>フェラーリ(Ferrari) ■ニュース

【動画】驚愕!フェラーリ488ピスタがニュルにて7:00を記録し、ポルシェ918スパイダー、ランボルギーニ・アヴェンタドールSVに肉薄する

| もちろんマクラーレン720S、メルセデスAMG GT R Proはアッサリと抜くことに | フェラーリ488ピスタが、ニュルブルクリンクにて7:00.3という驚異的なラップタイムを記録。これはフェラーリが公式にチャレンジしたものではなく、Sport Autoが車両をニュルブルクリンクに持ち込んで走行させたものですが、現在のところニュルブルクリンクにおける市販車総合ランキングにて「9位」。この7:00.3というのは、2013年にポルシェ918スパイダーがはじめて「7分の壁」を突破するまでは到底不可能と言 ...

ReadMore

■服や小物、時計、雑貨など ■映画や音楽、本について ■ニュース

オメガが最新「007コラボ腕時計」、シーマスター ダイバー300M ”ジェームズ・ボンド” リミテッドエディション発表。これまでのボンド限定モデル集大成

| オメガと007映画とのコラボレーションは”ゴールデンアイ”から | 現在007映画とのパートナーシップ契約を結んでいるオメガより、007映画(女王陛下の007から数えて)50周年を記念し、シーマスターの限定モデルを発売。これは「シーマスター ダイバー300M ”ジェームズ・ボンド” リミテッドエディション」と命名され、ステンレスケースモデルが7,007本、プラチナケース/ブレスレットモデルが7本のみ、という希少性の高いモデルとなっています。ちなみに「女王陛下の007」はジェームズ・ボンド映画としては6 ...

ReadMore

>アストンマーティン(Astonmartin) ■服や小物、時計、雑貨など ■映画や音楽、本について ■ニュース

米高級百貨店が007仕様のアストンマーティンDBSを1台のみ発売!デザインはダニエル・クレイグ、オメガの限定腕時計、007新作映画のプレミアチケット、車両の製造見学ツアー付き

| 今年のニーマン・マーカス”ファンタージーギフト”は過去最高のものとなりそうだ | 米高級百貨店、ニーマン・マーカスが今年の「ギフトパッケージ」として、特別仕様のアストンマーティンDBSスーパーレッジェーラを販売する、と発表。この特別仕様車は「007DBSスーパーレッジェーラ」と命名され、その名称が表すとおり「007仕様」。そしてどこが007仕様なのかというと、このクルマのカラーリング等をデザインしたのが、ジェームズ・ボンド役を務める俳優、ダニエル・クレイグである、というところ。ただしボンドカーならでは ...

ReadMore

>ポルシェ911関連 >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等 >フェラーリ(Ferrari) >マクラーレン(McLaren) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

ニュルブルクリンクのラップタイムTOP100最新版。フェラーリ488ピスタが驚異のタイムで9位に入り、マクラーレン600LTも上位に。もはや4WD優勢の時代は終焉を迎える

| フェラーリとマクラーレンが公式にニュルを走れば、勢力図が一気に塗り替えられそうだ | さて、ニュルブルクリンク北コースにおけるラップタイムのランキング「2019年最新版」。ニュルブルクリンクはドイツに位置し、”グリーンヘル”とも呼ばれるサーキットですが、その高低差などクルマに過酷な負担を強いることで知られ、スポーツカーを作るメーカーであればそのテストや性能をはかる指標として”外せない”コースでもありますね。とくに日本ではその知名度や人気が高く、「ニュルブルクリンクで鍛えた」を売り物とするクルマも多数存 ...

