>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

CG職人がいい仕事をした。新型スープラがオープンになるとこうなる、というレンダリング

トヨタは間違いなく新型スープラにオープンモデルを設定したいと考えているはずだが 新型車が発表されると必ず出てくる、「もしも」系レンダリング。今回もおなじみのX-TOMI DESIGNが「スープラ・コンバーチブル(カブリオレ)」のCG発表一番乗りとなっていますが、なかなかに完成度の高い作品となっており、オフィシャルフォトといっても通用しそう。そしてこの後も続々と同様のレンダリングが登場し、中には「タルガ(エアロトップ)」「ワゴン」「トラック」「オフローダー」といったレンダリングが登場するのは想像に難くないと ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

【動画】”世界最速の女性”が教える、メルセデス・ベンツGクラスで「水の中を渡るにはこうする」3つのポイント

この3つを理解しておけば無事に水中を走行可能 様々なメディアに登場し、極限下でのドライブテクニックを披露することで知られる、”4輪を走らせると世界最速の女性”ジェシー・コムズさんがメルセデス・ベンツGクラスにて「簡単に水の中を走る3つの方法」を公開。使用するのは新型メルセデス・ベンツGクラスで、実際にこれでザブザブと水中を走ってみようということですね。 こちらもオススメ、関連投稿【動画】キー上で車両の情報確認や機能の操作を行える、日産GT-R向けの全面ディスプレイ採用「スマートキー・コンセプト」登場ありそ ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >BMW(ビー・エム・ダブリュー) >韓国の自動車メーカー ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

BMWとノースフェイスとのコラボ、キャンパーコンセプトが公開。世界で最も進んだ”布”を使った、「テントとクルマの融合」

ただし誰がどういったシーンで使用するのかは謎 BMWがアウトドアブランド、ノースフェース(ザ・ノース・フェイス/THE NORTH FACE)とコラボした「キャンパーコンセプト」を発表。これはラスベガスで開催中の家電見本市「CES」で発表されたもので、なぜ家電のショーで発表されたかというと「素材に”物質”と”デジタル”」とを融合したから(説明を見てもよくわからない)。 こちらもオススメ、関連投稿【動画】キー上で車両の情報確認や機能の操作を行える、日産GT-R向けの全面ディスプレイ採用「スマートキー・コンセ ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

とても純正とは思えない!チューンドカー並の派手なエアロを持つレクサスRC F”パフォーマンスパッケージ”発表

トヨタはときどきこういった派手なクルマを出す会社でもあった すっかり話題はスープラ一色となってしまったデトロイト・モーターショーですが、その影でトヨタは新型レクサスRC Fを公開。もちろんこれはフェイスリフト後の新型RCをベースにしたハイパフォーマンス版ですが、標準モデルのRC Fに加え、カーボン製パーツやセラミックブレーキ、チタンマフラー等を装備する「パフォーマンス・パッケージ(Performance Package)」もあわせて発表しています。 左がRC F パフォーマンスパッケージ、右が通常のRC ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

あの人気ユーチューバーも早速注文!新型トヨタGRスープラのレビュー続々登場。リアハッチ開口部はボディ剛性確保のためかなり狭いつくりに

やはり細かいところは動画でないと伝わりにくい さて、発表されたばかりの新型トヨタ・スープラですが、国内外から動画レビューが続々登場。このタイミングでの公開ということは、事前に各メディア向けには発表が行われ、1/14の「解禁」にあわせて一斉にアップが始まった、ということになりそうです。 こちらもオススメ、関連投稿新型トヨタ・スープラの試乗レポート初登場!「室内に流れるエンジンサウンドはフェイク」「ブレーキには改善余地がある」【動画】レクサスUXの試乗レビュー到着!「レクサスUXは売れる要素を備え、ライバルよ ...

