■新型車情報/スパイフォト/噂など >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

新型BMW M2のインテリアがはじめて目撃。なおボディパーツの多くはカーボン製とのウワサ

| 一説によると「想像するよりも遥かにアグレッシブな外観を持つ」という話も | 色々とウワサの絶えない期待のニューモデル、BMW M2 CS。これまでにも様々なスパイフォトが公開されていますが、今回は「インテリア」がはじめて捉えられることに。なお、今のところBMW CSについての確たる情報は少なく、すべては「ウワサ」程度にとどまります。

ReadMore

>BMW(ビー・エム・ダブリュー) ■ニュース

BMW 8シリーズ”グランクーペ”発表!ドアが二枚増えて全長23センチ長く。より優雅なスタイルへ

| もしかすると8シリーズ「クーペ」よりも人気化するかも | 先日フルヌード状態がリークされてしまったBMW 8シリーズ・グランクーペ。今回はついにBMWは公式にて正式に発表される運びとなっています。その姿はすでにリークされたとおりではありますが、8シリーズ・クーペと共通したフロントを持ち、しかしフロントウインドウ以降は「専用」デザインに。フロントウインドウは8シリーズ・クーペに比較して「やや角度が立っている」ようで、ルーフも少しだけ高くなっている、とのこと。 こちらもオススメ、関連投稿BMW 8シリーズ ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari)

【動画】今度はフェラーリ458のトランスミッションを「マニュアル」にスワップ。作業したショップには相当数のスワップ依頼が舞い込むことに

| 世間はこれほどまでにMTに対する飢餓感がある | いつの時代も高い価値を誇る「マニュアル・トランスミッションを持つフェラーリ」。フェラーリがセミオートマティック・トランスミッション「F1」を導入した後はマニュアル・トランスミッションの販売比率が大きく下がり、MTが「希少」となってしまったこと、458以降はフェラーリがそもそもMTを製造しなくなったことから「ないものねだり」となっているのがその理由の一因だと思われます。 こちらもオススメ、関連投稿この内容でカスタム費用「680万円」は安い?フェラーリF1 ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari)

息を呑むほどに美しい内外装を持つフェラーリ458スペチアーレAの中古車が販売中。NA最後のミドシップという希少価値もあって9400万円

| フェラーリ458スペチアーレの売り物はめったに出てこない | 2014年に販売されたフェラーリ458スペチアーレA。458スペチアーレA(アペルタ)は458スペチアーレのオープン版ですが、フェラーリの常として「オープンモデルを少なく作る」というものがあり、そのため限定台数はわずか499台という超レアモデル。458スペチアーレシリーズ自体は「458イタリア/458スパイダー」のハードコアモデルという位置づけになるものの、これが特別扱いされるもう一つの理由は「フェラーリV8ミドシップ最後の自然吸気」だから ...

ReadMore

>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

BMW「スーパーカーは作らない。なぜならばM8がスーパーカーそのものであり、ポルシェ911ターボにも勝るからだ」

| BMWはM8に対してあまりに自信満々 | 「BMWは新たにスーパーカーをリリースする予定はない。なぜならM8がスーパーカーそのものだからだ」。 これはBMW M部門のボス、マークス・フラッシュ氏がカーメディア、「Which Car 」に対して語ったものですが、さらには「M8はBMWでもっともニュルブルクリンクを速く走ることができるクルマであり、我々が提供できる”究極の”ハイパフォーマンスカーだからだ」と続けています。 さらにマークス・フラッシュ氏は「M8はポルシェ911ターボキラー」でもあると語るなど ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

スピンドルグリルが巨大に?レクサス「GX」がフェイスリフトし、押し出しの強いアグレッシブな顔つきに

| 変更内容はさほど大きくなく、しかし一気に”レクサス顔”に | レクサスがGX初のフェイスリフト(マイナーチェンジ)を行い、スピンドルグルルが巨大化した新型GXを発表。レクサスGXはランドクルーザープラドのレクサス版ということになりますが、日本には未導入。なお、日本でのレクサスSUVは下から「UX」「NX」「RX」「LX」という構成ですが、もし「GX」が発売されることになれば、RXとLXとの中間ということになりますね。 こちらもオススメ、関連投稿新型レクサスRXが発表。外装では「前後のデザイン的つながり ...

ReadMore

>マクラーレン(McLaren)

カーレックスがマクラーレン720Sの内装カスタムを公開。3D技術を使用した立体的な仕上がりに

| この内装が手に入るのであれば数百万の支出も悪くない | ポーランド拠点の内装スペシャリスト、カーレックス・デザイン(Carlex Design)がマクラーレン720Sの内装カスタムを公開。例によって「内装総張替え」ですが、、単に素材を置き換えるだけではなくダッシュボードやシート、ステアリングホイールはオリジナルデザインによってドレスアップされることに。なお、先日公開した日産GT-R同様、そのカラーはブラックとレッド。 こちらもオススメ、関連投稿やはりポルシェにはレッド。911、カイエンの内装カスタム( ...

