ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>フェラーリ ■新型車・スパイフォト・ウワサなど

フェラーリ812スーパーファスト・スパイダー発表会の様子がリーク。スピードスターカバーを装着し、「優雅な懐古調」へ?

投稿日:2019/09/07 更新日:

| フェラーリはV8とV12モデルとの間で明確な方向性の相違を設定するのかも |

先日、フェラーリオーナーがインスタグラムにてリークした「F8トリブートと812スーパーファストのオープンモデル」。
今回は同じ人物が自身のインスタグラムにて、おそらくはフェラーリ本社にて行われたと思われる812スーパーファスト・スパイダーの発表会の様子を投稿しています(大丈夫か・・・)。

この画像を見るに812フーパーファスト(クーペ)からのイメージ的変更はけっこう大きく、オープンとなっているのはもちろんですが、それはリアクォーターウインドウがなくなり、シートの後ろには「スピードスターカバー」が装着されているため。※便宜上「カバー」と呼んでいるが、実際はボディ構造の一部と思われる

これによってイメージ的にはクラシカルかつ優雅な印象も受け、812スーパーファスト(クーペ)とはまた異なる顧客を呼べそうです。

V12モデルはV8ミドシップにはパフォーマンス面で及ばない

なお、812スーパーファストはV12エンジンを搭載していますが、フェラーリは今後も「V12とV8」というラインナップをキープし、そこへV6エンジンを追加する予定。

ただ、V12モデルはこれまでフラッグシップ「だった」ものの、パフォーマンス的にはSF90ストラダーレ(V8+ハイブリッド)にその座を譲ることに。
SF90ストラダーレは986馬力(1000CV)を発しますが、812スーパーファストは自然吸気のままでは(そしておそらくターボでも)1000馬力には届かず、どうやっても出力的にはV8ミドシップモデルに敵わない、という状況も出てきます。

V8とV12モデルとでは方向性を分ける?

そうなるとV12モデルはそのアイデンティティを失うことにもなりかねず、そこでフェラーリが考えたのが「V8とは異なる優雅路線」ではないかと考えていますが、実際にフェラーリは「今後、一部モデルには過去のフェラーリをモチーフにしたデザインを取り入れる」ともコメントしており、V8は未来、V12は過去といったように路線を異にするのかもしれません(ただ、V8モデルでもフロントエンジン搭載モデルはV12と同じ路線だと思われる)。

これによってフェラーリ内でもユーザーの棲み分けができますし、より幅広い客層を獲得できることになりそうですが、今回の812スーパーファスト・スパイダーは「モンツァSP2(下の画像)」風の雰囲気も持っていて、フェラーリのヘリテージを反映させたデザインを持っているようにも見えますね。

Ferrari-monza-sp1-sp2 (9)

なお、発表時のボディカラーについても、V8モデルはよりビビッドでエネルギッシュな、そしてV12モデルではよりエレガントなカラーを採用し始めているようにも思われ、フェラーリの中では「V8とV12との棲み分け」がはじまっているのかもしれません。

フェラーリは今回、フランクフルト・モーターショーへの出展を見送っていますが、開催期間と重なる9月9日に812スーパーファスト・スパイダーを発表するようで、今回新たにティーザー動画が投下されています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->フェラーリ, ■新型車・スパイフォト・ウワサなど
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5