>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

アルピナがB6のワンオフモデルを発表。加えて「世界最速」トリプルターボ・ディーゼル"D5 S"公開

投稿日:2017/09/09 更新日:

BMWがアルピナのワンオフモデルを公開。
北米BMWからの発表となるものの、「アルピナのワンオフ」は非常に珍しいように思います。
なお、これは北米におけるBMWのオーナーズクラブ、「BMW Car Club of America=CCA」のために作られたもので、題して「BMW ALPINA B6 xDrive Gran Coupe BMW CCA Edition」。

ボディカラーはアルピナ・ブルー・メタリック、エキゾーストシステムはチタン、テールパイプはカーボン製。
ただし最大の変更点はインテリアにあり、オパールホワイトのレザー、ピアノブラックのトリム、エンボスヘッドレストなどがこのモデルの専用装備。

加えてホワイトのステッチや「BMW CCA Edition」のロゴもワンオフの証となっています。

エンジンルームにも専用のプレート付き。
エンジンそのものは通常のアルピナB6と変わらず、 4.4リッターツインターボを採用しており、出力は600馬力。
0-100キロ加速は3.6秒となっています。

これに加えてアルピナはさらにフランクフルトモーターショーで「世界最速のディーゼル車」を発表予定。
これはトリプルターボを採用した「アルピナ D5 S」で、3リッター直6エンジンから382馬力を発生。
馬力だけを見るとそう高い数字では無いものの、ディーゼル特有の強烈なトルク(800Nm)を1750回転から発生することで0-100キロ加速は4.4秒、最高速度は時速286キロという数字を誇ります。
なお「ツインターボ」版もあり、こちらは322馬力、0-100キロ加速は4.9秒(トランスミッションは両方とも8速AT)。

本家BMW版のハイパフォーマンスディゼルモデルm550dは「クワッド(4)ターボ」を持ち、わずかに(7馬力)パワーは勝るもののトルクは逆にアルピナD5 Sが上回る状態ではありますが、0-100加速はアルピナD5 Sと同じ4.4秒。
両者ともアプローチが異なるのに数値的には同じ、というのは面白い事実ですね。

関連投稿:創立50周年のアルピナも販売が過去最高に。やはりSUVのXD3が人気に

2016 Alpina B5 Bi-Turbo 2

2015年に創立50周年を迎えたアルピナが1600台を販売し記録更新(600台は地元ドイツでの販売)。
もっともよく売れたのはB5 Bi-turbo/B6 Bi-turboエディション50とのことですが、ドイツと日本で人気があったようです。
なおアルピナの生産台数の20%は日本で販売されているとのこと。

その他人気があったのはXD3で248台の販売。
やはりアルピナといえどもSUVの人気が高くなっているようですね。
他ではD3とB3があわせて500台、B6グランクーペが280台。

2016-BMW-Alpina-6-7

関連投稿
アルピナどうなん?数年落ちで1000万円の車が300万円台に

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

4

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

5

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

->BMW(ビー・エム・ダブリュー)
-, , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.