ReadMore

>スバル(SUBARU) ■ニュース

スバルが北米限定「S209」発表。WRX STIベースでSTI史上最高の341馬力、オーバーフェンダーで殴り込み

北米市場専用なのが残念。日本での発売も期待 スバルが予告していたとおり、デトロイトモーターショーにて「SUBARU WRX STI S209」を発表。これまでの「S207」「S208」同様、スバル・テクニカ・インターナショナルがエンジンやシャシーをチューンしたもので、ドライブトレーン、そして内外装含めた特別仕様となっています(スバルの北米法人による”なんちゃって”ではなく、ちゃんとSTIが手を入れたクルマだと思われる)。 こちらもオススメ、関連投稿スバルが東京モーターショー詳細を公開。「S208/BRZ ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >ランボルギーニ・ウラカン関連

【動画】一般人が偶然ランボルギーニ・ウラカンEVOスパイダーに遭遇し、初めて走行状態を捉える。そのリヤの迫力は想像以上

今までのどんなスパイフォト/動画よりも鮮明 ランボルギーニはつい先日ウラカンのフェイスリフトモデル、「ウラカンEVO」を発表していますが、今回早くも「ウラカンEVOスパイダー」のプロトタイプが目撃に。過去にも一度スパイフォトが公開されているものの、「動画」としての走行状態が捕らえられたのは今回が初めてです。なお、動画を撮影したのはプロのスパイフォトグラファーではなく、偶然これを目撃した「一般の人」。 新型ランボルギーニ「ウラカンEVO」発表!640馬力、加速はフェラーリ488GTB以上、価格は2984万円 ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

欧州仕様の新型スープラも発表!ベースグレードでも鍛造ホイール、ハイパフォーマンスブレーキ装着。90台のみの「マットカラー」限定モデルも登場

欧州仕様のスープラは走りに一切の妥協はない デトロイト・モーターショーにて発表されたA90世代の新型スープラですが、北米仕様に続き「欧州スペック」が公開に。現時点で北米ではその限定台数に言及していないものの、欧州仕様のスープラは初年度につき「年間900台」に供給が制限される、と公式発表がなされています。加えて、初回限定モデルとして、90台限定の「スープラA90エディション(Supra A90 Edition )」の発売もアナウンスされており、こうなると日本市場向けの価格や詳細についても発表が待たれるところ ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

新型トヨタGRスープラの北米仕様は6気筒のみ。初回限定モデル「ローンチエディション」はこんな装備を持っている

トヨタは各国向けに限定モデルを用意する? トヨタは新型GRスープラを発表したばかりですが、その0-100キロ加速は「4.3秒」とトヨタ車史上最速。なお、日本の自動車メーカーが0-100km/h加速を公開することは非常に稀で、それだけトヨタは今回の新型スープラに自信がある、ということなのでしょうね。現在のところ日本での発売時期は「春」とだけ発表され、その詳細や価格は不明ですが、北米では「3.0」「3.0プレミアム」「ローンチエディション(限定)」の3つとなり、日本で導入される「2リッター4気筒」は販売されな ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

マスターテストドライバーは豊田章男社長!新型トヨタ・スープラは「自信を持ってお届けできる」

新型トヨタ・スープラの加速性能はポルシェ718ケイマンSをも上回る トヨタがデトロイト・モーターショーにて、17年ぶりとなるA90新型スープラを発表。今回公開されたスープラはBMW外共同開発となり、「BMW Z4」とシャシーを共有することが一つの特徴ですが、トヨタいわく「直6」「FR」といういずれの世代のスープラにも通じる特徴を軸に、「ホイールベース」「トレッド」「重心高」の3つにこだわり、ピュアスポーツカーにふさわしいハンドリング性能を実現した、とのこと。 さらに新型スープラの開発主任、 多田哲哉氏は ...

ReadMore



>スウェーデンの自動車メーカー ■TEST DRIVE(色々な車の試乗記) ■近況について ■ニュース

【試乗:ボルボXC40】大人気につき納車10ヶ月も納得!”全く新しいジドウシャ”に乗る

更新日:

日本カー・オブ・ザ・イヤー受賞はダテじゃない

さて、2年連続で日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞したボルボの放つニューカマー、「XC40」に試乗。
XC40は昨年のXC60に続いて第39回日本カー・オブ・ザ・イヤー(2018-2019)を受賞していますが、発売前からその注目度は高く、春の発売以降も高い人気が継続し、今注文しても納車まで10ヶ月ほど待つことになるという人気車種。※ボルボXC40の製品紹介ページはこちら

