ad-728





>アウディ(Audi)

アウディR8が2020年に終了とのウワサ。ハイパーカー計画も中止されアウディはスポーツカーから撤退か


| R8がついに終了? |

アウディR8が2020年にて販売終了、というウワサ。
これはAutomobile Magazineが報じたものですが、これに加えてR8 e-tronの後継モデルも登場しない、とされています。
さらにはアウディが極秘裏に進めていた1000馬力のハイパーカー(コードネーム:スコーピオンで知られる。ドゥカティの1.2リッターエンジンを4っつ合わせたエンジンを持つ)も開発が中止されることに。

確かにブランド内の競争力は低下している

要はアウディのスーパーカー/ハイパーカー計画は全てなくなるということですが、これはさすがに「ちょっと待って」という感じではありますね。
というのもアウディは「アウディスポーツ」を分離させてR8をレース用のカスタマーカーとしてデリバリーし始めたばかりですし、これがあと2年ほどで終わってしまう、ということにも。

同メディアでは、2018年にR8にはRS5/RS4に積まれる2.5リッターV6エンジンを470馬力化して搭載したエントリーモデルが登場するとしていますが、これも2年しか寿命がない、ということになりそう。

R8はアウディのスポーツ方面におけるフラッグシップであり、一時は「R6」や「R4」など派生モデルの展開が考えられたとは言われますが、今では他RSモデル(TT RSやRS4など)のパフォーマンス向上に祭してアウディ内におけるR8の「(数字だけで見た)コストパフォーマンス」が低下していたのも確か。

アウディはスーパースポーツを切り捨てる?

アウディR8とランボルギーニ・ウラカンとは多くを共有する兄弟車ではあるものの、ウラカンの方には「ランボルギーニ」というブランドバリュー、エクストリームなデザインがあるものの、一方R8は「アウディ」という殻を破るわけにもゆかず、思い切ったことができない、そうなるとアウディのほかRSモデルとの差別化も図れない、というジレンマを抱えていたのかもしれません。

その意味においてアウディは「スーパースポーツ」をきっぱり切り捨て、その方向はポルシェとランボルギーニに任せるという方針を採択したのかもしれない、と考えたりします。
実際のところエンジンにおいてアウディはV8エンジンの開発をストップし、代わりにV8エンジンの開発はポルシェに集中。
このV8エンジンをグループ内各社で共有することになるわけですね。
ちなみに「直4」についてはすでにポルシェやアウディ、VWの間で共有がなされ、今後フォルクスワーゲン・アウディグループは「そのブランドの得意分野を伸ばし、それをグループ内で共有する」方向にシフトして行くものと思われます。

そうなると気になるのは「ウラカンの後継モデル」ですが、これが存在するのであれば、(もうアウディをあてに出来なくなるので)アヴェンタドール後継とシャシーを共有するか、ポルシェのいずれかのモデルとシャシーを共有するか、ということになりそうですね。

あわせて読みたい関連投稿

->アウディ(Audi)
-,