ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>スバル(SUBARU) >トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■近況について

GR86を見てきた!スバルBRZとはどう違うのか?GR86のほうが「スポーツカー」的要素が濃いようにボクは思う

投稿日:

GR86を見てきた!スバルBRZとはどう違うのか?GR86のほうが「スポーツカー」的要素が濃いようにボクは思う

| GR86とスバルBRZとはけっこう差があった |

GR86のほうがより「スポーツカー」という演出がなされている

さて、GR86を見てきたのでその内容について紹介したいと思います。

御存知の通りGR86はスバルBRZとの共同開発となりますが、企画やデザインはトヨタ、設計と製造はスバルという分担がなされたと報じられています。

そしてちょっと面白いのは、GR86のほうが3ヶ月ほど発売が遅れたこと。

これはトヨタ自動車の豊田章男社長が「スバルBRZとの差異をもっと大きくするように」という指示を出したためだと言われており、そのために足回りを中心として発売を目前にして数々の変更がなされたようですね。

価格についてはエントリーモデルのRCが279万円、SZで303万6000円、RZでは334万9000円に設定されています。※いずれも6速マニュアル

L1370302

GR86の外観を見てみよう

そこでまずはGR86の外観から見てみたいと思いますが、フロントにおけるBRZとの相違はグリル形状(GR86では下に向かって広がり、BRZでは上に向かって広がる)。

GR86では「ファンクショナルマトリックスグリル」と呼ばれるデザインが採用され、冷却性能を最大限に高めていると紹介されています。

L1370351

なお、グリル内のメッシュはGR専用の「Gメッシュ」と呼ばれるデザインを持ち、表面に角度をつけることで「G」に見えるように設計されています。

L1370322

ヘッドライトはGR86では「下側」、BRZでは「上側にまで回り込んで光る」という差異があります。

L1370393

フロントバンパー脇のダクトはダミーではなくちゃんと「(下半分だけ)貫通」。

ダクトには「空力テクスチャ(細かい凹凸)」が設けられますが、これもGR86とBRZでは差異があり、GR86では水平、そしてBRZでは20度の角度がつけられていて、GR86では安定性重視、BRZではコーナリング時の初期応答性を向上させているようですね。

参考までに、この「空力テクスチャ」は新型スバルWRX S4にも採用されているので、トヨタからスバルにトランスファーされたディティールということなりそうです。

L1370319

このエアアウトレットはGR86の外観における大きな特徴であり、ここからホイールハウス内のエアを抜きつつ、そのエアをサイドシルスポイラーへと流すことでダウンフォースを高めている、とアナウンスされています。

L1370312

サイドシルスポイラーはけっこう大きな張り出しを持っています。

L1370388

なお、先代同様ではありますが、GR86はキャビンを絞り込むことでスポーツカーらしい安定感を演出しており、とくにリアフェンダーの張り出しが相対的に大きく見えます。

L1370307

ホイールはマットブラック仕上げ(BRZはメタリックグレー)。

L1370378

ドアミラーはブラック(BRZはボディカラー同色)。

L1370377

そしてトランク形状やテールランプ形状、上述のサイドシルスポイラーはレクサス(とくにIS)とも共通するディティールを持っていて、「デザインはトヨタが担当した」というところにも納得ですね。

L1370305

テールランプ横には「エアロスタビライジングフィン」。

L1370304

ボデイサイズは4,265ミリ、1,775ミリ、全高は1,310ミリ、ホイールへースは2,575ミリ。

全長は先代に比較して25ミリ伸び、車高は逆に10ミリ低くなっています。

L1370354

スバルBRZ
新型スバルBRZを見てきた!デザインと機能とのバランスに優れ、細部に至るまでこだわった「本当にクルマが好きな人たちがつくった」ことが伝わってくる一台

続きを見る

GR86のインテリアはこうなっている

GR86では水平基調のデザインを採用し、スイッチ類など操作系の配置を最適化したことで「運転に集中できる空間を実現」したといいますが、BRZではシルバーのパーツを用いているのに対し、GR86ではそれらの一部(エアコンルーバーの一部やドアインナーハンドル、パワーウインドウスイッチ)をブラックに。