ReadMore

>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

【動画】BMW M5コンペティションがニュルにて「セダン歴代2位」「BMW歴代2位」の7:35.90を記録。そしてBMWは「Vision M Next」の発表を予告

| ヴィジョンMネクスト・コンセプトはテクノロジーとドライビングプレジャーとを融合 | BMW M5コンペティションがニュルブルクリンクにて7:35.90というタイムを記録。これはニュルブルクリンクのランキングだとだいたい68位あたりに位置するタイムで、ポルシェ・パナメーラ・ターボの7:38.00よりも速いタイム。ただ、残念なことにセダン最速のアルファロメオ・ジュリア・クアドリフォリオの7:32.00にはおよばず、「セダンでは2位」。なお、4ドア「クーペ」だとメルセデスAMG GT63 S 4MATICが ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >マクラーレン(McLaren) ■ニュース

【動画】マクラーレン・スピードテールを注文した富豪が仕様決定のためマクラーレン本社へ。「最終的に2つに絞ったが決めきれない。どちらがいいと思う?」

| マクラーレンからもらったお土産もあわせて披露 | 先日、自身のガレージを紹介し、新しくフォードGT、マクラーレン・スピードテール、ケーニグセグ・ジェスコ、ブガッティ・シロン・エルメス、メルセデスAMG ONEが納車されることを明かしたアメリカ在住の富豪、マニー・コシュビン氏。今回はマクラーレン・スピードテールの仕様を決定するためにマクラーレン本社を訪問した際の様子を紹介しています。 富豪が自身のガレージを紹介。「エルメス仕様のシロンがもうすぐ納車だ。スピードテール、AMG ONE、ポルシェ935、フォ ...

ReadMore

>その他イタリア車

ピニンファリーナ・バッティスタがアートカーに!ダ・ヴィンチ没後500年を記念しロズベルグ、ハイドフェルドという二名の元F1ドライバーがアンヴェール

| この二名が揃うのはなかなかレア | ピニンファリーナの新型ハイパーカー「バッティスタ」がアートカーに変身。これはレオナルド・ダ・ヴィンチ没後500周年を記念したもので、大英図書館にて開催される「A Mind in Motion」と題された催しにて展示される、とのこと。そしてこのピニンファリーナ・バッティスタをアンヴェールしたのはなんとニコ・ロズベルグとニック・ハイドフェルドという二名の「元F1ドライバー」。 加えてピニンファリーナ・バッティスタを公に見ることができる機会はまだなく、非常にレアな展示だと ...

ReadMore



>BMW(ビー・エム・ダブリュー) ■ニュース

新型BMW 7シリーズ発表!「キドニーグリルは40%大きくなり、5cm高くなった」。なおBMWエンブレムもあわせて巨大化

投稿日:

これでBMWも「脱金太郎飴」デザインへとシフト

直前にオフィシャルフォトがリークされてしまった新型BMW 7シリーズが公式に公開。
今回は「新型」とはいえどもフェイスリフト(マイナーチェンジ)に該当する改良となります。

ただ、内外装において「見える部分」は大幅にアップデートされており、アッパーマーケットにおいて影響力を強めようというBMWの強い意思を見て取れる内容となっているようですね。

新型BMW 7シリーズはこう変わった

まずは新型BMW 7シリーズの外観を見てみましょう。
やはり目につくのは超巨大な「キドニーグリル」。

新型BMW 7シリーズのトピックはとにかくキドニーグリル

これは先に発表されたブランニューモデル、「X7」とも共通する意匠で、最近のBMWは上位モデルであるほど「大きな」キドニーグリルを採用する傾向にあるようですね。
もちろんこれはブランディング上の理由だと思われます。

画像に含まれている可能性があるもの:車
▲真後ろからこれが迫ってくるとかなり怖いレベル

なお、このキドニーグリルは従来型に比べて40%も大きくなっており、「左右連結」されているのも最近のBMWの特徴。
さらにキドニーグリル上端の位置は50ミリ上に持ち上げられ、かなり押し出しの強いルックスに。

これはBMWと同じグループに属するロールスロイスの「パルテノン神殿モチーフのフロントグリル」に影響を受けたのかもしれません。

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外
▲ さらにはBMWのエンブレム(プロペラマーク)も大きくなった

現在のところメルセデス・ベンツSクラス、ポルシェ・パナメーラ、アウディA8といったライバルたちは「より洗練され、スタイリッシュに、そしてスポーティーに」そのイメージを変化させていますが、BMWはその「逆」を目指したということになり、もしかするとこの「迫力のある顔つき」は、トヨタ・アルファードのように「そういった層にウケる」んじゃないかと考えています。

画像に含まれている可能性があるもの:車

そして、これも最近のBMWに顕著な傾向ですが、フロントバンパーとグリルが横から見るとほぼツライチ。
このデザインによって「全長が一緒であっても、より車体を長く見せる」ことが可能となり、とくに高級車については「体積/表面積が拡大する」ため、さらに迫力(威圧感ともいう)のある印象を演出できるわけですね。