ボルボXC40のラインアップはこうなっている

ボルボXC40のラインナップは現在のところ(初回限定モデルを除いて)7つ。
グレードは「T4」と「T5」があり(現在のボルボは「T+数字」でグレードを表し、数字が大きいほうが上)、両方共2リッター4気筒ターボながら「T4」は192馬力、「T5」は252馬力、という差があります。

そしてT4のみにFFが設定され、T5はAWD=4輪駆動のみ。
「モメンタム」はちょっとオシャレな仕様で、「R-Design」はスポーティなグレード、「インスクリプション」は本革内装など豪華装備が奢られるラグジュアリーモデル、と捉えるとよいかと思います。

ただし、これらグレードについては「上下」を表すというよりは「好み」の問題。
「モメンタム」や「インスクリプション」でしか選べないボディカラーや内装色、仕様もあり、「高いモデルのほうがいい」というわけではないようです(それぞれのグレードには積極的に選択する理由が与えられている)。

  • XC40T4・・・3,890,000円
  • XC T4 Momentum・・・4,390,000円
  • XC T4 AWD Momentum・・・4,590,000円
  • XC T4 AWD R-Design・・・4,890,000円
  • XC T4 AWD Inscription・・・4,990,000円
  • XC40 T5 AWD R-Design・・・5,390,000円
  • XC40 T5 AWD Inscription・・・5,490,000円

試乗したのはXC 40 T5 R-Design

ボルボXC40 T5 R-Designのエクステリアはこんな印象

今回試乗したグレードはスポーティーモデルのXC40 T5 R-Design。
外観だとグロッシーブラックのトリムやブラックルーフ、19インチホイールが装着され、内装だと専用のアルミペダル、ステアリングホイール、シフトノブ、スカッフプレートがR-Design特有の装備となっています。

ボディサイズは全長4425ミリ、全幅1875ミリ、全高1660ミリ。
レンジローバー・イヴォークやポルシェ・マカンに近いサイジングですが、それらより幅はちょっと「狭い」数字ですね。

全体的には「引き締まった」印象があり、それはおそらく樹脂製のクラディングやブラックルーフがそう感じさせるのかもしれません。

IMG_3760

プレスラインはけっこう強めで、これがボディにメリハリを与えているようですね。

特に側面においてプレスラインの与える効果は大きく、「のっぺり」ならずに筋肉質な印象も。

IMG_3780_edited-1

リアウインドウの「切り上がった」デザイン、それに呼応するかのようなリアフェンダーのエッジ、そしてサイドの樹脂パーツ形状がウェッジシェイプを強調し、これがよりXC40をスポーティに見せている、と思います。

この樹脂製クラディングのデザインは秀逸で、タイヤハウス周辺のボリュームを増すことで、「力強い足元」を演出している、という印象。

IMG_3779

ボルボXC40 T5 R-Designのインテリアはこんな印象

XC40のインテリアはスカンジナビアンデザインを象徴するかのように「ミニマムかつシンプル」。

メーターはフルデジタルで、カーナビゲーション情報もここへ表示されます。

IMG_3763

センターには大きな液晶タッチパネルがあり、車両の操作はほとんどここで。
よって物理スイッチは最小限、といった感じですね。

IMG_3766

ドイツ車と大きく異なるのはひとつひとつのスイッチが大きく、それが何を表すのか判別しやすいこと。
このあたり、使いやすさを考慮した作りを持つようです。

IMG_3784_edited-1

R-Designのシートはヌバック+ファインナッパレザー。

IMG_3767

ちなみにキーはこんな感じで、シート同様の「パンチレザー」でカバーされています。

IMG_3786_edited-1

ボルボXC40で走ってみよう

さて、さっそくボルボXC40で走ってみましょう。
スマートキー化されているので、ブレーキペダルを踏んでステアリングコラム左脇のエンジンスターターを押せばそのままエンジンスタート。

エンジン始動時の振動やサウンドはかなり低く抑えられており、しかし「ちゃんと始動したことがわかる」気持ちよさも持っています。

走り出して感じるのはすべてにおいて「軽い」ということ。
ステアリングホイールの操作感、ペダルの踏力、アクセルを踏んだときの出だし、そして車線変更時の身のこなし。
すべてにおいて身軽さを感じ、すべるように走ってゆく、という印象です。

