>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

メルセデス・ベンツの最上級SUV、「GLS」発表!シートは3列目までもが「電動調整式」、SUVにおける”Sクラス”

走る道を選ばず、最高の乗り心地を実現。いずれはマイバッハも投入か メルセデス・ベンツが新型GLSを正式発表。「S」と名のつく通り、SUVシリーズの「Sクラス」に相当するモデルで、BMW X7と真っ向からぶつかるクルマ。初代GLS(X166)は2015年に登場していて、それを考えると現段階でのフルモデルチェンジはちょっと早いような気もしますが、現行GLSはダッジ・デュランゴのプラットフォームを使用しており、メルセデス・ベンツとしてはこれを自社設計へと切り替えたいという意図があるのかもしれません。 そのため新 ...

ReadMore

>スバル(SUBARU)

スバルがまた売れそうなクルマを発表!新型「アウトバック」はクロスオーバーSUVのフラッグシップ

北米市場では喝采をもって迎え入れられそうだ スバルがニューヨーク・モーターショーにてフルモデルチェンジ版となる「アウトバック」を公開。スバルによれば、アウトバックは「フラッグシップクロスオーバーSUV」という位置づけとなり、今回のモデルチェンジで目指したのは「知的好奇心を刺激し、新たな発見を促すクロスオーバー」。外観上だと樹脂製の大きなクラディングが目に入り、いかにもワイルドそしてアクティブといった印象を受けますね。なお、スバルのデザインフィロソフィーは全車共通して「ダイナミック×ソリッド」ですが、今回の ...

ReadMore

>日産/インフィニティ(Infinity) ■ニュース

日産GT-R 2020年モデル発表!FUJITSUBO製チタンマフラー、細部のブラッシュアップにて各グレードとも40万円前後の価格アップ

内容を見ると、値上げの範囲は十分に納得できるどころか「お買い得」 日産がGT-Rの2020年モデルを発表。同時に「GT-R NISMO 2020年モデル」「GT-R 50thアニバーサリー」を発表しており、50周年を迎えるにあたって大きな盛り上がりを見せています。※2020年のGT-R諸元表はこちらなお、現行R35 GT-Rは2007年に登場していますが、12年目に突入した今でも、その輝きがまったく色あせていないと思います。 こちらもオススメ、関連投稿海の向こうでは大人気!RX-7、GT-Rはじめマツダ、 ...

ReadMore

>日産/インフィニティ(Infinity) ■ニュース

日産が「GT-R50周年記念」モデル”GT-R 50thアニバーサリー”発表。1年間の期間限定受注、価格は1319~1351万円

ベースはGT-Rプレミアム・エディション、ベースモデル比でプラス100万円 日産がGT-Rの2020年モデル発表とともに、GT-R生誕50週年記念モデル「NISSAN GT-R 50th Anniversary」を発表。日産はGT-Rの50周年を迎えるにあたり、すでにイタルデザインとのコラボレーションにて「GT-R50 by Italdesign」を発表していますが、こちらは限定50台、その価格も1億3000万円という高嶺の花となっています。今回発表されたNISSAN GT-R 50th Annivers ...

ReadMore

>日産/インフィニティ(Infinity) ■ニュース

日産GT-R NISMO 2020年モデル発表!カーボンパーツ、セラミックブレーキ投入などで-40.5kg、タービンも変更されレスポンスも向上

ルックスはさらにアグレッシブに。視覚的な満足感も向上したGT-R NISMO 2020年モデル 日産がGT-R NISMOの2020年モデルを発表。内容を見ると「軽量化」「ドライバーと車両との一体化」「制動力強化」がその大きな内容となっているようですね。※すでに日産は2020年モデルのGT-R NISMOのコンテンツを公開済みなお現時点では価格の公表はなく、5月中旬から先行予約を開始する、とアナウンスされていますが、ここでその内容をざっと見てみましょう。 こちらもオススメ、関連投稿海の向こうでは大人気!R ...

