>日産/インフィニティ(Infinity) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

日産GT-R開発担当者「次期GT-Rは顧客が望むクルマになる。エレクトリックを望めばEVに、ガソリンを望めばそうなるだろう」。結局何も決まっていなかった?

| GT-Rを復活させたのはカルロス・ゴーンだが、今や日産内部でもGT-Rは支持されていないのか | ニスモビジネスオフィス兼、第一商品企画部 日産GT-Rチーフ・プロダクト・スペシャリストである田村宏志氏によれば、次期日産GT-Rについてはその開発を急いでおらず、エレクトリック技術、そして自動運転技術が投入される可能性がある、とのこと。ただし以前に同氏は「ハイブリッドを使用すればあまりに価格が高くなりすぎる」とも語っており、今回の発言については「あくまでも可能性の一部」ということになりそう。ちなみに次期 ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen)

フォルクスワーゲン「次期ゴルフGTIは最高にクールなクルマになる。骨の髄までGTIだ」。シビック・タイプRからニュル王座を奪還できる?

| 新型フォルクスワーゲン・ゴルフは「ゴルフ7」なみの衝撃を与えることができるか? | 「新型ゴルフGTIはとんでもなくクールなクルマだ」。これはフォルクスワーゲンの北米法人の重役、スコット・コー氏が現地メディア、Automobile Magazineに語ったもの。加えて同氏は「我々は間もなくゴルフ8を発表するが、そいつは骨の髄までGTIだ。とんでもなくクールなクルマになる」と述べています。

ReadMore

>BMW(ビー・エム・ダブリュー) >ミニ(MINI)

BMW M3/M4、ミニJCWクロスオーバーにリコール。M3/M4は最悪の場合走行不能、クロスオーバーはポジションランプ点灯せず

| どちらもこれによる事故はゼロ、ドイツ本国からの情報で問題が発覚 |l BMWがM3/M4、そしてミニ・クロスオーバーにリコールを届け出。それぞれ内容は異なっていて、M3はプロペラシャフトの問題、ミニ・クロスオーバーはヘッドライトの問題となっています。それぞれパーツの交換やプログラム書き換えにて症状が改善するそうですが、BMW M3/M3の場合は「最悪の場合、走行不能に」とあり、ちょっと深刻そうな内容ではあります。 こちらもオススメ、関連投稿BMWとミニがまた値上げ、昨年10月から数えて3回目。ミニ・ク ...

ReadMore

>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

欧州にて初代シビック風EV「ホンダe」予約開始!ボディカラーは5色、納車は2020年春より開始

| スペックや価格は不明ながらも、すでに25,000人が予約済み | ホンダ初のEV、「ホンダe(Honda e)」の先行予約がイギリス、ドイツ、フランス、ノルウェーにて開始。予約はオンラインのみでの受付となり、すでに開設された「ホンダe」のコンテンツから入り、ボディカラーを選んだ後に「予約を確定」する流れとなっています(英国だと800ポンドの保証金を支払う必要がある)。なお、日本のホンダ公式サイトではまったくホンダ eに触れられておらず、これはまったくの「謎」現象。

ReadMore

>ロールスロイス(Rolls-Royce)

ロールスロイスがブランド「115周年記念」ワンオフモデル準備中。秋に開催の競売にてお披露目と報じられる

| ロールスロイスはオークションをワンオフモデルの宣伝に活用? | ロールスロイスとRMサザビーズ(オークション開催元)が、「今年の秋に、ブランド115周年を記念し、ファントムベースのワンオフモデルを出品する」と発表。現在のところその詳細はわからず、しかし「明るいレッドにペイントされる」ということが明かされています(中国人の落札を期待しているのかもしれない・・・)。 こちらもオススメ、関連投稿【試乗:ロールスロイス・カリナン】お金で買える最高の満足がここにある。”わかっている”人に向けた別世界のラグジュア ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

【動画】BMWが公式にてM8試乗の様子を公開。エンジンやサス、ステアリングに加えて駆動方式やブレーキの「効き」までもドライバーが調整可能

| ここまで調整幅が広くなると、もう本当の姿がわからない | BMWが新型M8につき、最新のティーザー動画を公開。これまでもティーザー画像そして動画を公表しているものの、今回の動画はそのラインナップ、走行性能や技術に踏み込んだものとなっていて、これを見るに新型M8はかなり期待できそう。まずラインナップについては、「M8クーペ」「M8クーペ・コンペティション」、「M8カブリオレ」「M8コンペティション・カブリオレ」からスタートするとのこと。