ReadMore

>その他アメリカ車 >ミッションE/タイカン関連 >その他ポルシェ関連/ニュース

これは反則じゃろ・・・。思うようにタイムの出ないテスラが過激エアロのモデルSをニュルに投入。なおカーメディアのテストではタイカンの驚異的な性能が明らかに

| テスト結果を見る限り、テスラ・モデルSがタイカンに勝てるとは思えない | ニュルブルクリンクに挑戦し、ポルシェ・タイカンはもちろん、現在の「ニュル王者」であるランボルギーニ・アヴェンタドールSVJの記録を破って「市販車最速」の座を獲得してやる、と宣言したテスラ。9月中旬あたりから何度かニュルブルクリンクを走る姿が目撃されるも一向に記録更新の報はなく、むしろ故障して走行不能になった姿が捉えられることも。そして今回またテスラが新たな「ニュルブルクリンク・チャレンジャー」としてスペシャルバージョンのモデルS ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >スバル(SUBARU)

スバルはBRZ/インプレッサ/XVに、トヨタは86他車種、そしてレクサスはCTにリコール/改善対策届け出。スバルは約14万台が影響

| トヨタにしては珍しい「パーツの品質不良」 | トヨタ、スバルがリコールと改善対策を届け出。スバルは過電流によって「イグニッションコイルが発熱」するというもので、トヨタの場合は「バックドアのダンパーに問題があってドアを保持できない」、そして86とBRZは「オプションのバックフォグの操作ができない」。いずれもそうそう多くはない内容ですが、とくに86とBRZの「オプション」はかなり稀。ただし平成24年から今までの間に308個しか出荷されていないそうで、これの装着率がかなり低かった、ということも判明しています ...

ReadMore

>アウディ(Audi) >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど ■新型車情報/スパイフォト/噂など >その他ポルシェ関連/ニュース

ランボルギーニ「第四のラインアップはピュアEV、そして4ドアセダン」。ポルシェ/アウディ開発のPPEプラットフォームにリマックのバッテリー搭載か

| VWグループのプレミアムブランドは今後すべてPPEへと移行? | estoque なにかと話題の「第四のランボルギーニ」。つまりはアヴェンタドール、ウラカン、ウルスに次ぐ「4番目の」ラインアップということですが、これについては様々なウワサが飛び交っています。これまでには「4座のスーパースポーツ」「4ドアセダン」という話が出ていますが、今回Autocarより報じられたのは”第四のランボルギーニはピュアエレクトリックセダンになる”。 ランボルギーニがウルスに次ぐニューモデルに言及。V12の4座?エストーケ ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等 ■ニュース

縮小続く自動車市場でレクサス好調、なぜレクサスは強いのか?「あのとき、リスクを取ってスピンドルグリルを拡大したからだ」

| 批判はあれども、そのメリットも大きかった | LEXUS LC500 ITメディアにて、レクサスが好調ということ、そしてその理由について考察した記事が公開。これによると、欧州市場では2019年上半期において2年連続で前年実績を上回り、日本市場でも台数を順調に伸ばし、2018年のプレミアムカーセグメントにおいてはBMWの51,000台を抜いて54,000台を販売し、メルセデス・ベンツの68,000台に迫る勢いだとされています。この成功の理由はいくつかあると思われますが、まず記事では「レクサスがスポーツや ...

ReadMore

>ミッションE/タイカン関連 ■ニュース

ポルシェはなぜ最初のEVに「セダン」を選んだのか?スターターボタンの位置、2速ミッションはPDK、EVなのに回生によるワンペダル走行ではないなど「タイカンの秘密」が一挙公開

| しかもエアコンの吹出口にはルーバーがない | ポルシェのオーナー向け機関誌、「クリストフォーラス」にて、タイカンの特集記事が掲載。ポルシェ初となるピュアエレクトリックカー、タイカンは今後のポルシェを占う上でも非常に重要なクルマでもありますが、ポルシェとしては全力でこれをプロモートしてゆきたい、という意図も読み取れます。まずはポルシェCEO、オリバー・ブルーメ氏へのインタビューから始まっていますが、同氏のコメントとしては「間違いなく真のポルシェ」。加えて「911と比較しても遜色なく、加速、ドライビングダ ...

