世界に一台だけの「ピンクのマスタング・マッハE」ができあがってしまう

投稿日:

こんなこともあるんだな・・・。意図せぬミスによって世界に一台だけの「ピンクのマスタング・マッハE」ができあがってしまう

| もしこれを販売していたらとんでもない希少価値がついたに違いない |

見た感じ、そんなに悪くない。むしろ正式にラインアップに加えて良かったのかも

さて、世の中には「電子レンジ」「アルマイト加工」「コカコーラ」「バイアグラ」など偶然が重なって発明されたものが多数存在しますが、今回紹介する「世界に一台しかない、ピンクのマスタング・マッハE」もそういった偶然の産物です。

この「ピンクの」マスタング・マッハEのプリプロダクションモデル(量産前の最終試作品)は2020年に”誤って”生産されてしまったもので、現在に至るまで唯一、実際に生産されたピンクのマスタング・マッハEなのだそう。

なぜ「間違いが」起きたのか?

そこでなぜこういった間違いが起きたのかということですが、プリプロダクションモデルの生産に際し、塗装ブースの作業員がまずホワイトのベースコートを塗装し、その後にレッドの上塗りを吹き付ける際、ペイントガンを新しいものに交換することを忘れたため、「ホワイトとレッドが混ざって」ピンクになってしまったようですね。

この事実は、フォードの工場にて製品の欠陥などを検査する請負業者であるアレクシス・アギラー・ゴメス氏がFacebookページ「Super AutoQuirk Dougposting」に投稿したもので、画像を見るとまさにピンク(日本だとこういった立場の人が情報を公開するということは考えにくいが、アメリカではさほど珍しくないようだ)。

量産となるとすべての工程が自動化されており、同じブース内で下塗りと上塗りを塗装することはないと思われ、よってこういった間違いが起きることはなさそうで、つまりこれは「プリプロダクションモデルならではのエラー」ということになりそう。

同氏によれば、このマッハEは最終的に別のカラーに再塗装されて別のテストに使用されたそうですが、こういったプリプロダクションモデルは展示に回されたり、従業員に安価で販売されることになる、とのこと。

278825872_5174766242592515_1227788787758164726_n

なお、工業製品にはこういったエラーがつきもので、ときどきエラー品が市場に出回ったりすることがあり、硬貨やミニカー(トミカなど)などは非常に高い価格で取引されることがありますね。

ピンクは意外とアメリカでは人気がある

参考までに、日本だとピンクはさほど人気があるカラーではなく、しかしアメリカや中国ではかなり人気が高いといい、男性ユーザーの比率も小さくはない、と言われます。

実際のところマッチョなイメージの強いジープそしてダッジも「ピンク」をなんどか(限定ながらも)設定していま。

まさかのピンク!ジープが11月までの限定にてラングラーに「タスカデロ・ピンク」を設定
まさかのピンク!ジープが11月までの限定にてラングラーに「タスカデロ・ピンク」を設定

| アメリカではけっこう「ピンク」のクルマが好まれるようだ |この記事のもくじ| アメリカではけっこう「ピンク」のクルマが好まれるようだ |たしかに発売されるというウワサはあったがステランティスは以前 ...

続きを見る

そのほかカスタムカーにおいても「ピンク」は珍しくはなく、自己主張(もしくはセルフプロデュース)の手段として幅広く用いられているもよう。

【動画】Youtubeチャンネル登録者1610万人!米ユーチューバーに内外装ピンクな「マクラーレン765LTピンクマジック」が納車される
【動画】Youtubeチャンネル登録者1610万人!米ユーチューバーに内外装ピンクな「マクラーレン765LTピンクマジック」が納車される

| ここまでの逸材が今まで大きく報じられなかったのが驚きだ |この記事のもくじ| ここまでの逸材が今まで大きく報じられなかったのが驚きだ |このマクラーレン765LTの製作にかかったのは1年、価格は8 ...

続きを見る

合わせて読みたい、「ピンク」関連投稿

エントリーグレードのポルシェ・タイカン発表
ポルシェの女性客比率は中国50%、アメリカ25%、本国ドイツはわずか13%。そこで独ポルシェが「女性の嗜好を考慮してピンクを選べるようにした」と発表するも女性軽視として炎上することに

| さすがにこれはポルシェとしては軽率なプロモーションだったかもしれない |この記事のもくじ| さすがにこれはポルシェとしては軽率なプロモーションだったかもしれない |なお、「ピンク」は中国では男女問 ...

続きを見る

ピンクも選べるようになったッ・・・!内外装や機能までもカスタマイズできる「ドンカーブートD8 GTOインディビデュアル」登場。お値段2570万円から
ピンクも選べるようになったッ・・・!内外装や機能までもカスタマイズできる「ドンカーブートD8 GTOインディビデュアル」登場。お値段2570万円から

| 一見して、この何もないクルマに2600万円は高いような気もするが、よくよく見るとバーゲンプライスなのかもしれない |この記事のもくじ| 一見して、この何もないクルマに2600万円は高いような気もす ...

続きを見る

「もし世界中がピンクのタイカンで埋め尽くされたら」。ポルシェが公式にて奇妙な一連のアートを公開
「もし世界中がピンクのタイカンで埋め尽くされたら」。ポルシェが公式にて奇妙な一連のアートを公開

| これはCGではなく、実際にピンクのタイカンを使用し欧州各地でロケを行ったようだ |この記事のもくじ| これはCGではなく、実際にピンクのタイカンを使用し欧州各地でロケを行ったようだ |日本ではまだ ...

続きを見る

参照:TheDrive, Super AutoQuirk Dougposting

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->フォード(FORD)
-, ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5