ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ランボルギーニ・ウラカン ■近況について

今日のランボルギーニ・ウラカンEVO RWD。ガレージ壁面にホンダ・シビック・タイプRのシフトノブを「フック代わりに」取り付けてみた

投稿日:

今日のランボルギーニ・ウラカンEVO RWD。ガレージ壁面にホンダ・シビック・タイプRのシフトノブを「フック代わりに」取り付けてみた

| ちなみにポルシェ911のステアリングホイールは以前から取り付けてある |

次回作はステアリングホイールの横に「時計に改造したタコメーター」

さて、ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDを格納しているガレージの壁に「ホンダ・シビック・タイプRのシフトノブ」を取り付け。

装飾がわり、そしてちょっとしたものを掛けておくフックがわりという目的ですが、以前に取り付けたポルシェ911用のステアリングホイールの隣に装着しています。

ぼくはこういった自動車部品をインテリア小物などに転用することがあり、そしてほかにも家具の多くを自作していて(よって家具はあまり購入したことがない)、今回もそういった一例となっています。

ホンダ・シビック・タイプRのシフトノブはこうやって取り付ける

そこで今回このシフトノブを取り付けた方法を紹介したいと思いますが、用意したのはホンダ・シビック・タイプRのシフトノブ(ホンダディーラーにて純正部品として取り寄せ→購入ができる)、ちょっと長めのタッピングビス、アルミ製のパイプ、のこぎり、あとは画像に写っていないもののエポキシ系接着剤に金槌。

L1410420

こちらが純正部品として取り寄せたシビック・タイプRのシフトノブ。

L1410421

そこで早速作業に入りますが、まずはのこぎりにてアルミパイプをカットします。

L1410422

構造としてはこんな感じで、壁に取り付けている木の板にタッピングビス(木ネジ)をねじ込んでこれを支柱とし、そのままだと見栄え場悪いので目隠しがわりに上からアルミパイプをかぶせ、そこへシフトノブを差し込むということに。

L1410424

よってまずはガレージの壁面に接着して固定してある木板にタッピングビスをねじ込みます。

L1410425

その後はエポキシ系接着剤を練り合わせてタッピングビスとアルミパイプに塗りつけ・・・。

L1410426

タッピングビスにアルミパイプを取り付け。

このあと、アルミパイプを金槌でたたき、パイプを木板にめり込ませておきます(隙間から接着剤がこぼれないようにするため)。

L1410427

そこへズッポンとシフトノブを差し込むとこう(シフトノブのネジ穴にもエポキシ系接着剤を塗っておく)。

L1410431

完成したらこうなった

そしてあとは接着剤が乾くまで待って完成。

L1410430

これで何がどうにかなるわけではないですが、数千円でなかなかに気分が出るという「ちょっとした」工作です。

L1410434

ちなみにステアリングホイールの右側にはスペースが残っているので、ポルシェ911のタコメーターの中古パーツでも探してきて、「時計に改造し」取り付けてみようと考えています。

L1410428

合わせて読みたい、関連投稿

ランボルギーニ・ウラカンを格納しているガレージに”飾り”としてMOMO製ステアリングホイール装着。タオルでも掛けてみるか

使用目的があったわけではなく単なる思いつきこの記事のもくじ使用目的があったわけではなく単なる思いつきとくに使い道はなにもナシほかにはガレージにこんな小物もこんな記事も読まれています さて、ガレージの壁 ...

続きを見る

今日のランボルギーニ・ウラカンEVO RWD。納期待ち1年、ウラカンに近いカラーリングを持つエルメスのバッグ「ガーデンパーティPM」を購入
今日のランボルギーニ・ウラカンEVO RWD。納期待ち1年、ウラカンに近いカラーリングを持つエルメスのバッグ「ガーデンパーティPM」を購入

| これでステッチがオレンジだったら完璧だった |この記事のもくじ| これでステッチがオレンジだったら完璧だった |エルメスのバッグで「100%希望通り」のものを購入することはかなり難しい色はやっぱり ...

続きを見る

今日のランボルギーニ・ウラカンEVO RWD。純正オプション、「インフォテイメントスクリーン・プロテクター」を取り付けてみる
今日のランボルギーニ・ウラカンEVO RWD。純正オプション、「インフォテイメントスクリーン・プロテクター」を取り付けてみる

| 高価ではあるが、その満足度はかなり高い |この記事のもくじ| 高価ではあるが、その満足度はかなり高い |うっすらと見えるランボルギーニエンブレムがオーナーの自尊心をくすぐってくれるインフォテイメン ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ランボルギーニ・ウラカン, ■近況について
-, , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5