>マクラーレン(McLaren) ■カメラ、携帯電話などガジェット系/PC系

マクラーレンがポルシェ、ランボルギーニに続きスマートフォンを発売!オレンジとカーボンで雰囲気満点

オフィシャルフォトの「電話を持つモデル」はなぜかジャージ着用 マクラーレンがOnePlusとコラボし、そのスマートフォン「6Tマクラーレン・エディション・スマートフォン(6T Mclaren Edition Smartphone)」を発売。残念ながら(認証の関係?)発売されるのはアメリカと西ヨーロッパ、中国、インド、北欧のみで、価格は699ドル(8万円くらい)。 こちらもオススメ、関連投稿中国OPPOとランボルギーニが戦略的提携。まずは”クイックチャージ内蔵”スマートフォンを発売仏にて運転中のスマホ操作前 ...

ReadMore

>マクラーレン(McLaren)

アフリカのチューナーがまたやった!センスのいいカスタムのマクラーレン650Sが公開に

この「RACE!」は注目のカスタムショップ これまでにも、DTMレーサー風しかも(一部)透明ボンネットを持つアウディRS6アバント、わざわざ日本からリバティーウォークのエアロパーツを輸入してまで改造したR35 GT-R(どうやら南アフリカでの代理店となった模様)を披露してきたアフリカのチューナー「RACE!」ですが、今回はこれまた鮮やかにカスタムされたマクラーレン650Sスパイダーを公開しています。 こちらもオススメ、関連投稿おそらく最も「思い切った」カスタムのマクラーレン650S。ペンキをぶっかけアート ...

ReadMore

>ウラカンの仕様/インプレッション/近況 ■近況について ■駄文(日々考えること) ■ニュース

おそるべしイタ車の魅力!こんなにハマるとは思わんかった。その理由を考える

まさかイタリア車に乗る日が来るとは思ってもみなかった さて、ぼくはランボルギーニ、ガヤルド、そしてランボルギーニ・ウラカンといった感じでイタリア車を2台乗り継いでいますが、けっこうイタリア車に乗ると人生が変わるな、と考えています(たぶん、スーパーカーでなくとも、フィアットでもアルファロメオでも、マセラティでも、イタリア車であれば同じなのだと思う)。 ガヤルドはぼくにとって初めてのイタリア車で、ガヤルドを購入するまでは自分がイタリア車に乗るということをあまりイメージできなかったものの、ひょんなことからイタ車 ...

ReadMore

>アウディ(Audi) >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >マクラーレン(McLaren) >BMW(ビー・エム・ダブリュー) ■ニュース

【動画】意外と多い「スーパースポーツのオープンモデル」。R8、AMG GT、570S、i8がその加速を競ってみた

一見するとマクラーレン570Sスパイダーが有利そうだ 「ハイパーカー勢揃い」「スーパーSUV対決」「ガソリン VS EV頂上決定戦」など様々な加速対決動画が公開される昨今ですが、今回は「オープントップ・スーパースポーツ」の加速競争動画が公開に。今回のメンツはマクラーレン570Sスパイダー、アウディR8 V10スパイダー、メルセデスAMG GT Cロードスター、BMW i8スパイダー。 こちらもオススメ、関連投稿【動画】駆動方式?馬力?軽さ?メルセデスAMG C63、BMW M4、アウディRS5を直線で競わ ...

ReadMore

>マツダ(MAZDA) ■ニュース

【動画】ロータリーエンジンはこう作動する!3DプリンタでマツダRX-7のエンジンを製作し、わかりやすく解説

ロータリーエンジンほどメリットとデメリットが顕著なエンジンもそうそうない いつもためになる動画を公開してくれるユーチューバー、Engeneering Explained氏。今回はロータリエーンジンを3Dプリンタで再現し、その構造を紹介してくれています。 なお、このロータリーエンジンはマツダRX-7に積まれる13Bをそのまま1/3サイズにスケールダウンしたもの。 同氏は以前にも、スバルに搭載される水平対向エンジンを3Dプリンタにて製作し、そのメリットを解説していますね。 水平対向エンジンと直列エンジンのメリ ...

