ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

レクサスが本気出した!「レクサス史上もっともアグレッシブな」600馬力以上を発生する「DSPORT IS 600+プロジェクトビルド」他、数々のコンセプトカーをSEMAに出展

投稿日:

レクサスが本気出した!「レクサス史上もっともアグレッシブな」600馬力以上を発生する「DSPORT IS 600+プロジェクトビルド」他、数々のコンセプトカーをSEMAに出展

| たしかにここまでパフォーマンスを追求したカスタムカーをSEMAに持ってきたことはないような気がする |

今年のSEMAは全体的に見てスポーツ傾向が強いようだ

さて、SEMAショーが開催され北米では大きな盛り上がりを見せていますが、レクサスはここで6台のコンセプトカーを展示すると発表。

その中でも目玉となるのはレクサスISのカスタムバージョン「DSPORT IS 600+プロジェクトビルド」で、これはレクサスIS350 Fスポーツに(LS500から移植した)3.5リッターV35A型V6エンジンに、ビレット製コンプレッサーホイールターボを2基搭載して文字通り「600馬力以上」を発生させる過激チューンドカーであり、レクサスいわく「これまでSEMAに出展した中では最もアグレッシブ」なのだそう。

レクサス「DSPORT IS 600+プロジェクトビルド」はこんな仕様を持っている

そこでこのDSPORT IS 600+プロジェクトビルドの詳細を見てみると、まずエンジンについては「ポート燃料噴射と直接燃料噴射、および効率的なブリージングを組み合わせて、優れたレスポンスと安定した性能を実現」。

Lexus-SEMA (6)

加えて液冷式インタークーラーを搭載し、吸気温の低下と出力向上を図っていると紹介されており、CT28ターボによってブーストレベルを上げ、燃料と点火カーブの再調整を行い、E85燃料(エタノール)で600馬力以上の出力を発生させますが、ECUにはエムトロン製エンジンマネジメントを導入し、トランスミッションにはサムソナス製フルシーケンシャル6速(パドルシフト)を導入するなど完全にレーススペックとなっています。

Lexus-SEMA (9)

このDSPORT IS 600+プロジェクトビルドはサーキット走行に特化したチューンドカーなので、シャシーには4点式ロールケージが直接装着され、足回りにはKWダブルアジャスタブルコイルオーバーサスペンションを装着して剛性を強化。

ブレーキシステムはRC Fのカーボンセラミックブレーキが移植され、19インチVOLKレーシングホイールにミシュラン製ハイグリップタイヤが採用に。

Lexus-SEMA (7)

そのほか、軽量化のためにリアシートを除去、さらにボンネットとトランクフードがカーボンファイバー製へと交換され、ワイドボディキットと各種エアロパーツはアーティシャンスピリッツ製。

インテリアだとスパルコのシートとハーネス、ステアリングホイール、そしてMoTeC製カラーダッシュディスプレイが導入されており、内装パネルのほとんどが剥ぎ取られています。

Lexus-SEMA (8)

そのほかレクサスはこういったカスタムカーをSEMAへと展示

このほかにもレクサスは様々なカスタムカーを出展すると発表しており、こちらは「LX600 アーバンコンセプト」。

レクサスによれば、このコンセプトカーは「洗練された都市生活者のために」カスタムされたものだといい、オフロード走行に必要な性能を維持しながら、日常的に使用するための実用的なコンポーネントを組み込み、さらにはアーティシャンスピリッツ製のボディキットとエクスポーズド・カーボンファイバーによって、より低く軽く印象を持つ外観へ。

1 (2)

装着されるホイールはHRE 540シリーズ(センターサテンブロンズ、アウターグロスブラック)、そのほかアーティシャンスピリッツ製のブラックレーベル・チタニウムエキゾースト、ブレンボ製B-M8ブレーキが組み込まれていると紹介されています。

Lexus-SEMA (4)

この「RX 500h F SPORT Performance AWD」はレクサスRXのラグジュアリーSUVとしての性格を強めたもので、ボディカラーはマットバイオレットメタリック(ラッピング)、そしてレイズ製の22インチ「Homura 2x15BD」を装着。

Lexus-SEMA (3)

