ad-728





>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

ついに日本でもメルセデス・ベンツGクラスの販売が終了?。有終の美を飾る限定モデルが発売

| 4月4日は四輪駆動の日、とメルセデス・ベンツが制定 |

メルセデス・ベンツ日本が現行Gクラス「最後の限定車シリーズ」を発表。※メルセデス・ベンツ日本によるプレスリリースはこちら
そのシリーズは2つあり、「G 350 d Heritage Edition」、「G 550 designo Magno Edition」。
なおメルセデス・ベンツ日本では1907年にはじめて4WDシステムを持つ乗用車を開発したことを記念し、4月4日を「四輪駆動の日」としています。

参考までに、よくある「ナントカの日」というのは日本記念日協会が管理しており、ここへ申請して登録されればカレンダーにも正式に掲載されることに。※登録には10万円必要

G 350 d Heritage Edition(ヘリテージ・エディション)はこんな車

メルセデス・ベンツ日本いわく、「G 350 d Heritage Edition」は”Gクラス39年のヘリテージをモチーフとした日本限定の特別仕様車”。
Gクラスの歴史の中でもっとも人気の高かったボディカラー「プロフェッショナルブルー(本国ではチャイナブルー、一番上の画像で限定160台)」やライトアイボリーを設定。
さらには18インチ5ツインスポークアルミホイール、ナイトパッケージ、スライディングルーフも装着されているようですね。
内装色はブラック、インテリアトリムはアンスラサイトポプラウッド。
価格は1190万円と発表されています。

なお限定モデルにはこういったバッジ(シリアルナンバー入り)が装着に。

800_heritageedition

仕様は異なりますが、これは本国で「プロフェッショナル」として設定された新グレードと同じカラーだと思われます(本国だとデザート・サンドとチャイナ・ブルー)。
なんともミリタリーっぽいというか、Gクラスのルーツを端的に示している限定モデルですね。

こちらはライトアイボリー、限定33台。

800_g350d--3

ブルーブラック、限定130台。

800_g350d--2

インペリアルレッド、限定100台。

800_g350d-

マカライトグリーン、限定40台

800_g350d--4

G 550 designo Magno Edition(デジーノ・マグノ・エディション)はこんな車

こちらは日本国内だけではなく背系限定463台となっており、日本に入荷するのは55台のみ。
「463台」は現行Gクラスのコードネーム、W463にちなんだもの。
本国ではG350d(モカブラック・メタリック)、G350d(チャイナ・ブルー)も設定されています。

日本版のボディカラーはdesignoマグノプラチナムマットで、フロントグリルルーバー、リアホイールカバーリングはマットブラック。
Gクラスのオフロード性能のテストを行ったシェックルマウンテンのロゴが入ったアームレストも装備している、とのこと。
内装色はdesignoレザーブラック(ホワイトステッチ入)、トリムはdesignoピアノラッカーウッド、価格は1780万円。
非常に人気が出そうな仕様ですね。

800_g550--2



あわせてG 350 dに特別外装色が追加

そして限定ではありませんが、G 350 dのカタログカラーにイエローストーン(オプション費用70万円)、トゥルマリングリーン(オプション費用50万円)、やパールブルー(オプション費用50万円)が追加。
いずれもGクラスとしては非常に珍しいカラーであり、2018年7月から注文が可能(ということはその時期までは現行モデルの注文ができる。新型は9月以降の生産?)。

800_685

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)
-, ,