ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ポルシェ(Porsche)

ポルシェが「どうやって2代目カイエンをより軽く、よりスポーティーな、ポルシェらしいクルマ」に仕上げたのかを語る!初代のヒットによって様々な自由度が創出されたもよう

投稿日:2022/09/10 更新日:

ポルシェが「どうやって2代目カイエンをより軽く、よりスポーティーな、ポルシェらしいクルマ」に仕上げたのかを語る!初代のヒットによって様々な自由度が創出されたもよう

| カイエンのヒットは、ポルシェの他モデルだけではなく、カイエン自身をも助けることに |

そのモデルをより良く、そしてより明確なキャラクターを持つクルマに仕立て上げてゆくのはポルシェの常でもある

さて、ポルシェ・カイエンが誕生20周年を迎えるにあたり、ポルシェは続々とカイエンに関する開発秘話など”知られざる側面”にスポットライトを当てたコンテンツを公開。

今回は2005年に開発が開始された2代目カイエンを掘り下げており、まず開発にあたってもっとも大きな変更を与えたのは「デザインとドライブトレイン」なのだそう。

ちなみに初代カイエンは当時ポルシェにてチーフデザイナーを務めていたハーム・ラガーイ氏の作品であるものの、2代目カイエンは2004年にチーフデザイナーに就任したマイケル・マウアー氏によって形作られることに。

ポルシェのデザイナーはこんな人物。スキーのインストラクターとしての経歴を持ち、ベンツ出身

| ポルシェがそのデザイナーを紹介するコンテンツを公開 | ポルシェが公式コンテンツとして、同社のデザイナー、マイケル・マウアー氏(ポルシェの表記ではミヒャエル・マウアー氏)を紹介するコンテンツを公開 ...

続きを見る

ただしデザイン上の制約は小さくはない

ただ、2代目カイエンも初代同様、フォルクスワーゲン・トゥアレグとプラットフォームを共有するという性質上、デザイン的な制約から逃れることはできず、具体的に言うと「同じドアを使用しなければならなかった」など。

しかしながら初代カイエンのヒットによって予算と自由度は「先代よりは大きく」、少しだけではあるものの自由な発想も可能になったといいます。

そして「自由」となった部分については積極的に手を入れることになりますが、ドアはそのままにウィンドウを変更することでドアミラーがウィンドウコーナーからドアショルダーに移動し、よりダイナミックな外観となったほか、Aピラーにクォーターライトを追加するスペースが確保されています。


リアでは、サイドウィンドウがドアの後方に引き込まれ、カイエンのルーフスポイラーはさらに後方に伸び、テールライトは少し高い位置に移動し、Dピラーはより傾斜することに。

結果としてウィンドウの形状は伸びやかになり、ポルシェが”フライライン”呼ぶルーフラインは後方に向かって傾斜を持つようになりますが、マイケル・マウアー氏によると「これにより、カイエンは静止しているときでも速く見えるようになった」。

01_200410_DMD_0098

カイエンの革新的なインテリアはこうやって誕生した

さらにポルシェのデザイナーは、インテリアにも多くの変更を加える自由も与えられ、「着座位置も(トゥアレグとは)まったく違うものになりました」とはマイケル・マウアー氏の弁。

同氏は続けて「E2(二代目カイエン)では、クルマの上に座るのではなく、クルマの中に座るのです。これはE1との決定的な違いです」と語り、2代目カイエンの内装は、ポルシェのブランドアイデンティティをより色濃く反映したデザインとなっています。

なお、スイッチがずらりと並ぶセンターコンソールは2009年に発売されたパナメーラをベースとしており、メーターはトゥアレグとは全く異なる(タコメーターを中心に配置する)ポルシェ専用へ。

ステアリングホイールは911から流用を受けたもので、「911とカイエンをガレージに置いているお客様にとって、かつてのような断絶はもはや存在しない」よう配慮されることに。

そう考えると、初代カイエンではいかに制約が多く、フォルクスワーゲンとの共通パーツが多かったかを伺うことができますが、「投入したモデルをヒットさせ、そこから得た資金によってさらに優れたモデルに仕上げてゆく」ことはもちろん、「モデルチェンジの都度、他モデルとの差異を拡大し、そのモデルごとの独自性を強める」のはポルシェの一つの特徴だと思います。