新型レクサスRXについては、まだサードパーティーからカスタム/チューニングパーツが登場していないせいか、簡単なビジュアルアップデートにとどまっているようですね。

1 (1)

やはり北米ではアウトドアが大人気

この「LX 600アルパイン・ライフスタイル・コンセプト」はラグジュアリーとアドベンチャーの融合を目指したカスタムカーで、フラッグシップSUVの比類ない洗練されたキャビン、そしてアウトドア愛好家の間で人気の高いイエティ(YETI)のエッセンスがその持ち味だと紹介されています。

1 (3)

株式会社ヒラクによってプロデュースされており、ディーセント製オフロード・ボディアーマーシステム、JAOS製カーボンファイバー・オーバーフェンダー、リジッドインダストリーズ製ライティングシステム、ヴォッセン製HF6-ハイブリッド・フォージドホイール(20インチ)、ブリジストン製オールテレーンKO2タイヤ等が装着されているようですね。

ルーフラック上にはイエティ製のボックスやクーラー、チェアなどキャンプ用品が積み込まれている、とアナウンスされています。

2022-Lexus-LX-600-Alpine-Lifestyle-Concept-SEMA-1

こちらはクルーザー・アウトフィッターズと提携して開発された「GX460 オーバーランド・コンセプト」。

その根幹にあるのは「目的地までの旅を親しみやすく、持続可能な方法で楽しむためのビジョンを提供すること」だといい、そのためには走破性、快適性、利便性を高めるための多数の装備が導入されることに。

足回りだとオールドマンエミュー製のサスペンションを組み込み、最低地上高を上げ、さらに大きなタイヤの装着を可能としています(タイヤはTOYOオープンカントリー)。

1 (4)

フロントCBIバンパーにはセルフリカバリーとウォーンウィンチが装着され、リアカーゴエリアには、グースギアのドローイング、カノン製ラック/テーブル、ARB製冷蔵庫を装備し、必要な装備へとに素早くアクセスできるように配慮されています。

2022-Lexus-GX-460-Overland-Concept-SEMA-6

そのほかだとスライダーやスキッドプレートなどCBI製プロテクション、プリンスト製ルーフラック、ヤキマ製ルーフトップテント、ARB Linxスイッチコントロールシステム、リジッド製ライティング、ARBコンプレッサー、八重洲無線の2Mラジオ(トレイルや緊急時の通信用)も装備している、とのこと。

Lexus-SEMA (2)

あわせて読みたい、SEMA関連投稿

VWがSEMAに9台のコンセプトカーを展示すると発表!ゴルフやIDシリーズ、ヒストリックカー、SUVのカスタムを提案
VWがSEMAに9台のコンセプトカーを展示すると発表!ゴルフやIDシリーズ、ヒストリックカー、SUVのカスタムを提案

| 北米のフォルクスワーゲンはアウトドアっぽいギアを大量に純正にて揃えているもよう |この記事のもくじ| 北米のフォルクスワーゲンはアウトドアっぽいギアを大量に純正にて揃えているもよう |加えてエッテ ...

続きを見る

日産がSEMAにサニトラ(サニートラック)のEVカスタムを展示するぞ!過去の名車を電気自動車で蘇らせるのは大歓迎
日産がSEMAにサニトラ(サニートラック)のEVカスタムを展示するぞ!過去の名車を電気自動車で蘇らせるのは大歓迎

| 日産は過去のコンセプトカーを見ても比較的「レトロ」に対して高い興味を持っているようだ |この記事のもくじ| 日産は過去のコンセプトカーを見ても比較的「レトロ」に対して高い興味を持っているようだ | ...

続きを見る

アキュラがSEMAに展示する3台のインテグラを公開!レーススペック、ドリフト仕様、ストリートカスタムと三者三様。こうやって見るとインテグラもけっこう格好いいな
アキュラがSEMAに展示する3台のインテグラを公開!レーススペック、ドリフト仕様、ストリートカスタムと三者三様。こうやって見るとインテグラもけっこう格好いいな

| SEMAにて展示されるカスタムカーは基本的に市販済みパーツで構成されることが多い |この記事のもくじ| SEMAにて展示されるカスタムカーは基本的に市販済みパーツで構成されることが多い |アキュラ ...

続きを見る

参照:LEXUS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)
-, , , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5