>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

BMW M2にホイールまで真っ黒な「ブラック・シャドウ・エディション」登場。最後の特別仕様車に?

投稿日:

| BMW M2にスペシャルエディション。これは価値が上がりそう |

BMWがM2に「ブラック・シャドウ・エディション」を追加する、と発表。
M2には様々な噂があり、M2コンペティションの登場がリーク画像より明らかになっているものの、ひとまずはこの「真っ黒」なM2を発表してきた、ということに。
現行M2のベースモデルは「廃止」とも言われており、今回の「ブラック・シャドウ・エディション」は最後のスペシャルモデルとなるかもしれませんね。

マットブラック、カーボンとも組み合わせ

文字通り「全身ブラック」で、キドニーグリル、サイドスカットル、ホイールもブラック。
テールパイプはブラッククローム、ドアミラーとディフューザーはカーボンファイバー製となっています。
ボディカラーは「サファイアブラックメタリック」、ホイールは19インチYスポークデザインが採用され、こちらはメンテナンスを考慮して課「マット」仕上げ。

2018-BMW-M2-BlackShadow-05

エンジンは通常のM2と変わらずに3リッター直6ターボとなり、出力は370馬力。
トランスミッションは7速CTT、0-100キロ加速は4.3秒をマークします。

2018-BMW-M2-BlackShadow-08

現時点での価格は未定ですが、欧州では4月からデリバリーが開始されるとのことで、日本においても近日中に発表があるかもしれませんね(BMWジャパンはこれまでも”ブラック系”特別仕様車を何度か日本に入れており、日本ではよく売れるのだと思われる)。
さらに言えばBMWはもともと「ブラック」に熱心なメーカーでもあり、同じグループに属するロールスロイスは「ブラックバッジ」シリーズを比較的早い段階で設定。
これが若年層にヒットし、おかげでロールスロイスの中心年齢層がベントレーに比べて大きく若返ることに。

2018-BMW-M2-BlackShadow-03

なお、欧州でも「ブラック」は大流行中だと見え、レクサスは「RCブラック・エディション」、マセラティはギブリ/クワトロポルテ/レヴァンテに「ネリッシモ」なる、やはり「真っ黒」な特別仕様を追加していますね。

あわせて読みたい関連投稿

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->BMW(ビー・エム・ダブリュー)
-, , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.