>スウェーデンの自動車メーカー

ケーニグセグがジュネーブに展示する二台のレゲーラを発表。鮮やかなブルーと優雅なホワイト

投稿日:2018/03/06 更新日:

| ケーニグセグはジュネーブに美しいレゲーラ二台を展示 |

ケーニグセグが二台のレゲーラを展示する、と発表。
加えてレストアを行なったCCXも同時に並べるようですね。
ブルーの個体のボディカラーは「スウエーディッシュ・ブルー」にオーシャングリーンのアクセント。
ホイールはカーボン製となっています。

内外装ともにマッチしたカラーを採用

koenigsegg-regera-swedish-blue-tint-5-lr

インテリアにおいてもボディカラー同様のカラースキームが用いられており、目がさめるような鮮やかな仕上げですね。

ホワイトのレゲーラにはエアロパッケージ付き

koenigsegg-regera-crystal-white-1-lr

こちらのレゲーラのボディカラーは「クリスタルホワイト」、そしてクリアカーボンのストライプ入り。
アクセントはオレンジで、これは内装にもおいても反復されていますね。
オプションとして「ゴースト」エアロダイナミクスパッケージが装着され、これによってダウンフォースが20%向上する、とのこと。

koenigsegg-regera-crystal-white-2-lr

やはりホイールはカーボン製。
ドアの開閉方式はケーニグセグならでは。

koenigsegg-regera-crystal-white-3-lr

リアカウルもかなり大きく開く開きますが、これもケーニグセグの一つの特徴。
ドアとともに自動開閉する「デモンストレーションモード」が装備されるものと思われます。

koenigsegg-regera-crystal-white-5-lr

内装はコントラストの強いブラックとオレンジ。
左右シートの間、頭上あたりにはボルテックスジェネレータのようなものが見えますね。

koenigsegg-regera-crystal-white-4-lr

インテリアはかなり独特なデザインを持ち、クラシカルな雰囲気もあり、また先進的な雰囲気も(アゲーラに比べるとずいぶん高級感が出た)。

なおエンジンは5リッターツインターボV8とエレクトリックモーターとの組み合わせによって1500馬力を発生。
トランスミッションはケーニグセグ自社開発となる「ダイレクトドライブ」で、駆動輪は後輪のみとなっています。

予定生産台数は80台となっており、もちろんすでに完売。
今回展示される2台についてもすでに納車先が決まっており、この仕様もオーナーの指定によるもの、とのこと。

あわせて読みたい関連投稿

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->スウェーデンの自動車メーカー
-, , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.