>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

レクサスが「LX600」の商標登録。時代に反して6リッターV8?それとも600馬力級のハイブリッド?

| できれば高出力な6リッターV8を開発し、LC500に積んで欲しい | レクサスがアメリカの特許庁にあたる機関に「LX600」を登録。これによって「レクサスが新エンジンを投入するのでは」という話が持ち上がっています。なお、現在レクサスLXのラインアップは5.7リッターV8(383HP)エンジンを搭載するLX570のみ。そしてLX600が登場するとなるとLX570よりも高いパフォーマンスを誇るのは間違いなさそう。ちなみにレクサスの車名については、基本的に排気量を表していて、「200」であれば2リッター、「 ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

トヨタがC-HRをマイナーチェンジ!”GR SPORT”が追加され、回転合わせもしてくれる6速iMT搭載も。ボディカラーは新色8色を追加

| GR SPORTはなかなかにカッコイイ | トヨタが北米、欧州に続き日本でもC-HRのマイナーチェンジを実施。今回のマイナーチェンジでは、車体をさらにワイドに見せるデザインを採用したほか、「GR SPORT」が設定されたことが大きなトピック。そのほか、ディスプレイオーディオが標準装備となり、1.2リッターターボ(FF)には6速マニュアル・トランスミッション(iMT)が追加されていますが、最近のトヨタは「カローラ」といい、MTを用意してくれているのが嬉しいですね。新型C-HRの発売は10/18、店頭発表 ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari) ■ニュース

【動画】驚愕!フェラーリ488ピスタがニュルにて7:00を記録し、ポルシェ918スパイダー、ランボルギーニ・アヴェンタドールSVに肉薄する

| もちろんマクラーレン720S、メルセデスAMG GT R Proはアッサリと抜くことに | フェラーリ488ピスタが、ニュルブルクリンクにて7:00.3という驚異的なラップタイムを記録。これはフェラーリが公式にチャレンジしたものではなく、Sport Autoが車両をニュルブルクリンクに持ち込んで走行させたものですが、現在のところニュルブルクリンクにおける市販車総合ランキングにて「9位」。この7:00.3というのは、2013年にポルシェ918スパイダーがはじめて「7分の壁」を突破するまでは到底不可能と言 ...

ReadMore

■服や小物、時計、雑貨など ■映画や音楽、本について ■ニュース

オメガが最新「007コラボ腕時計」、シーマスター ダイバー300M ”ジェームズ・ボンド” リミテッドエディション発表。これまでのボンド限定モデル集大成

| オメガと007映画とのコラボレーションは”ゴールデンアイ”から | 現在007映画とのパートナーシップ契約を結んでいるオメガより、007映画(女王陛下の007から数えて)50周年を記念し、シーマスターの限定モデルを発売。これは「シーマスター ダイバー300M ”ジェームズ・ボンド” リミテッドエディション」と命名され、ステンレスケースモデルが7,007本、プラチナケース/ブレスレットモデルが7本のみ、という希少性の高いモデルとなっています。ちなみに「女王陛下の007」はジェームズ・ボンド映画としては6 ...

ReadMore

>アストンマーティン(Astonmartin) ■服や小物、時計、雑貨など ■映画や音楽、本について ■ニュース

米高級百貨店が007仕様のアストンマーティンDBSを1台のみ発売!デザインはダニエル・クレイグ、オメガの限定腕時計、007新作映画のプレミアチケット、車両の製造見学ツアー付き

| 今年のニーマン・マーカス”ファンタージーギフト”は過去最高のものとなりそうだ | 米高級百貨店、ニーマン・マーカスが今年の「ギフトパッケージ」として、特別仕様のアストンマーティンDBSスーパーレッジェーラを販売する、と発表。この特別仕様車は「007DBSスーパーレッジェーラ」と命名され、その名称が表すとおり「007仕様」。そしてどこが007仕様なのかというと、このクルマのカラーリング等をデザインしたのが、ジェームズ・ボンド役を務める俳優、ダニエル・クレイグである、というところ。ただしボンドカーならでは ...

ReadMore

>ポルシェ911関連 >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等 >フェラーリ(Ferrari) >マクラーレン(McLaren) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

ニュルブルクリンクのラップタイムTOP100最新版。フェラーリ488ピスタが驚異のタイムで9位に入り、マクラーレン600LTも上位に。もはや4WD優勢の時代は終焉を迎える

| フェラーリとマクラーレンが公式にニュルを走れば、勢力図が一気に塗り替えられそうだ | さて、ニュルブルクリンク北コースにおけるラップタイムのランキング「2019年最新版」。ニュルブルクリンクはドイツに位置し、”グリーンヘル”とも呼ばれるサーキットですが、その高低差などクルマに過酷な負担を強いることで知られ、スポーツカーを作るメーカーであればそのテストや性能をはかる指標として”外せない”コースでもありますね。とくに日本ではその知名度や人気が高く、「ニュルブルクリンクで鍛えた」を売り物とするクルマも多数存 ...