IMG_3761

このあたりはポルシェやレンジローバー、最近のBMWで感じられる「路面に張り付くような」しっとりとした、そしてどっしりとした安定感とは対極にあるもので、しかしちゃんと安定感も感じられるという不思議なセッティング。
この印象はほかのどのクルマにも似ておらず、「ボルボ特有」の味付けのようですね。

サスペンションは硬くもなく柔らかくもないという印象ですが、乗り心地は「極めて良好」。
ノイズ、バイブレーション、ハーシュネスが極端に小さく、かなり快適な車だと言って良いかと思います。

IMG_3776

雰囲気的には「小気味よい反応」というところに終止すると考えていて、アイドリングスタートからエンジンが再始動するときも一瞬で振動が収束し、他の車のように「ブルルン」と振動が尾を引くこともなく、車線変更時の車体の揺れも「揺り戻しなく」収束し、路面からの振動も瞬時に吸収。

すべての反応がデジタル的というか、一瞬のクリックで終わってしまうという感じで、たとえばオーディオのボリュームを調整するときに「ダイヤル」ではなく「ボタン」で調整するという感じ。

なんせはじめて感じるタイプの乗り味なので適当な表現を探すのが難しいのですが、その内外装の見た目のように、クルマの反応も極めてシンプルである、ということです。

ブレーキのタッチもごく自然で、ラフに踏んでも「カックン」にはならず、停止直前の挙動も極めて滑らか(停止直前に不自然な動き、ショックを感じさせるクルマもあり、こういったクルマは停止前にブレーキペダルをちょっと抜いたり、逆に強く踏んだりする必要がある)。

感覚的にはトヨタC-HRが一番近かったと認識しており、上述のようにドイツ車とはまったく異なる味付けを持っていますが、逆に日本車に慣れた人にとって親しみやすいフィーリングであるとも言えそう。

IMG_3768

唯一気になったのはシートのサポート性で、レザーシートが滑りやすいこと、クッションが硬く「体が沈み込まない」こと、左右のサポートが弱いこと。
このあたりは「北欧の人にあわせてシートを作っている」ためかもしれず、アジア向けに調整がなされているかどうかは不明です。

ただ、これもしばらく乗ってレザーが伸びたり、クッションが馴染んできたり、そもそもの調整にてある程度改善はできると思われ、「致命的」な問題ではない、と認識しています。

XC40の印象をまとめてみると?

ライバルとしては、価格(400-550万円くらい)という側面だとメルセデス・ベンツGLA、レクサスUX、ジャガーEペイス、BMW X2、アウディQ3あたりとなりそう。
ただし北欧デザインという点ではそのオシャレさがライバルに対して優位性があると認識しており、その誠実なブランドイメージがXC40の大きなアドバンテージだと考えています。

IMG_3764

そして運転した印象だと「ドライバーに対して負担を何一つ強いない」というものがあり、このあたりは「運転を楽しむ」というドイツ車とはかなり違う設計思想を持っているようです。

つまりボルボXC40の場合は、どんな路面状況であっても、行った操作に対してドライバーが予期したとおりの挙動をクルマが実現し、ドライバーに何も気を使わせず、つまりインターフェースはフィードバック重視ではなく、クルマと外界とを切り離すことを目的としているように感じます。

一方でドイツ車はフィードバックを重視し、インフォーメーションをドライバーに与えることで「適切な操作を求める」傾向にあり、つまりインターフェースは「外界とドライバーとをつなぐ」ものであるのかもしれません。

その意味でボルボは極めて特殊な乗り味を持っていて、「趣味の乗り物」より「道具」としての側面が強く、そのぶん日常的な使用や、移動手段としては非常に優れているように思います。

IMG_3769

アメ車やイタリア車は、そのクルマを購入すると「クルマ中心」の生活になってしまいがちですが、ボルボの場合はあくまでも「オーナーのライフスタイルをサポートする」ツールやギアであって主張しすぎないという印象も受け、あくまでも主人公はオーナーであるという関係性を構築できるクルマなのかもしれません。

よって、たとえばアウトドアが趣味で、その趣味を楽しむためのツールがこのクルマ、という感じですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->スウェーデンの自動車メーカー, ■TEST DRIVE(色々な車の試乗記), ■近況について, ■ニュース
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.