L1370335

これも「運転に関わる以外のパーツを目立たないようにし、ドライバーズカーであることを意識した」結果であるようですね。※スバルが内装のパーツにシルバーを用いるのは、「色が変わっている部分にはなんらかの機能がある」ということを示すためなのだそう

L1370337

さらにインテリアカラーについてもBRZではブラックのみですが、GR86ではブラックに加えてレッドも用意しており、これは「スポーツカーらしい情熱を表現したかったから」。

L1370336

加えてシートのパンチングから覗くカラーにも「レッド」を用いて「スポーツカーらしさ」をアピールしています(BRZではシルバーが採用されている)。

L1370359

メーターには7インチサイズの液晶ディスプレイが用いられており、オープニング時のアニメーションは「水平対向エンジンのピストンの動きをモチーフにした」と紹介されています。

L1370341

ステアリングホイールには「GR」バッジ、そしてステアリングホイール自体は比較的細く、手触りの良いスムースレザーが使用されています。

L1370339

頭上にはかなりスペースがあり、ヘルメットを着用しても問題はなさそうですね。

L1370349

ちなみにリアのラゲッジスペースはゴルバッグを2つ、そしてタイヤ/ホイールを4セット積むことができるように設計されている、とのこと。

GR86は機能的にこう変わった

そして次はGR86の機能編。

今回のフルモデルチェンジでは重心を下げ、ドアやルーフ、フェンダーなどをアルミ化するという、「前後重量やロールセンターの最適化、低重心化」というスポーツカーの基本をしっかり抑えた内容となっており、いたずらにパワーアップに頼らない、ドライバーにとって真に楽しめるクルマ造りを行ってきたなという印象です。

L1370305

実際のところ、プラットフォームはキャリオーバーながらも重心は先代に比較して4ミリ低くなり、スバル側の表現を借りるならば「ハイパーカー並みの低重心」。

さらにシートも軽量化されているといい、これら軽量化によって、エンジンやボディが大きくなったにもかかわらず、車体重量は先代に比べて10キロ増にとどまる1,270キロ。

もちろんボディ剛性も強化され、曲げ剛性を60%、ねじり剛性を50%向上させているとアナウンスされています。

L1370347

搭載されるエンジンは2リッターから2.4リッターへ排気量がアップして235PSへ、そして0-100km/h加速は従来型の7.4秒から6.3秒に短縮されたとアナウンスされています。

L1370303

参考までにですが、上述の「豊田章男社長の鶴の一声」にて変更されたのはバネレート、ナックルの素材(BRZはアルミ、しかしGR86ではスチールへと変更されて剛性アップ)、スタビライザーの構造と取り付け方法(BRZは中空、GR86では中空ではない)、そしてECUのマッピングだと言われています。

L1370342

この他の画像はFacebookページのアルバム「GR86」に保存しています(Facebookページのフォローお願いします!)

合わせて読みたい、関連投稿

スバルが新型BRZを発売!価格は「R」のMTで308万円から。全ボディカラーやオプションを見てみよう
スバルが新型BRZを発売!価格は「R」のMTで308万円から。全ボディカラーやオプションを見てみよう

続きを見る

トヨタのチーフエンジニアがGR86とスバルBRZとの違いについて語る。「トヨタはエンジンレスポンスを重視し、スバルは快適性を重視した」
トヨタのチーフエンジニアがGR86とスバルBRZとの違いについて語る。「トヨタはエンジンレスポンスを重視し、スバルは快適性を重視した」

続きを見る

スバルが新型BRZを国内初公開!トヨタGR86とはけっこう差があり、BRZは「回頭性と安定性」、GR86は「直進安定性と尖った部分」を重視したようだ
スバルが新型BRZを国内初公開!トヨタGR86とはけっこう差があり、BRZは「回頭性と安定性」、GR86は「直進安定性と尖った部分」を重視したようだ

続きを見る

GR86を見てきたたのはGRガレージ新大阪

なお、GR86を見てきたのはGRガレージ新大阪さん(現在、ブラック、レッド、ホワイトの3台が存在)。

いつもお世話になり、ありがとうございます。

GRガレージ新大阪

  • 住所:大阪市淀川区東三国3丁目10-21
  • 電話:06−6350−6222
  • 定休日:毎週月曜日及び火曜日
  • ウエブサイト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スマホ記事下

->スバル(SUBARU), >トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS), ■近況について
-, , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5