ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

レクサス幹部が「今後の3つの変化」を示唆!「車体後部からLマークがなくなる」「インフォテイメントシステムが進化」「地域ごとにモデルを細かく設定」

投稿日:

レクサス幹部が「今後の3つの変化」を示唆!「車体後部からLマークがなくなる」「インフォテイメントシステムが進化」「地域ごとにモデルを細かく設定」

| いずれの内容も現代の流れに沿っており、かつレクサスが手を付けてこなかった部分でもある |

新型レクサスNXはひとつのエポックメイキングなモデルになりそうだ

さて、レクサスのグローバルマーケティング責任者、ブライアン・ボレイン氏によると、レクサスには今後3つの変化が起きるだろう、とのこと。

まずひとつは(新型NXで採用された)車体後部の「L」バッジを廃止し、「LEXUS」という文字をフル表示させるというもの。

これについては現在のトレンドだと言ってよく、レンジローバー(これはずっと前からそうしていた)、そしてポルシェ、ハマー、ジープ・グランドワゴニア(これはブランド名ではなく車名を表示)に続くということになりそうです。

いったいこのトレンドがどこから発生したのかは「謎」ではあるものの、今の自動車業界におけるひとつの流行でもあり、レクサス以外にもこれ(リアにはエンブレムではなくブランド名や車名、もしくはその両方を大きく表示)に追随するメーカーがいくつか登場するかもしれません。

L1300632

新型レクサスNXを見てきた!期待を大きく超えるデザイン、質感、装備を持ち「レクサスの次のステージ」へと顧客をいざなうニューカマー
新型レクサスNXを見てきた!期待を大きく超えるデザイン、質感、装備を持ち「レクサスの次のステージ」へと顧客をいざなうニューカマー

| 正直、新型レクサスNXはあらゆる面で期待を超えていた |この記事のもくじ| 正直、新型レクサスNXはあらゆる面で期待を超えていた |レクサスは新型レクサスの発売にあたりあらゆるトレンドを研究してき ...

続きを見る

レクサスはインフォテイメントシステムもアップグレード

そして2つ目は「インフォテイメントシステム」。

こちらも新型レクサスNXに導入済みのものが今後ほかモデルにも波及するということを意味し、より使いやすく、Apple CarPlayやAndroid Autoに接続できるタッチセンサー式の新しいインフォテインメント・システムの採用が拡大される見込みです。

なお、レクサスはこのインフォテイメントシステムに(トヨタ本体とあわせて)数百万ドルを投資するなど非常に大きな期待を寄せているといい、インフォテイメントシステムが「弱点」だと指摘されている現状を鑑みるに、既存モデルのフェイスリフトやモデルチェンジを待たずにシステムの入れ替えを行う可能性もありそうですね。

この新しいインフォテインメントシステムの画面サイズは2種類あって、ひとつは1つは8インチ、そしてもうひとつは上位モデルに採用される14インチ。

処理能力の向上により、システムは応答性が向上し、さらには無線での更新を行うことも可能となります。

L1370172

レクサスは地域ごとに「差別化」

そして最後の変化は「今後、地域によって差別化を図る」というもの。

現時点でも地域によって販売されていないモデルがあったりという状況ではあるものの、今後はさらに地域ごとできめ細かな対応を行ってゆくとし、「製品の多様性を高め、ある市場が他の市場にないものを必要とするという事実をもっと尊重する」ともコメント。

現時点ではそれがどういった変化となって現れるのかはわかりませんが、BMWやメルセデス・ベンツ、アウディが行っているように「ロングボディ」の投入であったり、その国や地域の税制にあわせたパワートレーンの設定ということになるのかもしれません。

合わせて読みたい、レクサス関連投稿

なぜレクサスがこのクルマを?アウトドアでの走行に特化したバギー「レクサスROVコンセプト」の詳細が公開
え?これがレクサス??アウトドアでの走行に特化したバギー「レクサスROVコンセプト」の詳細が公開

| 現時点では市販可能性については言及されず。なおコンセプト発表の目的もやや不透明 |この記事のもくじ| 現時点では市販可能性については言及されず。なおコンセプト発表の目的もやや不透明 |環境に配慮し ...

続きを見る

【動画】トヨタ/レクサスがバッテリーEVに関する新戦略を発表!販売と投資計画を上方修正、LFAやFJクルーザーの後継っぽいモデルも公開
【動画】トヨタ/レクサスがバッテリーEVに関する新戦略を発表!販売と投資計画を上方修正、LFAやFJクルーザー、MR2後継っぽいモデルも公開

| トヨタとレクサスはいったいいつの間にここまで計画を進めていたのか |この記事のもくじ| トヨタとレクサスはいったいいつの間にここまで計画を進めていたのか |豊田章男社長らしくEV世代となっても「ス ...

続きを見る

レクサスLFAがついに復活?レクサス「0−100km/h加速2秒台、航続距離700km、LFAを通じて得た”秘伝のタレ”を継承するスポーツカーを開発する
レクサスLFAがついに復活?レクサス「0−100km/h加速2秒台、航続距離700km、LFAを通じて得た”秘伝のタレ”を継承するスポーツカーを開発する

| どうやらレクサスは次の時代へと向けて大きく変化、レクサスLFA後継には期待したい |この記事のもくじ| どうやらレクサスは次の時代へと向けて大きく変化、レクサスLFA後継には期待したい |トヨタは ...

続きを見る

参照:Motor Trend

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)
-, , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5