>アストンマーティン(Astonmartin)

大人気のアストンマーティン・ヴァンテージに「MT」が来年登場。果たして人気はいかほど?

投稿日:2018/07/31 更新日:

| 待望のアストンマーティン・ヴァンテージ”MT”が来年登場 |

アストンマーティンのチーフエンジニア、マット・ベッカー氏によると、「ヴァンテージのマニュアル・トランスミッション搭載モデルは2019年に発売」とのこと。
現在すでにプロッタイプは完成しているものの、ヴァンテージのエンジンはメルセデスAMG製のV8で、そしてこのV8エンジンはもともとマニュアル・トランスミッションとの組み合わせを想定していないせいか、「ヴァンテージのマニュアル・トランスミッション化は、考えているよりも難しい」と語っています。

このAMG製エンジンとMTとの組み合わせは現存しない

なお、AMG製のV8ツインターボエンジンは「M178」だと思われますが、これはVバンクの中にターボを2基装着した「ホットインサイドV」レイアウトが特徴。
現在はアウディ、BMWともこの「Vバンクの内側にタービンを持つ」エンジンを採用していて、(左右の幅が)コンパクトに納まるために比較的低い位置に搭載できたり、とスポーツカーにとってはメリットの大きいレイアウトでもありますね。

↓ヴァンテージはカラー選択できる範囲が多く、「ディフューザーだけ」別のカラーにすることも可能

メルセデスAMGにおいて、M178が搭載されるのはAMG GT系のみで、これらのトランスミッションはすべてDCT。
よって、M178+MTはエンジン製造元のメルセデスAMGですら未知の分野、ということ。

アストンマーティンはこのために「ECUやドライブラインも新設計しないといけない」としていますが、どうやら上述のマット・ベッカー氏は困難が多いほどヤル気が出る性質なのか、「我々はチャレンジが大好きだ」とコメントしています。

さらにアストンマーティンはメルセデスAMGのサウンドが好きではなく、「アストンマーチンらしいサウンドに作り変えた」ともコメントしており、エンジンは同一といえども、もともとかなり多くの部分を自社で賄っているようですね。

ヴァンテージはさらにバリエーションを拡大?

アストンマーティン・ヴァンテージは発売以降大変な人気となっており、現在だと2019年分まで完売していると思われます(ちょっと前に、”もう少しで”2019年の枠もなくなる、と公表)。
そしてアストンマーティンはヴァンテージのバリエーションを拡大する意向を持っており、「AMR」「V12」といったモデルも期待できそう。

ちなみにアストンマーティンはマニュアル・トランスミッションに強いこだわりがあり、これまでにも「ほかが製造をやめようとも、アストンマーチンはマニュアル・トランスミッションを用意し続ける」と発言していますね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->アストンマーティン(Astonmartin)
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.