>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >フェラーリ(Ferrari) >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連 >その他日本車

奥山清行氏最新モデル「kode 0」公式公開。「ストラトス・ゼロ、フェラーリ・モデューロを現代に」

投稿日:

先日より画像がちょっとづつ出ていた、ケン・オクヤマ(奥山 清行:おくやま きよゆき)氏の最新作、「Kode0(コード・ゼロ)」が公式公開され、同時にスペシャルサイトもオープン。
予想通りランボルギーニ・アヴェンタドールをベースとしたもので、プレスリリースによればマルチェロ・ガンディーニ、ピニンファリーナの描いたドリームカーたちのテイストを現代の技術で再現した車、とあります。

マルチェロ・ガンディーニ氏の作品としてランボルギーニ・カウンタック、ランチア・ストラトス・ゼロ、ピニンファリーナではフェラーリ・モデューロをそのインスピレーションの源として挙げていますが、「ストラトス・ゼロ(STRATOS ZERO)」はこんな感じ。
おそらくはKode0をオーダーした顧客がストラトス・ゼロを強く意識し、その再現を求めたのでしょうね(ボディカラーも似ていて、サイドの「>」形状デザインもそっくり)。

フェラーリ・モデューロ(FERRARI MODURO)はこれ。
宇宙船のキャビン(モジュール)をイメージしたというだけあって、かなり未来に行ってしまったデザインですね。

そしてぼくが連想したのはランボルギーニ・ブラボー(Lamborghini Bravo)。
これもやはりガンディーニ氏(ベルトーネ時代)の作品。

今回の「kode 0」はランボルギーニ・アヴェンタドール(フェイスリフト前)がベースであり、エンジン出力は700馬力、重量は1550キロと公表されています。

デザイン的な特徴は極端なウエッジシェイプとマルチレイヤーLEDヘッドライト。
できればリアフェンダー(ホイールアーチ)が「あの」ガンディーニ特有の形状であったなら、と思います。

Cピラーからエアを取り入れ、6つのクーリングファンでエンジンを冷却(リアグリルの中にファンが見える)。

テールランプはデッキ内に格納されてブラックアウトされ、「見えない」状態に。
このあたりも未来っぽさ、合わせて1970年代の「コンセプトカー華やかりし」時代を感じさせるもの。

そのほかの特徴としては「メタリックグリーン」を使用したこと。
ブレーキキャリパーなどにグリーンが見られますが、ドアを開けたところや、エンジンカバーの一部、車体内部のファンなど「内側」に多用されていることには要注目だと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど, >フェラーリ(Ferrari), >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連, >その他日本車
-, , , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.