>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >マツダ(MAZDA) >BMW(ビー・エム・ダブリュー) >スズキ(SUZUKI)

「ワゴン」「ベースグレード」などスープラの”もしも”レンダリング。ほかにも新型アクセラ、BMW7シリーズやジムニーのIF設定も登場

さて、「もしも」系レンダリングでおなじみの「X-TOMIデザイン」が大量にその作品を公開。以前には「新型トヨタGRスープラのオープンモデル」をCGにて作成していますが、今回はそれに続き、「GRスープラのワゴン」「GRスープラのベースモデル」など様々なレンダリングが公開に。ここでいくつかの作品を見てみましょう。 CG職人がいい仕事をした。新型スープラがオープンになるとこうなる、というレンダリング こちらもオススメ、関連投稿意外と出てくるのが遅かったな。「スープラ・シューティングブレーク」のレンダリングがよう ...

ReadMore

>アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

アルファロメオがステルヴィオの下に位置する小型SUV発売?ジュネーブに「新型コンセプトカーを持ち込む」と明言

アルファロメオの小型SUV、大型SUV発売の話は以前から出ていた アルファロメオが3月5日に開幕するジュネーブ・モーターショーに「新型コンセプトを展示する」と発言。これはアメリカのカーメディアに対し、アルファロメオの北米法人のスポークスパーソンが語ったもので、「我々はジュネーブに全力で臨む」とも付け加えたと報じられています。

ReadMore

>ランボルギーニ・アヴェンタドール関連

まさかの超限定モデル、ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJの「中古」が市場に登場

ホワイトとゴールド、高貴ささえ感じるカラーコンビネーション すでに完売している限定車、ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJですが、なんとドイツにて売り物が登場(James Editionにて掲載中)。 アヴェンタドールSVJはアヴェンタドールの軽量ハイパワーモデルで、「ランボルギーニSV」の後継にあたるモデル。 「SV」=スーパーヴェローチェ(超速いという意味)にランボルギーニのハイパフォーマンスモデルを象徴する「J(もとはFIA競技附則J項に由来)」が付与されるという、名称のみでも”最強”を誇るクルマ ...

ReadMore

●ポルシェ718ケイマン(982) ■近況について ■ニュース

ポルシェ718ケイマン洗車。ダッシュボード、ドアインナーパネルの素材は汚れやすい

今回は主にインテリアの清掃について触れてみたい さて、ポルシェ718ケイマン洗車。冬季は融雪剤や降雪によって他の季節とはかなり異なる汚れ方をすることになりますが、気をつけないといけないのは「そういった汚れは塗装に対する攻撃性が高いこと」。つまり、融雪剤や雪とともに付着した汚れは「ヤスリ」のように塗装を傷める可能性があるということで、できるだけ多くの水を使用したり、洗剤を泡立ててから洗わなくてはならない、と考えています。 そんなわけで慎重に洗車を行い、そのためかかった時間は今回2時間ほど。 718ケイマンの ...

ReadMore

>ブガッティ(BUGATTI) >その他ポルシェ関連/ニュース

ポルシェ創業者一族が注文したというブガッティの20億円ハイパーカーはこうなる?なお一族にとって「20億円」は資産4500万円の人の「2000円」と同じレベル

もともとポルシェ創業者の孫、フェルディナント・ピエヒはハイパワー車が大好き ブガッティが先日「20億円のハイパーカーを発売」とも報じられましたが、それを予想したというわけではないものの、デザインスタジオのE.Milanoがシロンをベースに「ブガッティの新しいハイパーカー」をデザイン。主にはリアを延長し、さらにルーフからテールエンドには空力向上のためかカバーが装着され、純正よりも更に大きなサイズのタイヤとホイールを装着してローダウンしています。 つまりはロングテール化というか、マクラーレン「スピードテール」 ...

