ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>アストンマーティン ■車/バイクの試乗記、展示会やイベントなど

最強・最速SUV、アストンマーティン DBX 707試乗イベントへ!その価格3119万円、まずは内外装を見てみよう【動画】

投稿日:

アストンマーティンDBX

| アストンマーティンは高級感の演出方法をよく知っている |

価格は高くとも、モロモロ考えれば通常のDBXよりもDBX 707を選びたい

さて、現時点で世界最強のラグジュアリーSUV、アストンマーティンDBX707の試乗会に参加してきたのでその様子を紹介してみたいと思います。

なお、会場は六甲サイレンスリゾートで、これは旧六甲山ホテルを八光カーグループさんが買い取って改装を行ったもの。

名門ホテルだけあってロケーション、そしてホテル内の雰囲気は抜群であり、今後八光さん(アストンマーティンのほか、マセラティやマクラーレン、アバルトも扱っている)の試乗会はここで行われることが多くなるのかもしれません。

L1460554

アストンマーティンDBX 707はこんなクルマ

そこでまずアストンマーティンDBX 707のスペックですが、なんといっても特筆すべきは707馬力 / 900NmというラグジュアリーSUV(ガソリンエンジン)最強の数字が並びます。

このエンジンはメルセデスAMG GT等に積まれる4リッターV8ツインターボの改良版で、これに組み合わせられるトランスミッションは9速AT、駆動方式はもちろん4WDです。

0−100km/h加速は3.3秒(ポルシェ・カイエン・ターボGTと同じ)、最高速は310km/h(ランボルギーニ・ウルスの305km/h、ベントレー・ベンテイガ・スピードの306km/hよりも速い)という最速クラスの数字を誇り、このアストンマーティンDBX707は文字通りの「最強・最速SUV」ということになりますね。

なお、価格は3119万5000円に設定されていますが、カーボンセラミックディスクブレーキほか多くの魅力的なパーツが標準化されていたり、売却時の価格を考慮すると、「買うときは高くとも」通常のDBXではなくこのDBX 707を購入したほうがいいんじゃないか、とも考えています。

L1460624

ボディサイズは全長5039ミリ、全幅1998ミリ、全高1680ミリという相当に大きな車であり、ホイールベースは3060ミリ、車体重量は2245kg(けっこう軽い)という数値を持っており、この長いホイールベースにもかかわらず後輪操舵を持たないことには驚かされます(実際に運転してみると不要なレベルだとわかる)。

L1460585

アストンマーティンDBX 707のエクステリアはこうなっている

そこでざっとこのアストンマーティンDBX707の外観から見てみようと思いますが、同じ会場に停まっている通常のDBXに比較するとその差は一目瞭然で、フロントグリルのサイズ、そしてエアロパーツの複雑さがまったく異なるといった感じ。

とくにフロントグリルの巨大さは特筆モノです(それだけ冷却のためのエアを要するということになる)。

L1460638

前後ウイングエンブレムはブラック仕様(インレイがなされていないタイプ)。

L1460634

アストンマーティンが10年ぶりにエンブレムのデザインを変更!シンプルで柔らかく、1970年代の「グリーンボックス」復活。これまでの変遷も見てみよう
アストンマーティンが10年ぶりにエンブレムのデザインを変更!シンプルで柔らかく、1970年代の「グリーンボックス」復活。これまでの変遷も見てみよう

| このウイングは古代エジプトにて復活のシンボルだとされた「スカラベ(フンコロガシ)」をイメージしているこの記事のもくじ| このウイングは古代エジプトにて復活のシンボルだとされた「スカラベ(フンコロガ ...

続きを見る

フロントフードにもエアアウトレット(DBSスーパーレッジェーラっぽい)。

L1460678

フロントリップのさらに下にもスカートのようなエアロパーツが装着されています。

L1460645

サイドステップも大きく張り出していて、SUVといえどエアロダイナミクスに注力していることがわかりますね。

L1460610

もちろんドアハンドルはフラッシュマウント。

L1460603

ルーフにはカーボン製リップスポイラーが追加されています。

L1460580

ぼくが注意を惹かれたのはサイドウインドウ下部が「モールレス」なところ。

これはエアロダイナミクスを考慮したのか、それとも美観上の問題なのかはわかりませんが、おそらくは「両方」だと考えています。※アストンマーティンは高級感の演出方法をよく理解している

参考までに、ここが「ゴムそのままのモールむき出し」だと著しく高級感を損なうことになり、自動車メーカー側もそれを理解しているのか、最初からここをペイント済み樹脂パーツにしたり、オプションにてクロームや塗装済みパーツに変更できるクルマも。

ちなみにですが、一般にスーパーカーはここが「ゴム」であることが多く、しかしスーパーカーはそこにこだわるクルマではないので、致し方ないところかもしれませんね。

L1460607

テールランプはスモーク仕上げ、リアの「ASTON MARTIN」レターもブラックです。

L1460593

リアハッチに「ノッチ」が設けられていて、これはほかメーカーのSUVではあまり見られない特徴です(クーペSUVは除く)。

L1460674

テールパイプはかなり太く、そしてリアスカートとリアディフューザー形状はかなり独特、そして大きくうねった形状を採用しています。

L1460598

さらにリアディフューザーには「フロート」したウイングも。

L1460590

ホイールは22インチ、そしてブレーキディスクはカーボンセラミック。

タイヤサイズはフロントが285/40YR22、リアが325/35YR22となっています。

L1460618

アストンマーティンDBX 707のインテリアはこうなっている

そしてこちらはアストンマーティンDBX 707のインテリア。

L1460648

アストンマーティンならではの華やかなデザインのシートがひときわ目をひきますね。

L1460649

ダッシュボードのサイドに至るまで複雑なステッチ。

L1460651

ちなみにこのカーボンパーツはオプション。

L1460650

センターコンソールにはエンジンスタート / ストップボタン、そしてシフトポジションのセレクター。

L1460665

随所にチタン調の加飾が施されたパーツが用いられています。

L1460667

ちなみにステッチの幅というか間隔はけっこう広いもよう。

L1460670

アストンマーティンDBX 707を見てきた際の動画はこちら

https://youtu.be/fbd7WTCB2mA

今回の試乗イベントを開催したのは八光カーグループさん

なお、今回のイベントを開催されたのは八光カーグループさん。

いつもお世話になり、ありがとうございます。

アストンマーティン神戸

住所:〒650-0038 神戸市中央区西町35番地

電話:078-392-4385

ウエブサイト:http://www.astonmartin-hakko.co.jp/showroom/kobe.php

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->アストンマーティン, ■車/バイクの試乗記、展示会やイベントなど
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5