ReadMore

>ポルシェ911関連

ポルシェ911「スピードスター」正式発売!限定1,948台、GT3スペックを持つコレクターズアイテム

コンセプトモデルにかなり近い姿で登場。しかしタルボットミラーはやはり採用見送り ポルシェがニューヨーク・モーターショーにて「911スピードスター」を発表。これは2018年6月9日に創立70周年を迎えたポルシェが「70周年記念」として発表した911スピードスター・コンセプトの市販モデルとなります。ベースとなるのは992ではなく991.2世代の911で、エンジンは4リッター・フラットシックス、出力は502馬力。このエンジンそのものは911GT3(500馬力)/911GT3 RS(520馬力)と基本的に同じです ...

ReadMore

>中国/香港/台湾の自動車メーカー >ロータス(Lotus)

なんと中国国旗を身にまとう”ロータス・エヴォーラGT4”コンセプトが発表に。ロータスは中国でドライバー育成を行うなど一気に中国シフト

まさかここまで急速に中国化が進むとは ロータスが「エヴォーラGT4コンセプト」を上海モーターショーにて発表。これは文字通り「GT4クラス」に参戦することを想定したクルマで、2020年に実際に戦うことになるレーシングカーのプレビューとなります。ただ、驚くべきは前半分が英国国旗(ユニオンジャック)風、そして車体の後ろ半分が中国国旗風なところ。 こちらもオススメ、関連投稿ロータス「スポーツカーの生産は継続して英国で。だがSUVはそれ以外になる」→SUV発売がほぼ確実に【動画】キー上で車両の情報確認や機能の操作を ...

ReadMore

>ロールスロイス(Rolls-Royce)

ロールスロイスにとって最重要市場となった中国。上海モーターショーには「ショー専用」ワンオフモデルを投入してアピールへ

キックプレートには「上海モーターショー」の文字が入る ロールスロイスが上海モーターショーに「フルラインアップ」で臨み、ショー専用のワンオフモデル(カリナン、ファントム、レイス、ゴースト)を公開。なお、ロールスロイスは2018年において記録的な売上を計上していますが、その大きな要因は中国の伸びであったとされ、その後にロールスロイスは中国の「ブタ年」にちなんだカリナンを発表するなどし、中国に対して友好姿勢を示しています。 ロールスロイスが全力で中国に媚びる!中国の「ブタ年」にあわせて特別仕様のカリナンを投入し ...

ReadMore

>フォード(FORD)

フォードが2.3リッター「エコブースト」マスタングにパフォーマンス、ハンドリングを向上させて「エコ」でなくなるオプションを発表した件

マスタングがV8エンジンを搭載したアメリカンマッスルだったのは昔の話 フォード・マスタングに「パフォーマンスパッケージ」が追加に。正確に言うならば、2.3リッター4気筒「エコブースト」エンジン搭載モデルにパフォーマンスパッケージが追加されたということになり、ノーマルの310馬力から330馬力にパワーアップ。なお、「エコブースト」と「パフォーマンス」というのはやや矛盾があるように思いますが、そもそも「エコブースト」とはフォードの小排気量ターボ「環境」エンジン。 こちらもオススメ、関連投稿【動画】ボクの持って ...

ReadMore

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連 ■近況について ■ニュース

【動画】ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJもコンコルソ・デレガンツァに登場!その勇姿を見てみよう

コンコルソ・デレガンツァ京都2019には現行ランボルギーニも勢揃い さて、京都は二条城にて開催された「コンコルソ・デレガンツァ2019京都」。総勢50台ものクラシックカーが一同に集いますが、会場には現行のランボルギーニ各モデルも。ここではアヴェンタドールSVJ、ウルス、ウラカン・ペルフォルマンテ・スパイダーが展示されています。 こちらもオススメ、関連投稿ランボルギーニ大阪/神戸新サービス工場へ。限定ムルシエラゴ、アヴェンタドールを画像にて【コンコルソ・デレガンツァ】ランボルギーニの方向性を決定づけた「カウ ...

