>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

メルセデス・ベンツの最上級SUV、「GLS」発表!シートは3列目までもが「電動調整式」、SUVにおける”Sクラス”

走る道を選ばず、最高の乗り心地を実現。いずれはマイバッハも投入か メルセデス・ベンツが新型GLSを正式発表。「S」と名のつく通り、SUVシリーズの「Sクラス」に相当するモデルで、BMW X7と真っ向からぶつかるクルマ。初代GLS(X166)は2015年に登場していて、それを考えると現段階でのフルモデルチェンジはちょっと早いような気もしますが、現行GLSはダッジ・デュランゴのプラットフォームを使用しており、メルセデス・ベンツとしてはこれを自社設計へと切り替えたいという意図があるのかもしれません。 そのため新 ...

ReadMore

>スバル(SUBARU)

スバルがまた売れそうなクルマを発表!新型「アウトバック」はクロスオーバーSUVのフラッグシップ

北米市場では喝采をもって迎え入れられそうだ スバルがニューヨーク・モーターショーにてフルモデルチェンジ版となる「アウトバック」を公開。スバルによれば、アウトバックは「フラッグシップクロスオーバーSUV」という位置づけとなり、今回のモデルチェンジで目指したのは「知的好奇心を刺激し、新たな発見を促すクロスオーバー」。外観上だと樹脂製の大きなクラディングが目に入り、いかにもワイルドそしてアクティブといった印象を受けますね。なお、スバルのデザインフィロソフィーは全車共通して「ダイナミック×ソリッド」ですが、今回の ...

ReadMore

>日産/インフィニティ(Infinity) ■ニュース

日産GT-R 2020年モデル発表!FUJITSUBO製チタンマフラー、細部のブラッシュアップにて各グレードとも40万円前後の価格アップ

内容を見ると、値上げの範囲は十分に納得できるどころか「お買い得」 日産がGT-Rの2020年モデルを発表。同時に「GT-R NISMO 2020年モデル」「GT-R 50thアニバーサリー」を発表しており、50周年を迎えるにあたって大きな盛り上がりを見せています。※2020年のGT-R諸元表はこちらなお、現行R35 GT-Rは2007年に登場していますが、12年目に突入した今でも、その輝きがまったく色あせていないと思います。 こちらもオススメ、関連投稿海の向こうでは大人気!RX-7、GT-Rはじめマツダ、 ...

ReadMore

>日産/インフィニティ(Infinity) ■ニュース

日産が「GT-R50周年記念」モデル”GT-R 50thアニバーサリー”発表。1年間の期間限定受注、価格は1319~1351万円

ベースはGT-Rプレミアム・エディション、ベースモデル比でプラス100万円 日産がGT-Rの2020年モデル発表とともに、GT-R生誕50週年記念モデル「NISSAN GT-R 50th Anniversary」を発表。日産はGT-Rの50周年を迎えるにあたり、すでにイタルデザインとのコラボレーションにて「GT-R50 by Italdesign」を発表していますが、こちらは限定50台、その価格も1億3000万円という高嶺の花となっています。今回発表されたNISSAN GT-R 50th Annivers ...

ReadMore

>日産/インフィニティ(Infinity) ■ニュース

日産GT-R NISMO 2020年モデル発表!カーボンパーツ、セラミックブレーキ投入などで-40.5kg、タービンも変更されレスポンスも向上

ルックスはさらにアグレッシブに。視覚的な満足感も向上したGT-R NISMO 2020年モデル 日産がGT-R NISMOの2020年モデルを発表。内容を見ると「軽量化」「ドライバーと車両との一体化」「制動力強化」がその大きな内容となっているようですね。※すでに日産は2020年モデルのGT-R NISMOのコンテンツを公開済みなお現時点では価格の公表はなく、5月中旬から先行予約を開始する、とアナウンスされていますが、ここでその内容をざっと見てみましょう。 こちらもオススメ、関連投稿海の向こうでは大人気!R ...

ReadMore

>ポルシェ911関連

ポルシェ911「スピードスター」正式発売!限定1,948台、GT3スペックを持つコレクターズアイテム

コンセプトモデルにかなり近い姿で登場。しかしタルボットミラーはやはり採用見送り ポルシェがニューヨーク・モーターショーにて「911スピードスター」を発表。これは2018年6月9日に創立70周年を迎えたポルシェが「70周年記念」として発表した911スピードスター・コンセプトの市販モデルとなります。ベースとなるのは992ではなく991.2世代の911で、エンジンは4リッター・フラットシックス、出力は502馬力。このエンジンそのものは911GT3(500馬力)/911GT3 RS(520馬力)と基本的に同じです ...