ReadMore

>アストンマーティン(Astonmartin) ■新型車情報/スパイフォト/噂など ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

ダイソンがEV事業撤退!「やっぱり電気自動車を作るのは無理でした」。アストン社長が予言した通りの結末に

| EVを作るのはそれほどまでに難しいのか | イギリス政府から多額の援助を受けて電気自動車の開発を薦めていた(掃除機の)ダイソン。このプロジェクト規模は非常に大きく、 ダイソンはアストンマーティンに22年間も務めた購買部門責任者のデビッド・ワイアー氏、同じくアストンマーティンで製品開発の責任者であったアン・ミナーズ氏を獲得し、テスラのスポークスマン、リカルド・レイエス氏も引き抜き済み。英国政府は18億円の融資をこの新プロジェクトに対して行ったとされ、ダイソンはエンジニア含めて3,000名以上を追加で雇用 ...

ReadMore



>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■TEST DRIVE(色々な車の試乗記) ■ニュース

【試乗】メルセデス・ベンツがここまで来たとは。すべてが別次元に進化したCLSに乗る

投稿日:2018/08/12 更新日:

| 最新世代のメルセデス・ベンツは飛躍的に進化している |

メルセデス・ベンツCLS450 4MATIC Sports(ISG搭載モデル)に試乗。
CLSというとスタイリッシュな「クーペ風セダン」の元祖とも言えるクルマですが、そのCLSも三代目の「C257」に。
日本に導入されるグレードは2つで、2リッター4気筒ターボディーゼル(194馬力)の「CLS 220dスポーツ(799万円)」と、3リッター6気筒ガソリンターボエンジン+ハイブリッド(ISG)を搭載して393馬力を発生する「CLS450 4MATICスポーツ(1038万円)の2つ。








メルセデス・ベンツCLSの価格やスペックは?

今回試乗するCLS 450 4MATIC Sports(ISG搭載モデル)のスペックは下記の通り。

ボディサイズ:全長5000ミリ/全幅1895ミリ/全高1425ミリ
重量:1950kg
エンジン:3リッター6気筒
出力:ガソリンエンジン367馬力+エレクトリックモーター26馬力
トランスミッション:9AT
0-100キロ加速:4.8秒
価格:1038万円

何と言っても最大の特徴は48VマイルドハイブリッドシステムISG=Integrated Starter Generatorで、これはエンジンとトランスミッションとの間に仕込まれたモーターが加速時に「エレクトリックブースト」として機能することで強烈な加速を実現。
同時に、最もガソリンを消費する発進時などにエレクトリックパワーを使用し、これによって大きく燃費を向上させることができるようですね。

cls10

駆動方式はメルセデス・ベンツ自慢の4WDシステム、「4MATIC」。
トルクスプリット型4WDで、ハルデックス製4WDシステムとよく似たものですが、4MATICの開発を行ったのはGクラスを製造している「マグナシュタイヤー」だと報じられています。

サスペンションはフロント4リンク(これはけっこう珍しい)、リアはマルチリンク。
ダンパーはいわゆる「アダプティブ」タイプで減衰力調整式(車高の調整もでき、高速走行時には車高が下がる)。



メルセデス・ベンツCLSのエクステリアを見てみよう

メルセデス・ベンツCLSのデザインはメルセデス・ベンツの「最新世代」。
外観上の特徴は「プレデターフェイス」で、現在この最新デザインを持つのはCLSとAクラスのみ。
これはもともとメルセデスAMG GTで採用されたデザインをさらに研ぎ澄ましたものですが、猛禽類のような鋭い顔つきとなっています。

cls12

グリルはルーバーではなく「ダイヤモンドグリル」。

cls13

そしてこれも大きな特徴ですが、プレスラインを極力廃した、なめらかなボディライン。
凹凸が非常に少ないということになり、メルセデス・ベンツは「曲面で陰影を表現した」としています。