ReadMore

>その他アメリカ車 >ミッションE/タイカン関連 >その他ポルシェ関連/ニュース

これは反則じゃろ・・・。思うようにタイムの出ないテスラが過激エアロのモデルSをニュルに投入。なおカーメディアのテストではタイカンの驚異的な性能が明らかに

| テスト結果を見る限り、テスラ・モデルSがタイカンに勝てるとは思えない | ニュルブルクリンクに挑戦し、ポルシェ・タイカンはもちろん、現在の「ニュル王者」であるランボルギーニ・アヴェンタドールSVJの記録を破って「市販車最速」の座を獲得してやる、と宣言したテスラ。9月中旬あたりから何度かニュルブルクリンクを走る姿が目撃されるも一向に記録更新の報はなく、むしろ故障して走行不能になった姿が捉えられることも。そして今回またテスラが新たな「ニュルブルクリンク・チャレンジャー」としてスペシャルバージョンのモデルS ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >スバル(SUBARU)

スバルはBRZ/インプレッサ/XVに、トヨタは86他車種、そしてレクサスはCTにリコール/改善対策届け出。スバルは約14万台が影響

| トヨタにしては珍しい「パーツの品質不良」 | トヨタ、スバルがリコールと改善対策を届け出。スバルは過電流によって「イグニッションコイルが発熱」するというもので、トヨタの場合は「バックドアのダンパーに問題があってドアを保持できない」、そして86とBRZは「オプションのバックフォグの操作ができない」。いずれもそうそう多くはない内容ですが、とくに86とBRZの「オプション」はかなり稀。ただし平成24年から今までの間に308個しか出荷されていないそうで、これの装着率がかなり低かった、ということも判明しています ...

ReadMore

>アウディ(Audi) >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど ■新型車情報/スパイフォト/噂など >その他ポルシェ関連/ニュース

ランボルギーニ「第四のラインアップはピュアEV、そして4ドアセダン」。ポルシェ/アウディ開発のPPEプラットフォームにリマックのバッテリー搭載か

| VWグループのプレミアムブランドは今後すべてPPEへと移行? | estoque なにかと話題の「第四のランボルギーニ」。つまりはアヴェンタドール、ウラカン、ウルスに次ぐ「4番目の」ラインアップということですが、これについては様々なウワサが飛び交っています。これまでには「4座のスーパースポーツ」「4ドアセダン」という話が出ていますが、今回Autocarより報じられたのは”第四のランボルギーニはピュアエレクトリックセダンになる”。 ランボルギーニがウルスに次ぐニューモデルに言及。V12の4座?エストーケ ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等 ■ニュース

縮小続く自動車市場でレクサス好調、なぜレクサスは強いのか?「あのとき、リスクを取ってスピンドルグリルを拡大したからだ」

| 批判はあれども、そのメリットも大きかった | LEXUS LC500 ITメディアにて、レクサスが好調ということ、そしてその理由について考察した記事が公開。これによると、欧州市場では2019年上半期において2年連続で前年実績を上回り、日本市場でも台数を順調に伸ばし、2018年のプレミアムカーセグメントにおいてはBMWの51,000台を抜いて54,000台を販売し、メルセデス・ベンツの68,000台に迫る勢いだとされています。この成功の理由はいくつかあると思われますが、まず記事では「レクサスがスポーツや ...

ReadMore



>アストンマーティン(Astonmartin) >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど ■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等 >フェラーリ(Ferrari) >マクラーレン(McLaren)

アストンマーティン・ヴァンテージは「数日で2018年分をほぼ完売」。今後変化するであろうスーパーカー市場の勢力図を考える

投稿日:

すでに2018年生産の80%が予約済み

アストンマーティンはその新型車「ヴァンテージ」を発表したばかりですが、そのヴァンテージの初年度分が発売後数日ですでに「ほぼ完売」とのこと。
これはアストンマーティンCEO、アンディ・パーマー氏が明かしたもので、「2018年生産分の80%がオーダーで埋まった」と語っています。








アストンマーティンは大きな爆発力を秘めている

ここ最近のアストンマーティンの動きには目をみはるものがあり、One-77の発売に始まり「ラゴンダ」「ヴァルカン」の発売、そして「ラピードE」を中国企業と提携して開発、英国政府から空軍基地を譲り受けて新工場建設、「DBX」の発売準備、レッドブルと組んでヴァルカンの発売、レーシングイメージをコアにした「AMR」ブランドの発足、ミドシップシリーズの開発開始、「DB11」発売、マンション(億ション)建設、潜水艦事業へ進出、ザガートシリーズの発売、ワンオフモデルの受注拡大、日本への設備投資、そしてとどめは「ヴァンテージ」。