ReadMore

>中国/香港/台湾の自動車メーカー >ロータス(Lotus)

なんと中国国旗を身にまとう”ロータス・エヴォーラGT4”コンセプトが発表に。ロータスは中国でドライバー育成を行うなど一気に中国シフト

まさかここまで急速に中国化が進むとは ロータスが「エヴォーラGT4コンセプト」を上海モーターショーにて発表。これは文字通り「GT4クラス」に参戦することを想定したクルマで、2020年に実際に戦うことになるレーシングカーのプレビューとなります。ただ、驚くべきは前半分が英国国旗(ユニオンジャック)風、そして車体の後ろ半分が中国国旗風なところ。 こちらもオススメ、関連投稿ロータス「スポーツカーの生産は継続して英国で。だがSUVはそれ以外になる」→SUV発売がほぼ確実に【動画】キー上で車両の情報確認や機能の操作を ...

ReadMore

>ロールスロイス(Rolls-Royce)

ロールスロイスにとって最重要市場となった中国。上海モーターショーには「ショー専用」ワンオフモデルを投入してアピールへ

キックプレートには「上海モーターショー」の文字が入る ロールスロイスが上海モーターショーに「フルラインアップ」で臨み、ショー専用のワンオフモデル(カリナン、ファントム、レイス、ゴースト)を公開。なお、ロールスロイスは2018年において記録的な売上を計上していますが、その大きな要因は中国の伸びであったとされ、その後にロールスロイスは中国の「ブタ年」にちなんだカリナンを発表するなどし、中国に対して友好姿勢を示しています。 ロールスロイスが全力で中国に媚びる!中国の「ブタ年」にあわせて特別仕様のカリナンを投入し ...

ReadMore

>フォード(FORD)

フォードが2.3リッター「エコブースト」マスタングにパフォーマンス、ハンドリングを向上させて「エコ」でなくなるオプションを発表した件

マスタングがV8エンジンを搭載したアメリカンマッスルだったのは昔の話 フォード・マスタングに「パフォーマンスパッケージ」が追加に。正確に言うならば、2.3リッター4気筒「エコブースト」エンジン搭載モデルにパフォーマンスパッケージが追加されたということになり、ノーマルの310馬力から330馬力にパワーアップ。なお、「エコブースト」と「パフォーマンス」というのはやや矛盾があるように思いますが、そもそも「エコブースト」とはフォードの小排気量ターボ「環境」エンジン。 こちらもオススメ、関連投稿【動画】ボクの持って ...

ReadMore

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連 ■近況について ■ニュース

【動画】ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJもコンコルソ・デレガンツァに登場!その勇姿を見てみよう

コンコルソ・デレガンツァ京都2019には現行ランボルギーニも勢揃い さて、京都は二条城にて開催された「コンコルソ・デレガンツァ2019京都」。総勢50台ものクラシックカーが一同に集いますが、会場には現行のランボルギーニ各モデルも。ここではアヴェンタドールSVJ、ウルス、ウラカン・ペルフォルマンテ・スパイダーが展示されています。 こちらもオススメ、関連投稿ランボルギーニ大阪/神戸新サービス工場へ。限定ムルシエラゴ、アヴェンタドールを画像にて【コンコルソ・デレガンツァ】ランボルギーニの方向性を決定づけた「カウ ...

ReadMore



>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■TEST DRIVE(色々な車の試乗記) ■ニュース

【試乗】メルセデス・ベンツがここまで来たとは。すべてが別次元に進化したCLSに乗る

投稿日:2018/08/12 更新日:

| 最新世代のメルセデス・ベンツは飛躍的に進化している |

メルセデス・ベンツCLS450 4MATIC Sports(ISG搭載モデル)に試乗。
CLSというとスタイリッシュな「クーペ風セダン」の元祖とも言えるクルマですが、そのCLSも三代目の「C257」に。
日本に導入されるグレードは2つで、2リッター4気筒ターボディーゼル(194馬力)の「CLS 220dスポーツ(799万円)」と、3リッター6気筒ガソリンターボエンジン+ハイブリッド(ISG)を搭載して393馬力を発生する「CLS450 4MATICスポーツ(1038万円)の2つ。








メルセデス・ベンツCLSの価格やスペックは?