ReadMore

>アウディ(Audi) >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ベントレー(Bentley) >ブガッティ(BUGATTI) >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen) >その他ポルシェ関連/ニュース

VWグループがブガッティ、ランボルギーニを売却する可能性があるとの報道。ブガッティは中国企業が売却対象として有力

| ブガッティ、ベントレー、ランボルギーニはVWの考える”エレクトリック化構想”にマッチしない | 現在フォルクスワーゲングループには、フォルクスワーゲンを筆頭にアウディ、ブガッティ、ポルシェ、ベントレー、ランボルギーニ、シュコダ、セアト、ドゥカティ、イタルデザインといったブランドが集結していますが、フォルクスワーゲンは2030年までに大きく組織を再編成し、いくつかのプレミアムブランドを切り捨てる可能性がある、とのこと。そして驚くべきことにランボルギーニそしてベントレーもその候補に挙がっていると報じられて ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

【動画】新型スープラのレビュー続々!加速動画に続き国内ではZ4との比較、4気筒モデルの試乗レビューも

| BMW Z4のほうが”しっとり”、スープラは”スっと入る”らしい | 新型トヨタ・スープラがメディアに貸し出されるようになり、続々その試乗レビュー動画が公開されています。その内容はいずれも肯定的で、相当に高いポテンシャルを持つであろうことが伝わるものばかり。スープラはとくに北米において神格化されており、今回のA90スープラについては「BMWとの共同開発」ということで”これは真のスープラではない”と見る向きも(一般消費者の間で)多いようではあるものの、実際のスープラは「そんなことはどうでも良くなる」くら ...

ReadMore

■TEST DRIVE(色々な車の試乗記) >ランボルギーニ・ウラカン関連 >ランボルギーニ・ウルス関連 ■近況について ■ニュース

ランボルギーニ・テストドライブ・プラス最終章。ウラカン・ペルフォルマンテ、ウルスの二台でワインディングを走る

| ランボルギーニ・ウルス、ウラカンはゆっくり走っても楽しい | さて、ランボルギーニの試乗イベント「Lamborghini Test Drive Plus」での最後のプログラム、「公道走行」。これまでは「サーキット」「オフロード」での走行を紹介してきましたが、今回は公道走行含めて総括となります。 投稿【動画】高木虎之介の運転でランボルギーニ・ウルスをサーキット試乗!「ランボルギーニ・テストドライブ・プラス」へ行く【動画】ランボルギーニ・ウルスを悪路でドリフト走行!起伏や波状路、30度以上のバンクに挑戦し ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

【動画】1000馬力級の新型フェラーリの目撃動画続々!中には「追跡を振り切られた」ドライバーも

| 残念ながら削除された動画も | 5月31日に発表される新型フェラーリですが、これの目撃例が相次いで公開。先日はインスタグラムにて一般人がイタリアにてこのプロトタイプを撮影した動画を公開していますが、今回はそのフルレングス版もYoutubeにアップされています。なお、この新型フェラーリは「ハイブリッドシステム」を積み、986馬力を発生する”ハイパーカーなみの性能”を誇ることがフェラーリによって明かされています。加えて、812スーパーファストの上に位置する「フラッグシップ」となることもフェラーリCEOの発 ...

ReadMore



>フェラーリ(Ferrari) ■ニュース

フェラーリが50年代にインスパイアされた新セグメント「Icona」発表。第一弾として「モンツァSP1」「モンツァSP2」登場

投稿日:

| フェラーリは新限定シリーズ「Icona」を立ち上げ。1950年代の純粋なフェラーリを再現 |

フェラーリが「フェラーリ・モンツァSP1」「フェラーリ・モンツァSP2」を正式発表。
フェラーリはこれまでもスペシャルモデルやワンオフモデルに対して「SP」という呼称を用いており、おそらくは通し番号をその後に付与していたようですが(最新はSP38デボラ)、今回新しいスペシャルシリーズとして「Icona(イコナ。イタリア語でアイコンの意味)」を立ち上げ、そこで今回「SP1」「SP2」という”最初の番号”に戻ったようですね。※フェラーリは「新セグメント」と表現しており、今後も他のモデルが出てくる可能性が大きい