アストンマーティンはここ10年ほども「赤字続き」の企業だったものの、最近はようやく「DB11効果で」黒字転換。
どんなに辛い時期であってもけして前に進むことをやめなかった企業姿勢の賜物ではありますが、今後は「ヴァンテージ効果で」さらに力は伸びそう。

40

なおアストンマーティンは現在ハイパフォーマンスカー市場だともっとも勢力を拡大しそうなブランド。
現在は「FR」のみを(通常モデルで)ラインアップしますが今後はマクラーレンやフェラーリを狙った「ミッドシップ」の投入があり、しかもこれは「レッドブルも開発に加わる」という強力なインパクトもあって、おそらくは相当なヒットとなる予感。

さらにはフェラーリV12モデルを狙う「ヴァンキッシュ」、クロスオーバーの「DBX」、サルーンの「ラゴンダ」「ラピードE」など、およそすべてのカテゴリに手をのばす計画があり(電気自動車にまで)、ここ5年ほどで恐るべき成長を遂げるのかもしれません。

おそらくはアストンマーティン全般の売却価格や残価も向上しそうだ

ここでついつい気にするのがアストンマーティンの「売却価格」。
アストンマーティンは「一定以上は下がりにくい」ブランドではあるものの、新車で購入するとそこからの値下がりが大きく、「売却に苦労するブランド」でもあります。
ただし現在のDB11人気、そしてヴァンテージの受注状況を見るに、売却価格(残価率)は今後上する可能性も。

18



たとえばぼくが最初のランボルギーニである「ガヤルド」を2009年に購入したとき、ランボルギーニはさほど人気がなく、3年後の残価は「50%」。
つまり3年乗ったら半分になる、という認識ですね。

そこからランボルギーニはアヴェンタドールを発売したりウラカンを発売したり、と積極的に活動を続け、そのほか「ヴェネーノ」「セスト・エレメント」「チェンテナリオ」などの限定車や先端技術を盛り込んだ車、「エストーケ」「ウルス」「アステリオン」などの提案性が高いコンセプトカーを発表することでブランドの認知度やイメージ向上を図り、その結果現在ではV10モデル(ウラカン)の残価率は3年で65%、V12(アヴェンタドール)で70%。
それでもフェラーリの「75%」には及びませんが、この流れだとまだ残価率が向上する可能性はありそうです。

同様の流れにおいてアストンマーティンも残価率が向上するのでは、とぼくは考えているのですね(たとえ現在の残価率であろうとも(売値が下がってでも)”欲しい”と思わせるほど新型ヴァンテージは魅力的)。

とにかく「チャレンジ」しないとブランド価値は上がらない

こういった傾向を見るに、他メーカーの躍進著しい中で「なにもしないと」相対的にポジションを失ってゆく一方であり、どんなに苦しくとも革新に取り組まねば未来はない、ということもわかります。
そして「革新」は今の時代はすでに「ハイブリッド」「エレクトリック」ではないとも考えられ、これはマクラーレンがP1後継にて「ハイブリッド不採用」としていることでもわかります(人びとが求めるのはエレクトリック化ではない)。

なお、ロータスも同じように「動き」をこれまでと変えることで(ハイブリッド化したわけではなく、モデルごとの方向性を明確にすることで)大きく利益を伸ばしたと報じられていますね。

その意味ではちょっと気になるのがフェラーリ。
他メーカーが何年も前から採用している電制ステアリングを最近になり「初採用」したり、「2019年以降に発売するモデルはハイブリッド」と意思表明したり、とややほかのライバルと異なる動きも。

87

同じようにレースをバックボーンとするマクラーレンはますますその速さに磨きをかけ、「カーボンモノセル」や「ディヘドラルドア」など強力な武器を持っていて、しかも価格は安め。

アストンマーティンもそのブランドイメージ、仕上げや性能を考慮すると「かなり価格は安い」と考えていて(不当に”安すぎる”と感じるほど)、パフォーマンスはフェラーリに劣るとしてもブランドイメージや価格を考慮すればじゅうぶんに「ライバル」となるとは考えています(現にカリフォルニアTとDB11はけっこう競合する、と聞く)。

現在フェラーリはどんどん車両価格が高価格帯へと移行していますが、ライバルのパフォーマンスを考慮すると「割高」の領域に入りつつあるようで、しかし圧倒的なブランドバリュー、リセールを考えるとまだフェラーリに優位性も。

しかし今後ほかのライバルたちの追い上げ次第ではその優位性が崩れる可能性もあり(そのためかフェラーリの株価は上昇をストップし、ジリジリと下がってきている)、スーパーカー市場、ハイパフォーマンスカー市場もここ数年で大きく勢力図が変わることになりそうです。