ReadMore

>ポルシェ911関連 >その他他ドイツ車

一見レトロな911、しかし中身はカーボンモノコックフレーム、プッシュロッドサス採用!710馬力、最高速360km/hのルーフCTRアニバーサリーが発表

光見えて灯火類はLED、ドアハンドルはポップアップ式のフラシュマウント ルーフが「見た目は昔の911、中身は最新レーシングカー並みの911」、”CTRアニバーサリー”を発表。なお、これは昨年にプロトタイプとして公開された「RUF(ルーフ)CTR 2017」のプロダクションモデルという位置づけで、ルーフの創業80週年を記念したもの(ポルシェは昨年に70周年を迎えたので、ルーフの歴史はポルシェよりも古いということになる)。 ※「CTR」は「カレラ・ターボ・ルーフ」の略 え?これが2017年の新車?ルーフが驚愕 ...

ReadMore

>アストンマーティン(Astonmartin) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

アストンマーティンが新型ハイパーカー「003」のティーザー画像公開。ミドシップレイアウト採用、ヴァルキリーに続く”新たなる神話”がはじまる

デザインはヴァルキリー似、価格は1億円、限定台数は500台 アストンマーティンがコードネーム「003」と題されたハイパーカーのティーザー画像を公開。これはつまり「第三のハイパーカー」となり、ヴァルカン、ヴァルキリーに続く3台目、ということを意味します。ポジションとしてはヴァルキリーの下となりますが、アストンマーティンは「ヴァルキリー」にて初のミドシップスーパースポーツ(過去にはコンセプトカーで”ブルドッグ”-下の画像-なるミドシップもある)に挑戦。

ReadMore

>ポルシェ911関連 ■新型車情報/スパイフォト/噂など

これまでフロントにあったNACAダクトが消えた?最新のポルシェ911GT3(992)スパイフォト

ポルシェはいくつかのプロトタイプを用意、もしくはオプションパッケージを準備か 992世代の新型ポルシェ911 GT3が冬季テストを行う様子がスパイフォトとして公開に。これまではニュルブルクリンクを走行する姿が主に目撃されたものですが、今回は比較的鮮明な画質にて捉えられており、これまでになく細部がよく分かる内容となっています。なお、992世代の911においてはフロントフード先端形状に変更があり、「911/930/964世代」に近いデザインとなっていて、これまでの水冷世代の911(996/997/991)とは ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

さよならメルセデス・ベンツSLC。23年の生涯に幕を閉じるにあたり初代をイメージした最終記念モデル登場。同時に現行SLも終了に伴い特別仕様が登場

メルセデス・ベンツSLKは一つの時代を築いたと言っていい メルセデス・ベンツが「中国で売れないから」後継モデルはないとしていたSLC(旧SLK)に「ファイナル・エディション」を設定(日本への導入は未定)。つまりこれで現行SLCの寿命も終了ということになり、ついにその灯火が消えることに。「ファイナル・エディション」が設定されるのはSLC300とAMG SLC43で、面白いのはSLC43ボディカラーが「(初代SLK発表時のカラーをイメージした)サンイエロー」のみ、SLC300のボディカラーがセレナイトグレーで ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■近況について ■ニュース

意外とSクラスっぽい?やっぱりCLSとは別モノの「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」を見てきた

思っていたよりもかなり大きなクルマだった さて、日本でも発表されたばかりの「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」。さっそく大阪はグランフロント内にあるのメルセデス・ミーへと展示車を見にゆくことに。展示車は「メルセデスAMG GT 63 S 4MATIC+」、つまり最強グレードで、ボディカラーはオブシディアンブラック、インテリアはレッドペッパー(AMGスポーツシート仕様)。理由は不明ですが、ショールーム内ではなく地下駐車場にて、施錠した状態かつ内装にはビニールのかかったままでの展示です。 メルセデス「4ド ...