Iconaはフェラーリの新しい限定シリーズ

この「Icona」はフェラーリの「大切なお客様とコレクターを対象」としたもので、1950年代のもっとも刺激的なフェラーリの記憶を蘇らせる、としており、つまりこのIconaから登場するのは「過去のモデル(クラシックフェラーリ)をモチーフにした」クルマということになりそう。
過去に故セルジオ・マルキオンネ元CEOが「フェラーリ250の復刻を考えている」と述べていたのはこのIconaシリーズなのかもしれない、と今更ながらに思います。

Ferrari-monza-sp1-sp2 (7)

さらにこの「Icona」は”今日実現できる、最先端のスポーツカー技術を備えている”ことも特徴、とのこと。

今回のモンツァSP1とSP2については、750モンツァ(MONZA/1954年)860モンツァ(1956年)のネーミング、フェラーリのバルケッタ(オープンモデル)の元祖でもある166MM(1948年)のエレメントを反映させたとしており、「勝利だけ」を目標にしたデザインを再現したようですね。

↓こちらはフェラーリ166MM

166

なお、フェラーリはもともとレース活動を目的に立ち上げられ、レーシングカーや、レースを「退役」したクルマをロードカーに改修し顧客に販売したりすることで利益を挙げてきたメーカー。

↓こちらはフェラーリ750モンツァ

750 Monza

つまり本業が「レース」で、クルマの販売はレースの活動資金を得るための手段であったということになり、フェラーリはレースで勝つことによってのみその名を成し、これが「フェラーリはけして宣伝広告を行わない(ただレースで勝つだけ)」という姿勢のルーツでもありますね。

↓これがフェラーリ860モンツァ

860 Monza

フェラーリ・モンツァSP1(Ferrari Monza SP1)はこんなクルマ

フェラーリ・モンツァSP1は見たままの「シングルシーター(まさかフェラーリがシングルシーターを発売するとは)」。
助手席にはトノ・カバーが設けられたクラシカルなスタイルで、ボディパネルの多くはカーボンファイバー製、そして前後ランプは専用デザイン。

Ferrari-monza-sp1-sp2 (5)

生産数を絞り、顧客ををも絞ることで「量販モデルでは実現できないデザインの自由度が達成できた」としており、まさに芸術品ともいえる外観を実現しています。

Ferrari-monza-sp1-sp2 (3)

たしかに「ボリュームのあるボディに小さなコクピット」はいかにフェラーリと言えども通常の市販モデルでは実現し得ないスタイルで、このIconaのコンセプトと、極めて特定された販売対象とによってなしえた結果なのでしょうね(メルセデスだと、SLRマクラーレン”スターリング・モス”がある)。

Ferrari-monza-sp1-sp2 (2)

なお、ドアは非常に小さく、そしてガルウイング(ディへドラル)ドアを採用。
これも特別感のある装備ですね。

Ferrari-monza-sp1-sp2 (13)

フロントフードは巨大な「一枚モノ」で、ヒンジはフロントにあり、前に向けてガバっと開くようです(ぶつけると修理代が非常に高そう!)。

Ferrari-monza-sp1-sp2 (11)

フェラーリは「一筆書き」「時を超えたエレガンス」をこのフェラーリ・モンツァSP1/SP2の特徴として挙げていますが、まさに「どんなに得が流れようとも」損なわれることがない美しさを持っているようにも思われます。



フェラーリ・モンツァSP2(Ferrari Monza SP2)はこんなクルマ

一方のフェラーリ・モンツァSP2は2シーターで、セカンド・ウインド・プロテクター(といっても”ほぼ”無いに等しい)が設けられ、ちょっとだけ実用的に。

Ferrari-monza-sp1-sp2 (12)

基本的なデザインや使用される素材、機能は「同一」だとアナウンスされています。

Ferrari-monza-sp1-sp2 (10)

ベースは812スーパーファスト、そしてエンジンは6.5リッターV12、出力は810馬力。
全長は4657ミリ、全幅1996ミリ、全高1155ミリで、フェラーリ812スーパーファストの4657ミリ、1971ミリ、1276ミリに比較して「広く低く」。※スペックはモンツァSP1/SP2ともに同じ

Ferrari-monza-sp1-sp2 (9)

0-100キロ加速は2.9秒、0-200キロ加速は3.7秒、最高速度は300km/h以上。
重量はモンツァSP1が1500キロ、モンツァSP2で1550キロで、812スーパーファストの1525キロとそう大きく変わらない数字です。

Ferrari-monza-sp1-sp2 (1)

これから時代は「エレクトリック」へと向かい、フェラーリも今後ハイブリッドモデルへと順次切り替えてゆくことになりますが、もしかするとこういった「コレクター向け」としては純粋なガソリンエンジン駆動モデルを発売してゆくんじゃないかと考えることも。

