ad-728





■近況について ■服や小物、時計、雑貨など ■外国ネタ・旅行など ■ニュース

香港・セントラルはインスタ映えするアートっぽい壁がいっぱい。香取慎吾アートもある

2018/06/05

| 香港・セントラルにはアートっぽい壁がいっぱい |

さて、香港にある「セントラル(中環)」。
港側は金融街として多くの高層ビルが立ち並びますが、山側は昔ながらの香港っぽい町並みもあり、その一部は地元アーティストの手によって変貌を遂げつつあります。
とくに壁面に描かれたアートはインスタグラムの普及とともに有名になり、増加傾向にあるようですね。

上の画像は「スター・ストリート(ランボルギーニ香港がある)」にある壁で、フェリックスとピカチュウと鉄腕アトムのフュージジョン。
ちなみに昨年はフェリックスだけだったのですが、「進化」したようですね。

どんな「壁」があるのか見てみよう

こちらは(香取)香港慎吾アート(#hkshingoart)。
日本人には人気があるようですが、現地人にはあまり人気がないようですね(写真を撮っているのは日本人ばかり)。

DSC07373

こちらが有名な坂。
両脇の壁には様々なアートがあり、アヒル口をしたインスタ女子がたくさん(白人の間でもアヒル口が流行っている)。

DSC07818

LUSHの店舗横(LUSHとは無関係?)のアート。

DSC07798

これはショップの看板。

DSC07371

ETも登場。
こういった裏通りに、ときどき秀逸な落書き(グラフィティ)があるのが香港の面白いところ。

DSC07366

こちらはカール・ラガーフェルド。
ここの壁はいつもカール・ラガーフェルドが描かれていますが、定期的に模様替えされているようですね。
ラガーフェルドはそれまで小太りだったものの、ディオール・オムの服に出会ってからはそれを着ることができるようになんと42キロも減量。

ちなみに「男が身につけていいアクセサリーはクロムハーツだけだ」と発言していますね。

DSC07362

ラガーフェルドが抱っこしているのは愛猫のシュペットさん。
世界一セレブな猫さんとして知られています(モデルとして4億円くらいを稼いだことでも有名)。

DSC07360

ちなみに同じ場所の2017年版はこちら。
最新版はずいぶん「にぎやか」な図柄になっていることがわかります。
来年はまた別のラガーフェルドとシュペットさんを見ることができるかもしれませんね。

DSC01898

ポスター、チラシが上の方までびっしり貼られるのも香港の一つの特徴。
とにかく場所によって表情をコロコロ変えるので、見ていて飽きない街でもありますね。

DSC07349

こちらは小さなタイルで構成されたアート。

DSC07287

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



-■近況について, ■服や小物、時計、雑貨など, ■外国ネタ・旅行など, ■ニュース
-, , , ,