cls2

テールランプは「3Dエッジライトテクノロジー」搭載。
リアバンパーの「出っ張り」がなく、テールはかなり”なめらか”。

cls15

メルセデス・ベンツCLSのインテリアを見てみよう

インテリアにおける特徴は2つ並ぶ「12.3インチディスプレイ」。
ひとつは通常のメーターがわりに、もうひとつはインフォテイメントシステムとして機能します。
メーターの方のディスプレイは「スポーティ」「クラシック」「プログレッシブ」の3つの表示モードが選択可能。

cls5

そしてエアコン吹き出し口が光る「イルミネーテッドエアアウトレット」も新世代メルセデス・ベンツの内装における特徴のひとつ。
形状は「ジェットエンジンのタービンをモチーフ」にしたといい、ダッシュボードやドアインナーパネルに仕込まれたアンビエントライトと連動します(温度を上げると赤く、下げると青く光ったりもする)。
ぼくは「光りモノ」が大好きなので、これは「いいなあ」と思う装備ですね。

cls3

なお、新世代のマルチファンクションステアリングホイールはかなり秀逸。
右スポークは右ディスプレイに、左スポークのスイッチは左ディスプレイに対応。
センサー部分の上に指を滑らせることによりノートパソコンに採用されるタッチパッドのような操作が可能で、そのほかのスイッチ類も直感的に操作できるように設計されています。

cls16

メルセデス・ベンツCLSで走ってみよう

早速乗り込んでシートやミラー、ステアリングホイールの位置をあわせてエンジンスタート。
エンジンの始動はステアリングコラム右のボタンにて行いますが、このボタンのデザインも新設計となっています(やっぱりエアコン吹き出し口同様のモチーフ?)。

エンジンの振動、音はかなり静かで、アイドリングも極めて低め。
ステアリングコラム右レバーを操作して「D」レンジに入れてクルマをスタートさせますが、出だし、そして低速域での走行は極めてスムーズ。

オートマティックトランスミッション”9G-TRONIC”は従来の7速に比べてトランスミッションの重量が1kg軽く、オイルの粘度も低いために駆動ロスが少ない、とされていますが、かなり良くできたトランスミッションだと思います。

cls14

車体は5メートルに至る長さではあるものの、けっこう(というか”かなり”)取り回し性がよく、狭いところでもなんなく車体を持て余すことなく走行できるのにはちょっと驚き(おそらくはダイレクトステアリング=可変ステアリングレシオが搭載されている)。

特筆すべきはその静粛性で、これはシャシー剛性の高さに加え、エンジンそのもののノイズの低さ、防音技術の向上などその理由だと思われるものの、やはり「ISG」の活用によってエンジンに負担をかけずに走れることが大きそう。
そしてISGのおかげで(アイドリングストップからの)エンジン再始動が極めて素早く、かつ静か。

ぼくは「アイドリングストップ時からのエンジン復帰」において、そのタイムラグや振動をけっこう気にするタイプですが、このメルセデス・ベンツCLSは今まで乗った、アイドリングストップ機能装着車のどれよりも静かだと断言できます。

そしてサスペンションもしなやかで、柔らかいのにしっかり路面を掴む印象があり、かなり安心して踏める足回り。
これまでのメルセデス・ベンツは「柔らかすぎるか硬すぎるか」という極端なフィーリングを持っていましたが、CLSはそのセッティングが大きく変わっているようで、このあたりはAMG GT 4ドアクーペと同時に開発が進められた恩恵を被っているのかも(新型GクラスのフロントサスペンションはAMGの設計だそうですが、このCLSのサスペンションにもAMGの技術が入っているのかもしれない)。

加速や減速、コーナリング時の姿勢変化も極めて小さく、とにかく静かで安定していて快適そのもの。

cls6

ブレーキも申し分なく、今まで様々なメルセデス・ベンツに乗ってきたものの、ここまで思った通りの止まり方をしたモデルはなく、「走る」「曲がる」「止まる」において人の感覚に近い、違和感がなくごく自然なフィーリングを持っているようです。

