ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ランボルギーニ

北米では初の納車!ブロンズカラーを持つランボルギーニ・カウンタックLPI800-4がプライベートイベントにて公開

投稿日:

北米では初の納車!ブロンズカラーを持つランボルギーニ・カウンタックLPI800-4がプライベートイベントにて公開

| ランボルギーニ・カウンタックLPI800-4の2台ともがブロンズ、というのは非常に珍しいように思える |

ただし2台の間では微妙に色味が異なり、インテリアカラーもそれぞれの特徴を持っている

さて、ランボルギーニが「北米にて顧客に納車する最初のカウンタックLPI800-4の2台」をモントレー・カーウィーク開催中、ペブルビーチにて公開した、と発表。

この公開に立ち会ったのはランボルギーニCEO、ステファン・ヴィンケルマン氏、そしてデザイナーのミッチャ・ヴォルカート氏、そして技術担当のルーヴェン・ムーア氏で、いかに北米市場そしてカウンタックLPI800-4を重視しているかもわかりますね。

なお、会場はペブルビーチ内であっても、ランボルギーニの招待客のみしか入ることができないスペース(ランボルギーニ・ラウンジ)だと思われ、この2台はプライベート・セレモニーによってお披露目がなされた、とのこと。

今回公開されたランボルギーニ・カウンタックLPI800-4は2台とも「ブロンズ」

そして今回リリースされた画像を見るに、公開されたランボルギーニ・カウンタックPLI800-4のボディカラーは2台ともブロンズ。

ただし両者で微妙に色味が異なり、1台はルシ・デル・ボスコ、もう一台はブロンゾ・ザンテだとアナウンスされています。

lamborghini-countach-lpi-800-4 (7)

そして装着されるホイールにも差異があり、濃いブロンズの個体だとダークグレー、もう一方はシルバー。

lamborghini-countach-lpi-800-4 (8)

薄いブロンズのボディカラーを持つ方のインテリアカラーはブラック、濃い方のブロンズだとタンカラー。

lamborghini-countach-lpi-800-4 (5)

この「ブロンズ」も過去のカウンタックへのオマージュ?

なお、カウンタックLPI800-4のオーナーのほとんどは初代カウンタックを所有しており、所有する初代カウンタックと同じボディカラーにペイントする例が多いと報じられていますが、となるとこれらブロンズのカウンタックLPI800-4のオーナーさんも「同色の」カウンタックを所有しているのかも。

lamborghini-countach-lpi-800-4 (2)

ランボルギーニ・カウンタックLPI800-4を注文した顧客のほとんどは「オリジナルのカウンタックを所有している人」だった!そして「所有しているカウンタックと同じカラー」を指定するケースが大半
ランボルギーニ・カウンタックLPI800-4を注文した顧客のほとんどは「オリジナルのカウンタックを所有している人」だった!そして「所有しているカウンタックと同じカラー」を指定するケースが大半

| カウンタックLPI800-4はしかるべきオーナーの手にわたるようだ |この記事のもくじ| カウンタックLPI800-4はしかるべきオーナーの手にわたるようだ |やはり「持っている人はもっている」  ...

続きを見る

ただし初代カウンタックというとレッドやイエロー、グリーン、ブラックといった色味が多く、こういったブロンズはほぼネット上に出てこず、しかし同様のカラーで有名なのは「ミムラン時代のランボルギーニのCEOが乗っていた個体」。

ランボルギーニ・カウンタック

なお、ドイツではこれに近い、ブロンズ(というかブラウン)外装、ゴールドホイールといった組み合わせを持つカウンタックLPI800-4も納車されていますが、これからカウンタックLPI800-4の納車がどんどん進むものと思われ、今後はさらに珍しいボディカラーを持つカウンタックが紹介されることになるのかもしれません。

ドイツにて納車のカウンタックLPI800-4がお披露目!ランボルギーニがミムラン傘下にあった際のCEOが乗っていたカウンタックをイメージ?
ドイツにて納車のカウンタックLPI800-4がお披露目!ランボルギーニがミムラン傘下にあった際のCEOが乗っていたカウンタックをイメージ?

| そうでなかったとしてもかなり渋いカラーチョイスなのは間違いない |この記事のもくじ| そうでなかったとしてもかなり渋いカラーチョイスなのは間違いない |ランボルギーニはこういった「クラシカルなカラ ...

続きを見る

今回のカウンタックお披露目に際し、ランボルギーニCEO、ステファン・ヴィンケルマン氏は「ランボルギーニ・ラウンジ・モントレーにてこれらの傑作をオーナーに紹介できることを光栄に思います。カウンタックは、何十年にもわたってランボルギーニのデザインDNAにインスピレーションを与えてきました。卓越した自動車を祝う世界的に有名なイベントであるモントレー・カー・ウィークの会期中に、これら新しいカウンタック LPI 800-4を納車することは、またとない機会であり、これらランボルギーニを初めて見たときのお客様の興奮と感動をともに味わうことは、私にとっても特別なことです。」とコメントしています。

lamborghini-countach-lpi-800-4 (3)

カウンタック LPI 800-4は、カウンタック発表50周年を記念して114台のみが製造される限定スーパーカーですが、そのデザインはもちろん初代カウンタックを強く意識し、パワーユニットにはV12を搭載して比類ない体験とサウンドをそのままに、シアンのために開発されたハイブリッド技術を組み込んだことが大きな特徴。

システム合計では814馬力を発生し、4輪を駆動することで0-100km/h加速はわずか2.8秒、0-200km/hは8.6秒、最高時速355kmという優れた性能を実現しています。

lamborghini-countach-lpi-800-4 (6)

合わせて読みたい、ランボルギーニ・カウンタック関連投稿

おそらく世界初!ランボルギーニ・カウンタックLPI800-4の売り物件がドバイにて登場。その価格はなんと5億5000万円
おそらく世界初!ランボルギーニ・カウンタックLPI800-4の売り物件(中古車)がドバイにて登場。その価格はなんと5億5000万円

| 非常に「売りやすい仕様」、そしてさほど高いプレミアムを乗せていないことからも、当初から売却目的で注文したものと思われる |この記事のもくじ| 非常に「売りやすい仕様」、そしてさほど高いプレミアムを ...

続きを見る

日本でもランボルギーニ・カウンタックLPI800-4の納車続々!今回は明るいブルーにホワイト内装、ゴールドのホイール、そしてレッドアクセント
日本でもランボルギーニ・カウンタックLPI800-4の納車続々!今回は明るいブルーにホワイト内装、ゴールドのホイール、そしてレッドアクセント

| おそらくはもっとも美しいカラーコンビネーションを持つカウンタックLPI800-4のうちの一台 |この記事のもくじ| おそらくはもっとも美しいカラーコンビネーションを持つカウンタックLPI800-4 ...

続きを見る

ランボルギーニがカウンタックLPI800-4を日本国内で初公開、下町での撮影を行う!加えて梅澤春人の「カウンタック」にも公式に言及したぞ
ランボルギーニがカウンタックLPI800-4を日本国内で初公開、下町での撮影を行う!加えて梅澤春人の「カウンタック」にも公式に言及したぞ

| カウンタックLPI800-4のあまりの「未来っぽさ」に浮世離れ感すら漂う |この記事のもくじ| カウンタックLPI800-4のあまりの「未来っぽさ」に浮世離れ感すら漂う |カラーリングは1989年 ...

続きを見る

参照:Lamborghini

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ランボルギーニ
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5