今後はどうなる?スーパーカー/ハイパフォーマンスカーの勢力図

なお(2017年の数字はまだ出ていないので)2016年のものですが、ハイパフォーマンスカーブランドの販売台数はこんな感じ。

フェラーリ・・・8200台
ランボルギーニ・・・3400台
マクラーレン・・・3200台
アストンマーティン・・・3700台

ただ、ここからランボルギーニは2年後には「ウルス」を3000台ほど乗せてくると思われます(逆にスーパーカーは希少性を保つために販売を制限すると公表)。
これが失敗すると絶望的なダメージを負うことになりますが、成功すれば次は「エストーケ」など新しいカテゴリへの進出も視野に貼ることになりますね。
そしてランボルギーニの特徴としては「ポルシェやベントレー、アウディと技術を共有できること」で、新モデル投入に対する開発コストが(ほかブランドと平準化出来るので)ライバルに比べてかなり低いであろう(つまり同じ価格で販売しても利益が大きいであろう)こともメリットのひとつ。

DSC04727

一方でマクラーレンは「純然たるスポーツカーメーカー」を貫く姿勢を見せており、SUVやサルーンの発売は「ない」と思われるので爆発的な成長力はなさそう。
ただしMSOの活用拡大や「超限定モデル」の販売、ワンオフモデルの受注拡大にて、企業としての「利益」は大きく伸びるはずで、その「効率」はおそらく各ブランドの中で飛び抜けて良いと思われます(プラットフォームやドライブトレーンを多数用意しなくていい)。

6

アストンマーティンは上述のように「爆発力」があり、伸びそうなのは「DBX」「DB11シリーズ」「新型ヴァンテージ」「新型ヴァンキッシュ」。
AMR、ラピードEは生産が限定されそうなので台数には貢献しなさそうですね。
一方でヴァルキリーのような超限定モデル販売、ザガートシリーズ、ワンオフモデルについては「利益率」が極めて高いと思われ、投資額が大きい反面、収益効率を改善する手段も持ち合わせることに。
中期的には「ミドシップ」シリーズも期待できますね。

反面、「大きく伸びる要素がない」のがフェラーリ。
既存ラインアップのまま販売台数を拡大すると希少性を損なうというジレンマを抱え、限定モデルについても数量を極端に絞ることでその価値を維持しているために「数百台」を超える規模の限定モデル販売は難しいかもしれません。

加えて限定モデル発売の「頻度」を増やすのも同様の理由から難しそうで、フェラーリをこれまで押し上げてきた「ブランドイメージ」が逆になんらかの「キャップ(制限)」になる可能性も。

68

そして「エントリーモデル」「SUV」もやはりブランドイメージを損なう可能性があり、おおっぴらには手を出しにくそう(よって発売予定とされるSUV、もといFUVにはどういったエクスキューズをつけるのかは気になる)。
ただしほかブランドと異なるのは「ライセンスビジネスの収入が極めて大きい(グッズやテーマパークなど)」「ワンオフモデル(フォーリ・セリエ)の利益が高い」ということで、この分野において利益を拡大してゆくことになるのかもしれません(販売台数拡大のみが利益拡大の手段ではない)。

あわせて読みたいアストンマーティン関連投稿

こちらもオススメ、関連投稿10選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。 現在は複数カーメディアにて記事を連載中。

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

| レクサスLFAの相場はちょっと下降気味? | ちょっと前までは非常に高いプライスタグを提げていた、レクサスLFAの中古相場がやや下がり気味。6000万円くらいを記録していた時期もありますが、それが ...

4

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

5

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

6

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

7

一定以上から増えた年収は「余剰金」のようなものだ 収入について、ふと思うことが。 例えば、年収400万円から倍の年収800万円になったとして、使えるお金が倍ではなく「それ以上」になる、ということ。 一 ...

8

フェラーリ売却価格が高く、はある意味「もっとも割安な」車なのかもしれない 世の中には残価設定ローンというものがあり、ぼくはこれが大好きです。たとえば1000万円の車を購入する際、3年ローンで残価が50 ...

9

高額な腕時計(どれくらいから”高額”なのかは人によって意見が分かれるのでここではあえて触れない)をしていると周囲の反応が変わる、ということはよく聞きますよね。 レストランやホテルでの待遇が良くなったと ...

10

| フェラーリ=速い、という印象があるが | 「速い」と思われたものの、実際はそんなに速くなかった車ベスト(ワースト)8が公開に。その順位は下記の通りですが、フェラーリが8車種のうち2つ、ポルシェが1 ...

->アストンマーティン(Astonmartin), >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど, ■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等, >フェラーリ(Ferrari), >マクラーレン(McLaren)
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.