画像に含まれている可能性があるもの:車

そしてキドニーグリルの変更にあわせてヘッドライトも変更され、キドニーグリルを目立たせるためか、よりスリムに、そしてワイド感を強調するために「横長」を意識したデザインに。

写真の説明はありません。

なお、テールランプもヘッドライト同様に、ワイド感を押し出すためにより「水平」に、そしてその天地は35ミリスリムに。

写真の説明はありません。

さらに、より「外へ」出すために形状も3Dへと改められ、車体の幅ギリギリまで横方向へと延長されています。

こういったところを見るに、今回の新型7シリーズにおいて、BMWは相当に細かいところまでデザインを追求してきたと言えそうですね。

新型BMW 7シリーズは機能面ではこう変わっている

新型BMW 7シリーズのホイールベースは二種類。
つまり通常版とロング版ということですが、ロングホイールベース版は14cm延長されて室内空間の拡大に貢献。
なお、新型7シリーズの通常版であっても、従来型に比べて22ミリ長くなっている(全長5120ミリ)とのこと。※全幅は変わらない

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外
▲テールランプは左右連結

エンジンラインアップは新開発の4.4リッターV8(530馬力)が750i xDrive/750Li xDriveに与えられ、プラグインハイブリッドモデルの745eにはやはり新開発の直6(394馬力)が採用となり、さらにバッテリー性能も向上してエレクトリックモードのみでの走行距離は最大で58kmにまで向上。

写真の説明はありません。

フラッグシップであるM760Li xDriveには6.6リッターV12(585馬力)が搭載され、その巨体を0-100km/hまでわずか3.8秒で加速させ、最高速度はなんと305km/h(珍しく紳士協定による250km/hリミッターが装備されない)。

そのほか、市場に応じて3リッター6気筒ディーゼル(出力は265馬力/320馬力/400馬力の3つ)が投入されるようですね。

足回りについては全車アダプティブサスペンションを標準装備し、オプションにて「後輪ステアリング」を選択できる、とのこと。

画像に含まれている可能性があるもの:車

新型BMW 7シリーズのインテリアはこう変わった

BMW 7シリーズのインテリアについては、より快適性が高められ、たとえばホイールハウスから伝わるノイズを減少させることで「より静かに」。
さらにはウインドウの厚みを増すことで外部からの騒音を遮断している、と公表されています。

ステアリングホイールは新形状となり、さらにコントロールできる範囲が広く、そして操作が簡単に。

インフォテイメントシステムは最新の「オペレーティングシステム7.0」が採用され、12.3インチ液晶メーターと10.25インチサイズのタッチスクリーンディスプレイを装備。

インテリジェント・パーソナル・アシスタントも備えるとアナウンスされていますが、これはメルセデス・ベンツの「MBUX(例の”ハイ、メルセデス”)」のようなものだと思われます。

画像に含まれている可能性があるもの:座ってる(複数の人)

以上が新型BMW 7シリーズの特徴ですが、BMWは新境地を切り開こうとしており、かつシリーズ間における棲み分けを明確にしようという考えも伝わるフェイスリフトだと思います。

そして、その方法について「デザイン」をもっとも重要な要素だと位置づけているようで、様々な手法(各パーツの位置や形状を調整したり)をもって目的を実現しようとしていることもわかりますね。

VIA:BMW

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう




  • この記事を書いた人
  • 最新記事

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。 現在は複数カーメディアにて記事を連載中。

こちらもどうぞ。人気記事

1

高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、基本的に考えることは同じだと思います。 ただ、経験則上からぼく ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

| レクサスLFAの相場はちょっと下降気味? | ちょっと前までは非常に高いプライスタグを提げていた、レクサスLFAの中古相場がやや下がり気味。6000万円くらいを記録していた時期もありますが、それが ...

4

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

5

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

6

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

7

一定以上から増えた年収は「余剰金」のようなものだ 収入について、ふと思うことが。 例えば、年収400万円から倍の年収800万円になったとして、使えるお金が倍ではなく「それ以上」になる、ということ。 一 ...

8

フェラーリ売却価格が高く、はある意味「もっとも割安な」車なのかもしれない 世の中には残価設定ローンというものがあり、ぼくはこれが大好きです。たとえば1000万円の車を購入する際、3年ローンで残価が50 ...

9

高額な腕時計(どれくらいから”高額”なのかは人によって意見が分かれるのでここではあえて触れない)をしていると周囲の反応が変わる、ということはよく聞きますよね。 レストランやホテルでの待遇が良くなったと ...

10

| フェラーリ=速い、という印象があるが | 「速い」と思われたものの、実際はそんなに速くなかった車ベスト(ワースト)8が公開に。その順位は下記の通りですが、フェラーリが8車種のうち2つ、ポルシェが1 ...

->BMW(ビー・エム・ダブリュー), ■ニュース
-, , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.