ReadMore



>フェラーリ(Ferrari) ■ニュース

フェラーリが50年代にインスパイアされた新セグメント「Icona」発表。第一弾として「モンツァSP1」「モンツァSP2」登場

投稿日:

| フェラーリは新限定シリーズ「Icona」を立ち上げ。1950年代の純粋なフェラーリを再現 |

フェラーリが「フェラーリ・モンツァSP1」「フェラーリ・モンツァSP2」を正式発表。
フェラーリはこれまでもスペシャルモデルやワンオフモデルに対して「SP」という呼称を用いており、おそらくは通し番号をその後に付与していたようですが(最新はSP38デボラ)、今回新しいスペシャルシリーズとして「Icona(イコナ。イタリア語でアイコンの意味)」を立ち上げ、そこで今回「SP1」「SP2」という”最初の番号”に戻ったようですね。※フェラーリは「新セグメント」と表現しており、今後も他のモデルが出てくる可能性が大きい








Iconaはフェラーリの新しい限定シリーズ

この「Icona」はフェラーリの「大切なお客様とコレクターを対象」としたもので、1950年代のもっとも刺激的なフェラーリの記憶を蘇らせる、としており、つまりこのIconaから登場するのは「過去のモデル(クラシックフェラーリ)をモチーフにした」クルマということになりそう。
過去に故セルジオ・マルキオンネ元CEOが「フェラーリ250の復刻を考えている」と述べていたのはこのIconaシリーズなのかもしれない、と今更ながらに思います。

Ferrari-monza-sp1-sp2 (7)

さらにこの「Icona」は”今日実現できる、最先端のスポーツカー技術を備えている”ことも特徴、とのこと。

今回のモンツァSP1とSP2については、750モンツァ(MONZA/1954年)860モンツァ(1956年)のネーミング、フェラーリのバルケッタ(オープンモデル)の元祖でもある166MM(1948年)のエレメントを反映させたとしており、「勝利だけ」を目標にしたデザインを再現したようですね。

↓こちらはフェラーリ166MM

166

なお、フェラーリはもともとレース活動を目的に立ち上げられ、レーシングカーや、レースを「退役」したクルマをロードカーに改修し顧客に販売したりすることで利益を挙げてきたメーカー。

↓こちらはフェラーリ750モンツァ

750 Monza

つまり本業が「レース」で、クルマの販売はレースの活動資金を得るための手段であったということになり、フェラーリはレースで勝つことによってのみその名を成し、これが「フェラーリはけして宣伝広告を行わない(ただレースで勝つだけ)」という姿勢のルーツでもありますね。

↓これがフェラーリ860モンツァ

860 Monza

フェラーリ・モンツァSP1(Ferrari Monza SP1)はこんなクルマ

フェラーリ・モンツァSP1は見たままの「シングルシーター(まさかフェラーリがシングルシーターを発売するとは)」。
助手席にはトノ・カバーが設けられたクラシカルなスタイルで、ボディパネルの多くはカーボンファイバー製、そして前後ランプは専用デザイン。

Ferrari-monza-sp1-sp2 (5)

生産数を絞り、顧客ををも絞ることで「量販モデルでは実現できないデザインの自由度が達成できた」としており、まさに芸術品ともいえる外観を実現しています。

Ferrari-monza-sp1-sp2 (3)

たしかに「ボリュームのあるボディに小さなコクピット」はいかにフェラーリと言えども通常の市販モデルでは実現し得ないスタイルで、このIconaのコンセプトと、極めて特定された販売対象とによってなしえた結果なのでしょうね(メルセデスだと、SLRマクラーレン”スターリング・モス”がある)。

Ferrari-monza-sp1-sp2 (2)

なお、ドアは非常に小さく、そしてガルウイング(ディへドラル)ドアを採用。
これも特別感のある装備ですね。

Ferrari-monza-sp1-sp2 (13)

フロントフードは巨大な「一枚モノ」で、ヒンジはフロントにあり、前に向けてガバっと開くようです(ぶつけると修理代が非常に高そう!)。

Ferrari-monza-sp1-sp2 (11)

フェラーリは「一筆書き」「時を超えたエレガンス」をこのフェラーリ・モンツァSP1/SP2の特徴として挙げていますが、まさに「どんなに得が流れようとも」損なわれることがない美しさを持っているようにも思われます。



フェラーリ・モンツァSP2(Ferrari Monza SP2)はこんなクルマ

一方のフェラーリ・モンツァSP2は2シーターで、セカンド・ウインド・プロテクター(といっても”ほぼ”無いに等しい)が設けられ、ちょっとだけ実用的に。

Ferrari-monza-sp1-sp2 (12)