ReadMore



■TEST DRIVE(色々な車の試乗記) >ポルシェ・カイエン関連 ■ニュース

【試乗:ポルシェ・カイエン】世界最高のスポーツカーを作るポルシェの送り出す最新SUVはやはり最高なのか

投稿日:2018/08/14 更新日:

| 快適性や利便性の向上著しい新型ポルシェ・カイエンに乗る |

さて、発表されたばかりの新型ポルシェ・カイエン(フルモデルチェンジ版)に試乗。

現在、新型カイエンのラインアップはベースモデルの「カイエン」、そしてその上のグレードとなる「カイエンS」。
今後はカイエンGTS、カイエン・ターボ、カイエン・ターボS、カイエン・ターボS Eハイブリッドといったバリエーションが登場すると思われますが、まずは「カイエン」の情報を見てみましょう。

ポルシェ・カイエン
ボディサイズ:全長4918ミリ 全幅1983ミリ 全高1696ミリ
エンジン:3リッターV6ターボ
出力:340馬力
トランスミッション:8速ティプトロニックS
サスペンション:前後アルミニウム製マルチリンクサスペンション
ブレーキ:前/4ピストンアルミモノブロックキャリパー 後/2ピストンアルミモノブロックキャリパー
ホイール:前後19インチ
駆動方式:4WD
重量:1985kg
0-100km/h加速:6.2秒
最高速度:245km/h
価格:9,760,000円

ポルシェ・カイエンの外観をみてみよう

新型ポルシェ・カイエンの外観は先日の発表会にて見てきた通りで、全体的には「軽快」になった印象。
特にフロントはエアインテークが大きくなり、スポーティーなルックスへと変化したように思います。

IMG_3453

リアだとテールランプが大きく変化したところで、左右が繋がった横長のデザインへと変更さていますが、マカンや911、パナメーラとは異なり、カイエンのみが「透明の樹脂で覆われた」デザインを持ち、見た目がつるりとしたフラッシュサーフェスに。

L1040403

▼関連記事▼

変わっていないようで結構変わった新型ポルシェ・カイエンを見てきた。内装は新型911もこんな感じ?

ポルシェ・カイエンのインテリアをみてみよう

新型カイエンにおいてもっとも変わったと感じるのがインテリア。
これまでの「ポルシェらしい」、クラシカルとも言えるものから、直線を多用した先進的なデザインへ。
とくにタッチ式液晶パネルや金属調の加飾を持つトリムは従来型とは大きく印象の変わるところで、格段の進歩を感じさせるところ。

L1040417

とくにパネル類をブラックアウトして「一枚の板」のように見せる手法はパナメーラ同様で、従来のポルシェとは大きく異なる部分。
印象としては「ポルシェデザイン」がリリースするスマートフォンのような感じで、平面と直線が多用されている、という感じですね。

とにかく内装の進化には驚かされるばかりですが、基本的な操作はほとんどセンターにあるタッチパネルで完了。
エアコン操作や、オプションのライトパッケージが装着されている場合はLEDの発光色もここで操作が可能です。

ポルシェの内装というと「質素」で「必要最小限の装備しかない」「スイッチのタッチがあまり良くない」というイメージがあるものの、新型カイエンにおいては完全に「高級車」の領域で、最新のメルセデス・ベンツとまではゆかないまでも”それに近い”装備や機能を持つようですね。

L1040410

ポルシェ・カイエンで走ってみよう

さて、さっそく新型カイエンで走ってみましょう。
乗り込んでみて感じるのは「SUVにしてはシート位置が低い」ということ。
メルセデス・ベンツGLC、レンジローバー・ヴェラール、マセラティ・レヴァンテ、アルファロメオ・ステルヴィオに比較しても低いと感じられ、このあたりは「ポルシェ」ならでは。