今回試乗するCLS 450 4MATIC Sports(ISG搭載モデル)のスペックは下記の通り。

ボディサイズ:全長5000ミリ/全幅1895ミリ/全高1425ミリ
重量:1950kg
エンジン:3リッター6気筒
出力:ガソリンエンジン367馬力+エレクトリックモーター26馬力
トランスミッション:9AT
0-100キロ加速:4.8秒
価格:1038万円

何と言っても最大の特徴は48VマイルドハイブリッドシステムISG=Integrated Starter Generatorで、これはエンジンとトランスミッションとの間に仕込まれたモーターが加速時に「エレクトリックブースト」として機能することで強烈な加速を実現。
同時に、最もガソリンを消費する発進時などにエレクトリックパワーを使用し、これによって大きく燃費を向上させることができるようですね。

cls10

駆動方式はメルセデス・ベンツ自慢の4WDシステム、「4MATIC」。
トルクスプリット型4WDで、ハルデックス製4WDシステムとよく似たものですが、4MATICの開発を行ったのはGクラスを製造している「マグナシュタイヤー」だと報じられています。

サスペンションはフロント4リンク(これはけっこう珍しい)、リアはマルチリンク。
ダンパーはいわゆる「アダプティブ」タイプで減衰力調整式(車高の調整もでき、高速走行時には車高が下がる)。



メルセデス・ベンツCLSのエクステリアを見てみよう

メルセデス・ベンツCLSのデザインはメルセデス・ベンツの「最新世代」。
外観上の特徴は「プレデターフェイス」で、現在この最新デザインを持つのはCLSとAクラスのみ。
これはもともとメルセデスAMG GTで採用されたデザインをさらに研ぎ澄ましたものですが、猛禽類のような鋭い顔つきとなっています。

cls12

グリルはルーバーではなく「ダイヤモンドグリル」。

cls13

そしてこれも大きな特徴ですが、プレスラインを極力廃した、なめらかなボディライン。
凹凸が非常に少ないということになり、メルセデス・ベンツは「曲面で陰影を表現した」としています。

cls2

テールランプは「3Dエッジライトテクノロジー」搭載。
リアバンパーの「出っ張り」がなく、テールはかなり”なめらか”。

cls15

メルセデス・ベンツCLSのインテリアを見てみよう

インテリアにおける特徴は2つ並ぶ「12.3インチディスプレイ」。
ひとつは通常のメーターがわりに、もうひとつはインフォテイメントシステムとして機能します。
メーターの方のディスプレイは「スポーティ」「クラシック」「プログレッシブ」の3つの表示モードが選択可能。

cls5

そしてエアコン吹き出し口が光る「イルミネーテッドエアアウトレット」も新世代メルセデス・ベンツの内装における特徴のひとつ。
形状は「ジェットエンジンのタービンをモチーフ」にしたといい、ダッシュボードやドアインナーパネルに仕込まれたアンビエントライトと連動します(温度を上げると赤く、下げると青く光ったりもする)。
ぼくは「光りモノ」が大好きなので、これは「いいなあ」と思う装備ですね。

cls3

なお、新世代のマルチファンクションステアリングホイールはかなり秀逸。
右スポークは右ディスプレイに、左スポークのスイッチは左ディスプレイに対応。
センサー部分の上に指を滑らせることによりノートパソコンに採用されるタッチパッドのような操作が可能で、そのほかのスイッチ類も直感的に操作できるように設計されています。

cls16

メルセデス・ベンツCLSで走ってみよう

早速乗り込んでシートやミラー、ステアリングホイールの位置をあわせてエンジンスタート。
エンジンの始動はステアリングコラム右のボタンにて行いますが、このボタンのデザインも新設計となっています(やっぱりエアコン吹き出し口同様のモチーフ?)。

エンジンの振動、音はかなり静かで、アイドリングも極めて低め。
ステアリングコラム右レバーを操作して「D」レンジに入れてクルマをスタートさせますが、出だし、そして低速域での走行は極めてスムーズ。

オートマティックトランスミッション”9G-TRONIC”は従来の7速に比べてトランスミッションの重量が1kg軽く、オイルの粘度も低いために駆動ロスが少ない、とされていますが、かなり良くできたトランスミッションだと思います。

cls14

車体は5メートルに至る長さではあるものの、けっこう(というか”かなり”)取り回し性がよく、狭いところでもなんなく車体を持て余すことなく走行できるのにはちょっと驚き(おそらくはダイレクトステアリング=可変ステアリングレシオが搭載されている)。