ハイブリッドはやはり過渡的技術でもあり、バッテリー技術が今後飛躍的に進化する可能性も残されていて、つまり「パフォーマンス/メカニズム的に陳腐化してしまう」恐れも。
しかしガソリンエンジンであればそういった事態も避けることができ、その純粋さからも「コレクターズアイテム」として高い価値を維持できるのでは、と考えるのですね。

Ferrari-monza-sp1-sp2 (6)

フェラーリははモンツァSP1、モンツァSP2のオーナー限定コレクションも発売

今回、フェラーリ・モンツァSP1とSP2のオーナー限定にて(アクセサリーすら一般人には売ってもらえないのか・・・)、ロロ・ピアーナとベルルッティとのコラボレーションによるレーシングスーツ、ジャージ、ヘルメット、グローブ、スカーフ、レーシングシューズ等が登場。
クラシカルなデザインですが、最新の技術をもって仕立てられている、とのことで、イメージは「ジェントルマンドライバー」。

Ferrari-monza-sp1-sp2 (8)

フェラーリは今後も「安泰」?

なお、フェラーリはここ5年で利益がほぼ「倍」に。
その原動力は「高価格な限定モデル」だとされており、フェラーリは今回の「Icona」にてそれを更に推し進める、ということになりそう。

今やフェラーリも営利企業であり、株主に対する責任がありますが、かといって販売を伸ばすために「台数を増やす」のではブランドイメージや希少性が損なわれることになります。

よって、台数を増やさずに利益を増やすとなると「一台あたりの利益を増加させる」という矛盾した難題がつきつけられ、その解決手段がこういった限定モデル。
通常の市販モデルは一見さんに対して販売を行い(それでも台数は絞る)、しかしVIPに対しては「一般人が絶対に購入できない」限定モデルを販売することでそれぞれの自尊心を満たし、かつ利益も押し上げるということなのかもしれません。

金融アナリスト「フェラーリの株価はまだまだ上がる」。スペシャルモデルのハンパない利益が貢献

「販売台数を増加させること」が至上命題となるであろう、フォルクスワーゲンやトヨタとは大きく異なる会社運営が求められるのがフェラーリやランボルギーニ、アストンマーティン、マクラーレンといったブランドとなりますが、各社とも異なる方向性を模索中。

ランボルギーニは「ウルス」の発売そして「4ドア」モデルも計画中と言われ、アストンマーティンはとにかくラインアップの拡充と異業種への進出。

フェラーリは今回のように「富裕層やコレクター向け」のビジネスを展開することになるということなのだと思われますが、フェラーリの場合はそのブランドのバックボーン(レース活動と実績)、そして過去のモデルといった他にはない「資産」があり、それらを活用して利益を増やす、ということになりそうですね。

フェラーリが2017年業績詳細と2018年以降の計画を公表。これを受け株価が大幅上昇

VIA:Ferrari

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



  • この記事を書いた人

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。 現在は複数カーメディアにて記事を連載中。

こちらもどうぞ。人気記事

1

高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、基本的に考えることは同じだと思います。 ただ、経験則上からぼく ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

ちょっと前までは非常に高いプライスタグを提げていた、レクサスLFAの中古相場がやや下がり気味。 6000万円くらいを記録していた時期もありますがそれが4500万円くらい(新車価格と同じくらい)になり、 ...

4

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

5

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

6

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

7

一定以上から増えた年収は「余剰金」のようなものだ 収入について、ふと思うことが。 例えば、年収400万円から倍の年収800万円になったとして、使えるお金が倍ではなく「それ以上」になる、ということ。 一 ...

8

フェラーリ売却価格が高く、はある意味「もっとも割安な」車なのかもしれない 世の中には残価設定ローンというものがあり、ぼくはこれが大好きです。 たとえば1000万円の車を購入する際、3年ローンで残価が5 ...

9

高額な腕時計(どれくらいから”高額”なのかは人によって意見が分かれるのでここではあえて触れない)をしていると周囲の反応が変わる、ということはよく聞きますよね。 レストランやホテルでの待遇が良くなったと ...

10

| フェラーリ=速い、という印象があるが | 「速い」と思われたものの、実際はそんなに速くなかった車ベスト(ワースト)8が公開に。 その順位は下記の通りですが、フェラーリが8車種のうち2つ、ポルシェが ...

->フェラーリ(Ferrari), ■ニュース
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.