ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ランボルギーニ

【動画】ランボルギーニデイ・ジャパン「カウンタックコンテスト」編。トップ10に選ばれたカウンタックたちはこんな仕様を持っている

投稿日:2021/11/08 更新日:

【動画】ランボルギーニデイ・ジャパン「カウンタックコンテスト」編。トップ10に選ばれたカウンタックたちはこんな仕様を持っている

| さすがにトップ10に選ばれるだけあってどのカウンタックも素晴らしい |

ここまでのカウンタックが一堂に会することはそうそうない

さて、ランボルギーニデイ2021「カウンタックコンテスト」編。

今年はカウンタックが発表されたのち50周年ということで、ランボルギーニ・ジャパンはまずオンライン上にてカウンタックコンテストを開催した後に「ベスト10」を選出し、そこで選ばれた10台をLamborghini Day Japan 2021の会場にて展示し、そこでさらに決選投票を行うというイベントを開催しています。

そこで今回集まった「ベスト10」カウンタック達を見てみましょう。

カウンタックLP400(1976年)

まずはオレンジのカウンタックLP400。

LP400は152台のみしか生産されていない稀少なシリーズで、市販バージョンとしては「最初のモデル」。

L1360583

最初のモデルということでカウンタックのコンセプトモデル「LP500」に近いデザインを持っており、オーバーフェンダーやウイングがない「すっきり」したデザインが特徴です。

そしてこの個体は「新車時からずっと日本で保管されている」のだそう。

L1360578

カウンタックLP400(1977)

LP400としては最後の方の生産になるそうですが、ボディカラーは珍しいシルバー、そしてダッシュボードにはランボルギーニのテストドライバー、バレンチノ・バルボーに氏のサイン入り。

L1360581

ルーフには特徴的な「ペリスコープ(潜望鏡)」が備わります。

L1360624

カウンタックLP400S(1978年)

購入から15年が経過するも頻繁にドライブを行っており、コンディションは上々なのだそう。

L1360586

オーバーフェンダーが大迫力ですね。

L1360599

カウンタックLP500S(1984年)

ボディカラーはホワイト、インテリアはレッドという美しい個体。

リアウイング「レス」です。

L1360603

ちなみにウインドウは「わずか」しか開かないらしい・・・

L1360606

カウンタック5000クワトロバルボーレ(1986年)

ボディカラーはレッド、ホイールはレッド。

L1360625

エキゾーストマニホールド、マフラーにはステンレス製を装着している、とのこと。

L1360631

カウンタック5000クワトロバルボーレ(1988年)

ボディカラーはホワイト、ホイールはホワイト。

L1360556

リアウイングはブラック、そしてカウンタックのグラフィック。

L1360557

カウンタック5000クワトロバルボーレ(1988年)

今回のファイナリストの間では唯一のブラック、そしてインテリアもブラックという渋い仕様です。

L1360555

やっぱりブラックはすごみがありますね。

L1360563

カウンタック5000クワトロバルボーレ(1988年)

すでに所有歴は20年を数えるそうですが、ドライブするのはたんと「元旦のみ」。

L1360566

カウンタック25thアニバーサリー(1989年)

完全オリジナルを維持しており、なんとクラッチは無交換(そうとうに運転が上手なのだと思う)。

そして驚くべきことに「普段乗り」しているといい、まさにカウンタックオーナーの鏡のような方ですね。

実はもう一台、ホワイトの外装にレッド内装のトップ10カウンタックが展示されていたのですが、メモリーカードへの書き込みエラーにて記録できておらず、個々で紹介できないのが残念です(フロントタイヤ径を小さくしてフロントを下げるなどこだわりの仕様を持っている)。

他の画像はFacebookのアルバム「ランボルギーニ・カウンタック」に保存中。

L1360573

「カウンタックコンテスト」ファイナリストを集めた動画はこちら

それぞれを撮影したものに加え、西川淳氏が各個体を解説する内容も収録しています。

合わせて読みたい、ランボルギーニ・カウンタック関連投稿はこちら

ランボルギーニのデザイナーが「カウンタックのデザインがいかに完璧であるか」を語る
ランボルギーニのデザイナーが「カウンタックのデザインがいかに完璧であるか」を語る!「プロポーションからディティールまでランボルギーニのDNAが詰まっている」

| 自動車史的に見ても、ランボルギーニ・カウンタックほどアイコニックなデザインを持つクルマはそうそう無い |この記事のもくじ| 自動車史的に見ても、ランボルギーニ・カウンタックほどアイコニックなデザイ ...

続きを見る

ランボルギーニが「カウンタックの元祖」、LP500プロトタイプを現代に再現!当時の実車はすでに失われており、記録と記憶を頼りにゼロから作り上げる
ランボルギーニが「カウンタックの元祖」、LP500プロトタイプを現代に再現!当時の実車はすでに失われており、記録と記憶を頼りにゼロから1台のみを作り上げる

| まさかランボルギーニがカウンタックLP500の再現を行うとは |この記事のもくじ| まさかランボルギーニがカウンタックLP500の再現を行うとは |おそらくこのカウンタックLP500は公道を走行す ...

続きを見る

オリジナルのカウンタックのデザイナーが「新型カウンタックは認めん」と公式にコメント!マルチェロ・ガンディーニはけして過去を振り返らない人だった
オリジナルのカウンタックのデザイナーが「新型カウンタックは認めん」と公式にコメント!マルチェロ・ガンディーニはけして過去を振り返らない人だった

| マルチェロ・ガンディーニ氏ほど芯の通ったデザイナーも少ない |この記事のもくじ| マルチェロ・ガンディーニ氏ほど芯の通ったデザイナーも少ない |自動車メーカーとしては戦略上「過去の焼き直し」も必要 ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ランボルギーニ
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5