特筆すべきはその静粛性で、これはシャシー剛性の高さに加え、エンジンそのもののノイズの低さ、防音技術の向上などその理由だと思われるものの、やはり「ISG」の活用によってエンジンに負担をかけずに走れることが大きそう。
そしてISGのおかげで(アイドリングストップからの)エンジン再始動が極めて素早く、かつ静か。

ぼくは「アイドリングストップ時からのエンジン復帰」において、そのタイムラグや振動をけっこう気にするタイプですが、このメルセデス・ベンツCLSは今まで乗った、アイドリングストップ機能装着車のどれよりも静かだと断言できます。

そしてサスペンションもしなやかで、柔らかいのにしっかり路面を掴む印象があり、かなり安心して踏める足回り。
これまでのメルセデス・ベンツは「柔らかすぎるか硬すぎるか」という極端なフィーリングを持っていましたが、CLSはそのセッティングが大きく変わっているようで、このあたりはAMG GT 4ドアクーペと同時に開発が進められた恩恵を被っているのかも(新型GクラスのフロントサスペンションはAMGの設計だそうですが、このCLSのサスペンションにもAMGの技術が入っているのかもしれない)。

加速や減速、コーナリング時の姿勢変化も極めて小さく、とにかく静かで安定していて快適そのもの。

cls6

ブレーキも申し分なく、今まで様々なメルセデス・ベンツに乗ってきたものの、ここまで思った通りの止まり方をしたモデルはなく、「走る」「曲がる」「止まる」において人の感覚に近い、違和感がなくごく自然なフィーリングを持っているようです。

なお、ドライブモードは5つで、燃費重視の「ECO」、通常走行モードとなる「Comfort」、スポーティーな「Sport」、さらにスポーティーとなる「Sport+」、そして「Individual」。
ドライブモードモードの変更によって「ダンパー/サスペンションの硬さ」「アクセルレスポンス」「シフトチェンジのタイミング」「エンジンサウンド」が変更。

なお、「エンジンサウンド」については「Sport+」に入れるとかなり大きくなりますが、この音は「スピーカーを通じて聞こえている人口音」だそう。
つまり、乗っているとかなり勇ましい音が室内に響き渡るものの、外から聞くエキゾーストサウンドは「静かなまま」。
これは非常に面白い設定ですが、周囲に迷惑をかけずに楽しめる、なかなかにいいソリューションかもしれません。

結局どうなのメルセデス・ベンツCLS?

試乗を通じて思ったのは、「これまでのメルセデス・ベンツとは全く違う」というもの。
それは外装しかり、インテリアしかり、ドライブフィールしかり。

これまでのメルセデス・ベンツは「作りの良さはわかるものの、いまひとつ感情に訴えかけるものが少ない」とは感じていましたが、新世代のメルセデス・ベンツであるCLSはまさに「打てば響く」感があり、乗っていて楽しいと言える一台。

cls9

さらには他社の追随を許さない、異常なまでの高級感とセクシーさを持つインテリアはぼくの言葉で表現できる範囲を超えていて、これだけでも「欲しい」と思わせるに十分。

クルマのインテリアはあまりにこれまで軽視されてきたとぼくは考えていて、しかし今の世の中、クルマにとって「見た目」はあまりに重要。
とくに運転中ずっと目にすることになるインテリアほどその重要性は高いと考えていて、その点メルセデス・ベンツCLSは非常に高いオリジナリティ、世界観、そして感性に訴えかける演出を持つのは間違いのないところ。

1038万円は高価ですが、逆に「1000万円でこれだけの装備、高級感、独自性を持つクルマ」を探すことは難しく(少なくともぼくの知る限りでは該当するクルマはない)、かつSLSはこれまでの例を見てもEクラスやSクラスのセダンよりは値落ちが小さく(指向性が強く、スポーツクーペ的な性格があるから?)、よって「買い」な一台だと考えています。

あわせて読みたい、メルセデス・ベンツCLS関連投稿

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



  • この記事を書いた人

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。 現在は複数カーメディアにて記事を連載中。

->AMG/メルセデス(Mercedes-Benz), ■TEST DRIVE(色々な車の試乗記), ■ニュース
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.