なお、ドライブモードは5つで、燃費重視の「ECO」、通常走行モードとなる「Comfort」、スポーティーな「Sport」、さらにスポーティーとなる「Sport+」、そして「Individual」。
ドライブモードモードの変更によって「ダンパー/サスペンションの硬さ」「アクセルレスポンス」「シフトチェンジのタイミング」「エンジンサウンド」が変更。

なお、「エンジンサウンド」については「Sport+」に入れるとかなり大きくなりますが、この音は「スピーカーを通じて聞こえている人口音」だそう。
つまり、乗っているとかなり勇ましい音が室内に響き渡るものの、外から聞くエキゾーストサウンドは「静かなまま」。
これは非常に面白い設定ですが、周囲に迷惑をかけずに楽しめる、なかなかにいいソリューションかもしれません。

結局どうなのメルセデス・ベンツCLS?

試乗を通じて思ったのは、「これまでのメルセデス・ベンツとは全く違う」というもの。
それは外装しかり、インテリアしかり、ドライブフィールしかり。

これまでのメルセデス・ベンツは「作りの良さはわかるものの、いまひとつ感情に訴えかけるものが少ない」とは感じていましたが、新世代のメルセデス・ベンツであるCLSはまさに「打てば響く」感があり、乗っていて楽しいと言える一台。

cls9

さらには他社の追随を許さない、異常なまでの高級感とセクシーさを持つインテリアはぼくの言葉で表現できる範囲を超えていて、これだけでも「欲しい」と思わせるに十分。

クルマのインテリアはあまりにこれまで軽視されてきたとぼくは考えていて、しかし今の世の中、クルマにとって「見た目」はあまりに重要。
とくに運転中ずっと目にすることになるインテリアほどその重要性は高いと考えていて、その点メルセデス・ベンツCLSは非常に高いオリジナリティ、世界観、そして感性に訴えかける演出を持つのは間違いのないところ。

1038万円は高価ですが、逆に「1000万円でこれだけの装備、高級感、独自性を持つクルマ」を探すことは難しく(少なくともぼくの知る限りでは該当するクルマはない)、かつSLSはこれまでの例を見てもEクラスやSクラスのセダンよりは値落ちが小さく(指向性が強く、スポーツクーペ的な性格があるから?)、よって「買い」な一台だと考えています。

あわせて読みたい、メルセデス・ベンツCLS関連投稿

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。 現在は複数カーメディアにて記事を連載中。

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

| レクサスLFAの相場はちょっと下降気味? | ちょっと前までは非常に高いプライスタグを提げていた、レクサスLFAの中古相場がやや下がり気味。6000万円くらいを記録していた時期もありますが、それが ...

4

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

5

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

6

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

7

一定以上から増えた年収は「余剰金」のようなものだ 収入について、ふと思うことが。 例えば、年収400万円から倍の年収800万円になったとして、使えるお金が倍ではなく「それ以上」になる、ということ。 一 ...

8

フェラーリ売却価格が高く、はある意味「もっとも割安な」車なのかもしれない 世の中には残価設定ローンというものがあり、ぼくはこれが大好きです。たとえば1000万円の車を購入する際、3年ローンで残価が50 ...

9

高額な腕時計(どれくらいから”高額”なのかは人によって意見が分かれるのでここではあえて触れない)をしていると周囲の反応が変わる、ということはよく聞きますよね。 レストランやホテルでの待遇が良くなったと ...

10

| フェラーリ=速い、という印象があるが | 「速い」と思われたものの、実際はそんなに速くなかった車ベスト(ワースト)8が公開に。その順位は下記の通りですが、フェラーリが8車種のうち2つ、ポルシェが1 ...

->AMG/メルセデス(Mercedes-Benz), ■TEST DRIVE(色々な車の試乗記), ■ニュース
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.