>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

デザインイメージは「ロレックス」?最新のBMW 8シリーズに装着してもなぜか一世代以上クルマが古く見える不思議なホイールが発表に

投稿日:2019/02/09 更新日:

うまく説明できないけどインドっぽくも見える

ついこの前に発表されたばかりのBMW 8シリーズ・カブリオレですが、どうやらすでに納車が開始されているようで、今回(ホイールメーカーの)フォージアートが早速そのカスタムを公開しています。※バンパーにオレンジ色のマーカーがあるので北米仕様

現時点ではホイールを交換したのみにとどまるものの、そのホイールが凄いのなんの。
これは「Orologio-M」と言う名称の製品だそうですが、シルバークロームのディスクにゴールドのリムという、とんでもないインパクトを放つデザインを持っています(20/22/24インチがある)。

レトロと言うべきかなんと言うべきか

そしてこのホイールデザインは「レトロ」とも表現できそうで、しかし何となくぼくが思うのは「アジア的」。
しかもゴールドというその色合いからはインド的なイメージも感じられないこともない、と考えています。

画像に含まれている可能性があるもの:車

なお、ぼくが思うのは、たぶんこのホイールが目指したのは「ロレックス・デイトジャスト」なんじゃないかということですが、実際に出てきたホイールはハンパない「コレジャナイ感」を出している模様。

写真の説明はありません。

さすがのフォージアートもこのホイールばかりは「しまった」と考えているのかもしれず、最新の8シリーズなのに、なぜか一世代以上前の車に見えてしまうという不思議なパワーを秘めたデザインでもありますね(これを狙ってやっていたとしたら凄い)。

画像に含まれている可能性があるもの:車

現在BMW 8シリーズの人気は大変に高く、世界中のチューナーが注目している状態。
すでに「8シリーズ・クーペ」はACシュニッツァーはじめいくつかのチューナーがそのカスタムを発表していますが、8シリーズカブリオレはこのフォージアートが「初」。

クーペだと「走り」方面にそのカスタムの方向性が集中しそうではあるものの、オープンモデルだとこのフォージアートのように「予想のナナメ上」のカスタムがけっこう出てくるのかもしれませんね。

こちらもオススメ、関連投稿10選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

4

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

5

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

->BMW(ビー・エム・ダブリュー)
-, , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.