04_F10_0250_fine

機能面においても二代目カイエンは大きく進化

そして機能面においても二代目カイエンは大きく進化しており、プロジェクトマネージャーを務めるオリバー・ラクア氏によれば「電子制御システムのさらなる開発において、私たちは制御の質とスピードの面で大きな前進を遂げました。その結果、新設計のE2ではトランスファーケースや低速ギアがなくてもE1と同等のオフロード性能を発揮できるようになり、大幅な軽量化を実現できたのです」。

さらには8速ティプトロニックが初めて採用され、ポルシェ・トラクション・マネージメント(PTM)付きの新しい制御を持つハングオン全輪駆動との組み合わせにより、新型カイエンは電子制御によって路上での俊敏性とオフロードでの信頼性を獲得することになりますが、新しいPTMは、フロントアクスルのカルダンシャフトを軽量化し、アクスルドライブの軽量化も可能にしたほか、上述の通りトランスファーケースを排除したこととあわせ、二代目カイエンでは(ドライブトレインだけで)33kgものダイエットに成功しています。

二代目カイエンでは効率化が大きなテーマとして掲げられたそうで、ボディでは111kgの軽量化を達成したほか、テールゲート(アルミ製)とドアだだと39kgの軽量化を実現しており、このテールゲートは初代カイエンの「半分の重量」しか無いのだそう。

06_S10_0523_a4

これら軽量化と相まって、サーマルマネジメント、可変減速燃料カット、スタート/ストップ機能によって燃費が大きく向上し、エントリーモデル同士だと燃費が20%も向上した、とも紹介されています。

なお、「燃費」といえばハイブリッドモデルが登場したのものこの世代のカイエンの特徴のひとつであり、ハイブリッドモデルに採用されていたパワフルなパラレルフルハイブリッドシステムは、当時ほとんどのライバルが採用していたしていたパワースプリット式フルハイブリッドよりもフレキシブルで効率的だったとされ、ピュアエレクトリックモードで時速60kmまで走行することができたほか、ブースト、エネルギー回生、コースティングにより、スポーティかつ効率的なドライビングを可能にした、とのこと。

このほか多くの派生モデルと投入することにより、第2世代のカイエンは初代に比較し535,903台という”初代に比較して約2倍の”台数を生産することとなっていますが、ハイブリッドモデルしかり、ハイパフォーマンスモデルしかり、現代のカイエンの礎になったのがこの第2世代のカイエンということになりそうですね。

07_P14_0879_a4_rgb

合わせて読みたい、ポルシェ・カイエン関連投稿

ポルシェ・カイエンは当初「メルセデス・ベンツMクラスをベースに」そのハイパフォーマンス版として企画されていた!実際に開発が進められるも破局を迎えることに
ポルシェ・カイエンは当初「メルセデス・ベンツMクラスをベースに」そのハイパフォーマンス版として企画されていた!実際に開発が進められるも破局を迎えることに

| やはりポルシェとメルセデス・ベンツとは仲がいいのか悪いのかわからない |この記事のもくじ| やはりポルシェとメルセデス・ベンツとは仲がいいのか悪いのかわからない |ただし結果的に自社による設計を行 ...

続きを見る

ポルシェは過去にカイエンのオープンモデルを試作していた!カイエン登場当初からカブリオレが企画され、しかし実現しなかった2つの理由とは
ポルシェは過去にカイエンのオープンモデルを試作していた!カイエン登場当初からカブリオレが企画され、しかし実現しなかった2つの理由とは

| たしかに現在に至るまで、SUVのコンバーチルボディにおいて成功した例は皆無に近い |この記事のもくじ| たしかに現在に至るまで、SUVのコンバーチルボディにおいて成功した例は皆無に近い |そしてお ...

続きを見る

ポルシェがカイエンの「20周年」を祝う!959同様に「オンロードとオフロードという異なる2つを結びつける」役割を課せられ、その達成のために常に最新デバイスが盛り込まれる
ポルシェがカイエンの「20周年」を祝う!959同様に「オンロードとオフロードという異なる2つを結びつける」役割を課せられ、その達成のために常に最新デバイスが盛り込まれる

| ポルシェらしくないクルマを、ポルシェにするために常にエンジニアがその心を砕いてきた |この記事のもくじ| ポルシェらしくないクルマを、ポルシェにするために常にエンジニアがその心を砕いてきた |そう ...

続きを見る

参照:Porsche

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ポルシェ(Porsche)
-, , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5