基本的なデザインや使用される素材、機能は「同一」だとアナウンスされています。

Ferrari-monza-sp1-sp2 (10)

ベースは812スーパーファスト、そしてエンジンは6.5リッターV12、出力は810馬力。
全長は4657ミリ、全幅1996ミリ、全高1155ミリで、フェラーリ812スーパーファストの4657ミリ、1971ミリ、1276ミリに比較して「広く低く」。※スペックはモンツァSP1/SP2ともに同じ

Ferrari-monza-sp1-sp2 (9)

0-100キロ加速は2.9秒、0-200キロ加速は3.7秒、最高速度は300km/h以上。
重量はモンツァSP1が1500キロ、モンツァSP2で1550キロで、812スーパーファストの1525キロとそう大きく変わらない数字です。

Ferrari-monza-sp1-sp2 (1)

これから時代は「エレクトリック」へと向かい、フェラーリも今後ハイブリッドモデルへと順次切り替えてゆくことになりますが、もしかするとこういった「コレクター向け」としては純粋なガソリンエンジン駆動モデルを発売してゆくんじゃないかと考えることも。

ハイブリッドはやはり過渡的技術でもあり、バッテリー技術が今後飛躍的に進化する可能性も残されていて、つまり「パフォーマンス/メカニズム的に陳腐化してしまう」恐れも。
しかしガソリンエンジンであればそういった事態も避けることができ、その純粋さからも「コレクターズアイテム」として高い価値を維持できるのでは、と考えるのですね。

Ferrari-monza-sp1-sp2 (6)

フェラーリははモンツァSP1、モンツァSP2のオーナー限定コレクションも発売

今回、フェラーリ・モンツァSP1とSP2のオーナー限定にて(アクセサリーすら一般人には売ってもらえないのか・・・)、ロロ・ピアーナとベルルッティとのコラボレーションによるレーシングスーツ、ジャージ、ヘルメット、グローブ、スカーフ、レーシングシューズ等が登場。
クラシカルなデザインですが、最新の技術をもって仕立てられている、とのことで、イメージは「ジェントルマンドライバー」。

Ferrari-monza-sp1-sp2 (8)

フェラーリは今後も「安泰」?

なお、フェラーリはここ5年で利益がほぼ「倍」に。
その原動力は「高価格な限定モデル」だとされており、フェラーリは今回の「Icona」にてそれを更に推し進める、ということになりそう。

今やフェラーリも営利企業であり、株主に対する責任がありますが、かといって販売を伸ばすために「台数を増やす」のではブランドイメージや希少性が損なわれることになります。

よって、台数を増やさずに利益を増やすとなると「一台あたりの利益を増加させる」という矛盾した難題がつきつけられ、その解決手段がこういった限定モデル。
通常の市販モデルは一見さんに対して販売を行い(それでも台数は絞る)、しかしVIPに対しては「一般人が絶対に購入できない」限定モデルを販売することでそれぞれの自尊心を満たし、かつ利益も押し上げるということなのかもしれません。

金融アナリスト「フェラーリの株価はまだまだ上がる」。スペシャルモデルのハンパない利益が貢献

「販売台数を増加させること」が至上命題となるであろう、フォルクスワーゲンやトヨタとは大きく異なる会社運営が求められるのがフェラーリやランボルギーニ、アストンマーティン、マクラーレンといったブランドとなりますが、各社とも異なる方向性を模索中。

ランボルギーニは「ウルス」の発売そして「4ドア」モデルも計画中と言われ、アストンマーティンはとにかくラインアップの拡充と異業種への進出。

フェラーリは今回のように「富裕層やコレクター向け」のビジネスを展開することになるということなのだと思われますが、フェラーリの場合はそのブランドのバックボーン(レース活動と実績)、そして過去のモデルといった他にはない「資産」があり、それらを活用して利益を増やす、ということになりそうですね。

フェラーリが2017年業績詳細と2018年以降の計画を公表。これを受け株価が大幅上昇

VIA:Ferrari

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



  • この記事を書いた人

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。

->フェラーリ(Ferrari), ■ニュース
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.