シートはポルシェのスポーツモデルに比較するとかなり柔らかめで、体が沈み込むことでしっかりホールド。
ステアリングホイールは他メーカーに比べてかなりグリップが細いと感じられますが、これもポルシェならでは、と言える部分ですね。

L1040418

試乗車には「ドライブ&エントリー」が装着されており、キースロットに差し込まれたデコイをひねってエンジンスタート。
もはやプッシュ式スタートボタンを採用しないのというのは「かなり珍しい」と言えますが、そこもやはりポルシェのこだわりだと言えそうです。

▼関連投稿▼

ポルシェはこんなところまで軽量化していた!「超軽量キー/キーシリンダー」

走り出して感じるのは「静粛性の高さ」。
もともとカイエンは非常に静かで乗り心地の良い車ですが、ノイズ、バイブレーション、ハーシュネスすべてが高いレベルで押さえ込まれており、嫌な振動や音がほぼ感じられず、新型カイエンにて進化した部分でもありますね。

実際に各社のSUVを運転した印象だと、(NVHで)このレベルに達しているのは「レンジローバー」「ベントレー」くらいで、BMWやメルセデス・ベンツはこれに一歩及ばないという感じです。

エンジン回転数を上げてもその印象は変わらず、ずっと車内は静かなまま。
面白いのは「車内のNVHがどんな条件下でも変わらない」のと同様、クルマの姿勢もビタリと安定して変化がないこと。
加速しても減速しても、カーブを曲がっていても直線であってもクルマの姿勢が変わらず、高い安心感が得られ、しかし操作に対しては非常に忠実な反応を示します。

アクセルを踏んだら踏んだだけ加速し、ハンドルを切ったら切った分だけ曲がり、ブレーキを踏んだら踏んだだけ止まるクルマでもあり、このあたりはポルシェのスポーツモデルと全く同じ。
スポーツカーでいいタイムを出そうとすると「姿勢の制御」が非常に重要になるのはよく知られるところで、ポルシェはSUV専業メーカーではないものの、そのビハインドをスポーツカーレンジにて培った技術にて取り戻そうとしているようにも思います。

L1040407

つまり、どんな操作をしようとも(そしてどんな条件下にあろうとも)確実にドライバーの要求に応えることができるSUVがカイエンであり、これは911や718というスポーツカーレンジを持つポルシェならでは。
SUVならではの快適性や利便性を持ち、かつスポーツカー的要素まで兼ね備えるのがカイエンということになりますが、このあたり他社製SUVに一歩(もしくはそれ以上の)リードを築いているところです。

オフロード性能については試すことができないので判断はできず、しかし通常走行の範囲だと、ポルシェの持つアドバンテージがいかんなく発揮されたSUVだといえ、同時にポルシェにしかできないSUVである、とも言えそう。

なお、プラットフォームはフォルクスワーゲングループの「MLB EVO」で、これはベントレー・ベンテイガ、アウディQ7、ランボルギーニ・ウルスと共通。
アウディQ7、ランボルギーニ・ウルスには乗ったことがないのでなんとも比較ができないものの、ベンテイガと比較した印象だとロール、ピッチングがかなり良く抑えられている、という印象があります。

▼関連投稿▼

ボディカラーは108色。「オン/オフ最強」SUV、ベントレー・ベンテイガに試乗する

試乗をお願いしたのはポルシェセンター北大阪さん

試乗をお願いしたのはポルシェセンター北大阪さん。
ぼくがこれまで986ボクスターS、911(997)カレラ、981ボクスター、718ケイマンを購入したディーラーで、いつも親切にしていただき、大変助かっています。

ポルシェセンター北大阪
箕面市萱野2-4-10
TEL:072-725-0911

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



  • この記事を書いた人

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。 現在は複数カーメディアにて記事を連載中。

-■TEST DRIVE(色々な車の試乗記), >ポルシェ・カイエン関連, ■ニュース
-, , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.