>シボレー(CHEVROLET) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

新型コルベット「最新」予想レンダリング登場!ここ最近目撃されたプロトタイプの特徴を反映させた「いかにも」な仕上がりに

フロントセクションは現行C7コルベットのイメージを色濃く残したデザインに さて、発表されると言われながらも全然発表されない新型シボレー・コルベット(C8)。発表されない理由としては「48Vシステムの問題」と言われていたものの、実際には「車両制御コンピューターの問題」「パワーがありすぎて車体が耐えられない」「インターフェースの問題」のが原因だとする説も。とくに「パワー」に関してはリアのガラスが砕けるほどだと言われ、とんでもないトルクを発生するであろうことが予想できます(いかにシボレーにとって初のミドシップと ...

ReadMore

>アストンマーティン(Astonmartin) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

アストンマーティンは新型ヴァンキッシュに「ハードコア」「オープン」モデルを追加の意向。なぜそこまで急ぐのか、そうしなければならないワケ

マーケットを掌握するには「様子を見ている」時間はない アストンマーティンは衝撃の「ヴァンキッシュ・ヴィジョン・コンセプト」を発表していますが、何が衝撃かというと「ミドシップ」。これまでヴァンキッシュはずっとフロントエンジンレイアウトをキープしていたものの、なんと新型ではエンジンがミッドマウントされるということを意味し、これは「コルベットに続くFRからミドシップへのスイッチ」例となりそう。

ReadMore

■服や小物、時計、雑貨など

リーボックがあの名作「ポンプフューリー」プロトタイプを史上初の復刻!1994足限定、なんとしても手に入れるべし

ただしクルマの運転には全く向いていないスニーカー リーボックがなんとインスタポンプフューリー(INSTAPUMP FURY)「プロトタイプ」を復刻し3月22日より発売を行う、と発表。インスタポンプフューリーというとぼくが大好きなスニーカーのひとつですが、この「プロトタイプ」が復刻されるのは今回が「初」。これはいかなる犠牲を払ってでも手に入れねばなるまい、と考えています。 なお、インスタポンプフューリーが誕生したのは1994年で、今回発売されるのも発売年にちなんで1994足のみ。正式名称は「INSTAPUM ...

ReadMore

>マツダ(MAZDA)

マツダがル・マン参戦の計画を示唆。「まずはIMSAで優勝し、その後ル・マンへ。開催元とも話し合った」。そもそも現在IMSA参戦中のRT24-Pはもともとル・マンを意識したネーミング?

たぶんこのクルマはル・マン参戦を最終目標に開発されている マツダがル・マン24時間に復帰する計画を持っていることが明らかに。これはカーメディアThe Drive が報道したもので、セブリング12時間レース開催期間中に、同メディアがマツダ北米の役員へとインタビューしたことから明らかになったもの。ただしマツダは、まだその計画は「決定ではない」としながらも、ル・マン24時間レース開催元であるフランス西部自動車クラブ(ACO= Automobile Club de l’Ouest)とコンタクトを取り、すでにピエー ...

ReadMore

■駄文(日々考えること) ■服や小物、時計、雑貨など ■ニュース

この腕時計オーナーはこういった人々だ!ボクの考えるロレックス、ウブロなど高級腕時計を身につける人々の印象

あくまでも完全なる個人的印象 けっこうその腕時計とそのオーナーというのは「ある程度固定されたイメージがある」とぼくは考えています。つまりは「そのブランドの腕時計をしている人は、こういった人だ」というものですが、これはぼくの勝手な思い込みではあるものの、ここでその印象を述べてみたいと思います。※単にぼくがそう考えているだけで、事実はまた異なるのだと思う なお、クルマ同様に高級腕時計も「それ一本」しか所有していないという人もまた少なく、その意味でも「この腕時計オーナーはこう」と断じることはできないのかもしれま ...

ReadMore

>パガーニ(PAGANI) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

パガーニ・ウアイラの最終にして最強モデル?これまでにないエアロパッケージを持つ「ウアイラ・ドラゴン」が5台のみ限定にて登場

エアロダイナミクスに特化した限定モデル、第一号者はロシアのチューナーへと納車 ここ最近パガーニの謎プロトタイプが走行していることで世間を騒がせていましたが、これはパガーニ・ウアイラの新しいバージョン「ドラゴン」であることが判明。報道によると合計5台が製造される予定の限定モデルで、最初の一台はロシアのチューナー、「トップカー(TopCar)」に納車される予定である、とのこと。なお、トップカーは以前にもパガーニとのコラボレーションにてゾンダのワンオフモデルをリリースしていますが、パガーニにオーダーを行う「(ぼ ...

