ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>BMW(ビー・エム・ダブリュー) ■新型車・スパイフォト・ウワサなど

BMWが新型3シリーズのティーザー動画を公開!ヘッドライト形状がスマートに、DRLの発光グラフィックも「BMWらしく」なるもよう

投稿日:

BMWが新型3シリーズのティーザー動画を公開!ヘッドライト形状がスマートに、DRLの発光グラフィックも「BMWらしく」なるもよう

| おそらくはすでに公表されている中国版の新型3シリーズと同じデザインになるものと思われる |

今年のBMWは今までになく多くのニューモデルを発表するようだ

さて、ハイパフォーマンスカー部門「M」含めニューモデルラッシュのBMW。

現在メルセデス・ベンツに「追いつけ、追い越せ」とばかりに様々な戦略を展開しており、その過激なデザインもそのひとつ。

BMWのチーフデザイナー、ドマゴジ・デュケック氏によると、現在のBMWはモデルごとによって客層を分けてデザインしており、たとえば4シリーズや7シリーズについては「そもそもこういったにニッチな製品を購入する人は少なく、しかしそういった人は他よりも個性的な、人口比30%の人である」という前提のもと、70%の人に嫌われても30%の人に好かれるデザインを採用している、とのこと。

一方で3シリーズや5シリーズはニッチではなく一般性のあるクルマなので、限られた30%ではなく「マジョリティ」を狙った普遍性のあるデザインを採用していると語っています。

BMW
BMWのデザイナー「なぜ4シリーズや7シリーズには奇抜なデザインを採用し、3シリーズや5シリーズは普通なのか」

| それはそれぞれのシリーズの客層の性質を反映したものだった |この記事のもくじ| それはそれぞれのシリーズの客層の性質を反映したものだった |実際、BMWの販売台数は大きく伸び、BMWが正しかったこ ...

続きを見る

新型BMW 3シリーズはその顔つきが変更に

そして今回、BMWは「メインストリーム」となる3シリーズのフェイスリフト(マイナーチェンジ)を敢行することになりますが、ひとまずそのフロントを公開していて、これを見るとヘッドライトの形状そしてデイタイムランニングランプの発光グラフィックが変更されているもよう。

ヘッドライト形状については下部の「ギザギザ」がなくなり、デイタイムランニングランプはより広い範囲が光るようになっていて、これによってその印象はずいぶん変わることになるのかもしれません。

なお、このデザインは先日中国工業情報化部へと登録された「中国版」新型3シリーズとよく似ており、よって他の国や地域向けの3シリーズもこの「中国版」3シリーズと共通するデザインを持つことになると考えて良さそうですね。

新型BMW 3シリーズの確定デザインが中国にて公開!全体的にスッキリ、しかしよりダイナミックに。リアディフューザーは一気に大型化
新型BMW 3シリーズの確定デザインが中国にて公開!全体的にスッキリ、しかしよりダイナミックに。リアディフューザーは一気に大型化

| ボディカラーには新色が追加され、その印象は大きく変わりそう |この記事のもくじ| ボディカラーには新色が追加され、その印象は大きく変わりそう |おそらくはこのデザインが他の国や地域にて販売される3 ...

続きを見る

新型3シリーズの発表時期については今のところ言及されていませんが、BMWは5月20日に「新しいMモデル」を発表すると言われるので、それと被らないよう、20日まで、もしくは20日を過ぎてからの発表となりそうです(ツイッターに投稿したティーザー動画には、「カミングスーン」というキャプションが付けられている

BMWが新型ハードコアモデル「M4 CSL」のティーザー画像を公開→なぜか削除!なお発表は5月20日から開催されるコンコルソ・デレガンツァ・ヴィラ・デステにて
BMWが新型ハードコアモデル「M4 CSL」のティーザー画像を公開→なぜか削除!なお発表は5月20日から開催されるコンコルソ・デレガンツァ・ヴィラ・デステにて

| Facebookにて公開された画像では「見えてはならないもの」が写っているようには見えないが |この記事のもくじ| Facebookにて公開された画像では「見えてはならないもの」が写っているように ...

続きを見る

今回のティーザー動画によって明らかになった変更のほか、これまでに公開されたスパイフォトでは、テールランプやリアバンパー、さらに内装だとiX同様のカーブディスプレイ採用のインフォテイメントシステム(オプションかもしれない)、新デザインのステアリングホイール等も確認されており、けっこう中身の濃いフェイスリフト(マイナーチェンジ)になるのかもしれません。

BMWがリリースした新型3シリーズのティーザー動画はこちら

なお、BMWはつい最近新型i7を発表したばかりですが、直近でもX1、そしてM4 CSとM3ツーリング、さらにはM3 CSやM4CSLベースのスペシャルモデルの発表が控えており、今年は相当に忙しい年になりそうです。

あわせて読みたい、BMW関連投稿

BMWのデザイナーが「電動化とデザイン」について語る。「これからのデザインは大胆で意味のあるものでなくてはならない。デザインによって持続可能性を表現してゆく」
BMWのデザイナーが「電動化とデザイン」について語る。「これからのデザインは大胆で意味のあるものでなくてはならない。デザインによって持続可能性を表現してゆく」

| たしかにBMWは以前からデザイン、そしてデザインによる排他性の演出にこだわってきた |この記事のもくじ| たしかにBMWは以前からデザイン、そしてデザインによる排他性の演出にこだわってきた |つい ...

続きを見る

BMWのデザイナー「今後のMパフォーマンスモデルにもMモデル同様の4本出しテールパイプを採用するが、それは丸ではなく台形などスタイリッシュなものになる」
BMWのデザイナー「今後のMパフォーマンスモデルにもMモデル同様の4本出しテールパイプを採用するが、それは丸ではなく台形などスタイリッシュなものになる」

| 欧州特にドイツの一部自動車メーカーの間では「ハイパフォーマンスモデルのテールパイプは丸」という認識があるようだ |この記事のもくじ| 欧州特にドイツの一部自動車メーカーの間では「ハイパフォーマンス ...

続きを見る

【動画】BMWのデザイナーがX7の「デザイン的意味」について語る!BMWのデザインはボクらの想像よりもずっと先にあり、深い意味を持っていた
【動画】BMWのデザイナーがX7の「デザイン的意味」について語る!BMWのデザインはボクらの想像よりもずっと先にあり、深い意味を持っていた

| これまではディティールばかりが目についてきたが、新型X7ではこれまだバラバラだったBMWのデザイン的な特徴がひとつになり、しかもバランスしている |この記事のもくじ| これまではディティールばかり ...

続きを見る

参照:BMW

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->BMW(ビー・エム・ダブリュー), ■新型車・スパイフォト・ウワサなど
-, , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5