ReadMore

>ポルシェ・ケイマン関連 ■新型車情報/スパイフォト/噂など ■ニュース

【動画】ポルシェ718ケイマン”T”のプロトタイプが走行中。このサウンドはやはりNAではなくターボエンジン?

718ケイマンTは2〜2.5リッターターボエンジン搭載というウワサだが ポルシェ718ケイマンTと見られるプロトタイプがニュルブルクリンクを走行中。718ケイマンTは、サーキットにフォーカスしたモデルといえども「ケイマンGT4」ほどハードコアではなく、パワーよりも「ハンドリングに特化した」と考えられるモデル。 ポルシェからはまだ何のアナウンスもありませんが、エンジンは2.5もしくは2リッターターボ採用にて360馬力を発生し、ケイマンSに比較して30キロほど軽量化される、というウワサ。 この記事のあとによく ...

ReadMore

>アウディ(Audi)

0-100キロ加速2秒!アウディPB18 e-tron市販化に向けてアウディ幹部が動き始める

| アウディPB 18 r-tron市販の可能性がわずかながら浮上 | アウディのエクステリアディナー統括責任者、アンドレアス・ミント氏が英国Autocarに語ったところでは、ペブルビーチにて公開したコンセプトカー「PB18 e-tron」の市販化に向け、現在本社に強力に働きかけている、とのこと。 なおPB18 e-tronの大きな特徴はインテリアにあり、ステアリングコラムとシート、その他操作系が一緒になったユニットが右に左にと動き、つまり「右ハンドルにも、左ハンドルにも、センターハンドルにも」なる、とい ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■ニュース

ブラバスが新型メルセデス・ベンツAクラスのカスタム「B25」公開。ベースはAMGではなくA250、これはいいかも

| ブラバスがなぜかメルセデスAMG A35ではなくA250をチューンした | ブラバス(BRABUS)がメルセデス・ベンツA250のチューニングプログラム「B25」を発表。 AMGモデルの”A35”ではなく、通常ラインのA250をベースとしたところがミソとなっています。 エンジンはブラバスの「PowerXtra」パッケージによってノーマルの224馬力から46馬力アップの270馬力となり、0-100キロ加速は5.9秒、最高速度は時速250キロをマーク。 なおメルセデスAMG A35は306馬力、0-100 ...

ReadMore

■近況について ■服や小物、時計、雑貨など ■ニュース

「セイコー×ジウジアーロ」復刻腕時計を買ってみた!イタ車乗りには「イタリアンカラー」バージョンだ!

| 予約していたセイコー・ジウジアーロがやってきた | さて、先日”19年ぶり”に復刻されると紹介した「セイコー×ジウジアーロ」デジタル腕時計ですが、予約していた”エストネーション”モデルが早速やってきたので紹介したいと思います(セイコー本体が販売するものに比較すると発売が1ヶ月近く遅く、おそらくはセイコーがオリジナルモデルとの競合を避けるためにデリバリーを遅らせたのだと思われる)。 このセイコー×ジウジアーロはもともと35年前に「スピードマスター」として発売されたものですが、その後商標の関係か「スピード ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) >マツダ(MAZDA) >韓国の自動車メーカー ■ニュース

【統計】最も壊れにくいのはトヨタ、修理費が最も安いのはマツダ。疑惑の韓国勢も上位にランクイン

故障のカウントはチェックランプベース。韓国車はチェックランプが簡単に点かないのか 今回、「CarMD」が各メーカーの自動車に発生するトラブル(エンジンチェックランプの点灯回数をカウント)をまとめ、かつ修理コストについて統計をとった結果を発表。これは1996年式から2018年式までの560万台を調査した大々的なもので、その母数を考えるとけっこう「アテにしていい」データかもしれません。 こちらもオススメ、関連投稿2018年品質調査。韓国勢が1-3位独占、もっとも改善したのはマツダ、一番信頼できるクルマはポルシ ...