ReadMore

>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA)

オーストラリアにて、ホンダ・シビック・タイプRがパトカーとして納車!人々の安全意識を高めるためにSNSを通じて今後拡散されてゆくことに

注目度の高い車を注意喚起に使用するのは警察にとっても効率的な手段かもしれない オーストラリアはサウス・ウェールズ警察がホンダ・シビック・タイプRを警察車両として導入した、と発表。なお、これはサウス・ウェールズ警察が購入したものではなく、ホンダの現地法人(ホンダ・オーストラリア)と警察との「タイアップ」で、12ヶ月間ホンダがシビック・タイプを貸し出す、というもの。ちなみに今年はホンダのオーストラリア展開50周年でもあり、現地のホンダが展開する「記念プロモーション」の一環なのでしょうね。 ホンダは豪州進出50 ...

ReadMore

>ブガッティ(BUGATTI)

ブガッティ・ラ・ヴォワチュール・ノワールは「完成するのにあと二年」。展示されていたのはエンジンレスの「移動用モーター」搭載の試作車だった

あと二年もあればデザインやエンジンにも変更がありそう ブガッティは先日のジュネーブ・モーターショーにて、「自動車史上もっとも高価な」価格約20億円というプライスタグを掲げるワンオフモデル、ラ・ヴォワチュール・ノワール(La Voiture Noir)を発表していますが、これは現時点では「コンセプト」にとどまり、実際に市販モデルが製作されるには「あと2年は必要だ」とのこと。※すでに納車されたとも報じられていたものの、それは事実ではなかった模様 こちらもオススメ、関連投稿ブガッティが最新限定モデル「110 A ...

ReadMore

■このサイトについて >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど ■近況について ■ニュース

ランボルギーニのツーリングイベントに参加してくるぞ!空港を借り切って合法的にフル加速チャレンジができるまたとない機会だッ!

実は、今までランボルギーニのツーリングには参加したことがなかった さて、ランボルギーニのイベント(ツーリング)に参加することに。これはランボルギーニ大阪/神戸さんが主催するものですが、ぼくはランボルギーニのツーリングに参加するのは今回が初めて。ぼくは自分でイベントを開催することはあるものの、「皆で走る」ツーリングを開催することや、そして参加することも非常に少なく、それは「スポーツカーやスーパーカーが連なって走ると、飛び石を受ける可能性が高いから」。 一般にスポーツカーやスーパーカーはハイグリップタイヤを装 ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

アメリカでトヨタC-HR大幅値下げ。市場で急増するSUVへの競争力を維持できず?なぜ日本では値下げされないのかを考える

アメリカ市場と日本市場では規模、そして利益構造が異なる トヨタが北米において、2019年のC-HRを1,505ドル(17万円)値下げ。ただし単純に値下げを行っただけではなく、装備内容を見直したとしており、グレード構成は「LE」「XLE」「リミテッド」の3つに(アメリカでは「L」や「LX」「リミテッド」といったグレード名が好まれる)。最も安価なのは20,995ドルの「C-HR LE」となりますが、これは「229万円」からとなる日本の設定とほぼ同じ。 装備内容としてはLEDデイタイムランニングランプ、17イン ...

ReadMore



>スウェーデンの自動車メーカー ■自動車・バイクの購入検討/比較など ■ニュース

ライフスタイルを充実させるには最適なクルマ!ボルボXC40の見積もりを取ってみた

投稿日:

ボルボXC40はある種の人々にとっては最適な解かもしれない

さて、先日試乗したボルボXC40の感触がよく、見積もりを取得。
試乗時の感覚としては「道具感が強い」というものですが、言いかえれば「日常生活には最適」なクルマ。

見栄えがよく、コンパクトで、燃費もよく、かつ安全性も高くて走破性が高いという特徴を持っており、ぼくのライフスタイルにとっては非常に魅力的な一台だと考えています(XC40はぼくのライフスタイルの中心にはなりえないものの、ぼくのライフスタイルを支えるには高いレベルでその要件を満たしている)。

ボルボXC40のグレードは7つある

ボルボXC40のラインナップは現在のところ(初回限定モデルを除いて)7つ。
グレードは「T4」と「T5」があり(現在のボルボは「T+数字」でグレードを表し、数字が大きいほうが上)、両方共2リッター4気筒ターボながら「T4」は192馬力、「T5」は252馬力、という差があります。

