ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>スズキ(SUZUKI) >スバル(SUBARU) >ダイハツ(DAIHATSU) >トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) >マツダ(MAZDA) >三菱(MITSUBISHI) >日産/インフィニティ(Infiniti) ■自動車各社業績/ランキング/記録等

2022年7月の国内販売ランキングに異変!トヨタはTOP10にわずか5車種しか送り込めず、最も販売を落としたブランドに。さすがにこのアクの強さに皆が飽きはじめたか

投稿日:

トヨタ・コンパクトクルーザー

| トヨタのクルマは「初速は強くとも」、その後安定して売れ続けるクルマが多くはない |

さすがにあのデザインのクルマがあれだけ出回ると飽きられてしまうのか

さて、2022年7月の国産自動車メーカーにおける国内登録状況が公開に。

全体的には前年比で87.8%という、ここ最近の「おなじみの」数値となっていますが、各メーカーごとの数字を見てみると、トヨタ82,524台(前年同期比71.1%)、ホンダ25,339台(前年同期比98.8%)、日産21,665台(114.3%)、マツダ12,113台(前年同期比148.0%)、スバル9,332台(前年同期比148.2%)、スズキ7,442台(前年同期比109.7%)、三菱5,255台(前年同期比281.3%)、ダイハツ3,741台(前年同期比114.5%)、レクサス3,578台(前年同期比76.1%)という数字。

これを見るに、これまで堅調に推移してきたトヨタとレクサスが大きく縮小しており、これに引っ張られる形で国内登録台数が全般的に減少しています(トヨタの占める割合が大きいので)。

2022年7月の国内販売状況はこんな感じ

なお、このトヨタの落ち込みについては「売れていない」のか「生産できていない」からなのか判断がつかず、もしかするとこの両方なのかも。

サプライチェーンの混乱、半導体不足によって「生産できていない」のはほかメーカーでも同じだと考えられるので、やはりトヨタの人気全般に陰りが見えてきたと考えるのが妥当なのかもしれません。

実際のところ、これまでコンスタントに「TOP10中、7-8車種」を占めていたトヨタ車につき、7月ではわずか5車種にとどまっており、しかもその5車種の販売も下降気味。

なぜこうなったのかはわかりませんが、近年のトヨタのアクの強いデザインが飽きられてきた可能性があり、ホンダのフレンドリーなデザイン、日産のシャープで先進的なデザインが逆に高い評価を得るようになった可能性もありそうです。

たしかにトヨタの「天下」は長すぎ、そしてその圧倒的な販売力をもって大量にクルマを販売するので、すぐに「見慣れて」しまって人気が下降する例も少なくはなく(先代アクアの値崩れはスゴかった)、かつてあれほどの猛威を振るったC-HRも現在ではランキング45位に沈んでいて、そのインパクトによってスプリントは強くとも、長きにわたって売れ続けるという「長期戦」には弱いのかもしれませんね。

逆に「ずっとコンスタントに売れる」例だとホンダ・シャトルや三菱デリカD5、日産セレナなどがありますが、三菱はアウトランダーの人気に火がついたようで、前年比25倍以上という凄まじい売れ行きを見せています(先月もよく売れた)。

2022年7月の販売ランキングはこちら

今月の順位メーカー車名今月の販売台数前年比
1トヨタヤリス18,67980.5%
2トヨタカローラ13,054141.2%
3日産ノート8,371125.7%
4トヨタルーミー8,13354.9%
5ホンダフィット6,462121.9%
6日産セレナ6,359119.3%
7トヨタライズ6,11781.2%
8ホンダステップワゴン5,708228.9%
9ホンダフリード5,46291.0%
10トヨタアクア5,16865.4%
11トヨタノア5,010114.7%
12ホンダヴェゼル4,49759.4%
13トヨタヴォクシー4,03463.3%
14トヨタランドクルーザー3,296125.2%
15スズキソリオ3,26487.2%
16トヨタアルファード3,08534.4%
17トヨタパッソ3,05299.8%
18トヨタRAV42,99358.9%
19マツダMAZDA22,802131.9%
20三菱アウトランダー2,6202543.7%
21スバルフォレスター2,605158.7%
22日産エクストレイル2,5612.6.4%
23マツダCX-302,370194.6%
24トヨタプリウス2,28149.2%
25マツダCX-52,265153.1%
26ダイハツロッキー2,256126.4%
27スズキスイフト2,232280.8%
28スバルレヴォーグ2,226107.9%
29トヨタシエンタ52.952.9%
30スバルインプレッサ87.987.9%
31トヨタハリアー1,68024.8%
32ホンダシャトル1,555131.6%
33日産リーフ1,546141.2%
34マツダMAZDA31,538121.7%
35三菱デリカD51,476451.4%
36スバルレガシィ1,412-%
37日産キックス1,28445.4%
38ダイハツトール1,282104.7%
39トヨタ861,029-%
40マツダCX-896693.7%
41トヨタハイエース941130.7%
42マツダロードスター932282.4%
43スズキジムニー923134.5%
44マツダCX-3861207.5%
45トヨタC-HR82160.0%
46ホンダシビック7783241.7%
47スズキクロスビー73869.8%
48三菱エクリプスクロス63797.1%
49日産マーチ62174.5%
50スバルWRX609-%

合わせて読みたい、関連投稿

日産が新型エクストレイル発表!日本のみ初代をイメージしたレッドを投入し、世界初の可変圧縮比エンジンや様々な新機軸が搭載。ボクはエクストレイルを「お買い得」だと考える
日産が新型エクストレイル発表!日本のみ初代をイメージしたレッドを投入し、世界初の可変圧縮比エンジンや様々な新機軸が搭載。ボクはエクストレイルを「お買い得」だと考える

| 正直、日産としては「かなりコストをかけたクルマ」であり、日産の未来を示唆するクルマだと思う |この記事のもくじ| 正直、日産としては「かなりコストをかけたクルマ」であり、日産の未来を示唆するクルマ ...

続きを見る

GR86、スバルBRZに「10周年記念モデル」登場!GR86は特別カラーに期間限定受注、BRZは200台限定の狭き門
GR86、スバルBRZに「10周年記念モデル」登場!GR86は特別カラーに期間限定受注、BRZは200台限定の狭き門

| GR86 10周年記念モデルは少し前に北米にて設定された特別仕様車に近い仕様を持っている |この記事のもくじ| GR86 10周年記念モデルは少し前に北米にて設定された特別仕様車に近い仕様を持って ...

続きを見る

トヨタ・ハリアーが受注停止のみならず受注分もキャンセル!理由は「生産が計画どおりに進まない」。販売店と顧客との間でモメそうだな・・・
トヨタ・ハリアーが受注停止のみならず受注分もキャンセル!理由は「生産が計画どおりに進まない」。販売店と顧客との間でモメそうだな・・・

| トヨタは生産台数を相次ぎ下方修正、ハリアーは9月にマイナーチェンジを迎える |この記事のもくじ| トヨタは生産台数を相次ぎ下方修正、ハリアーは9月にマイナーチェンジを迎える |さすがのトヨタもここ ...

続きを見る

参照:日本自動車販売協会連合

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->スズキ(SUZUKI), >スバル(SUBARU), >ダイハツ(DAIHATSU), >トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS), >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA), >マツダ(MAZDA), >三菱(MITSUBISHI), >日産/インフィニティ(Infiniti), ■自動車各社業績/ランキング/記録等
-, , , , , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5