ReadMore



■その他自動車関連ニュース・ネタなど

EV化によって失われる税収は2兆円、職を失うのは32万人→これこそ日本がEV推進をためらう理由?

投稿日:

EV化は日本にとって国家の赤字を増やす要因となりうる

blog

sankeibizによると、EVに新たな課税がなされる可能性が浮上、とのこと。
日本の場合は現在ガソリン1リットルあたり24.3円(現在は暫定税率で48.6円)の揮発油税を(ガソリン車ドライバーが)負担していることになりますが、このままEVの普及が進めばこの揮発油税による税収が減少し、財政赤字がいっそう増す、という内容です。
加えて記事では2050年には先進国において、ガソリンに関する税収が80%も減少する可能性も指摘しています。








EVは受益者負担の原則に反する?

同じく時期では木村康石油連盟会長の言として「EVもガソリン車と同じ道を走っているので、相応の負担が適当」と発言。
EV(電気自動車)やFCV(燃料電池車)は揮発油税に当たる税金を支払っておらず、しかし同じ道路を走っているのは「不公平だ」ということですね。
なお揮発油税は「自動車の普及に伴う道路整備」という特定名目のために徴収されており、つまりは「自動車を運行するのであれば、それが走る道路の整備費用も負担すべき」という考え方になりそう。
ただし当時(この税制が制定された1954年)は電気自動車という概念すら無かったと思われ、自動車=ガソリン含む揮発油を必ず消費する、という考え方であったのだと想像できます。

要は道路を利用して利益を享受するものが財源を支払う「受益者負担」の思想といえますが、その後1968年に自動車取得税、1971年に自動車重量税を導入し、道路整備のための財源に活用(これが多重課税だと言われる理由)。

とにかく「同じ道路を走るのに、ガソリン車に乗る人は税金を払い、EVに乗る人がそれを払わないのは不公平」というのが石油連盟の言い分といって良さそうで、なんとなく言っていることは理解できます。

ただ、EVに課税するとまた「自動車に対する二重課税」になってしまうので、これはやや正しくない気も。
しかしながらほかに引っ張ってくる財源がないのも実情であり、「ほかに手がない」のかもしれませんね。

自動車産業が基幹となる日本は他の国と事情が異なる

とりあえず今の現状では「EVが普及すればするほど税収が減る」ことになり、現在日本における揮発油税の収入は2兆4600億円とのことなので、EVが増えればどんどんこれが減り、極端な話「路上を走る車が全部EVになれば」2兆4600億円の税収がなくなるということですね。

他の国に比べると日本はEVに対してあまり積極的ではないという印象がありましたが、この数字を見るに、国としては「EV比率を実は増やしたくない」ということもあるかもしれない、と勘ぐってみたくなるところ。※ただし何も行わないと(環境面において)他国から避難されるので、一応ポーズとしてEV購入に関して助成金を出している?
なお日本全体の税収は55兆4686億円なので、揮発油税による「2兆4600億円」はけして小さな数字ではない、ということもわかりますね。

くわえてEVはガソリン車に比較すると40%ほどもパーツが少なく、ということはその「パーツが少なくなったぶんの」工場は受注がなくなり、EVを組み立てるにも「40%の人が不要になり」、販売後の整備に関してもそれは同じ。
もちろんEV向けの新たなパーツや工作機械、生産設備を用意するという「新たな需要」が発生はしますが、なんらかのインパクトは不可避。

加えて日本の自動車産業は54兆円あまりと言われ、製造に関わる人びとの就労人口は80万人(日本の製造業における11%を占める)。
当然ながらこの自動車産業全体の規模や就労人口についてもEV化によって「減少」は避けられないことになるので、自動車産業を基幹産業とする国「日本」にとってEV化は必ずしも良いわけではない、と言えそうです(これが自動車生産を持たない、また自動車製造業が占める比率の低い国であればまた事情は変る)。

そういった意味においても、実のところ日本は「EV化を進めたくない」のかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



-■その他自動車関連ニュース・ネタなど
-, ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.