そしてT4のみにFFが設定され、AWDは文字通り4輪駆動。
「モメンタム」はちょっとオシャレな仕様で、「R-Design」はスポーティなグレード、「インスクリプション」は本側内装など豪華装備が奢られるラグジュアリーモデル、と考えるとわかりやすいかもしれません。

IMG_3786_edited-1

ただし、これらグレードについては「上下」を表すというよりは「好み」の問題。
「モメンタム」や「インスクリプション」でしか選べないボディカラーや内装色、仕様もあり、「高いモデルのほうがいい」というわけではないようです(それぞれのグレードには積極的に選択する理由が与えられている。たとえばホワイトルーフは”モメンタム”しか選べない)。

  • XC40T4・・・3,890,000円
  • XC T4 Momentum・・・4,390,000円
  • XC T4 AWD Momentum・・・4,590,000円
  • XC T4 AWD R-Design・・・4,890,000円
  • XC T4 AWD Inscription・・・4,990,000円
  • XC40 T5 AWD R-Design・・・5,390,000円
  • XC40 T5 AWD Inscription・・・5,490,000円

そこで今回ぼくが選んだのはXC40 T5 R-Design。
エンジンがパワフル、ルーフがブラック、19インチホイールがスポーティーという理由ですが、コストパフォーマンスも高く、おそらく売却時の値下がりが最も小さいモデルであるとも踏んだため。

IMG_3769

ボルボXCのメーカーオプションはこんな感じ

なお、ボルボXC40はコンパクトクラスと言えども「ほぼ全部入り」なクルマで、とくにT5 R-Desgnだと後付が必要なものは非常に少なくなっています。
とりあえずT5 R-Design向けのメーカーオプションを列記するとこんな感じ。

  • チルトアップ機構付電動パノラマ・ガラス・サンルーフ・・・206,000円
  • ダークティンテッド・ガラス・・・50,000円
  • メタリック・ペイント・・・83,000円
  • クリスタルホワイトパール・・・103,000円
  • “Lava”オレンジカラー・フロアカーペット&ドア内張り・・・25,000円
  • harman/kardonプレミアムサウンド・オーディオシステム(600W、13スピーカー)サブウーファー付・・・100,000円
  • ワイヤレス・スマートフォン・チャージ・・・28,000円
  • パワーテールゲート・・・58,000円

そのほか、購入後にディーラーで装着可能なオプションも多数あり、たとえば「エクステリア・スタイルングキット」「ルーフスポイラー」「マッドフラップ」ほか、ボルボらしくカーゴルームのオーガナイザー関連、ルーフキャリア、ルーフボックス等が多数揃います。※ボルボXC40のアクセサリーページはこちら

IMG_3764

ボルボXC40の見積もりはこうなった

そこでぼくが購入を検討している仕様はこんな感じ。
ボディカラーはクリスタルホワイトパール、インテリアはチャコール、カーペットはLAVAオレンジ。

ボディカラーにホワイトを選んだのは、このカラーがもっともXC40に似合っているとも考えており(コンセプト段階からこのカラーだった)、かつクリーンでシンプルであるためにボルボや北欧といったイメージをよく表していると感じたため。

オプションとしてはシンプルにパワーテールゲートとハーマン/カードン・プレミアムサウンド・オーディオ、オレンジカーペット、ドライブレコーダーのみ。

後にレーダー探知機は必要となりますが、おそらくホイールを塗らなくても十分にイケてると考えており、「ほぼツルシで」乗ることになる(ぼくにとって)珍しいクルマだと言えそうです。

ボルボXC40 T5 R-Design 見積もり

車両本体価格5,390,000円
自動車税23,000
自動車取得税141,900
自動車重量税49,200
自賠責保険料36,780
検査登録手続代行費用86,400
車庫証明手続代行費用21,600
納車費用21,600
希望ナンバー手続費用10,800
検査登録費用3,540
車庫証明2,700
希望番号2,660
収入印紙200
預かりリサイクル預託金20,150
資金管理費用290
クリスタルホワイトパール103,000
パワーテールゲート58,000
LAVAオレンジフロアカーペット25,000
harman/kardonプレミアムサウンド・オーディオ100,000
ETCセットアップ3,240
純正ドライブレコーダー60,048
合計6,160,169

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



  • この記事を書いた人

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。

->スウェーデンの自動車メーカー, ■自動車・バイクの購入検討/比較など, ■ニュース
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.