ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

■バイク/自転車

この構造は完全に金田バイク!オーストリアよりSF感満載なピュアエレクトリック・バイオマシン「SENMENTI X」が発表されてボク歓喜

投稿日:

この構造は完全に金田バイク!オーストリアよりSF感満載なピュアエレクトリックモーターサイクル「SENMENTI X」が発表されてボク歓喜

| 今年のEICMAではエレクトリックバイクの出展が目白押し |

このSENMENTI Xの加速はなんと3秒以下、航続距離は300km

イタリア・ミラノで開催される世界最大のオートバイ国際見本市、EICMA(エイクマ)開催直前となり、多くのバイクメーカーが展示する製品の予告を行っていますが、その内容を見るとやはり「電動」の波がバイク界にも押し寄せているもよう。

今回紹介するのはHORWIN(ホーウィン?オーストリア拠点だがベースもしくは出資者は中国の会社のようだ)が発表する「高性能インテリジェント・バイオマシン」、SENMENTI 0とSENMENTI Xなるモデルで、HORWINいわく「性能、航続距離、重量のトライアングルパラドックスを解決するために6年の研究を行い、”効率向上と消費削減”というコア技術コンセプトを採用することで、従来の画素レリンエンジン搭載バイクの概念と構造を捨て去り、全く新たしくIM統合知能シャシーを開発し、これによって電動バイクを再定義した」。

なお、こちらのSENMENTI(センメンティ) Xについては、陳腐な表現ではありますが、完全にパッケージングが「金田バイク」を彷彿とさせるもの。

バイクに「感覚」と「知能」を与える

このIM統合知能シャシーとはなんぞやという感じですが、生物にとって欠かせない「感覚と知能」をバイクに与えたといい、車両に30以上のセンサーを搭載することで制御領域を拡大した、とのことで、ドライバーアシストが最大限に搭載されたクルマ、たとえばテスラのように、入力された情報をもとに高速演算を行って情報判断を車両が行うという「データ収集、データ分析、自動意思決定を統合したインテリジェントプラットフォーム」を持つ、とされています。

加えて、たゆまぬOTA(無線技術アップグレード)にて機能を拡張し続けるといい、コンセプトとしては「テスラのバイク版」といった感じなのかもしれません。

なお、今後はOTAによって「知能」領域を拡大し、将来的には人間のユニークな個性の学習によって「ユーザーとの対話、コミュニケーション」を行えるようになるとされ、、記憶、学習能力を持つ新しいモバイル生命体に進化することができると紹介されています。

加えて、ライダーのドライビングスタイルを学習することでエレクトリックモーターの出力特性を調整し、パワープロファイルをそのユーザーにアジャストすることができるようですね。

2

JUN
これ完全に金田バイク!

こちらのSENMENTI Xは「0-100km/h加速3秒以下」「最高速200km/h」「一回の満充電あたり航続距離300km」「400Vアーキテクチャ」「82馬力」「充電にかかる時間は30分」というスペックを持つとアナウンスされていますが、この加速は文字通り驚異的であり、「一般向けにこんなバイクを売っていいのか・・・」という感じです。

HORWIN 0はこんなバイク

そしてこちらはHORWIN 0。

見た目はスクーターっぽいものの、0-100km/h加速2.8秒といういっそう過激なスペックを持っており、現在100ユーロにて予約の受付が開始されています(車両価格は公表されていない。おそらくEICMA開幕とともにアナウンスされるものと思われる)。※どうやってウィリーしないように制御するのかはわからないが、セルフバランシングシステムを持つようだ

product.761103d9

やはりテスラ同様、「セントリーモード」を内蔵して駐車中の周囲の状況を確認・記録するほか、もし盗難されても追跡が可能なシステムを内蔵している、とのこと。

1

そのほか、衝突警告、死角通知、降下制御、リバースギア、トラクションコントロール、フルオートウィンドスクリーン、グリップヒーターなどを備え、高い利便性を誇るようですね。

2-horwin-global-eicma-preview

あわせて読みたい、バイク関連投稿

ホンダが電動バイクの拡大計画を発表!2030年までに年間350万台を販売し構成比率を15%に。なお、2輪はホンダの稼ぎ頭であり、全体の半分の利益を2輪で稼いでいた
ホンダが電動バイクの拡大計画を発表!2030年までに年間350万台を販売し構成比率を15%に。なお、2輪はホンダの稼ぎ頭であり、全体の半分の利益を2輪で稼いでいた

| 確かに取り組まねばならない事業ではあるが、価格が高くなりすぎること、中国メーカーに対抗できないであろうことから「茨の道」だと考える |この記事のもくじ| 確かに取り組まねばならない事業ではあるが、 ...

続きを見る

ホンダが待望の新型ADV160を発表!排気量アップ、新型フレーム採用によって走行性や安定性が大幅アップ、473,000円にて2023年1月16日から発売開始
ホンダが待望の新型ADV160を発表!排気量アップ、新型フレーム採用によって走行性や安定性が大幅アップ、473,000円にて2023年1月16日から発売開始

| アドベンチャー風味を保ちつつもそのデザインはいくぶんスマートに |この記事のもくじ| アドベンチャー風味を保ちつつもそのデザインはいくぶんスマートに |滑りやすい路面で威力を発揮する「セレクタブル ...

続きを見る

BMWが「M仕様バイク」第二弾を発表!エアロパッケージを強化した新型M 1000 RR、そしてネイキッド仕様のM 1000 Rがスパルタンすぎ
BMWが「M仕様バイク」第二弾を発表!エアロパッケージを強化した新型M 1000 RR、そしてネイキッド仕様のM 1000 Rがスパルタンすぎ

| いったいどれくらい異次元の速さを見せてくれるのか、ちょっと乗ってみたい気がする |この記事のもくじ| いったいどれくらい異次元の速さを見せてくれるのか、ちょっと乗ってみたい気がする |BMWのバイ ...

続きを見る

参照:Horwin

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-■バイク/自転車
-, , , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5